8つの認知機能の概観 byPJ

ユングによると、感覚、直観、思考、感情は内向き(「内向型」)と外向き(「外向型」)に向けられることができます。

内向型の場合、これらの機能の大部分は隠され、他人には観察できません。

外向型の場合、これらの機能は外側から容易に観察できます。

以下が8つの機能のリストです。

Introverted Sensing (Si) 内向的感情
Introverted Intuition (Ni) 内向的直観
Introverted Thinking (Ti) 内向的思考
Introverted Feeling (Fi) 内向的感情

Extraverted Sensing (Se) 外向的感覚
Extraverted Intuition (Ne) 外向的直観
Extraverted Thinking (Te) 外向的思考
Extraverted Feeling (Fe) 外向的感情

内向的機能(Si, Ni, Ti, Fi)&外向的機能(Se, Ne, Te, Fe)

外向型パーソナリティータイプには共通した性質があるのと同様に、外向的機能にも共通した性質があります。
それらの最初で最も明白な共通点は、外向きであるということです。

それらはまた、内向的機能と比較して、その範囲が特徴的に広いです。
(外向型は内向型でよりも、社交的で拡張的であるのと同じように)

対照的に、内向的機能は、範囲が狭いです。
(内向型は外向型よりも狭い、あるいはより集中した興味を持ち、活動を行う傾向があるように)

しかし、内向的な機能がどれほど拡張性に欠けていても、深みを補完します。

外向的機能
・外向き(他人から観察できる)
・範囲が広い;拡張的

内向的機能
・内向き(他人から隠されている)
・範囲が狭い;深く集中的

私たちはすぐに8つの機能のそれぞれをより深く探求していますが、このE‐Iの違いがさまざまな機能でどのように現れるかを簡単に見ていきましょう。

外向的感覚(Se)は、新しい光景、音、味、経験など、広範囲の外的刺激を求めています。

内向的感覚(Si)は、過去の個人的な経験、つまり「立証済みの真実」に基づいており、常に新しい経験や幅広い経験を求める必要はありません。

外向的直観(Ne)は、外界の新しいアイデア、パターン、可能性を探求します。
Neは既存のアイデアや理論を出発点としているので、幅広く多様な理解を得るためにNeタイプは広範囲を読むことが多いです。

内向的直観(Ni)は、内部に現れるアイデア、パターン、見通しを理解します。
INxJタイプはN素材のソースが内向きに引き出され、見通されるため、広範囲に読を読むことを強要されるとは感じません。

外向的思考(Te)は、外部の操作をより合理的かつ効率的にすることを目指しています。
「標準化された」方法は、ほぼすべての組織または企業をより合理的にするために広く適用することができます。

内向的思考(Ti)は、内的合理性と個人的な有効性に関係しています。
その方法はより個人化されているため、Teの方法よりも広く適用されることは少ないです。

外向的感情(Fe)は、人間の感情の幅を調査します。
その目標は人々の間の調和を促進することです。

内向的感情(Fi)は内的調和に関係しています。
Feは対人関係に焦点を当てるのに対して、Fiは個人内に焦点を当てます。
その焦点は、個人的な価値、好み、感情に当てられています。

判断機能 (Ti, Te, Fi, Fe) & 知覚機能 (Si, Se, Ni, Ne)

また、8つの機能を判断機能と認知機能の2つに分けることもできます。
すなわち、感覚(Si、Se)および直観(Ni、Ne)は知覚機能と考えられる一方で、思考(Ti、Te)および感情(Fi、Fe)は判断機能です。

知覚機能は、情報の取得または回収を担当します。
鳥を観察し、花を嗅ぎ、小説を読んで、記憶から何かを想起することは、知覚活動の例です。
判断機能とは異なり、知覚機能は能動的に形成または制御するのではなく、人生と情報を吸収します。

判断機能により、受け取った情報に基づいて決定を下し、結論を導き出すことができます。
それらは、物事の進路を制御、予測、秩序化、または積極的に形成するという欲求に関連しています。
判断プロセスを使用する場合、私たちはしばしば、回答、決定、または目的に向かって動くことを望む場合に、新しい情報から自身を閉じます。(すなわち知覚機能の停止)

