INFJ型の性格 byPJ

美を愛し、良識がある

INFJは「old soul(古い魂)(実年齢よりも賢く、物事を理解し、精神面も安定している人)」です。多くの人々は、彼らの暦年齢として予測されるより心は賢明で成長します。
人生のかなり早い段階で彼らのIntroverted Intuition(Ni)の価値を発見したので、INFJはその判断と洞察を信頼しています。

子供や青年であっても、INFJは、友人や兄弟、さらには大人の家族の相談を受けカウンセリングすることができます。
彼らは、洞察を通して他者を助け、啓発するとき、最も幸せになり、最も満足を感じる傾向があります。

彼らの直感の強さ(そして物理的現実からの相応の分離)のために、多くのINFJsは世界の部外者のように感じています。
あるINFJは自身の経験を「デジャヴュの永遠の感覚」と表現しています。
他の人たちは、現実感のない感情と報告しています。

事実、多くのINFJ(とINTJ)は、他のタイプとはまったく異なる世界とその身体を経験しているようです。
したがって、INFJが自分の正気を疑問視することは珍しいことではありません。

INFJには全ての人の中には2人の人物がいると思っています。
彼らは、他人が見ることのできるパブリックペルソナ(公共の外的人格)、外殻を見ます。
しかし、もっと重要なことに、彼らのNiは、人々のより深い感覚や印象をINFJに与え、外見を貫き、隠された動機や意図を明らかにします。
その結果、INFJはしばしば、人々が見ることができるよりもはっきりと人々を見ることができると感じています。

INFJを完全に理解するためには、知覚機能である彼らのdominant function、Ni(内向的直観)の完全な意味を理解する必要があります。
つまり、INFJは、外見上よりもはるかに深刻な内向きではありません。(ENFJは、dominant functionが判断機能であり、特徴的により深刻である)
INFJの内面世界は、遊び心があり、想像力豊かで、カラフルで、いたずら好きで、大胆であるとよく言われています。 彼らは、アイデア、見通し、理論、イメージ、シンボル、そしてメタファで遊ぶことが大好きです。

また、音楽を聴き、映画やテレビを見たり、人と接することも楽しんでいます。
おそらく何よりも、意味のある会話に夢中になって時間を費やし、Niと補助Feの機能を同時に利用できるようになります。
話すことは、INFJに、その洞察を通して他者を助け、啓発する機会を与えます。 そして彼らのおしゃべり好きのために、INFJは時に外向型と誤解されるかもしれません。

INFJ(およびINTJs)の特徴的な点は、クオリティに対する深い関心です。
彼らは、自分のNiの理想が肉体的現実(Se)に現実化されるのを待っています。
My True Typeという本からの抜粋を考えてみましょう。

Seは物事の出現に出くわすが、Niは彼らのより深い質と実質性に関心を持っている… INJはある程度外観に関心があるが、物事の根本的なクオリティと熟練にもっと敏感である…物事が実体的で、 思慮深く作られることを保障し、そうでなければ彼らのNi-Seのテイストに従います。
NFJは、特に、あらゆるタイプの中で最も洗練された(または他のどのタイプも高価で偽りと思うかもしれない)テイストを呈します。

人気の高いテレビコメディ、フレイザー(Frasier)は素晴らしい例です。
ショーのユーモアの多くは、Frasier(ENFJ)と彼の兄弟Niles(INFJ)の洗練された卑劣さを中心に展開されています。
これには、言語的な形式や高級な語彙を誇示するだけでなく、高級レストラン、クラシック音楽、デザイナーの衣服などに頻繁に言及することも含まれます。

INFPと同様、INFJは気持ちの落ち込みと闘うことになるでしょう。
これは、慢性的に聴いてもらえない、役に立たない、または誤解されることや、INFJのキャリアやINFJの関係に不満を感じることに起因している可能性があります。
Niは世界を非常に異なった、そして深く認識しているため、INFJは他の人と一緒にいても、しばしば孤独感と孤立感を体験します。

