ISFJ型の性格 byPJ

INFJとは対照的に、ISFJはより一般的に遭遇するパーソナリティタイプであり、一般人口の8%以上を占めると考えられています。

ISFJを理解するためには、過去のやり方を保って守ることを強いる、彼らのdominant functionであるIntroverted Sensing(Si)をまず考慮する必要があります。

他のSJタイプと同様に、彼らは慣例を大事にし、親しみがあり、期待されます。
これがDavid Keirseyが彼らを「保護者」と呼んだ理由です。

特定の方法(例えば、昼食のために特定の種類の食事をする)で何かをする頻度が高いほど、そのパターンから脱出するのが難しくなります。
彼らの信念と世界観についても同じことが言えます。

大人として、ISFJはしばしば子供の頃の信念と世界観にとどまっています。
要するに、過去の先例に、行動的にも観念的にも大きく依存していることが分かります。

ISFJは、時には頑固な、あるいは神経質と見なされることもありますが、実際の評判よりも、実際にはもっと寛大です。
彼らのdominant function(Si)は知覚機能であるため、制御的役割ではなく受容的役割を果たしているのは当然です。

残念なことに、これはしばしば、Siは内向きであるため、見知らぬ傍観者によって気づかれなくなります。
特に自由時間には、ISFJはゆっくりと過ごす方法(ESFJにとっては辛い時間)を知っています。

同一の心理的機能の共有において、ISFJはESFJに似ています。
1つの違いは、ESFJはより暖かく魅力的な傾向がありますが、ISFJはもう少し控えめで、ウォーミングアップに時間がかかります。

これらの2つのタイプは、inferior functionの問題に関しても異なります。
ISFJのNeとESFJのTiが相対しています。

ISFJはISTJにも似ています。
なぜなら、彼らは同じdominant functionとinferior functionを共有しているからです。
しかし、それらのauxiliary functionは大きな違いをもたらします。

ISFJは、外向的感情(Fe)を補助機能として使用し、大いに社会的知性を与えます。
ISTJはある程度の社会的品位(愛嬌)を欠いているかもしれないが、彼らの補助機能である外向的思考(Te)は論理的および戦術的知性の強力な力に寄与します。

ISFJのFeは、少なくとも外向きにも広い心の付加的な尺度に貢献するかもしれません。
しかし、これはISFJの対人関係の調和に対する関心が、開放性の真の違いよりも重要な問題であるかもしれません。

1つの「preference」(すなわち、J-P)だけが異なるが、ISFJは実際にISFPと1つも機能を共有していません。
Siの代わりにSeを使用するISFPは、ISFJよりも過去の先例にあまり関心がありません。

そして、彼らのFiによって、ISFPはより個人主義的であり、判断プロセスにおいて客観的ではありません。
彼らのSeはまた、感覚的かつ物質的な新規性に大きな関心を寄せています。

さらに、ISFPは、ホランドの職業選択理論の「実践的」あるいは「現実的」な職業に傾いています。

対照的に、ISFJの求職者は、通常、手を使う仕事にあまり関心がありません。
彼らは現実的なキャリアよりも「従来型」を追求しがちです。

ISFJとISFPの両方が「社会的」な仕事を取っているかもしれないが、ISFJは教授のようなより抽象的な職業に没頭し、ISFPは看護のようなより実践的なキャリアを好みます。
ISFJはまた、人々の効果的な管理者を作り、ケアと組織のノウハウとのバランスを保ちます。

全体として、ISFJは、最も誠実で、忠実で、あらゆる種類の責任を負います。
彼らは自身の献身と確固たる意志のために賞賛されます。

彼らは、忠実な友人や仲間を作ります。
特に価値観やライフスタイルが類似している人を、友人とします。

ISFJs’ Dominant Function: Introverted Sensing (Si)

ISFJはdominant functionとして内向的感覚(Si)を使用します。

Siは、伝統の保護者や保存者として機能するISFJの傾向に影響を与える機能です。
彼らが特定の状況に没頭する時間が長くなればなるほど、自分たちに選択肢に開くことがより困難になります。

