INFP型の性格 byTIM

INFPの主要機能

Fi  introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内面の感情ではなく、内面からの価値です。
INFPは感情の深い源泉を体験するかもしれませんが、これはFiの根源ではありません。

それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、INFPの感情的本能が彼らに正しいことを伝えるものです。
それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼らは他の人に非常に配慮する傾向があり、彼らが正しいと思えるものか確認するために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。
価値の洗練プロセスはかなり時間がかかり、精神的孤独を必要とします。

Fiは一般に誠実さを高く評価し、嘘で作り上げられたものや浅はかなものを嫌います。

Ne extroverted iNtuition 外向的直観

NeはINFPが情報を取り込む主な方法です。

つまり、彼らはパターン、根底にある原則、アイデアを見つけ、彼らが話す、書く、作成するときの、つながりを形成するために直感を使います。

Neは、外界からの新たなインスピレーションを常に追求するために、新しい興味深いコンセプトが与えられたときに活躍します。

INFPの場合、NeはFiとペア設定され、好みの順では後になるという意味で「提供」します。
これはNeが最も多くの面で価値と理想を探求するために最も頻繁に使用されることを意味します。

Neは外向的なので、主に外部の情報との連携によって動作します。
これは、テーマの可能性を探求したり、執筆や芸術形式で多くの自己表現をすることにもオープンにしている他の人との話し合いのように見えるかもしれません。

Se introverted Sensing 内向的感覚

SiはINFPの第3機能であり、Fiの信念に強固な感覚を与えます。

Siはまた、Fi主導の内部世界を構造化し、詳細にします。
発達するのに十分な時間があった価値観に関しては、「正しい」「間違った」という確固たる感覚を持つ傾向があります。

これらのケースでの多くの認識は、個人的な経験に基づいています。
これは、Siは実世界の経験とその印象に大きな価値を置くからです。

INFPは、将来の参照のために組織的にまとめた興味深い体験と情報をすべて保存しています。

Te extroverted Thinking 外向的思考

TeはINFPのinferior function(第4機能)です。 この機能はアキレス腱である可能性があり、本来の優先順位と焦点がFiにあるため、他の機能ほど強くありません。

Teは非常に理論指向の問題解決方法です。
当然のことながら、問題のより良い解決策を見つけたり、プロセスの効率を改善したり、すでに実施されていることを批評したり洗練させたりするのは、この機能です。

INFPは一般的に、必要なときだけTeを使うことを好みます。
下位機能の過度の使用は非常にエネルギーを消費する可能性があり、他の機能より常に優先された場合、不健全になる可能性があります。

主要機能と内的世界の中心

Introverted Feeling 内向的感情

Fiタイプは、近くにいる人たちを非常に暖かく気遣います。
特に、誰もが自分のものに似た内的世界を持っていると無意識に信じるかもしれないからです。

しかし、彼らは人に対してオープンするのに時間がかかり、その人に何らかの方法で興味を持っていない限り、他人に近づきそうにありません。

彼らが誰かを自分たちの世界に連れていくと、両者の間に調和がある限り、そのつながりを開いたままにする可能性が高いです。

たとえば、相手が誠実でない、またはFiNeが保持している価値に強い反対を示している場合、INFPはその関係から後退します。
これらの原則に違反していない限り、INFPはその人を定期的に見ているかどうかにかかわらず、その人の人生に付随する可能性が高いでしょう。

INFPはセルフケアのマスターであり、健全な境界を設定するのに大変優れています。

彼らは非常に感情的な人なので、他人のニーズを見て、その人たちをケアしたいと思っています。
しかし、健全なINFPは、彼らが最初に自分自身をケアしない限り、他者を効果的にケアすることができないことを知っています。

