INFJ型とINFP型の違い byPH

INFJとINFP程間違えられる2つのタイプはありません。
そして、これらは外部から見れば似ているかもしれませんが、内部の非常に異なる生き物です。

それに加えて、INFJとINFPは、性格心理学的に最も関心のある性格タイプの2つで、この2つのタイプがどのように区別されるかについての不完全な理解は、多くの個人的な不満を引き起こす可能性があります。

この記事は、類似点と相違点を深く掘り下げて比較することを目的としています。

(あなたがINFJかINFPかどうかを判断しようとしている途中であれば、これらはあなたの個人的な興味や価値を説明するものではなく2つのタイプがいかに異なった配線かを説明するものです)

INFJとINFPの5つの決定的な違い

1.INFP vs INFJ: Driver processの違い

The Driver processは、「主要認知機能」と呼ぶこともできます。これは、心の最初の接触点であり、すべてがフィルタリングされる主要レンズです。

INFJにとって、このDriver processは技術的にはIntroverted Intuition(内向的直観)と呼ばれますが、それは別名「Perspectives(見方・見通し)」と呼ばれます。

Perspectivesは、技術的に「perceiving function(知覚機能)」と呼ばれるlearning function(学習機能)であり、自分の心の形状パターンを見て動作します。
何年もの使用の後、結局、Perspectivesはパターンのパターンを見始め、自分自身の内部で何が起こっているかを認知的に理解していることを理解しています。

一方、INFPは、「Authenticity(真正性)」と呼ばれる「Introverted Feeling (内向的感情)」と呼ばれるプロセスをリードしています。

Authenticityは、意思決定機能(技術的に「judging function(判断機能)」と呼ばれる)であり、出来事によって感情的にどのように影響されるかを深く知ることによって機能します。
判断は、「チェックイン」によって行われ、それらが自分の価値やアイデンティティと一致することを保証します。

より個人的なものがより普遍的であるという言葉があります。
時間の経過とともに、AuthenticityはINFPが感情の中で一人ではないことを理解しています。
彼らは他のタイプよりも自身の事を分かっています

すでに、これら2つのタイプが世界をどのように見ているかに大きな違いがあります。
INFJは、直観的な知覚機能をリードしており、INFPは感情による意思決定機能をリードしています。

多くのINFPにとって、意思決定機能をリードしていることを知ることは驚くことかもしれません。
なぜなら、このタイプにとって決定は疲れるものかもしれないからです。
Authenticityは本当に意思決定プロセスですが、4つの意思決定プロセスの中で最も遅い(他の3つはEffectiveness(外向的思考), Accuracy(内向的思考) Harmony(外向的感情))のは明らかです。

Authenticityは、物事が感情的にどのように感じるかが登録される必要があり、しばしばINFPは自身が決定をした後まで正しい決定を知らないでしょう。
これは、Authenticityを使う者がほぼすべての事実を見ることができるときに特に混乱します。
したがって、何がINFPにとって「正しいか」は慎重に解釈されなければなりません。

しかし、それぞれの決定とそれに続く感情的な影響はカタログ化され、将来の決定はより簡単かつ迅速になります。

実際、決断の感情的な落ち込みに触れることは、Authenticityが最終的に信念をどのようにして創造し、何かの正しさを自分の「骨」を知ることです。

INFJはまた、決定を下すのに問題があるかもしれませんが、同じ理由ではありません。
INFJの意思決定機能は、技術的に外向的感情と呼ばれ、「Harmony(調和)」と呼ばれており、 Authenticityよりも早く、しかしINFJの第2機能です。

つまり、Perspectivesが第一機能で、Harmonyは補助的なプロセスです。彼らがPerspectiveを使うとき多くの時間を使い、第2機能のHarmonyを十分使用していないので、自信が決定的ではないと知ったとき “Co-Pilot(副操縦士)”と呼ばれる第2機能を開発する努力が必要です。

結果(非決定的、優柔不断さ)は同じように見えるかもしれません、しかし根本は全く異なっています。

INFPの場合、意思決定機能に時間がかかることがあるため、急いで電話をかけるように厳しい気持ちになることがあります。
それぞれの決定はINFPの価値観に沿ったものでなければならず、食べ物との関係が彼ら自身を定義する方法の一部となった場合、サラダを注文するのと同じくらい単純な決定でさえ同じです。

一方、INFJはHarmonyの意思決定機能からより多く離れているため、通常、最終的な決断を行うことができなくなることに苛立ってしまいます。
すべての決定がそのアイデンティティーを反映しているわけではないので、より小さな決定に対して苦労する可能性は低いです。

PerspectivesとAuthenticityの違いを理解することは難しいことがあります。
それらは結局、内向的な機能であり、ある程度の内観を必要とします。
しかし、両方とも「内側」を見ているにもかかわらず、彼らははっきりと異なるものを見ているのです。