気持ちの落ち込みは、彼らの理想と洞察力が世界で認識されておらず、現実化されていないと感じることからも生じるかもしれません。
彼らは、世界が、彼らが支持する真実に耳を傾けない、または気にならないと見るかもしれません。
したがって、INFJは、彼らの洞察に無関心であるように見える世界で、自身の価値に疑問を呈するかもしれません。

INFJのパーソナリティタイプは、人口のわずか1〜2%を占め、16タイプの中で最も希なものです。
男性が優勢であるINTJタイプとは異なり、INFJの男女間では男女がほぼ同数であり、性同等性が大きいです。

INFJ

Introverted Extroverted
iNtuition
Feeling
Thinking
S

INFJs’ Dominant Function: Introverted Intuition (Ni) 内向的直観

直観は一般的に潜在意識のプロセスと見なされます。
それはしばしばより意識的な合理的思考のタイプと対照的です。
直観は一般的に無意識と関連しているので、しばしば、魔法のような質を持っていると考えられ、包括的な答えや解決策を突然、伝えることができます。

直観の中心的な機能の1つは、情報を統合する能力です。
パターンや類似性に敏感で、異種のデータ間の繋がりをすばやく確認できます。
すべてがどのようにつながり、相互に関連しているかを見ることで、普遍的な規則や構造を識別することができます。

INFJを含む、主要機能に直観を持つタイプについて興味深いのは、非直感タイプではほとんど意識していないこの直観プロセスは、意識の中でよりアクセスしやすく、観察可能であるということです。
直感が外界と結合するよりもむしろ内向きであるINTJとINFJの場合は、特にそうです。 INxJは、他のタイプは完全に意識していない不思議なプロセスを観察し、意識的に参加できるという幸運を持っています。

NiはINFJに、ほとんどの人が潜在意識と呼んでいる働きとのより親密な関係を提供するため、INFJsの日常的な存在はしばしば夢のようなクオリティを呈します。
INFJの場合、通常の起床状態と睡眠状態との間には区別がありません。
時には、これにより、夢を現実から切り離すことが難しくなり、悪夢がこのタイプによってより邪魔になることがあります。
ユング自身を含む多くのINxJが、夢の分析を非常に興味深く重要なものにしているのは驚くことではありません。

INFJは、潜在意識や潜在的な情報への容易なアクセスのために、深く、洞察力があり、時には超能力的にも預言的にも見られます。
INFJの独自の能力を低下させない一方で、Niは合理的で非魔法的な言葉である可能性があります。

Niを理解するためには、INFJのinferior functionであるExtraverted Sensing(Se)(外向的感覚)を理解する必要があります。
INFJsの場合、Seは無意識のうちに機能し、常に豊富な量の感覚情報を環境から収集しています。
一方、彼らのNiは、パズルの組み立てのように、この受信データを処理して合成するために絶えず努力しています。
最終的には、何が起こっているのかの印象やビジョンを構築することができます。

他のタイプはこのNi-Se処理ループの動作に関与していないので、INFJsの洞察は魔法や神秘的に与えられたものように見えるかもしれません。
現実には、INFJは未来を見ることができませんが、特定の状況で何が起こっているかを正確に識別することよりも、単に熟練しています。
これにより、彼らは物事が現在のコースに沿って続けられるなら、物事がどのように展開されるかをよりよく想像することができます。
正確に「見る」というこの能力は、INFJが預言者や先見者として記述されること理由です。

人間は、私たちの他の感覚よりもビジョンに大きく依存していると言われることがよくあります。
これはINFJの場合に特に顕著です。INFJの、しばしば強力な視覚的要素はNiによります。
INFJは、しばしば言葉ではなくイメージを使って「考えます」。
彼らの直観は、しばしば記号、画像、夢、またはパターンの形で現れます。

