MBTIの各タイプの、認知プロセスの役割

16のパーソナリティタイプがあります。

各「タイプ」は、8つのプロセス(機能)が日常生活でどのように使用されているかを予測する固有のパターンです。

プロセスの役割

16種類のタイプのそれぞれにおいて、8つのプロセスそれぞれは、パーソナリティにおいて異なる「役割」を果たしています。

タイプコードを使用すると、各タイプごとに各プロセスの役割を知ることができます。
これを「type dynamics(タイプダイナミクス)」といいます。

これは「hierarchy of functions(機能の階層)」とも呼ばれます。
Dominant、Auxiliary、Tertiary、Inferior、です。

以下にその役割を説明し、パターンの理解を深めるのに役立ちます。

ほとんどの場合、私たちはプロセスのうちの2つ、つまり情報にアクセスするための好ましい方法(知覚機能)と、その情報を整理して評価するための好ましい方法(判断機能)に頼っています。
より詳細に見ると、1つのプロセスが主導的役割を担い、もう1つがサポートの役割を担うことがわかります。

実際には、私たちは8つの認知プロセスすべてにアクセスできます。
他の6つはバックグラウンドで行われ、他の種類の役割を果たします。

それぞれは肯定的で否定的な、それ自身の表現方法を持っています。
それぞれのエネルギーコストは、使用するときによって異なります。

The Primary Processes(主要プロセス)

primary processesは最初の4つの役割役割によって使用されます。

それぞれのプロセスは、私たちの生活のさまざまな時に現れ、発達する傾向があります。
これらの時には、これらのプロセスを使用する活動に引き付けられます。

そして、これらのプロセスに関連するするコンテンツ(内容)とスキルを学ぶことは、しばしば簡単にはできません。
私たちは私たちの関心がそれらに引き寄せられ、私たちの関心は以前に引き寄せられたものから引き離されていることに気づきます。

The Leading Role (Dominant function) 主要な役割 第1機能

主要な役割を果たすプロセスは、通常、小児期に早く発達するプロセスです。
私たちはまずこのプロセスに携わり、問題を解決し、成功するためにそれを信頼しています。

最も信頼され、最もよく使用されているため、通常は成熟したクオリティです。
私たちはむしろ自動的かつ容易にそれに携わる可能性がありますが、我々はそれをはるかに意識的に制御しています。

それを使用するためのエネルギーコストは非常に低いです。

映画のように、主要な役割は、それが困難な状況から私たちを助け出すことができるような、英雄的なクオリティを持っています。

しかし、私たちはこのプロセスで「音量を上げる」ことがあり、威圧的になり、傲慢になることがあります。
その後、それは否定的なクオリティとなります。

The Supporting Role (Auxiliary) 支援の役割 第2機能

第2機能の役割は、自分自身を支えるとの同じように、いかに他者の役に立つかです

私たちが第1機能と共にいくつかの能力を開発したら、私たちは第2機能に従事しやすくなります。

最も肯定的な形として、これは子育てをする親と非常に似ています。
より否定的な側面では、それは、役に立つというよりは、過保護になったり、発達を妨げることになります。

第1機能が外向的プロセスである場合、第2機能は内向的プロセスとなります。
第1機能が内向的プロセスである場合、第2機能は外向的であり、外的世界を扱う方法を提供するので、非常に活発で目に見える可能性があります。

The Relief Role (Tertiary) 気晴らしの役割 第3機能

第3機能の役割は、私たちにエネルギーを与え、自分自身を充電する方法を提供します。
それは第2機能のバックアップ(支援)として役立ち、しばしばそれと連携して機能します。

私たちが若いとき、私たちは、人生の状況がそれを必要としない限り、この役割を果たしているプロセスに関わらないかもしれません。
通常、青年期には、このプロセスを引き出す活動に惹かれます。

第3機能の役割は、しばしば私たちの創造性を表現する方法です。
それは、いかに私たちが遊び心のある子どもになっているかです。

最も否定的な表現では、これは私たちが幼稚になる方法です。

そして、それは不安定なクオリティを持っており、このプロセスを使って自分自身や他の人を悩まし、自身を目標から逸らさせます。

The Aspirational Role (Inferior) 熱望の役割 第4機能

第4機能は、通常、中年期まで発展しません。

私たちはしばしばそれを他の人対する、「するべき」と怖れ、否定性を投影するという否定的な側面として体験します

これらの怖れという性質は、この役割を果たすプロセスを反映しており、我々がこの役割を果たすプロセスに携わるときには、未熟なものに見える可能性が高くなります。
それを使用するためにはかなりのエネルギーコストがかかることがあります。