「a-ha!(わかった!)」の瞬間と、あなたの全身が正しい決定を下したばかりであることを伝えることができると感じるときの瞬間の違いと考えてください。
概念的に、初めて何かを「得る」ことは、すべてが感情的に満足であることを確認することとは全く異なる体験です。

Perspectivesのプロセスは、「a-ha」の瞬間に辞めることができるほど注意を多く割り当てることができでるのに対して、Authenticityは常に個人の感情サーモスタット(自動調整装置)にチェックインしています。

これらの2つの機能の違いを理解することは、タイプの違いを理解する上で不可欠です。

2.感情的重要性を評価する方法の2つの違い

すでに述べたように、INFJの意思決定基準は補助的機能、すなわちCo-Pilot機能、Harmonyに基づいています。

Harminyは技術的には、INFPの内向的感情(Authenticity)の第一プロセスとは対照的に、外向的感情と呼ばれています。

機能が再び直面する姿勢(または方向)は、重要な形で焦点をシフトさせます。

両方の感情機能は意思決定です。
つまり、判断に至るために情報を評価するのに役立つように設計された精神的なプロセスです。

あなたが意思決定機能を使用している意思決定の、賛否両論を測定するときはいつでも、
重要なものとして目立つものは、使用しているプロセスに基づいて決まります。

このプロセス(外向的感情)が使用している基準を適切に記述していると考えられているため、「Harmony」とニックネームを付けられました。

Harmonyは、自分に何かを尋ねるかもしれません

「みんなが何を求めているの?」
「対人関係と状況・環境の両面で調和を創り出すにはどうすればよいの?」

「正しい」選択肢を知るために、他の人々の感情が最も興味深い情報になります。

最終的には、決定が正しいかどうかを判断するために必要なフィードバックメカニズムです。
なぜなら、他人のニーズが満たされているかどうか、そして/または何らかの形で争いが発生しているかどうかを伝える感情であるからです。

一方、内向的感情は、個人の感情的な経験に関するものであるため、「真正性(Authenticity)」と呼ばれています。
それは行動が「正しい」ものかどうかを判断するために、自分の感情をチェックインすることです。

Authenticity(真正性)はHarmony(調和)よりも、より利己的でしょうか?

Harmonyと比較して、Authenticityが「利己的」であるか「自己中心的」であるか、にはいくらかの混乱があります。
未成熟なAuthenticityは非常にわがままな感じを与えるでしょうが、成熟したAuthenticityは健全な社会にとって不可欠です。
Authenticityは、私たちが誠実さを経験するところであり、私たち自身の価値観を傷つけることは妥当ではないと言っている一部です。 1)価値を知り、2)真実を維持するための唯一の方法は、自分の良心と主観的な感情経験に深く潜んで時間を費やすことです。

一方、未熟時のHarmonyは感情的な操作や社会的ないじめのように見えますが、成熟したHarmonyはすべてのニーズを理解し、ケアをしています。

他の人を怒らせることが自分自身を傷つけるよりも苦痛であるなら、あなたはHarmonyを使う可能性がより高いです。
あなたがあなたの信念のために総理大統領になりたいなら、あなたはAuthenticityを使う可能性がより高くなります。

誤解され、「追放人」のような気分に慣れている一部のINFJは、時には「社会」について自分自身に誠実であるという概念に共鳴し、INFPのこの側面に共鳴します。

しかし、それを自分自身に変わるものとして見るのではなく(16タイプすべてが根本的に常に試みている)、それを「自分の要求を満たすために他人の要求にまず応えます。
Harmony VS 他人の経験を尊重するためにまず最初に自身の経験を尊重するAuthenticityとみた方がより助けになるでしょう。

3.微妙な違い、感情の同化と感情の写し

これは、2つのタイプの中で最大の混乱である可能性があります。
それは間違いなく、誰が最も感情的なタイプなのか”の覇権のための無限のインターネット論争の源です。

INFJとINFPの両者は、感情的な人間の経験を理解するほぼ魔法の能力を持っています。
しかし、彼らがそれについて行う方法は非常に異なっています。

私はかつて「共感」の記述を「あなたの痛みは私の心」と耳にしました。
INFJの場合、これはより真実ではありませんでした。
INFJは、同化したいかに関わらず他者の感情的なエネルギーを同化します。
それが強力で、友人や敵、親密な人、見知らぬ人でもです。

「あなたの痛みは心の中」

Perspective(~と頭から信じる)とHarmony(他の人の感情をいつも自分のレーダーで感知している)の組み合わせは、このスーパーパワー(感情を同化する)(ほとんどのINFJはできるなら取引するであろうということができる贈り物)に収斂するようです。
(まぁ、いつの日か彼らが第六感を逃し始める前に)