これは、Jungが空想家や先見者としてのNiタイプの特徴付けと一致する。
視覚関連用語(foresight,(先見、予見、予知)、insight(洞察、見識 見通し、閃き、直観)、seer(占い師、先見者)、visionary(幻の、稀代の、想像力のある、空想的な)
など)これらの概念には明確な視覚的特徴があるため、常にINFJの記述に使用されます。
Niの視覚的性質はまた、非常に視覚的な機能でもあるINFJのinferior function Seに結びつくかもしれません。
違いは、Seは環境の詳細と細部に敏感であるのに対し、Niは感覚情報の全体に基づいて何が起こっているかの印象や理論を形成することにより関係しているということです。

情報を視覚的に処理するというINFJの傾向は、対立を調整するという独自の強みの1つに貢献する可能性があります。
ビジュアル処理の1つの利点は、言語処理の規則または障害と同じではないことです。
場合によっては、他の手段ではなくイメージや記号を使用することで、問題をよりよく解決できる場合があります。

ユング自身がイメージとシンボルの価値を称賛したことは、私たちを驚かせるべきことではありません。
ユングにとっては、反対の心理的機能を和解させるという挑戦を含め、逆説に対処するにはシンボルが重要でした。
彼はそれを「the type problem」と呼びました。

INFJs’ Auxiliary Function: Extraverted Feeling (Fe) 外向的感情

INFJはauxiliary functionとして外向的感情(Fe)を使用します。
すべての機能の中で最も対人関係的であるFeは、対人感情やモラルを測り、改善するのに適しています。
他のFJタイプと同様に、INFJは対人環境で「良い気持ち」を養うために働いています。
他者の感情を調査するために、FeはINFJの感情表現や身体表現を読む能力に貢献します。 Se、Niと組み合わせることで、他者を効果的に読んで理解し、関連付けることができます。

興味深いことに、INFJは、自分の感情を知覚して理解することで、より困難な時間を過ごすでしょう。
これは、それらの感情機能が、内向きではなく、外向き(すなわち、外向的)に向けられているという事実によります。
感情的機能が内向き(Fi)であるINFPとは異なり、INFJは自分の感情を個別に管理する能力がありません。
内向的には、直感(Ni)と思考(Ti)の相互作用を扱います。
したがって、INFJが感情的なストレス状況にあるとき、彼らはしばしば援助と支援を他の人に頼ります。

Feはまた、外向きの判断機能を必要とします。
INFJは、彼らの思考、感情、意見、および苦しみを表現するためにFeを利用します。
Feは、INFJの感情や直観に声と形を与えます。

多くの場合、INFJは、それを口頭にする機会が与えられるまで、Niの洞察の性質を完全に理解していません。 彼らは勘や本能的感覚を持っているかもしれませんが、直観の内容はFeを使って表現されるまでやや曖昧なままです。
INFJは、彼らの育成において厳しく検閲されていないと仮定すると、一般的に彼らの感情や考え方を分かち合うことができます。
実際、適切な機会が与えられれば、INFJはしばしば彼らの感情や直観について話すことが多いでしょう。
一般的により対話的な形式を好むFPタイプとは異なり、INFJはモノローグ(独り言)に傾いており、特定のトピックに関するアイデアを完全に完成させることができます。

INFJsのFeは、彼らの仲間と比べて見知らぬ人に違った形で現れることがあります。
より大きなグループでは、INFJは、良い気持ちを育てようとする試みの一環として、一貫して控えめに見えるかもしれません。
多くのINFJはユーモアがあり、面白くて魅力的です。彼らの鮮やかな想像力を盛り込み、比喩を身につけることで、彼らは優れたストーリーテラーとなることもできます。

しかし、親友のグループでは、INFJはFeをよりオープンで不満を持って直接使用するようにしています。
一部のINFJは「苦しんだ魂」のように感じるので、その解説は特徴的に否定的な言動をとることがある。
彼らは、気味悪い、悲観的な、不満足な、または不穏なように見えるかもしれません。
彼らは、Feの感情に溢れたときに、彼らのコミュニケーションにかなり激しく見えるかもしれません。
結果として、その表現は誇張して、劇的に、または非合理的に見えることがあります。
特に思考型に対して。

