内向的機能 vs. 外向的機能 

内向的機能(Ti、Ni、Si、Fi)は、個人の主観と関連付けることができます。

それらは自身の情報を集めるか、あるい外側ではなく内側を見ることによって決定を下します。

内向的機能は個人の内側に集中しているので、より内部集中的であると言えます。

外向的機能は、より広範かつ分散しています。

それらは何か1つのものや人に長い時間集中するのではなく、何か新しいものへ向かうことを好みます。

私たちは内向的機能を濃いインクの滴に、

外向的機能をグラスの水に溶けた濃いインクの滴に例えることができます。

あるいは、私たちは内向的な機能を、ビッグバンの直前のような大きな重力効果を伴う物質の凝縮体に比喩するかもしれません。

外向的機能(Te、Ne、Se、Fe)は、実体間に大きなスペースがある拡張性と膨張性のある宇宙と比較されるかもしれません。

内向的機能が激しい収縮を伴うと考えられる場合、外向的機能は一定の拡大状態を伴います。

この記事では、内向的機能と外向的機能を比較して対比し、これらの内向きと外向きの特性がさまざまな機能にどのように適用されるかを調べます。
“内向的機能 vs. 外向的機能 ” の続きを読む

外向的思考 byPJ

外向的思考(Te)は、ESTJとENTJのdominant functionとして機能し、ISTJとINTJのauxiliary functionとして機能します。

TJは、合理的に外界の構造、秩序、および制御に努めています。

彼女らは体系的で、組織的で、意図的で、戦略的であり、彼女らのアプローチにおいては、 彼女らは慎重かつゆっくりと進み、潜在的な障害を避け、不測の事態に備えて準備をします。

外向的思考(Te)は、事実、データ、または他の客観的考察を組み込んだ思考に基づく判断を伴います。

Teの非人間的で客観的なレンズを通して、世界は巨大な機械となり、因果関係の法則にしたがって予測可能に機能する相互に関連する部分のシステムとなる。

客観的な情報を保存して呼び戻す能力に関して、内向的感覚(Si)に匹敵します。
データ、情報を元の形で保存し、INTJ、ENTJ、およびSTJが事実、日付、名前、番号、および手順を驚くほどの精度で呼び出すことを可能にします。

対照的に、INTPは、本質的により流動的であり、事実保持に関してはあまり適さない内向的思考(Ti)に頼っています。
“外向的思考 byPJ” の続きを読む

内向的思考 byPJ

INTJとINTPは深く懐疑的で、哲学的で、思考に洞察力があります。

彼女らの類似点が何であれ、INTJとINTPは、特にその認識論において、重要な点で異なっています。

アマチュアの類型学者にとって、これらの2つのタイプの違いは、合理的に説明するのが困難な一方、直観的に感じられるかもしれません。

INTJ:外向的思考(Te)

彼女らのauxiliary functionは外向的思考(Te)であるため、INTJは世界のシステムと操作を制御し、整然としたものにすることを望んでいます。
Teは外向的であるため、INTJは合理的なものを評価し実行するための標準的な集合的な方法のセットを支持します。

これは、INTJが科学の価値と科学的方法の価値を強く信じる理由です。
彼女らのTeは、INTPの内向的思考(Ti)よりも積極的かつ前進的です。

いったん彼女らのNiビジョンが明確になると、INTJはTeを使用して、定義、計画、方針、分類、および手続きを作成し、完全に合理的で秩序あるシステムを開発するように働きます。

INTP:内向的思考(Ti)

INTPはINTJとある程度の哲学的共鳴を見出すかもしれませんが、INTJのTeの傾向を強く嫌います。

INTPの内向的思考の内向的な性質は、外部システムをより合理的にするために努力するのではなく、INTJよりも独特なものにするために、合理性を自分自身と自分の考え方に向けます。

INTPは、自分の人生、世界観、そして個人的哲学が合理的であることを保証することに大きく関心があります。
彼女らのTiは彼女らに内的秩序の構築と再構築をさせます。
“内向的思考 byPJ” の続きを読む

