直観・内向型が有意義な仕事を求める理由

もしあなたが、決められた時間だけ働く仕事(9 to 5 job)に従事する以上のことを夢見たことがあれば-そしてそれよりも人生の天職(calling)を発見したいのであれば、あなたは1人ではありません。

もちろん、外向型と内向型の両方が、おそらく給料を求めるよりも、天職に就くことに同意するでしょう。
しかし、内向型の人たちは、意味のある、本質的に価値のある仕事を強く求めています。

これの1つの理由は、内向型が外向型よりもお金や地位のような外部の報酬に対してあまり敏感でないことです。(脳の化学物質ドーパミンによります)

確かに、私たちは良い給料を欲しがっており、昇進したいと思っています。
しかし私たちはしばしば、これらのことを自分自身の中に追及することはしません。

問題を悪化させているのは、他の人が仕事で真正性の必要性(価値ある仕事を求めている事)を理解していない可能性があることです。

これは、家族の友人や友人たちが、金銭的な成功と地位へのより速く、あるいは既成のルートを取るように私たちに強い圧力をかけてくれるかもしれません。
(なぜあなたはあなたの父のように医学部に行かないの?)等・・・

改めて、私たちはさらに一人で、孤立して、誤解を感じます。

パーソナリティタイプの役割

意味のある仕事の必要性は、Myers-Briggsシステム内の4つの内向的なパーソナリティタイプ、すなわちINFJ、INFP、INTJ、またはINTPのうちの1つに当てはまる個人に特に当てはまります。

直観型+内向型(INXXタイプ)は自身の好みと信念を一致させ保持する必要があります。
彼らは給料のために「安売り」や「魂を売り渡し」には注意を払っています。
“直観・内向型が有意義な仕事を求める理由” の続きを読む

直観型が現実的な世界で孤独を感じる理由

Carl Jung(ユング)とMyers-Briggs Type Inventoryによると、私たちが世界から情報を受け取る2つの方法があります、それは感覚と直観です。

私たちは両方の方法どちらもある程度使い分けていますが、感覚を好む人は事実、細部、過去の経験、そして現時点で感覚に利用可能な情報をより心地よく感じます。

感覚型は、実際のものや検証可能なものを好みます。
彼らは現実的な人である傾向があります。

彼らは計画が実行されていることを確認します。

直観型によるそれらは、抽象的・概念的な情報、全体像を好み、信頼し、また未来志向です。

彼らは可能性を見ており、言外の意味を読み取ります。
直観機能は、自身が収集して記憶しているパターンや関連性に基づいて、思考や判断を直感的に飛躍させます。

彼らは何ができるか見る傾向があります。
彼らは夢想家でありアイデアのジェネレーターです。

直観は「もし~だったら?」と問いかけ、感覚は「それはなに?」を好みます。

理解されない = 孤独

Myers-Briggsの研究によれば、INFJやINTPなどのMyers-BriggsのパーソナリティタイプではNという文字で表される直観を好む人の人口の約25%を占める一方で、感覚(S)は 残り75%を占めています。

直観型(直観タイプ)と感覚型(感覚タイプ)の両方が社会にとって貴重です。

感覚型は安定性、現実性、機能を提供します。

直観型は、イノベーション(発明)、見通し、および将来の思考を提供します。

いずれのタイプも、価値観を評価されていない場合に傷つきます。
“直観型が現実的な世界で孤独を感じる理由” の続きを読む

MBTIの各タイプの、認知プロセスの役割

16のパーソナリティタイプがあります。

各「タイプ」は、8つのプロセス(機能)が日常生活でどのように使用されているかを予測する固有のパターンです。

プロセスの役割

16種類のタイプのそれぞれにおいて、8つのプロセスそれぞれは、パーソナリティにおいて異なる「役割」を果たしています。

タイプコードを使用すると、各タイプごとに各プロセスの役割を知ることができます。
これを「type dynamics(タイプダイナミクス)」といいます。

これは「hierarchy of functions(機能の階層)」とも呼ばれます。
Dominant、Auxiliary、Tertiary、Inferior、です。

以下にその役割を説明し、パターンの理解を深めるのに役立ちます。

ほとんどの場合、私たちはプロセスのうちの2つ、つまり情報にアクセスするための好ましい方法(知覚機能)と、その情報を整理して評価するための好ましい方法(判断機能)に頼っています。
より詳細に見ると、1つのプロセスが主導的役割を担い、もう1つがサポートの役割を担うことがわかります。

実際には、私たちは8つの認知プロセスすべてにアクセスできます。
他の6つはバックグラウンドで行われ、他の種類の役割を果たします。

それぞれは肯定的で否定的な、それ自身の表現方法を持っています。
それぞれのエネルギーコストは、使用するときによって異なります。
“MBTIの各タイプの、認知プロセスの役割” の続きを読む

ユングの8つの認知プロセス(機能)

歴史

1920年代には、科学者や哲学者によってパーソナリティタイプの考えが探究されていました。
スイスの精神科医、カール・ユングはその間に「Psychological Types(心理学的類型論)」を書いており、この中で現在では世界で最も広く使われている類型学の一つになった、詳細な説明をしました。

