ユングの8つの認知プロセス(機能)

歴史

1920年代には、科学者や哲学者によってパーソナリティタイプの考えが探究されていました。
スイスの精神科医、カール・ユングはその間に「Psychological Types(心理学的類型論)」を書いており、この中で現在では世界で最も広く使われている類型学の一つになった、詳細な説明をしました。

1940年代、イザベル・マイヤーズは自己解答式のテストである「Myers-Briggs Type Indicator」を開発し始めました。
これは、人々がユングの理論に合ったタイプを見つけるのを助けることができます。

このテストを使用することで、基本的な性格タイプが16種類あることがほぼ普遍的に理解されました。
それぞれのタイプは4文字のパーソナリティタイプのコードで名前を付けられます。

2つの世界

ユング、人々が、自分自身の外の人々や経験の外部世界に向けられているのか、思考・アイデア・感情・思い出の内面の世界に向けられているのかに関して、根本的に異なるようであると、最初に気が付きました。

そして彼は、各世界で人々が何をしていたかという点で、より多くの違いに気付きました。
彼はこれらを「機能(functions)」と呼びました。

それらは現在、認知プロセス(cognitive processes)と考えられています。

機能 – 認知プロセス

ユングは名前にメタファーを使用して、知覚(perception)と判断(judgment)という2種類の認知プロセスを説明しました。

感覚(Sensation)と直感(Intuition)は2種類の知覚機能でした。

思考(Thinking)と感情(Feeling)は2種類の判断機能でした。

彼は、すべての精神的行為は、これらの4つの認知プロセスのうちの少なくとも1つを使用することからなると述べました。

次に彼は、外向的または内向的な世界のいずれかのプロセスを用いて特徴づけられた8つの人格タイプについて述べました。

外向的感覚、外向的直観、外向的思考、外向的感情、内向的感覚、内向的直観、内向内思考、内向的感情、タイプです。

彼はまた、これらのプロセスはパーソナリティのdominant process(主要プロセス)としてだけでなく、他の方法でも動作することを示唆しました。

The Instrument

イザベル・マイヤーズと彼女の母親、キャサリン・ブリッグスは、自己診断テストを作成し始め、いくつかの課題に直面しました。
彼らは、ユングが統合された全体的なパーソナリティパターンとして見ていたものを用いて、その全体を得るために質問する方法を見つけようとしなければならなりませんでした。

彼らはユングの対立する概念に焦点を当て、同党の価値のある心理的な対立の間で選択を強制する方法を選びました。
彼らはまた、タイプのパターンを明らかにするために二分法を追加しました。 結果は16種類あり、それぞれがENFPまたはISTJのような4文字のコードで示されています。

パターン全体としてのタイプ

Extraverted Sensing – (Se) 外向的感覚

外向的感覚は、物理的な世界に何があるかを細かく認識したときに起こります。
我々は即座の結果を得るために経験したことに基づいて行動することがあります。

私たちは、データや経験の海に関連する事実や出来事があることに気付き、私たちが直面している状況や焦点の範囲、そしてそれが何のために起こっているのかについて、私たちはできることをすべて学びます。

この働きは、入力のすべてのソースが使い果たされるか、または何か他のものが私たちの注意を引くまで、画像全体を取得するためのより多くの入力を積極的に求めます。
私たちが現時点の行動のスリルの発生や楽しみとして、刺激的な身体的衝動や本能に全く自由に従っているときに外向的感覚が作動しています。

物理的な世界との一体感と完全な吸収は、私たちが移動し、触れて、私たちの周りにあるものを感じるときに存在するかもしれません。

このプロセスでは、即座に手がかりを読み取って、状況にどれだけ近づき、依然として望ましいインパクトを得ているか、現在の状況に対応しているかを確認します。

Introverted Sensing – (Si) 内向的感覚

内向的感覚は、しばしばデータと情報を格納し、現在の状況と類似した状況を比較して対比させます。

即座の経験や言葉は以前の経験と即座にリンクしています。類似点や相違点を登録しています。例えば、ある食品がそれを味わっていない、あるいはそれよりも塩分が多いことに気付くなどです。

ある人をみて他人を思い出しているときもまた、内向的感覚が働いています。

再起されたイメージに関連した感情は、情報そのものとともに私たちの意識に伝わることがあります。
そうすれば、イメージはとても強くなり、私たちの体は経験を生き返らせるように反応します。

このプロセスでは、歴史、知覚、経験の教訓を引き出すために過去を見直すことも含まれます。

内向的感覚は、しばしば詳細に大きな注意を払い、目標や目的、起こることを明確に把握します。

文明と文化を支え、信頼できる変化があっても、知られていて長続きするものを守る手助けをする永遠の習慣と一体化することができます。

Extraverted iNtuiting – (Ne) 外向的直観

外向的直観には、隠された意味に気付き、解釈することが含まれます。
たった一つのアイデアから豊かな解釈が得られたり、誰かの行動が本当に意味するものを解釈したりします。

それはまた、現実の様々な可能性のある表現を伴って、「あたかも」のようなものを見ることを含みます。

このプロセスを使用することで、私たちはいろいろなアイデア、思考、信念、意味を同時に、すべてが真実である可能性と共に、心に留めます。

これは、テーマ(主題)とスレッド(道筋・脈絡・意見)を一緒に織るようなものです。

私たちは、思考スレッドが出現するまで、または他のコンテキスト(前後関係・文脈)からもたらされることが多い思考の相互作用に引き出されるまで、織り方が分かりません。
このように、戦略やコンセプト(概念)は、しばしば今やっているやりとりの相互作用から出てくるものであり、あたかも全体としては現れていません。