一方、INFPは、感情自体を理解する上でのマスターです。
すでに述べたように、Authenticityは、すでに行うまで正しい決定を知らない場合があり、このINFPの性質をを補うことは大きな役割を果たすようになります。
彼らは、感情的な経験を作り出して、それがどのように感じるかを試し、ゲーム時にもっと多くのコンテンツを提供することができます。

AuthenticityはDriver Prosessなので、この能力はINFPの無意識の能力となり、実行中に登録さえできなくなる可能性があります。
このため、Authenticity Drivers(INFPとISFP)はすべてのタイプの偉大な俳優とパフォーマーです。
新しい感情を身に着けることは、ジャケットを交換することと同じくらい簡単です。

他の人の強い感情の前で、INFPがそれを吸収しているのではなく、彼らはそれを鏡に映しています。
これは非常に簡単なので、他の人がこの能力に近づくことさえできないことを発見するのは、通常は驚きです。

他の人の感情的な経験を反映させる能力の、微妙な感覚は、それほど魅力的なので同化しているように感じることができます。
しかし、これはINFPの心の中にある別の人の感情ではないことを覚えておいてください。
これは、何年も何年ものINFPがマッピングしてきた感情の中で、他の人が経験しているものに最も近いものを見つけることです。

再び、個人的な経験はより普遍的であり、誰もこれをINFPほど理解しません。
「私があなたの場合、私が感じる気持ちはなんですか?」はINFJの「あなたの痛みは私の心の中」のAuthenticityバージョンです。

INFPが絶えず自己参照していると思われる場合は、それが原因です。
彼らは自分自身の理解に基づいて他人を理解しています。
自己参照することはより価値のある対人経験を可能にすることであるが、我々の文化は自己参照のための社会的嫌悪感を生み出すことができる。

おそらく、これらの2つのスタイル(INFJ同化対INFPミラーリング)の違いを理解する最も簡単な方法は、時間との関係です。

他の人の感情を同化するために、INFJと(感情を抱かせている)他の人がリアルタイムで一緒にいなければなりません。
これは後処理の感情的な経験ではなく、エネルギー的な接近のためにINFJにぶつかる感情です。

INFPにとって、それは他人の感情を見つけることです。
それは自分自身の中で経験していたことでしょう。
感情は、芸術、文学、雑誌、そして私たちの感情を表現するあらゆる方法で、時間に絆されるでしょう。

INFPはアートとの関係が有名で有名ですが、これが大きな理由です。
アートは、INFPが感情的な経験を反映(または再作成)して他の人を助ける素晴らしいツールです。

本当に偉大な芸術は私たちの中で反応を呼び起こし、時には私たちが持っていたことを知らなかった自分自身の感情を発見します。
Authenticityの芸術家は、他人の感情を反映する他の人たちの能力を上回ります。

もう一度、それは同化ではない、それはミラーリング(私があなただとしたらどのように感じるだろう)です、それは芸術がみんなに少し違って受け取られる理由です。

要約すると、感情的な同化はリアルタイムで/同期的に行われますが、INFPでは感情的なミラーリングが時間的に/非同期的に行われます。

4.理解される VS 正しさを認められる

INFJとINFPの両方の人格タイプは、誤解の問題に遭遇します。
INFJの場合、Perspectives processは他の人々の洞察力に匹敵するものではなく、他の人々が同じスーパー・パワーを持っていないことを理解するのに戸惑うかもしれません。
その結果、多くの一方的な関係が生まれます。

それに加えて、Perspectives process自体は、他の人にとっては非常に不思議です。
両方のINxJタイプ(INFJsとINTJs)は、彼ら自身の推測を保つことを学びます。
「なんとなく~の気がする」というものは、他者には予感のように感じられ、彼らを不快にする可能性があります。

INFPは、彼らが彼ら自身のことを分かっているほどに、誰も彼らをおそらく知ることができないので誤解を感じています。

Authenticity processは、ニュアンスのある自己認識の深い集まりです。
自分自身の中のすべての多様性を他の人に伝えるのは本当に不可能です。

しかし、レイヤーをはがすと、完全に誤解されることに挑戦しているわけではありません。
他の誰かが実際に彼らを完全に理解していれば、それは実際に悪い兆候になるでしょう – それは、INFPが個性の一部を失った、あるいは他の人にあまりにも似ているという危険に近いことを意味します。

奇妙なことに誇りがあるかもしれません。
少なくとも、彼らは一意性を失っていないという印です。

INFPが望んでいることを完全に理解していない場合、INFPは何を求めているのでしょうか?