Siは知覚機能であるため、ISFJはESxJよりも現場の活動家として機能する傾向が低いです。
ESxJタイプのdominant functionは判断機能である。

その代わりに、ISFJは過去またはその大切な伝統を顧みるために時間を費やすことを好みます。
多くの人々は、祭祀に出席したり、宗教文書を勉強したり、Siの信念を強化したり補強したりする活動を楽しんでいます。

Siの最も一般的に見過ごされている特徴の1つは、身体感覚における役割です。
つまり、身体的な要求が最適に満たされるように内部の身体を監視します。

内向的な機能であるため、SiはSeよりも内部集中的であり、ISFJを照明、室温、騒音レベル、睡眠面などのさまざまな感覚刺激に対してより敏感にさせます。
彼らはまた、強い風味や馴染みのない歯ごたえに敏感である可能性があります。

なぜなら、彼らは一般的に、Seタイプのが穏やかな、単純な、またはルーチン化された食事と考えるかもしれないものを好むからです。

Siの身体的役割は、ISFJの健康にも影響する可能性があります。

たとえば、満腹時にもっと調整して、過食を防ぐことができます。
一方、正常な感覚が増幅されて病気の徴候と解釈されるような、高血圧症などの健康問題で役割を果たす可能性があります。

また、Siと直感的な仲間Niを比較することもできます。
知覚機能として、どちらも受動的に機能するとみなすことができます。
両者とも強固な確信に結びつく可能性があります。

なぜなら、SJタイプとNJタイプはどちらも外的に頑固で、意見に固執し、閉鎖的に思えるのです。
これらの2つの機能の主な違いは、Niが独自の印象と解釈を生成する合成機能であることです。

対照的に、Siは感覚情報の背後にある別の現実を認識せず、現在の経験を過去のものと比較します。
Niの場合、それぞれの経験は新しいものとしてアプローチされ、それ自体の用語で解釈されますが、Siでは過去にさらに重要な役割が与えられます。

他のタイプがISFJを彼らの保守的なやり方を理由に批判することが簡単ですが、我々は彼らの価値と目的を見落してはいけません。

ISFJは、他人の助けや教え(Fe)に加えて、私たちが過去の過ちを繰り返さないようにするために、私たちがどこにいたのか(Si)を思い出させるのに役立ちます。
SiはSeに対する必要な文化的バランスとなり、重要な資源は無制限ではなく、注意と知恵で管理されるべきであるということを思い出させます。

ISFJs’ Auxiliary Function: Extraverted Feeling (Fe)

ISFJは、auxiliary functionとして(Fe)を使用します。
すべての機能の中で最も対人関係的であるFeは、対人感情やモラル(気力)を測り、改善するのに適しています。

INFJと同様、ISFJは対人環境で「良い気持ち」を育むために働いています。
他者の感情を調べるために、FeはISFJが感情表現や身体表現を読むのを助けます。

興味深いことに、ISFJは他人の感情よりも自身の感情を知覚することに、より苦しい思いをするかもしれません。
これは、それらの感情機能が、内向きではなく、外向き(すなわち、外向性)に向けられているという事実によります。

感情機能が内向的(Fi)であるISFPとは異なり、ISFJは自分の感情を独立して管理する能力があまりありません。
したがって、ISFJが精神的負担を感じているとき、彼らはしばしばサポートのために他の人に向かいます。

Feはまた、判断の外向を伴います。

ISFJは、彼らの思考、感情、意見、および苦しみを表現するためにFeを利用します。
彼らの育成において厳重に検閲されていないとすれば、ISFJは一般的に彼らの気持ちや考え方を喜んで分かち合うことができます。

ISFJのFeは、彼らの仲間と比べて、見知らぬ人に違った形で現れます。
より多人数のグループでは、彼らは良い感情を育てようとする試みの一環として、その表現において特徴的に「積極的」と思われるかもしれません。