彼らは自分の限界を知っていて、何かをやることができないときや何かを自分の人生に合致させることができないときには、「いいえ」という事を恐れないのが通常です。

Fiは、外部に焦点をあてているFe(extroverted Feeling)とは異なります。

Feは常に「このグループはどう感じているの?」と問いかけます。

Fiは内部に焦点を当てており、常に「これについてどのように感るの?」と問いかけます。
いったん彼ら自身のニーズが満たされていれば、INFPはまた、1つまたは2つの重要な関係を研ぎ澄ます傾向があります。

彼らは自然にこれらの人々をケアし、家族のように扱います。 これらの人々は、恋人、親友などである可能性があります。

INFPは、「内部の円」を非常に守っています。
彼らのペルソナ(外的人格)の深い内容を共有するそれらが、ある意味では自分自身の一部であると感じています。
攻撃を受けたり脅かされたりすると、彼らは自分自身や近くにいる人々を守ることを躊躇しません。

INFPは非常に自己認識しており、自己反省に多くの時間を費やしています。
彼らは自分たちの価値観の深みや色々な意味合いに非常に関心を持ち、大量な精神的な空間を浄化に消費します、信念を明確にし、篩い分けし、洗練します。

このプロセスは、INFPの深い感情に非常に関連している可能性があります。

彼らは、彼らの反応に気づいた居合わせた人が突然の爆発でかなり混乱するかもしれない間に、彼ら自身には意味を持つ一見無作為な物体の美しさに笑いか泣いているかもしれません。

いくつかのINFPにとって、彼らの感情は非常に深く働き、彼らが爆発する前にかなりの時間の間、表面の下にたくさんの気持ちを構築しなければなりません。

彼らは感情的な旅行を通して好きな以下のものが非常に価値があることがあり得るので、彼らは感情に関わるもの(映画、本など)を探す傾向があります。

Feeling(FeまたはFe)を認知機能として話すとき、必ずしも感情に言及するとは限りません。
感情的な経験や表現はFeeling(FeやFi)と関連しているかもしれませんが、彼らは認知機能である「Feeling」の根本的な原因ではありません。

FiやFeの根源は人の価値観です。
つまり、自分の良心やそれが重要だと考える理由から、人が重要と考えることを意味します。

INFPの道徳的な規準は、彼らの良心や「感情的本能」が正しいと言っているものから導き出され、一般的に自身が扱われたいと思う方法で他人を扱います。

このFiの価値観は感情に基づいていませんが、100%論理的である必要もありません。
他人を公正に扱うことの背後にある理由にはあまり関心がありません。

彼らは公正に扱われたいと思っているので、それは良いことであり正しいことのように感じます。

INFPの原動力である直観は、自分自身に誠実で、自分の価値観を保持し、内的調和を達成し、外的要因(社会的期待、友人や家族の意見でさえ)がその価値感に及ぼす影響を最小限に抑えることです。

彼らは、そうしながら自分自身に誠実なままでいる限り、他者との話し合いや議論を愛するかもしれません。
長い話し合いの後、INFPは、会話を評価し、他の人が何を言ったか、どのようにして彼らの価値観に適合させるかを検討する時間が必要です。

INFPは信頼できる貴重な独自の原則を見つけ、本質的にそれらを課そうとする他の人に懐疑的です。
あるものが自分の信念と一致しないと、それに従って行動することはできません。

彼ら自身の価値観に反することは、内なる不和を引き起こすことになります。
INFPはそれに長い間耐えられません。

INFPは自分の世界で、喫茶店で20フィート先に座っている見知らぬ人が何を考えているのか、彼らの1日がどうなっているのか、彼らの人生はどんなものであるのかなどを把握しようとしています。

彼らは人間観察が好きですが、実際のやりとりで適切に反応して対応するようにという圧力を感じているので、ほとんどの人と接近して個人的に関わることは面白いことではありません。

