HSP(敏感な人)が求める12のこと

あなたが私と同じようにHSP(highly sensitive person)(非常に敏感な人)なら、あなたはあまりにも多くのことができないことを知っています。

忙しい環境、映画の暴力的なイメージ、または休憩時間の少ない週末は、あなたにストレスを与えることがあります。

あなたは環境や他の人々にとても調子を合わせているので、人生にかなり疲れている可能性があります。
結果として、あなたは身を引きます。

しかし、あなたの周りの人々はなぜあなたがこれを行うのか理解していません。

だけれども、あなたに間違いはありません。
これはあなただけではありません。

HSPは実際にはかなり一般的であり、集団の15〜20%に見られると、Dr. Elaine N. Aron(「The Highly Sensitive Person」の著者)は述べます。

全てのパーソナリティタイプの人々と同様、内向型と外向型の双方が敏感な可能性がありますが、HSPはおそらくINFPとINFJにより共通して当てはまります。

悲しいことに、多くの人々はHSPが何であるかを理解していないので、あなたは「強くなるように」または「それを乗り越えるように」と言われたかもしれません。
あなたはいつも他の人と違って感じたかもしれませんが、 あなたは、自分が何であるか、を表す名称を持っていませんでした。

HSPは人生を挑戦的なものにしますが、不可能ではありません。
ある内向型は日常生活をしていて、セルフケアをたくさんしている時、自分の感覚(敏感であること)を忘れていました。
しかし、最旅行では、自身の感覚がどのようにしてすり減らされるのかを思い出させました。

1つの活動から次の活動に急いで、大声で、混雑したバーやレストランに出入りしたり、多くの新しい人と出会いました。
揚げ句の果てに、私は十分な睡眠や心のヨガのような気持ちを良くするような運動をしていませんでした。
「旅行」の5日後、完全に疲れ果てました。

HSPはどのように、騒々しい、忙しい世界で活き活きと生活出来るでしょうか?
ここには私たちが必要とする12のものがあります。

リラックスする時間

混雑したショッピングモールのような騒々しい、慌ただしい環境は、HSPの非常に反応的な神経系に大混乱を招く可能性があります。
同様に、就寝面接や新しい学校の初日のような、詰まったスケジュールや緊張を強いる状況は、過度に刺激的です。

あなたを疲れさせるような状況になることが分かっているなら、後で静かな場所でリラックスするようにしてください。
あなたが一人でいれば最高です。

有意義な関係性

Aron氏によれば、意味のある相互作用がない関係では、私たちは飽きてしまったり、落ち着かなくなってしまいます。
これは、私たちが色々な関係性を求めやすいというわけではありません。

むしろ、私たちは実際に親密さと興味深い会話を刺激するために、もっと一生懸命働くかもしれません。
それはまた、私たちが自分の人生に入れる人を選別していることを意味します。

興味深いことに、多くの敏感な人々は、彼らが自分にとって良いものに調和するだけでなく、他の人にとって良いものにも調和するので、関係を結ぶことについて卓越しています。

彼らは、彼らの重要な他人が望むものに細心の注意を払います。
Aron氏はこの特性を「mate sensitivity(相手の感性)」と呼びます。

これは、その情報に基づいてパートナーを喜ばせ、行動することを迅速に把握する能力を意味します。
この行動は、友人、家族、同僚にも同様に起こります。 基本的には、他の人を喜ばせることができます。

私たちの感情的な性質を理解する人

敏感な人は泣いたり、頻繁に感情的になることがあります。

「敏感な人々は、彼らが感じていることをどうにかすることはできないが、表現することはできる。」とAron氏はHuffington Postに語りました。

「彼らは自身の怒りを示し、幸福を示す。 その真価を認めることは本当に重要だ。」

不和に対処する穏健で、健全な方法

あなたが誰であっても、愛する人と戦うことは悲惨です。

しかし、HSPは、不和が発生したときに余計に心配になる傾向があり、内部の戦いが起こります。
私たちは正しいと思っていることを話すことと、他人からの怒りの反応を引き起こさないように身を引くこととの間で、引き裂かれているように感じます。