彼らはこの点で、言葉の中でメロドラマ的な事件にはあまり傾かないINFPとは異なります。
INFJは自己憐憫や自己嫌悪の影響を受け、自分自身を犠牲者とみなすこともあります。
彼らは人生が公正ではないという事実を呪うかもしれません、彼らはいつも最後に貧乏くじを引かされると感じます。

INFJの場合、Feを使って自分自身を表現することは、彼らの心理的、肉体的健康と幸福にとって重要です。
そのようにしても問題の解決策がすぐには得られなくても、言葉や涙で感情を表現した方が、気分が良くなる傾向があります。
これは、INFJの仲間や友人が認識するために特に重要です。

必ずしも他の人たちが自分の問題を解決することを求めているわけではありませんが、INFJは感情的支援、共感、安心感を重視しています。
このような放水口がなければ、INFJは孤立して落ち込んで、逃げ道の手段として自分の幻想的な世界に向かいます。
また、幻想化は短期的に役立つように見えるかもしれませんが、現実の世界をより不寛容に見せて、既存の人生への不満を悪化させる可能性があります。

たとえExFJタイプと同程度でなくても、INFJは暖かく、友好的で、誠実で、献身的で、自己犠牲的でしょう。
それと同時に、内向型として、彼らは彼らの折り紙つきの電池を充電する時間が必要です。 これによってINFJ、自分のニーズと欲求を他の人のそれと釣り合わせようと努力し続けています。

INFJは一般に、NiとFeの間の価値観に矛盾を経験します。
たとえば、友人や親戚に信じていない原因に貢献するよう頼まれる場合があります。
これは、彼ら自身の視点(Ni)を尊重するか、関係(Fe)の調和を維持するかの判断の難しい立場に置かれます。
INFJはnoと言うのが難しいかもしれないので、内部的にそうすることを後悔している間でさえ、他の人に従うことをしばしば選ぶでしょう。

INFJは学校で同様の問題を経験する可能性があります。
INFJは、性格の問題はもちろんのこと、教師や他の学生が何を言っているのかの真実を問う傾向があります。
しかし同時に、彼らは教師を喜ばせ、外部の調和を維持したいと思っています。
これにより、真実に対する忠誠(Ni)との人々を喜ばせること(Fe)の間に引き裂かれたという感情が残ることがあります。

彼らのFeの強さのために、INFJsは外部の圧力に直面してNiを放棄しないように注意する必要があります。
Niは人生をナビゲートするための最高の、そして最も信頼できるコンパスなので、彼らがそれを追うことができなくなったとき、INFJは簡単に戸惑い、心が休まらず、不満を感じるでしょう。
したがって、意思決定に際しては、INFJは主に自分の内なる声を聞くことが賢明です。

INFJs’ Tertiary Function: Introverted Thinking (Ti) 内向的思考

INTPとISTPは、dominant functionとして内向思考(Ti)を使用します。
INFJの場合、Tiはtertiary functionであり、論理的な精査をし、Feの判断機能を磨くために使用されます。
TiはINFJがより判断的かつ分析的に考えるのを助けることができます。

Ni-Feの援助と点検の役割を果たすことができ、彼らのアイデアが既存のカテゴリーと知識の枠組みのどこに適合するかを見分けることができます。
これは、タイプ開発の初期段階ではあまり明らかではないロジック要素を追加します。
たとえば、宗教家で育ったINFJは、幼年時代の信仰の伝承を通して、洞察を解釈する傾向があるかもしれません。
しかし彼らが彼らのTiを開発するにつれて、知恵が心理学的に理解されるかどうか疑問に思うかもしれません。

INFJがTiの否定的または難しい特徴であると考えるのは、自己疑念を生み出す傾向となります。
Tiは彼らのNiによって提供される洞察に逆らっているので、INFJは知覚するために一番大切で使い慣れた方法、すなわち彼らの直観を一時的に信用できなくなります。
しかし、個人的な成長は決して容易ではなく、いかなるタイプも同じです。
INFJはNiとTiの間に健全なバランスを保ち、直感的に理解できる洞察を損なうことなくTiを適用する方法を直観的に分かっています。

