INFP by基礎

この記事はMyers-Briggsのパーソナリティタイプについてのものです。

INFP(introversion, intuition, feeling, perception)(内向、直感、感情、知覚型)はMyers-Briggs Type Indicator(MBTI)の著作で、16のパーソナリティーの1つを指す略語です。

MBTIは著名な精神科医ユングの著書「Psychological Types(心理学的類型論)」から展開されました。
ユングは、彼の臨床観察を通じて発達させた認知機能の理論に基づいて、心理学的な類型学を提案しました。
ユングの研究から、他(Myers-Briggs)は心理的な類型学を発展させました。

ユングの研究から発展した パーソナリティー診断は Isabel Briggs MyersとKatharine Cook Briggsによって開発されたMBTIテストと、David Keirseyによって開発されたKeirsey Temperament Sorterが含まれます。

INFPは、たとえ舞台裏であっても、強い感情と創造力を発揮したいという強い意識に駆られます。
彼らの弱点には、批判への敏感さ、組織力の貧弱さ、自己主張の弱さなどが含まれる場合があります。

Keirseyは、理想主義者と呼ばれる気質に属する4つのタイプのうちの1つであるHealersとしてINFPに言及しています。
INFPはやや稀で人口の約4%を占めています。

MBTI instrument

I – introversion (内向型)

INFPは静かで控えめな傾向があります。
彼らは一般的に知り合いの広いサークルではなく、親しい少数の人と交流する方が好きであり、人付き合いでエネルギーを消費します。
(一方外向型はエネルギーを得ます)

N – intuition(直感型)

INFPは具体的であるより抽象的な傾向があります。
彼らは細部よりもむしろ大きなイメージに、そして現実よりも将来の可能性に焦点を当てています。

F – feeling(感情型)

INFPは、客観的基準より個人的な基準に価値を置く傾向があります。
意思決定を行うとき、彼らはしばしば理論よりも社会的影響をより重視します。

P – perception(知覚型)
INFPは、判断を差し控え、重要な決定を遅らせる傾向があり、状況が変わったときに選択肢を開いたままにしておくことを好みます。

タイプの詳細

Myers-Briggsによると、INFPは、激しい感情と深い倫理観に支配された内なる世界にエネルギーの多くを集中させています。
彼らはこれらの価値観に沿った外的生活を求めています。

彼らにとって重要な人びとと主張に対して誠実なINFPは、理想を実現する機会をすばやく見つけることができます。
彼らは自身の周りの人を理解することに好奇心を持ち、自信の価値が脅かされない限り受け入れる柔軟性があります。

認知機能(Cognitive functions)

Isabel Myersは、ユングの理論に基づいて、各パーソナリティータイプに対して、認知機能(感覚、直感、思考、感情)が階層を形成することを提案しました。
この階層は、人のデフォルト動作パターンを表します。

Dominant functionは、各パーソナリティタイプの最も好む役割であり、彼らが最も快適に感じるものです。
The secondary Auxiliary functionは、Dominant functionをサポートして拡張します。
Dominant functionが情報収集機能(感覚または直感)である場合、Auxiliary functionは意思決定機能(思考または感情)であり、逆もまた同様です。
The Tertiary functionはDominant functionとAuxiliary functionよりもあまり開発されていませんが、時間の経過と共に成熟し、その人の能力を完全なものにします。
The Inferior functionは、性格タイプの致命的な弱点です。
これは彼らが最も不快な機能です。
Tertiary functionのように、nferior functionは成熟とともに強化されます。

ユングとMyersは、Auxiliary, Tertiary, Inferior functionsはDominantと反対であると考えました。
この解釈では、Dominantが外向型の場合、他の3つは内向型であり、その逆も同じです。
しかし、多くの近代医師は、Tertiaryの方向がDominantと同じであると主張しています。

Dominant 内向的感情(Fi)