私たちがそれを信じてそれを発展させることを学ぶにつれ、第4機能は私たちの生活のバランスをとる橋渡しをします。
多くの場合、私たちの目的、インスピレーション、理想には、この役割を果たすプロセスの性質があります。

The Shadow Processes 影のプロセス

上記4つ以外の、他の4つの認知プロセスは、意識の境界線でより多く作用します。

あたかも彼らが影にあって、特定の状況下でのみ機能しているかのようです。

The Opposing Role (第1機能と)対立する役割 第5機能

第5機能の役割は、しばしば私たちがどのように頑固になり、論争的になるか、です。
-その時点で何が起こっていても「遊ぶ」ことを拒否して議論に参加することです

この役割を果たしているプロセスでスキルを開発するのは簡単かもしれませんが、スキルの適用範囲が狭くなる可能性が高く、広範に使用するにはより多くのエネルギーが必要です。

その肯定的な側面では、私たちの第1機能に影や深さを与え、それをバックアップし、私たちの目標を追求する上でより永続的になるようにします。

The Critical Parent Role 批判的な親の役割 第6機能

第6機能の役割は、他人の弱点を見つけて、固定させることや混乱させることです。

他の人がこの役割を果たすプロセスを使用するときにも、このように感じることがあります。

それはしばしば散発的に使用され、何か重要なことが危険にさらされているときにストレスの多い状況下でより頻繁に現れます。
我々がそれに携わるとき、私たちは何度も続けることができます。

発見の肯定的な側面にアクセスするには、それを理解し、それに触れることを学ぶ必要があります。
そして、それはほぼ魔法のような性質を持ち、深い知恵を提供することができます。

The Deceiving Role 欺きの役割 第7機能

第7機能の役割は、何が重要であるか、または注意を払うことが重要であると考えることへ私たちを惑わすことです。

この役割を果たしているプロセスは、しばしば信頼されていないか、または注目に値しないと見なされます。

私たちがそれに携わるとき、認識や意思決定に間違いを犯す可能性があるからです。
そして、2つの悪い選択肢の間で板挟みになっていると感じます。

しかし、この役割は、息抜きを提供するような肯定的な側面を持つことができます。

それから私たちは自分自身を笑うことができます。
我々が遊びを通して自分自身を再充電して、それはリフレッシュでありえて、救済的役割と結び付くことがありえます。

The Devilish Role 悪魔の役割 第8機能

第8機能の役割はかなり否定的な可能性があります。

この役割を果たすプロセスを使用して、私たち自身や他人を破壊する可能性があります。

この役割を果たすプロセスに携わるときに取られる行動(または非活動)は、しばしば後に後悔されます。

通常、私たちはこの役割を果たし、爆発して、むしろ無意識のうちに自分自身を押しつけるようなプロセスをどのように扱うかを知りません。

しかし、私たちが邪悪な役割を果たすプロセスに開放されれば、それは変容的になります。

レモネードを新鮮なものにするのではなく、レモネードをレモンから作るように、新しいものを創造するための刺激が与えられます。

The Developed Self 自己発達

覚えておいて下さい、我々はすべてのプロセスを使用することができ、我々はその使用に熟練することができます。

技能は練習を通して獲得されます。 私たちが人生を進むにつれ、私たちは自身の主要プロセスを発展させる活動に引き寄せられているようです。
ときに環境がその開発を許可したり育成したり、それを高めることができない場合もあります。

したがって、パーソナリティパターンは、各タイプごとに同じであるが、それらの様々な開発のために同じタイプの個人間でかなりの変動が生じます。

われわれは認識していないプロセスではなく、認識しているプロセスを特定して主張する可能性が高くなります。

私たちがまだそれを知らないが、そのプロセスを使用する能力があるなら、私たちはそれを当然と考えます。
私たちがその能力がなく、また気づかない場合は、このプロセスの否定的側面を他の人に投影し、どこでも、価値があることを否定する可能性があります。

The Pattern

プロセスのパターンは棒線図で表すことができます。
1番目に、一般にDominantと呼ばれる我々を主導するプロセスがあります。

2番目に、一般的にAuxiliaryと呼ばれる支援的な方法で使用するプロセスがあります。

3番目に、一般的にTeriaryと呼ばれる安堵感を与える方法で使用するプロセスがあります。

4番目に、一般的にInferiorと呼ばれる私たちが熱望しているものがあります。
このプロセスは私たちがうまくいくことを願っているものなので、その方向に進みたいと気づいていなくても、しばしば「足を進める」ものです。

シャドープロセスは、バックグラウンドにあることを示す棒線図のすぐ後ろに位置すると考えてください。
影のように、彼らは常にそこにいますが、私たちはしばしばそれらを積極的に使用していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です