あなたの決定のすべてを行うために使用する基準が、あなたが遭遇したほぼすべての人によって絶え間なく疑問を抱かされていると想像してください。
そして、あなたがすでに決定するまで、あなたがたいていの場合、最も良い決定を知らないという現象を追加します。
最終決定をするのに、それはあなたが別の人に説明することができないものに基づいています(言葉がないので)。
そしてあなたが正しい決定を知ったら、あなたはそれをすばらしいと思います。

しかし、あなたはまだそれを説明することができません、それはただ正しいと感じたから。

他のタイプの人々がこの機能を疎外するのは非常に簡単です。
あなたの精神的な思考回路(主要な「アイデンティティ」の1つ)が疎外されていることほど怒らせるものはありません。

Authenticityは、意思決定が自身と他人にとって正しいかどうかの判断に、その主な測定の1つとして「intent(意図・意思)」を使います。
多くの場合、INFPが繊細または守備的になるのは、彼らの意図が疑問視されていると思うからです。
INFPが疎外感を感じると、他の人々が悪い動機を喚起しているように感じることもあります。

あなたがこの選択を強く求めているが、あなたが私に「なぜ」を完全に説明することができないのであれば、あなたは利己的でなければならない、あるいは他の悪い動機を持っていなければなりません。

INFPが「誤解されている」と感じると、彼らは彼らが疎外感を感じ、手放して、他の人がINFPの動機に疑問を抱いていると信じることがより正確に述べられる可能性があります。

これに対する解毒剤は、それをよりよく理解することではありません。
とにかく、ほとんどのINFPは誰も真にそれらを理解することができないと言います。
本当の解毒薬は、意思決定機能の正しさを認めることです。

「あなたに同意する必要はありません。私はなぜあなたが信じているか、あなたのやり方を感じているかを知る必要はありません。自分のやり方を感じ、その気持ちに基づいて意思決定をする権利があれば、私はあなたが肯定的な意図を持っていると信じています。

INFPに誠実に伝えることができれば、彼らは永遠にあなたを愛するでしょう。

INFJは、彼らが良い動機を持っていると信じている人にほとんど投資されていません。
彼らは、他の人がINFJが肯定的な意図を持っていると信じているかどうかについてたくさんの考えを与えられるため、他人の動機に調整される可能性がはるかに高いでしょう。

INFPが話題に本当に興奮している場合、他の人々への意識を失う可能性がある一方、INFJは他の人々への意識を失うことはありません。

実際、INFJは一般的にINFPよりも多くの時間を必要としています(必ずしもそうではありませんが、通常はそうです)。
INFJが他の人々からの唯一の距離は、彼らが本当に物理的に一人であるときであり、これは一般的に、次の外界への旅行のためにバッテリーを充電するために使用されます。

INFJは「正しいと認められること」にはるかに興味がなく、保護にもっと関心があります。
INFJは、あなたがそれらに同意する必要はありません、INFJは、傷つく恐れが深く無意識であっても、あなたがそれらを傷つけるつもりはないことを知る必要があります。

過去にトラウマを経験した人や、他人に傷つけられる恐れがあるINFPがある程度いますが、それは本質的なものよりも創傷の産物です。地球上で最も保護され、よく治療されたINFJは、依然として意図的に傷ついている人をスキャンしています。

理解されていることと正しいと認められることの違いはかなり微妙であるかもしれませんが、タイプ間を判断しようとすると深遠です。

5 説得と導き

INFJ(Perspectivesプロセスを使用)は、しばしば問題を解決し、別の視点を提示することによって他の人を説得します。
実際、彼らは一般的に解決策が明らかになるまで視点を変えて問題を解決します。
彼らは「a-ha」の瞬間としてこれらの変化を他の人に提供します。

INFPはAuthenticityプロセスを使用しており、感情的な合気道の巨匠です。
自分の中でどのように感情が流れるのかを理解しているので、感情的なエネルギーを他の人にリダイレクトして、自分が感じるように感じさせます。

どちらも強力な説得力のある戦術であり、どちらのタイプも有名な霊的指導者に代表されています。
それぞれが他の人材を活用することができる一方で、INFJが「洞察」をもたらし、INFPが「インスピレーション」をもたらすという強い傾向があるようです。

姉妹タイプ

よく発達すると、INFJとINFPの両方が非常に感情的に知的です。
この2つのタイプは、人間の状態を深く理解する上で他の人たちを助けるためのものです。
これらの2つの姉妹タイプは、彼らが行うことに並外れており、お互いの方法論に対して深い感謝を得ることができます。

p.s. これは決して網羅的なリストではありません。

INFJ INFP
Perspective(見方)、直感的知覚機能 Authenticity(真正性)、感情的判断機能
無意識に他人の感情をリアルタイムで同化する
「あなたの痛みは私の心の中」
主観的に他人の感情的体験を非同期的に鏡に映す
理解されたい 正しいと認められたい
自分の要求を満たすため他人に尽くす 他人を尊重するため自身の体験を尊重する
インスピレーションを与える、ただし最初はinsight(洞察力)を通して 洞察力に富んでいる、ただし最初はインスピレーションを通して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です