機能に関する重要な背景情報を検討した上で、8つの機能の概要を説明します。

Extraverted Intuition (Ne)

xNxPタイプは、dominant functionまたはauxiliary functionとして外向的直観(Ne)を使用します。

Neの言葉による表現は、「ブレインストーミング」のようなものになります。

xNxPタイプは、あるアイデアから次のアイデアへとあちこちに動いているため、必ずしも「ある意味」を持つように見えるとは限りません。
Neはその内向きの姉妹、Niよりも本質的により発散的で拡張的です。

xNxPタイプは、すべての選択肢と可能性を外向きに探索すべきと感じており、結論を確定したり、自信を持って決定することは困難です。
Neの発散的な性質は、なぜxNxPタイプがしばしば不規則で、散漫で、風変わりで、または突飛で気まぐれのように見えるかを説明します。

Neタイプは、自分のSiを使って何があったのかを思い出し、Neを使って何ができるかを想像します。
将来の可能性に向けたこの方向性は、Neタイプの発明、マーケティング、起業家精神、政治、ジャーナリズムなどのための良い勘を与えます。

Introverted Intuition (Ni)

xNxJタイプはdominant functionまたはauxiliary functionとして内向的直観(Ni)を使用します。

選択肢や可能性の数を増やすNeとは異なり、Niはより収束してより独特で包括的なビジョン(視点)やソリューション(解決策)を生み出す傾向があります。
Niの収束能力はxNxJタイプに前向きな自信と確信を与え、理論家、指導者、問題解決者、アドバイザーとしての有効性に貢献します。

INJはしばしば言葉ではなくイメージを使って考えます。
彼らの直観は、第六感、予感、シンボル(象徴)、夢、またはイメージとして現れることがあります。

Niは無意識のうちに多くの作業を行うので、ある種の魔法的または預言的な品質を持つと時折認識されます。
しかし、Niは決して魔法や神秘的なものとみなされるべきではありません。

Niの直観は、xNxJタイプの他の機能、特に彼らのNiの原材料となる環境からの具体的なデータを収集するSeによって提供される情報から生成されます。
パズルのように、NiはSeの情報を合成して、直観的な印象や起こっていることの解釈、次に起こる可能性の感覚を生成します。

Extraverted Sensing (Se)

xSxPタイプは、dominant functionまたはauxiliary functionのいずれかとして外向的感覚(Se)を使用します。

xSxPタイプは感覚的、本能的、欲望的です。
新しい情景、音、味、香り、動き、質感などの5つの感覚を刺激します。

彼らは「感覚探求者」であり、斬新な経験、物質的喜び、そしてアクションのスリルを味わいます。
ESxPタイプは非常に注意深く、周囲の世界の詳細、特に興味のある分野の詳細に適応しています。

外向型として、彼らの好みは頻繁に、有名なものや流行っているものに応じて変わります。

Introverted Sensing (Si)

xSxJタイプは、dominant functionまたはauxiliary functionのいずれかとして内向的感覚(Si)を使用します。

感覚タイプとしての共有にもかかわらず、SJはSPとはかなり異なっています。
SJは、新感覚、経験、または物質財を探し求めていません。

代わりに、彼らはより「家庭的なタイプ」として機能し、より日常化され、予測可能なライフスタイルを好みます。
ISxJは、ESxPの間で示される程の外部の細部に気付かないかもしれません。

現在の瞬間と現状を念頭に置いているxSxPとは異なり、xSxJは過去から現在に通知された情報に依拠します。

彼らは物事を行うにあたってかっこの方法に慣れ親しんで育ち、それは彼らに伝統や慣習を保持、保護させます。
記憶された過去に対する彼らの関心のため、SiはSeよりも抽象的で具体的ではないと考えられるかもしれません。

