感覚型(S) VS 直観型(N)

4つの2分法(内向・外向、感情・思考、感覚・直観、知覚・判断)のうち、最大の差は感覚と直観の違いにあります。
人口には他の区分の間におよそ50/50の分割がありますが、人口全体の70%が感覚を好むのに対し、直観を好むのは30%です。

この違いを詳しく見ると、感覚型と直観型の違いは次のようになります。
感覚型は情報の信頼性を優先し、直観型は速度と洞察の深さを優先します。
これで、独特の方法がいくつか現れます。

まず、直観型は、パターン認識を信頼して情報をすばやく理解し、そこにないものを見るのを助けることを学びます。
基本的には、わずかなデータポイントから大量の情報を推定します。

感覚型はもちろん、同じ能力を持っています。
しかし、彼らはそれを信じていないので、彼らはそれを磨くことはありません。
代わりに、信頼できる情報 -実世界で検証できるもの- を信頼します。
したがって、彼らは歴史的な情報のマスター、つまり自分の歴史だけでなく他の人々のマスターにもなります。

リアルタイムで物を操作するときにも素晴らしいものになります。
それがあなたの前にあるときに現実を疑う必要はありません。
現実は信頼できます。推測はできません。

次に2タイプがどのように情報を見ているのかは、どのように時間を見ているのかを示します。
真実で信頼できる堅実な情報が、あなたが選んだものであれば、これからの文脈だけでなく過去の情報(これまでの文脈であった)も、はるかに重要になります。

感覚型はまだ起こっていないことに頼ることができないので、未来にはあまり興味がありません。
一方で、直観型は、「そこにはない」ことをすでに見て楽しみます。
彼らはここで、そして将来、そして今この時間で、何ができるかについて理論化し、推測しています。
過去のことは、将来の予測のための参照点以上には、実際には関心を持ちません。

第三に、これらの違いは価値観と基本的な関心事の両方を変えます。
感覚型にとって、価値は、家族、伝統、仲間への参加、旧来の友人などを取り巻いています。
これらはすべて知られており、知ることができ、信頼できるものです。

直観型にとって価値観は、脳の可能性、ミーム、パラダイム(方法論)、視点、概念に重点を置いています。
会話は一般的に雑談にはほとんど関心がなく、これらのことを中心に展開します。

感覚型と直観型の両方が重要な役割を担っています。
感覚型は、しばしば「砦を守る人」 -私たちを社会性を保つインフラを支えています。

直観型は一般的に「先駆者」です。
新技術やパラダイム(方法論)を形作るための新しい方法を見つけて実行します。
多少の直観は必要であることは理にかなっています、多すぎる革新は全てを崩壊させます。
しかし、革新がなければ、世界は停滞します。

これらの違いを理解し、認めることは、我々が安定したシステムと新しい世界全体への道筋の両方を作り出すために協力する方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です