しかし、親友の間では、彼らは懸念や不満のために、より開放的で直接的かもしれません。
実際、自身のFeは自身の心理的、肉体的健康と幸福にとって重要です。

そのようにして、問題の解決策がすぐに得られなくても、言葉や涙で感情を表現すると、気分が良くなる傾向があります。
これは、ISFJの仲間や友人が認識するために重要です。

ISFJは、自分の問題を解決するために他の人たちを必ずしも求めているわけではありませんが、感情的支援、共感、安心感を重視しています。

ISFJs’ Tertiary Function: Introverted Thinking (Ti)

ISFJは、tertiary functionとして内向思考(Ti)を使用しています。
その役割は、Feの判断をさらに洗練することです。

これは、タイプ開発の初期段階ではあまり明らかではない理論的要素を追加します。
開発が進んでいないISFJは、Tiからほとんどそれを得ることができません。

彼らのSi-Feペアリングは彼らに真実についての強い信念を与えるので、Tiへの追加のステップを取ることは不要と思われるかもしれません。

しかし、時間と成熟に伴い、ISFJは自分たちのTiでより快適に成長し、固有の価値を認識することができます。
Tiは、ISFJがより批評的かつ分析的に考えることを助け、Si-Feプロセスへの援助と点検として役立ちます。

ISFJs’ Inferior Function: Extraverted Intuition (Ne)

他のタイプにも当てはまるように、ISFJは、inferior functionが自分の意思決定や行動にどの程度影響を及ぼすのかを知ることができません。

彼らのinferior functionの十分な認識と統合がなければ、ISFJは彼らのライフスタイル、キャリア、および関係において賢明でない意思決定をする傾向があります。

したがって、ISFJが彼らのinferior function(Extraverted Intuition(Ne))が彼らの個パーソナリティーに現れる方法を理解する必要があります。

Neは、アイデアを結びつけること、新しい理論を次々に出すこと、選択肢と可能性を考えることに関心を持っています。

どこにでも接続や関連が見られることになりがちな、予測不可能で非常に発散的な機能です。
このため、ENxPタイプはしばしば風変りでふわっとしていて、創造的と見なされます。 ISFJは日常的かつ控えめなものであることは事実ですが、Neがそのパーソナリティーで明示できる多くの方法があります。

ISFJがNeを使用する方法の1つは、子供たちを教えたり、子どもと接する創造的な方法を見つけることです。
Neはむしろ「遊び心のある」機能であると解釈される可能性があるため、ISFJの中には子どものような人もあり、遊びや気楽にやりたいと考えています。

ISFJは、読書や言葉遊びなどの趣味を通じてNeを使用することもあります。
多くのISFJは、クロスワードなどの単語パズルを楽しんでいます。

そのような活動は彼らにSiの想起を行使させる一方で、結びつきや交際(Ne)を作ります。 また、多くのISFJは、Neの創造的な関与を可能にするさまざまな芸術や工芸品を楽しんでいます。

彼らのNeに携わる、より健康的でない手段はゴシップです。

ISFJは人々や出来事についての推測を提出することで、彼らのNeに対する迅速な自我(エゴ)の増強を得ることができます。
ISFJはまた、様々な宗教的または政治的な話題を推測することもあります。

株式取引は、ISFJが彼らのNeに携わる別の方法です。
市場の動向を読んで分析することはNe-Tiの取り組みと解釈されるため、市場の複雑さをうまく乗り越えることができるISFJは、財政的報酬を予期するだけでなく、inferior functionに対して心理的なリベートを期待しています。

ISFJは、inferior functionを統合しようとする他のタイプと同様に、Neの直接的な使用、または開発によって統合が起こらないことを知る必要があります。

代わりに、彼らはNeをむしろ無意識のままにして、バックグラウンドで受動的に機能させることが賢明です。

これにより、ISFJとして一貫して真正に機能するため、統合が自然に行われると信じて、彼らが自分の時間とエネルギーを最も良く(SiとFeに使用すること)遂行するように集中させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です