外向的感情・FJタイプ byPJ

感情タイプは、感情機能を使用して、世界に対する感情的反応を推量し、評価し、分析します。

彼女らは一般的に思考タイプよりも大きな感情の顕著性、変動性、多様性を経験します。

思考タイプの場合、感情機能はあまり意識されておらず、差別化されていないため、感情の変動や微妙さに気付く機会が少なくなります。

思考タイプの集積のすべての感情について、感情タイプは数多くの異なる感情や、感情の情調(気分)を区別します。

Feeler(感情タイプ)はそのような幅広い感情的な変化やニュアンスを認識しているため、単語はしばしば自分の経験を捉えて伝えるのに不十分であると感じることがあります。
これが多くの感情タイプが詩、音楽、芸術に向かい、彼女らの感情的な人生を理解し、表現する別の方法を模索している理由です。

感情機能は、さまざまなテイスト(好み)の開発にも関係します。
テイストとは質的な好み-好き嫌いです。

これは感情タイプが、感情機能を使用するための豊富な原料を提供する芸術や文化を探求することの別の理由となります。
同様の理由から、人や動物との作業は刺激的に感じる可能性があります。

外向的感情(Fe)は、ENFJおよびESFJタイプのdominant functionであり、外向的判断機能とみなされます。

外向的知覚機能(例えば、Ne)は、物事を自由に表現します。(例えば、「あなたは何について考えているの…?」または「私は疑問に思う…」)

外向的判断機能は、通常、宣言文(例えば、「感じる」または「好きではない…」)を利用します。

そのような違いは、表現的な調子で伝えられます。
J型(特にEJ)が質問するとき、J型はあまり快いわけではなく、典型的には外部受容性の態度を示さないので、彼女らの表現は自身の誠意に対する疑いを招くかもしれません。
“外向的感情・FJタイプ byPJ” の続きを読む

内向的感情・FPタイプ byPJ

内向的感情(Fi)は、8つのパーソナリティーの機能の中で最も理解されていません。

FiはINFPとISFPのdominant function、ENFPとESFPのauxiliary functionとして機能します。

この記事では、内向的思考(Ti)、内向的直観(Ni)、外向的感情(Fe)など、関連する機能と比較して対比し、内向的感情(Fi)の性質を明らかにする作業を行います。

内向的感情(Fi)とは?

内向的感情は内向的な判断機能です。

他の内向的な機能と同様、Fiは広範ではなく特徴的に(内部)集中的です。

具体的には、FPの個人的な気持ち、嗜好、価値観をナビゲートして管理することに重点を置いています。

その感情やエネルギーを幅広い人に分配(Feのように)するのではなく、Fiは自分や 「主体」に注視します。
これはしばしば「主観的」と言われる理由となります。

Fiに感情や、感情に対する内的な強さが含まれている場合、どのようなものがFiを刺激するのかを尋ねるのは合理的です。
言い換えれば、FPタイプの感情的反応と反動を引き起こすのは何ですか?とい尋ね方です。

Fi感情に影響を与える可能性のあることは確かに無数にありますが、FPは特に子供(特に自分自身)、動物、音楽、小説、不公正、病気と貧しい人々の影響を受けているようです。

彼女らは特別なニーズ、障害者、貧困者、そしてもちろん子供や動物など、自分自身を助けることができない人たちによって特に動かされているようです。

これらのすべては、それらが良いか悪いかは別にして、Fiを活性化させることができ、その結果FPタイプにとって意味があると認識されます。

FPは自分の感情や価値観を独立して管理しています。
“内向的感情・FPタイプ byPJ” の続きを読む

外向的感覚・SP/SJタイプ byPJ

Myers-Briggsは、4つの判断機能(Judging functions)と4つの知覚機能(Perceiving functions)を持っています。

知覚機能は、2つの感覚機能と2つの直観機能にさらに細分されています。

1つの感覚機能(外向的感覚(Se))は外側に向けられ、他方の内向的感覚(Si)は内向きに向けられます。

SeはESTPおよびESFPのdominant functionの役割を果たしますが、SiはISTJおよびISFJのdominant functionの役割を果たします。