あまり開発されていないINFJは、Tiを使用したり開発したりする必要はほとんどありません。
彼らのNi-Feペアリングは真実についての強い確信を提供するので、Tiへの追加のステップを取ることは不要と思われるかもしれません。
しかし、時間と成熟に伴い、INFJはTiにますます適応し、固有の価値を認識することができます。

INFJs’ Inferior Function: Extraverted Sensing (Se) 外向的感覚

人生は、精神的発達と統合のための継続的な探求です。
類型論的に、これは機能群(スタック)をうまく統合する方法を学ぶことを伴います。

4つの機能のうち、失われた機能、抑圧された機能と呼ばれることもあるinferior functionは、アクセスして統合するのが最も困難です。
それは大部分が無意識なので、すべてのタイプがその性質を把握し理解するのに苦労しています。
それは深い地下、海底、または暗い森の中の何か、夢の中と象徴されることが多いです。

その特徴的な分かりにくさにもかかわらず、全体的に4つの機能すべてを整理する必要があるため、inferior functionを持たない精神的完全性を達成することは不可能です。
私たちはすべてこれを直感的に知っているので、それぞれのパーソナリティータイプは、そのinferior functionを統合しようと努力していると見ることができます。
この探求は、宗教的および文学的な神話(例えば、「promised land」または「Holy Grail」の探索など)において、一貫して象徴されています。

いくつかの比較神話学者はそれを普遍的な人間現象とみなしています。
(例えば、Joseph Campbellの「monomyth」や「Hero’s Journey」など)

Thomas Kingは、彼の著書である「Jung’s Four and Some Philosophers」の中で、

個人は人生が空虚であると感じる時が来る。
何かが欠けている。 元来の目的意識はなくなり、不快感を与え混乱させる。
この時点で、個人は、拒絶された機能(すなわち、inferior function)のための困難な探求を指示されたと感じる
個人は、困難で不慣れな旅(例えば、「海の航海」、「森林へのベンチャー」)で欠落している機能を見つける。

ここで、Kingは、「dominant functionの疲弊」と呼ぶものと、何か新しいものや爽やかなものの欲求を描いています。
Inferior functionは、この試みにはまったく依存しています。
dominant functionとは特徴的に異なるタイプの経験を生み出すこと、それは一般的に魔法と呼ばれ、神秘的で、さらには幸福なものでもあります。
Inferior functionの深い魅力は、多くの人生にエネルギーとモチベーションを提供することができます。
確かに、それの単なる見通しは、生涯にわたり私たちを支えるのに十分なエネルギーを供給することがよくあります。

残念なことに、追求すること、まして統合は、inferior functionは困難なしではいかなしでしょう。
そうすることは、典型的には、dominant functionとinferior functionとの間の長期にわたる力の闘争を必要とし、痛みや苦しみなにはめったに解決されません。

そして、救済への道が苦しみ(例えば、火による精錬)を通じて明らかになることを示唆する宗教的および文学的神話は正しいが、この苦難は、全体性の探求が創出される心理的枠組みを理解することによって最小限に抑えることができます。
これにはもちろん、inferior functionについても学び、それを正しく統合する方法も含まれます。

INFJのinferior functionまたは「行方不明」の機能は外向的感覚(Se)です。
一般的に言えば、感覚の性質が劣等であるため、INFJは生活の具体的な詳細や物理的要素に自然に適応しません。
彼らの周りの世界は、世界中からたくさんの知覚データを取り入れていますが、この情報は直観のレンズ(Ni)を通して合成され、経験されます。

だから、人や環境についての詳細に気づく代わりに、INFJはもっと我々が印象的なものと呼ぶものを経験する傾向があります。
彼らは、個人が精神的に健康であるか不健康であるかなど、人々または物事の一般的な感覚(すなわち、直感)を得ます。
INFJはこうした種類の一般的な印象については専門家ですが、外部の詳細や細目(Se)には気づかない可能性があります。