彼らは想像上の人々が彼らに対して要求や期待を持っていないので、実生活で実際に話すのではなく、誰かとの会話を想像することさえできます。

INFPは大人になっても活発な想像力を持つ傾向があります。
様々物語に非常に関心があります。

たとえば、大きくて丈夫な木が見え、そこはどれくらいの長さがあるのか疑問に思うかもしれませんし、それの周囲に何があるのか、それとも誰がその木陰に座っているのか、 彼らは自動的に本、映画、友人からの合言葉、彼らが使用したいと思う特別なカップ、または特定の場所に特定の樹木が植えられた理由など、どこでも意味を探します。

INFPはすべてに意味を割り当てる傾向があります。
彼らはすべての意味の深みニュアンスに深く関わり、絡み合い、何かの意味が他のものとどのように関係しているのか、正しいアイデアやストーリーによって信じられないほど魅了されるようになります。

何かが想像力を引き起こしたり、INFPで大きな重みを持つ意味の部分にたどり着くと、彼らは物語やアイデアに魅了されます。

ストーリー展開のプロセスは、ストーリーのパートの合計よりもINFPにとって意味があります。

第2機能と外的世界の中心

Extroverted iNtuition 外向的直観

INFPは世界を見るための非常に抽象的な方法を持っています。
Neは第二の機能であり、理論、パターン、新しいアイデアや原則に自然に向き合っています。

INFPにはいつでも周りを旋回している理論の世界があり、それらを開発するためには一人の時間があることが重要です。
彼らの最高のアイデアは、通常、彼らは内なる平穏と十分なインスピレーションの感覚があるときに閃くでしょう。

INFPの多くの人々は、心を込めて、瞑想、または平和を得るために役立つ意図的なリラックスは平穏の獲得のための有効な方法となります。

INFPは、Fiがすべての点で意味を見つけるため、ほとんどすべてのインスピレーションを見つけることができます。

インスピレーションが得られる限り、物事を学ぶこと、興味深い本を読むこと、散歩をすること、または良い会話をすることは、すべて共通の刺激です。

徐々に広げる時間を持つ必要があるアイデアのために、彼らはアウトプットのための場所を持つ必要があります。
書くこと、話すこと、教えること、建築すること、デザインすることなど何でも、独自の方法でアイデアをまとめることが重要です。

これはまた、彼らが自分たちのアイデアの表現を洗練し完璧にするのにも役立ちます。
彼らは、自身が頭の中で完全に何かを理解しているように感じるかもしれませんが、しばしば偉大な教師を作っていますが、事前の練習なしで他人に説明するのに熟達していないかもしれません。

INFPは目新しいものを愛します。
彼らは常に解決するための新しい光るパズルか、学ぶべき新しいものを探しています。

彼らは、基本的なレベルの能力に達した後、何かに飽きてしまうことがあります。
それでも、INFPには、しばしば飽きることのない、最も意味のあるもの、つまり生涯を通じて筋として残る1つか2つのものがあります。

彼らが研究や実習で長すぎる時間を喪失しなければ、最終的にこれらの分野の専門家になる可能性が高いです。

INFPはアイデア、可能性、未来の考慮を愛します。

彼らは「何であるか」または現在の瞬間にあまり関心がありません。

INFPが瞬間を味わい、次に何をすべきかを自然に探して、成功を祝うのは難しいかもしれません。

第3機能と内的世界における補助

Introverted Sensing 内向的感覚

Siはすべての現実世界、五感(見て、聞く、聴く、味わう、触れる、そしてにおいを感じる)経験がINFPにどのように影響するかということです。

彼らは自分の経験を非常に高く評価しており、大切に記憶されていると思われる経験についての非常に良い記憶やカタログを持っています。

INFPは、彼らにとって深い意味を持つものについて、非常に懐かしく、感情的な傾向があります。

彼らの母親が成長を祝い毎年誕生日に特定の種類のケーキを作ったために、それらを食べるのが好きかもしれません。
あるいは、何かを意味する特定の物に非常に愛着があるかもしれません。

INFPの価値観は、大部分の人々の習慣や慣例とはまったく異なっており、あまり明らかではない方法でそれらを示します。
別の言い方をすれば、その習慣はあまり習慣的ではないことが多いです。