しばしば私たちは「他人と歩調を合わせる(go along to get along)」ため、自分の要求を抑える場合があります。
一方で、HSPは他人の視点で物事を考えることができるため、偉大な不和解決者になることができます。

私たちは高いレベルの共感を持ち、他人の立場に身を置くことができます。

物事を終わらせるための時間

敏感な人々は、より遅いペースの生活を好みます。
決定を下す前に、自身のすべての選択肢を熟考するのが好きです。
私たちは常に自身の経験を反映しています。

私たちは忙しいスケジュールや、あるイベントから次のイベントへ急ぐことを嫌います。
週の労働の中で、私の一日の最も忙しい部分の1つは、午前中に移動し、時間通りに私のアパートを離れることです。

あるHSPは仕事をする必要がない土曜日の朝は、自分のペースを守れる時間です。
服を着る必要はなく、いつでもどこでも行く準備ができていることを実感するために静かに過ごし、回復しています。

十分な睡眠

睡眠不足(ほとんどの人にとって睡眠時間7時間未満)は、平均的な人を過敏にし、生産性を低下させます。
しかし、HSPにとっての睡眠の欠如は、人生をほとんど耐え難いものにするでしょう。

十分な睡眠を取れば、私の増強された感覚を和らげ、自分の思考や感情を処理するのに役立ちます。
私がどれくらいの睡眠を取れば、文字通り、私の一日を左右するでしょう。
適切な睡眠がなければ、すべての小さなストレスは10倍悪化するようです。

1日を通して定期的に健康的な食事が提供されること

あるHSPが定期的に食べていないとき、hangry(空腹かつイライラすること)になります。
これは、Aronによれば、極端な空腹がHSPの気分や集中力を崩してしまうからです。

不安定や混乱の感情を避けるために、定期的な健康的な食事や軽食を食べることで、一日を通して安定した血糖値を維持します。

カフェインのない選択肢

HSPはカフェインに敏感です(ここでは驚くことはありません)。
朝にコーヒーを1杯飲み、目を覚ましますが、正午過ぎにカフェインを摂取しません。
夕方の緑茶のマグカップでさえ、夜になると私に寝返りをうたせるでしょう。

さらに、カフェインが多すぎると、気分が悪くなったり、不快な思いをしたりします。
あなたが敏感ならば、コーヒー、ソーダ、お茶の摂取量を制限することを検討してください。

チョコレートのようなカフェインの卑劣な元に注意してください。チョコレートが濃いほど、カフェインが多いことを覚えておいてください。
例えば、HersheyのSpecial Dark Chocolate Barには31mgのカフェインがあり、コークスの缶と同じくらいです!

自分自身のスペース

あなたが他の人と一緒に住んでいる場合、騒音や人から離れなければならないときに、退去できる静かな場所があることを確認してください。
あなたの好きな音楽を流して、不愉快な外部の騒音を取り除いてください。

薄暗い照明

可能であれば、自宅やオフィスの天井照明をオフにするか、ランプを交換してください。

移行に合わせる時間

移行(変化)は誰にとっても簡単ではありません。
しかし、HSPにとって、移行は本当につらいかもしれません。

新しい関係を開始することや夢の家に移ることなど、肯定的な変化があっても過度の刺激になる可能性があり、さらに長い調整期間が必要です。

たとえば、私は最近、私が楽しむ街のすばらしい新しいアパートに移ったが、私は新しい状況に慣れない限り、文字通り「不調」を感じました。

美と自然

HSPは周囲の環境、特に周囲の人の見方に深く影響を受けています。
混乱した、混沌とした、またはまったくの醜い環境がを悩ます。

あるHSPは自然、私の街の好きな場所、または単純に装飾されたアパート(特にそれが実際に清潔できちんとしている時)で静かな時間を過ごすとことができると感じています。

結局、あなたの感受性に反対するよりもむし受け入れることが鍵です。
HSPは、素晴らしい指導者、パートナー、友人を持ちます。

私たちは高いレベルの共感を持ち、創造的で知覚的な傾向があります。

多分、世界は私たちが持っているものをもう少し使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です