Fiは、価値の解釈に基づいて情報をフィルタリングし、しばしば無形の(ぼんやりとした)基準に従って判断を行います。
Fiは、調和や真正性などの内部的な価値のバランスを絶えず調整しています。
微妙な違いに敏感なFiは、状況において真偽を生得的に感知します。
FiがDominant functionであることで、INFPは主に豊かな内面の感情の世界に生きています。

理想的には、彼らは行うことすべてが彼らの個人的な信念と一致することを望んでいます。
彼らは可能な限り自分に誠実に生きたと思っています。

Auxiliary 外向的直観(Ne)

Neは隠れた意味を見つけて解釈し、代替案を探るために「もしも」の質問を使って、複数の可能性を共存させます。
この想像力豊かな遊びは、さまざまな情報源からの洞察と経験を結びつけて新しい全体を形成し、それが行動の触媒になります。
INFPは主に直感で外部世界と関わります。
彼らは全体、パターンの感知、過去から未来への存在するものの流れを見るのに熟達しています。

外向的直観は非常に起業的な考え方も持ちます。
Neのユーザーはそれらの周りにある可能性を見ることもできます。

彼らは物事を実現させ「世界に影響を与える」ことを望んでいます。
外向的直観はこれらの可能性を非常に興奮させ、自然にカリスマ的なものにすることができます。
Neのユーザーは、変化の触媒であるリーダーを刺激することができます。

Tertiary 内向的感覚(Si)

Siは現在のデータを収集し、それを過去の経験と比較します。
これは、主体がそれを覚えているかのように、時々記憶に関連する感情を呼び起こすプロセスです。

馴染みあるものを守るため、Siは歴史を描き、目標と将来何が起こるかについての期待を形成します。
この機能はINFPに「精神的な事柄に対する関心」への自然な傾向を与え、より容易に気持ちを転向させることを可能とします。

Inferior 外向的思考(Te)

Teは、アイデアと環境を整理し、スケジュールして、効率的で生産的な目的の達成を確実にします。
Teは、行動、出来事、結論の論理的な説明を求め、誤った推論と失敗を順番に探します。

この機能は、INFPが外部の詳細に焦点を当てるのに役立ちますが、機能が劣るため、より大きなエネルギーを必要とし、信頼性がありません。

Shadow functions(影の機能)

後のパーソナリティー研究者(特にLinda V. Berens)は、個人が自然に傾向していないが、人がストレスを受けているときに出現する、いわゆる「影」の機能を下層に4つを追加しました。
shadow processesは意識の境界線上でより多くの動作をします…私たちは通常、これらのプロセスを否定的な方法で経験します。
INFPにとってshadow processesは以下のとおりです。

外向的感情(Fe)

Feは、礼儀正しく、丁寧で、適切な行動を通じて、社会的なつながりを求め、調和のとれた相互作用を作り出します。
Feは、他者の明示的(暗黙的)な要望に反応し、自身のニーズと他者のニーズを満たしたいという欲求との間に内的な矛盾を生じさせることさえあります。

内向的直観(Ni)

象徴的な行動や考案物に引き寄せられたNiは、以前は想像もつかなかったものを作り出すためのパラドックス(矛盾のようで実は正しい説)にみえるものを作り出します。
これらの実現には、複雑なシステムや普遍的な真実を含む将来の新しいビジョンを達成するための行動が必要となる確実性が伴います。

外向的感覚(Se)

外向的感覚は、直接的、現実的世界の経験や感覚に焦点を当てています。 現在の環境を敏感に認識することで、関連する事実と詳細が最前部に伝わり、自発的な行動につながる可能性があります。

内向的思考(Ti)

Tiはアイデアを表現するための正確な言葉などの正確性を求めます。
それは事の本質を定義し、それからそれらを分析し、分類する詳細な区別を気づかせます。

Tiは問題のすべての側面を調べ、問題を解決しながら努力とリスクを最小限に抑えようとしています。
モデルを使用して論理的不一致を根絶させます。

カテゴリーINFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です