時々、彼らは無意識のうちに続くよい日々のリズムに入ります。
日常生活の中でこのリズムを続けるのが最も簡単です。
そして、彼らがよりバランスの取れた感じを得るのに役立ちます。

しかし、何かがリズムを妨げると、中断が終わると再びリズムを拾うのが難しいかもしれません。

彼らの内面世界はかなり成熟しており、大人になると固い感じがします。
彼らの基本的価値の多くは、かなり早い時期に決定されており、新しい経験、アイデア、または実現によってそれらが特定の価値を再評価されるまで、これらの価値は元に戻ります。

彼らは自分自身をかなりオープンなものと考えるかもしれません。
しかし、経験がないという新たな原則に直面した場合、その物事についての立場を評価するのに多くの時間が必要になります。

彼らが100%を把握していなくても、彼らは自分自身の内部である程度の理解に達していることを知っているように感じます。

Siは非常に詳細指向の機能であり、INFPは過去に働いた解決方法の使用に自信を持っています。
また、必要なときに、自分の仕事、家庭、または詳細な組織化と素早い問題解決にこれを使います。

INFPは、新しいイノベーションと以前に成功したソリューションの適用のどちらかを選択する際に、バランスが取れている傾向があります。

第4機能と外的世界における補助

Extroverted Thinking 外向的思考

Teは、INFPが現実の世界から情報を取り込み、最も効果的な解決方法が何であるかを迅速に判断し、その解決方法をすぐに実行できるようにするプロセスです。
これはINFPの最も弱い、アキレス腱の部分です。

常に自分自身のこの側面に頼るのは疲れて不健全になりますが、仕事を効果的に行うために必要なときにトラブルシューティングスキルを引き出すことができます。

INFPは意思決定に時間を費やすことを好みますが、常に可能であるとは限りません。
このような状況では、迅速かつ即時に意思決定できるようにTeを用いると便利です。

彼らはバックグラウンドで彼らの ‘感情的本能’ Fiの内部コンパスに頼っているので、彼らはその時の確固たる理由を明言できない場合でも、彼らの決定に快適を感じることができます。

たとえば、通りを歩いている人が何らかの形で自分に危害を加える可能性があるという感覚を持っている場合、その感情を持つ理由を解く時間はありません。
彼らは、彼らがこの人の隣で安全だと感じていないことを分かっています。
そして、最善の解決策は、通りを渡ることです、または回避するために迂回路を取ることです。

多くの場合、TeはINFPの保護機能です。
彼らの価値の1つが攻撃を受けると、彼らは自分が正しいと感じるものを守るために、事実に即したTeによるコミュニケーションスタイルを使用することに問題はありません。

彼らはそれについて行動を起こさなければならないことを知っている物事について非常に強く感じるとき、彼らは強力であり、彼らが正しいと信じることのために立つことを命じる、自分自身のこの部分を利用します。

Teは、少なくとも短時間の間、何か(職業、趣味、外見など)を選び、それに固執するように指示するINFPの一部でもあります。
これは、INFPのほんの一部であり、結論に至り、決定的になるようにプッシュしています。

それが純粋に彼らのFiに判断を頼った場合、彼らはそれについて永遠にどのように感じるかを考えるでしょう。

このTeによる問題を解決することを余儀なくされたINFPは、多くの時間(仕事や育児などのために)外的人格の側面を批評していますが、燃え尽きる可能性が高く、意思決定の疲れが非常に早く起きる可能性があります。

彼らは一般に、他の人が自分の人生の少なくとも一部で意思決定を引き継ぐことができるよう許すときに最も効果的です。

彼らが自分の仕事、すべての育児の決定、そしてすべての関係の決定などを決定しなければならない場合等、夕食のために何を食べるのか、仕事から家に帰るためにどのようなルートをとるのかといった簡単な自己ケア意思決定の時には、すでに疲れていて、彼らが望むものを知るために苦労します。

カテゴリーINFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です