Extraverted Thinking (Te)

xxTJタイプは、dominant functionまたはauxiliary functionとして外向的思考(Te)を使用します。

Teには、合理的な判断と意見の表明が含まれています。
xxTJタイプは、文字通り(すなわち、判断、結論、決定を)声に出して考えます。

TeはTiよりも事実指向です。
xSTJタイプは、特に、世界が個別的な、モノクロ部分で構成されていると見ています。

これにより、明確な定義、客観的基準、測定可能な目標を確立することができます。
Tiは永遠に疑問に逆戻りし、根底にあるアイデアや仮定を明らかにするが、定義、計画、方針、分類、手順などを改善するために、より積極的で前向きです。

現時点から目的地に到達する方法を慎重に綴っています。
現代の世界は、法律や官僚制の増大を特徴とし、チェックされていないTeから生じると見なされる可能性があります。

Introverted Thinking (Ti)

xxTPタイプはdominant functionまたはauxiliary functionとして内向的思考(Ti)を使用します。

Tiは内向的であるため、xxTPタイプは合理的な判断を外向きに表現することを嫌います。
TiはxxTPタイプの内側の世界に構造と秩序をもたらすために使われます。

この内部構造化は、彼らに内部コントロールの強い感覚を与えます。
内部的には、xxTPタイプは自発的に高度に自己統制されており、自分の思考を自立的に管理し、より良い人生に対応できるようにしています。

xxTPタイプ(特にxNTP)は、アイデアよりも事実を扱うことにあまり関心がありません。 ユングはIxTPタイプの記事をこう書いています。「彼のアイデアは客観的なデータではなく主観的な基盤に由来している」
IxTPタイプは、起源をより深く理解し、彼らの思考が明確かつ論理的な考え方に基づいていることを確実にするために、常に自分の思考の背景を掘り下げています。

彼らは、疑わしい概念的なプラットフォーム上に思考のシステムを構築しようとするのは無意味だと見ており、これは彼らをTeタイプよりもより多くの「事実」を発見するための実験に突入するのことを遅くします

これは、真実を特定して自信を持って表明するよりも、矛盾や論理的な欠点を特定すること(真実でないものを主張すること)を容易にするxNTPタイプの場合に特に当てはまります。
彼らの懐疑主義はしばしば広範かつ自由であるが、彼らの実証主義は最小で控えめです。

Extraverted Feeling (Fe)

xxFJタイプは、dominant functionまたはauxiliary functionとして、外向的感情(Fe)を使用します。

xxFJタイプ、特にExFJタイプは、自分の感情、意見、悩みを外向きに素早く表現しています。
Feは、他の人の感情に同調したり共感したりするのに大きな役割を果たします。

それは、xxFJタイプが自分の中の別の感情状態を作り直すことを可能にし、文字通り他の人が感じていることを感じさせます。
xxFJタイプは、他者の要求を満たし、外部環境との調和を維持するためにも働いています。

彼らは誰もが仲良くしていることを保証しています。
それと同時に、Feは外向的判断機能であるため、xxFJタイプは判断を主張するために外部の調和を犠牲にしなければならないことがあります。

また、xxFJタイプは、特に人間関係に関する事項に関して、カウンセリングとアドバイスを楽しんでいます。

Introverted Feeling (Fi)

xxFPタイプはdominant functionまたはauxiliary functionとして内向的感情(Fi)を使用します。

Fiは、内向きであり、個人的な感情や主に独立した価値観をナビゲートし管理します。
Feは感情的なサポートと親密さのために他人に向いていますが、Fiはもっと独立した感情を扱います。

IxFPが自分の感情や価値観を外向きに表現しようとするとき、彼らはしばしば行動的(S)、創造的(N)、合理的(Te)という手段で間接的に行います。
Fiはまた、xxFPタイプが不十分な人々を助ける事を促します。

病気、貧困、子供、動物を助けることが一般的に知られています。
彼らは動物避難所からペットを養子に受け入れるなど、困っている人たちを救うことを愛します。

さらに、Fiは、自己理解と意思決定のためのプラットフォーム(基盤)として機能する、独自の世界観‐個別化された価値観‐を形作る働きをします。
xxTPタイプの場合と同様に、この自己理解はxxFPタイプに内部統制の強い良識を与えます。

xxFPタイプ(特にIxFPタイプ)は、他の人たちに対するコントロールがほとんどないと感じるかもしれませんが、自分の感情、価値観、行動を規制することに自信を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です