Niのフィルターを通して世界を体験する際、INFJsはしばしば、彼らの物理的環境に関してデジヴァーや奇妙な疎外感の永続的な感覚を報告します。
私たちのINFJ読者の1人は、このように記述しました。

私は文字通りちょうど夕食に座って、突然私が過去1時間に気づかなかったたくさんのものに囲まれた部屋の中に身体があることに気付くでしょう。 これは混乱して恐ろしい経験になる可能性があります。

しかし、INFJが物理的環境に影響を受けていないとは限りません。
「High Sensitive Person(HSP)(非常に敏感な人)」として、神経系は非常に透過性があり、あらゆる種類の刺激に敏感です。
れにより、他のパーソナリティータイプよりも圧倒されたり過刺激されやすくなります。 場合によっては、N-S切断のために、時間が経ちすぎる過度に刺激されていることを認識しないことがあります。

私はあるINFJを見ました。例えば、かなり大きなストロボライトコンサートで楽しんでいるように見えました。
しかし、それが終わってからずっと、彼女は衰弱し、頭痛を経験しました、そしてそれは、彼女の神経系の “クラッシュ”であるように見えました。
どういうわけか、彼女はそれが事実上だめになるまで感覚過負荷を知らないままでした。

INFJは長いショッピングでも同じような経験を報告しています。
彼らはしばらく楽しむことができるが、Seの持続的な使用(すなわちブラウジング)は混雑の雑音と騒音の組み合わせによって、潜在的に感覚過負荷または疲労をもたらし、最終的にそれらに追いつく可能性があります(INFJは遅れてそれを実感する)。

要するに、INFJは物理的環境と密接な関係がありません。
S(感覚)の世界は、彼らにとって非常に奇妙で異質なように見えるだけでなく、慎重でないと、それ圧倒されてしまうでしょう。
このため、INFJは、特に子どもとして、新しい食べ物や身体的活動を試みるなど、新しいS体験に用心します。
直感的には、物理的な世界との密接な関係を実現し、「安全面での誤り」をしてしまう傾向があります。

しかし、大人として、INFJは徐々に新しいSの経験に自分自身を開く可能性があります。 私はいくつかのINFJを知っています。例えば、真の「グルメ」である人たちは、すべての食事を探求し、新しい官能的な楽しみを体験する機会と見ています。
これは、すべてのタイプが持っているinferior functionとの愛憎関係を指しています。
状況に応じて、inferior functionの体験は恐ろしい、ストレスの多い、または幸福な、興味をそそるものとして認識されることがあります。

完璧主義

より理想的な世界を構想することは、必ずしもINFJにとって悪いことや不健康なことではありません。
実際には、新しいインプレッションとビジョンを日常的に受け取っていないとINFJではないということです。
問題は、彼ら自身が夢見ているのではなく、彼らの理想(Ni)の完璧な実現(Se)に付随しているか、または固執している程度です。
これはINFJの完璧主義が前面に来るところです。

すべてのdominant functionが直観であるタイプは完璧主義的であり、自身のNの理想が完全にSの現実に変えるように促されます。
このため、INFJは購入したものや作業の仕方に非常に敏感です。
場合によっては、INFJは自分の健康さえすべてを犠牲にして、ビジョンが完璧な具現を見つけられるようにする可能性があります。
そのような場合、理想からの逸脱は、世界の終わりのように感じるかもしれません。

INFJはまた、それ自身が完璧主義的です。
彼らはしばしば、他の人に対してよりもはるかに自分自身に厳しいです。

彼らのFeは、他の人の罪や欠点を許す気持ちを持つようにします。
しかし、彼らは自分自身を「よく知っている」と見なしているため、同じ恵みを与えることはできません。
彼らは、彼らが道徳的な生活の理想を完全に具現化できなければ、他の誰かが合理的にどのようにそれを期待できるのでしょうか?

「多くを与えられたすべての人から、多くが求められるでしょう。 多くのことを頼まれている人から、もっと多くが頼まれます。」
-イエスの言葉

カテゴリーINFJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です