外向的感覚(Se) vs. 内向的感覚(Si)

5つの主要な感覚である五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を経て、外向的感覚(Extraverted Sensing、Extraverted Sensation)が発生します。

これとは対照的に、内向的感覚(Si)は、痛み、飢え、渇き、体温、しびれ、うずき、筋肉の緊張などの体内感覚に関係します。

SeとSiの両方は、私たちの肉体的生存に不可欠であり、内外から重要な感覚フィードバックを提供します。

一見すると、ある人がより強い外向性の感覚と強い内向性の感覚を表示するのは奇妙に思えるかもしれませんが、これは他の個人差と変わりありません。
よく発達したSeがより生き残るために有益であった進化の時代、そしてSiが特に重要であると証明された時代は確かにありました。

その結果、SiとSeの両方のタイプを持つことは、種としての生き残りの可能性を改善し、幅広い感覚データを受け取り、チェックすることを可能にしました。
“外向的感覚・SP/SJタイプ byPJ” の続きを読む

内向的感覚・SJ/NPタイプ byPJ

ISTJとISFJのパーソナリティタイプのdominant functionを果たす内向的感覚(Si)は、8つのMyers-Briggsの機能(function)の中で最も理解されていません。

この記事では、SJ型とNP型での異なる発現を含む、このやや謎めいた機能の性質と役割を明確にしようとします。

またこの記事ではそれを外向的直観(Ne)と内向的直観(Ni)と比較して対比します。

ユングが内向的感覚と名づけたものに照準を合わせる前に、まずそれが発生する状況を検討する必要があります。

ユングの対立論に基づいているタイプ理論によれば、Siが機能スタック(第1~第4機能)の一部であるすべてのタイプについて、その機能的反対である外向的直観(Ne)も機能スタックの中に見いだされます。

したがって、内向的感覚の性質を探るには、それを外向的直観と並置すると便利です。

内向的感覚 & 外向的直観

Neは、新しい接続を創造するために総合的に使用されますが、強い散開的要素も持っています。
Neはより多くの選択肢と可能性を無限に探し出そうとしています。

他の機能の、現実性のチェックがなければ、抑制されないNeは簡単に人生の中をさまよう目的の無い放浪の類に終わってしまう可能性があります。

したがって、内向的感覚の役割の1つは、Neに対するカウンターバランス(平衡)と現実性のチェックとして機能することです。
これは、記憶された事実と人生経験の方法で行われます。
“内向的感覚・SJ/NPタイプ byPJ” の続きを読む

外向的直観・NPタイプ byPJ

外向的直観(Ne)はENFPとENTPのdominant functionであり、INFPとINTPのauxiliary functionです。

直観は知覚機能であり、Neはその方向性が外向きであるため、Neの最も重要な目的は外部から情報を得ることです。

Neは、際限ない形で外部の探索を促すという点で、外向的感覚(Se)に似ています。
これにより、知覚タイプは、自身の状況を変更または制御するのではなく、状況に容易に順応し、調和することができます。

Seは1つまたはそれ以上の主要な感覚を通して情報を理解することを伴いますが、外向的直観は感覚データ超える情報、またはその背後にある情報を理解することを伴います。

これにより、xNxPは隠されたパターン、可能性、潜在性を認識し理解することができます。

外向的直観は、アイデア、事実、経験のプール内の関係やパターンをスキャンします。

またそれはTiまたはFiのいずれかと連携して、xNxPがアイデアを策定し変更することを助けます。

xNxPは一般に、読書、会話、自然や芸術との交流などの活動に対してNeを使用します。

xNxPのTiやFiが閉鎖性を促す一方、彼女らのNeはより多くの選択肢と代案を集めることで対抗します。
多くの場合、Neは勝利を勝ち取り、xNxPを永続的なオープン性や不決断の状態に保つための、十分な新しい情報または矛盾する情報をふいに差し挟みます。
“外向的直観・NPタイプ byPJ” の続きを読む