このプロセスを使用することで、ブレインストーミングと信頼の出現を認識し、シナリオ(筋書き)で想像力豊かな遊びを楽しんだり、可能性を組み合わせたりすることができます。

外向的直観はまた、人を触媒にし、即座に状況を形作り、緊急のリーダーシップによって変化の雰囲気を広げることもできます。

Introverted iNtuiting – (Ni) 内向的直観

内向的直観は、一見逆説的で矛盾したものを合成し、新しいレベルへの理解を取ります。

このプロセスを使用すると、まったく新しい、想像もつかない実現が私たちに起こる瞬間をつくることができます。

領域の相互作用からの解放が起こり、突然の「あぁ!」または「そうか!」が起こります。
未来の感覚と内向的直観から生まれた感覚は、私たちが将来ビジョンや将来の夢を実現することに、行動を求め、集中するのに役立つ、疑いがなく確固としたクオリティを持っています。

このプロセスを使用すると、我々は、焦点を当てる装置や象徴的な行動に頼って、予測、啓蒙(疑いを解く)、または変換(変形)することができます。
目に見えない傾向や兆しを見て未来がどのように展開するのかを見極めることができます。

このプロセスには、複雑な概念や思考のシステムや、普遍的なものを理解するための象徴的あるいは斬新な方法を考えることが含まれます。

複雑な概念、思考システム、象徴の理解、普遍的なものを理解するための斬新な方法を考えることが含まれます。
それは超越的な経験や解決策を生み出すことにつながります。

Extraverted Thinking – (Te) 外向的思考

緊急時の計画、スケジューリング、定量化(数量化)は、外向的思考のプロセスを利用します。

外向的思考は、チャート、表、グラフ、フローチャート、アウトラインなどを通じて環境とアイデアを整理するのに役立ちます。
最も洗練されたこのプロセスは、効率的かつ生産的に作業する人や物を整理し、管理することです。

経験的思考は、私たちの前にある事実の論理に基づいて誰かのアイデアに挑戦したり、決定や結論について合理的な説明をしたり、しばしば他の人の考え方に秩序を確立しようとする時の外向的思考の中心です。

書面または口頭のコミュニケーションでは、外向的思考は、他の誰かの論理、順序、または組織に簡単に従うのに役立ちます。

また、誰かが4つの話題について話し合うと言っているときに、3つしか話していないときなど、何かが見つからないときに気づくのにも役立ちます。

一般的にそれは、私たちは目的を達成するために必要なことを行うために、私たちの生活の多くの側面を区分化することができるようにします。

Introverted Thinking – (Ti) 内向的思考

内向的思考はしばしば、正確に、鮮明に、そしてその点まで、アイデアをはっきりと表現するための正しい言葉を見つけることを含みます。

内向的な思考を使用することは、何かの本質的な性質を内在的に感じること、それが何であるか・何を意味するかの細かい性質に気づく様なものです。

また、一般原則のクラスと副原則のサブカテゴリを導出する内部推論プロセスも含まれます。
これらは、製品やアイデアの問題解決、分析、洗練に使用できます。

このプロセスは、物やアイデアを分けて、どのように動作するかを把握するような行動で証明されます。
分析には、問題のさまざまな側面を見て、どこに矛盾があるかを見ることが含まれます。

そうすることで、最小限の労力またはシステムの損傷で問題を修正する「レバレッジポイント(最も効率的な点)」を探します。

私たちは、ステートメント(記述)とフレームワーク(枠組み・構成)の間に論理的な不一致があることを知り、モデルを使って観察されるものの正確さを評価するとき、このプロセスを使用します。

Extraverted Feeling – (Fe) 外向的感情

外向的感情のプロセスは、しばしば他者とのつながり(またはそれからの切断)を望み、しばしば暖かさ(または不快感)と自己開示の表明を含みます。

礼儀正しく、親切に、友好的に、思慮深く、適切にふるまうなどの「社会的品位」は、しばしば外向的感情のプロセスを中心に展開されます。
他の人が笑うときに冗談を言って笑って、お互いに優しく行動するようにしようとするときも、外向的感情を使用しています。

このプロセスを使用して、表現された、または表現されていない、あるいは表現されていない他人の希望や要求にも応じて対応します。

私たちは人々に、彼らが自分自身についてもっと話をするよう促すために、彼らの希望、要求、または自己開示することを求めるかもしれません。

これはしばしば会話を誘発し、もっと知り合い、行動を順応することができます。

このプロセスでは、しばしば、自分の気持ちを他人の気持ちから分離しないように、他人の気持ちに配慮し、責任を負わなければと感じます。

私たちは、共通の価値観、感情、社会規範を認識し、それを遵守することがあります。

Introverted Feeling – (Fi) 内向的感情

内向的感情は、しばしば言葉よりも、イメージ、様々な感情(情調)、及び本能的反応に関連しているので、内向的感情の判断機能に使用される価値観に言葉を割り当てることはしばしば困難です。

認知プロセスとして、それは価値あるもの、欲しいもの、または信じる価値があるものと一致する情報のフィルタとして役立つことがよくあります。

状況の価値またはすべての重要性と、人生の状況における平和と争いの中核となる問題のバランスをとって絶えず測定することができます。

私たちは、価値観が損なわれたときに内向的感情のプロセスを使用します。そして、「時々、いくつかのことを言わなければならない」と考えています。

一方、ほとんどの場合、このプロセスは「プライベート(内的に)」で動作し、行動を通じて表現されます。

人々が偽りであるのか不誠実であるのか、それとも基本的に良いのかを知るのに役立ちます。

これは、人やプロジェクトの「エッセンス(本質)」に対する内部感覚を持ち、情調を細かく読み取るようなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です