ESTJ型の性格 byPJ

ESTJは16のパーソナリティーの1つです。

一部の見積もりでは、ESTJが一般人口の8%以上を占めていることが示唆されていますが、ある研究と経験によれば、ESTPとISTJの両方よりも一般的ではありません。

ESTJは、忠実で勤勉であり、職務指向です。
「タイプA」の傾向を持つことが多く、予定された計画や時間枠にしたがって展開がしない場合、彼女らはやきもきし、不満を感じることがあります。

ESTJの存在下では、他人は彼女らが慌ただしいか急いでいるように感じることがあり、ESTJは他人に「追いかけて欲しい」と願っています。

ESTJはまた、堅固で、直接的であり、主張的です。
彼女らの言葉遣いは簡潔であり、要領を得ている傾向があります。

時々、他の人はそれらを厳しい、素っ気ない、または無神経とみなすかもしれません。
外側に自信を持って積極的に見えるにもかかわらず、彼女らは全体的に、他のタイプよりも内的に安全でも自信があるのでもありません。

実際には、内部の判断機能(Fi)がinferior functionであるため、内部コントロールが比較的少ないと感じることがあります。
内側のコントロールを見つけ出すことは難しいので、外側のコントロールを達成することで内的な安定と安全をもたらすことを期待して、彼女らは必然的に外向きに焦点を変えます。

もちろん、外界をコントロールすることは、決して小さい事ではなく、簡単ではありません、これは、落ち着かず、過度に用心深いESTJの傾向に寄与します。

ESTJは、すべてのタイプの中で最も「左脳的」で、比較的深刻な人々として典型的に描画されます。

ENTJ(そのauxiliary function Niは、すべての人に楽しみと娯楽を提供する上で長い道のりを歩むことができる)とは異なり、ESTJのSiは明るさやユーモアの面でほとんど役に立たない可能性があります。

ユーモアのより顕著な感覚を持つものは、一般的に、彼女らのtertiary function 外向的直観(Ne)であり、気の利いたまたは巧妙な発言をします。

彼女らの姉妹ISTJと同様、ESTJは過去(Si)を一目で把握する傾向があります。
彼女らは過去の方法、伝統、慣習を保護し、保存することを目的としています。
“ESTJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ESTP型の性格 byPJ

ESTPは、16のパーソナリティタイプの1つです。

一部の推定では、ESTPが一般人口のわずか4%を占めると示唆していますが、ある研究と経験によれば、7%(またはそれ以上)と見積もられます。

ESTPの男性は、2対1の割合で女性を上回ると考えられています。

ESFPにも当てはまるように、ESTPのパーソナリティーには、楽しく、活発で、魅力的なものがあります。
ESTPの思考機能はその方向に内向き(Ti)であるため、多くの場合、外部から気づかれなくなります。

他の人が見ているのは、行動(Se)または他人(Fe)に関わるESTPです。
彼女らのtertiary functionである外向的感情(Fe)は、外見上の豊かさと親しみやすさに貢献します。

ESTPは、通常、従来の、またはオシャレな衣類の外観を表示します。
彼女らのTiは機能性と実用性に関心がありますが、外向的感覚(Se)とFe機能は流行や人気に順応します。

社会的地位はしばしばESTPの最優先事項です。

彼女らのdominant function(Se)は知覚機能であるため、ESTPは当然世界を構造化したり制御したりするよりも、それを経験することにより関心があります。
外向型として、外の世界は刺激の主要な源として役立ちます。

これにより、ESTPはすべてのタイプの中で最も活動指向でタスク(職務)指向になります。 経験するべき仕事や何か目新しいものがなければ、彼女らはすぐに飽きて落ち着かなくなります。
十分な刺激があれば、ESTPは行動して素早く反応し、物事が起こり、物事が成就します。

彼女らは行動の「実行者」です。
“ESTP型の性格 byPJ” の続きを読む