1940年代、イザベル・マイヤーズは自己解答式のテストである「Myers-Briggs Type Indicator」を開発し始めました。
これは、人々がユングの理論に合ったタイプを見つけるのを助けることができます。

このテストを使用することで、基本的な性格タイプが16種類あることがほぼ普遍的に理解されました。
それぞれのタイプは4文字のパーソナリティタイプのコードで名前を付けられます。

2つの世界

ユング、人々が、自分自身の外の人々や経験の外部世界に向けられているのか、思考・アイデア・感情・思い出の内面の世界に向けられているのかに関して、根本的に異なるようであると、最初に気が付きました。

そして彼は、各世界で人々が何をしていたかという点で、より多くの違いに気付きました。
彼はこれらを「機能(functions)」と呼びました。

それらは現在、認知プロセス(cognitive processes)と考えられています。

機能 – 認知プロセス

ユングは名前にメタファーを使用して、知覚(perception)と判断(judgment)という2種類の認知プロセスを説明しました。

感覚(Sensation)と直感(Intuition)は2種類の知覚機能でした。

思考(Thinking)と感情(Feeling)は2種類の判断機能でした。

彼は、すべての精神的行為は、これらの4つの認知プロセスのうちの少なくとも1つを使用することからなると述べました。

次に彼は、外向的または内向的な世界のいずれかのプロセスを用いて特徴づけられた8つの人格タイプについて述べました。

外向的感覚、外向的直観、外向的思考、外向的感情、内向的感覚、内向的直観、内向内思考、内向的感情、タイプです。

彼はまた、これらのプロセスはパーソナリティのdominant process(主要プロセス)としてだけでなく、他の方法でも動作することを示唆しました。
“ユングの8つの認知プロセス(機能)” の続きを読む

INFJ型の性格 byTIM

INFJの主要機能

1.Ni – internal iNtuition

Niは、INFJが自身の内面を知覚する方法であり、情報の保存方法とその情報の認識方法を決定します。

それはまた、彼らの様々な思考をつなげるために取るべき道を大いに決定します。

Niは、様々な強度の接続を持つデータの全てのデータを、データの複数の更なる部分に広げる方法で情報を保存する傾向があります。

これは、全体としては詳細に見るには大きすぎる緻密なウェブのような大量の情報を作成しますが、複雑な集まりや思考のスレッド(筋道)を表示するために拡大することができます。
彼のデータネットワークは意識的な心の外にわずかにとどまり、具体的な事実を生み出すのと同じくらい印象を与え、画像を体験するのと同等な、夢のようなクオリティをNiに与えます。

Niの知覚の焦点は絶えず全体をスキャンするだけでなく、さまざまな思考や感情に焦点を当てたり、被写体の角度を変えたりすることが頻繁にあるため、Niタイプの人々は絶え間なく変動するように内面世界を体験する傾向があります。

2. Fe – external Feeling

FeはINFJの最初の外向機能です。
これは、INFJが外界とやり取りするときに最も使用される可能性が高い機能であり、それは外の世界からの情報を受け入れるフィルタです。

Feは、INFJが感情を処理する方法でもあります。 この機能はNiに勤め、主に他の人に焦点を当てています。
“INFJ型の性格 byTIM” の続きを読む

ISFP型の性格 byTIM

ISFPの主要機能

Fi  introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内部的な感情ではなく、内面の価値観です。

ISFPは感情の、深い井戸を体験するかもしれませんが、これはFiの根本ではありません。
それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、ISFPの感情的本能が彼らになにが正しかを伝えるものです、それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼らは他人に非常に配慮する傾向があり、彼らが正しいと思えるものかの確認のために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。

価値観の洗練プロセスはかなり時間がかかり、精神的な孤立状態を必要とします。 Fiは一般に誠実さを高く評価し、無理に作り上げられたものや浅はかなものを嫌います。

Se – extroverted Sensing 外向的感覚

Seは、FiSeが情報を受け取る主な方法です。 それは彼らの周りの世界を理解するために彼らの感覚を使用することを意味します。

彼らは「今の瞬間」を生きており、純粋に仮説的ではなく、実在するものを扱うことを好みます。 SeはFiSeの一部であり、遊び心のある新しい感覚体験を探します
“ISFP型の性格 byTIM” の続きを読む

INFP型の性格 byTIM

INFPの主要機能

Fi  introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内面の感情ではなく、内面からの価値です。
INFPは感情の深い源泉を体験するかもしれませんが、これはFiの根源ではありません。

それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、INFPの感情的本能が彼らに正しいことを伝えるものです。
それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼らは他の人に非常に配慮する傾向があり、彼らが正しいと思えるものか確認するために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。
価値の洗練プロセスはかなり時間がかかり、精神的孤独を必要とします。

Fiは一般に誠実さを高く評価し、嘘で作り上げられたものや浅はかなものを嫌います。

Ne extroverted iNtuition 外向的直観

NeはINFPが情報を取り込む主な方法です。

つまり、彼らはパターン、根底にある原則、アイデアを見つけ、彼らが話す、書く、作成するときの、つながりを形成するために直感を使います。

Neは、外界からの新たなインスピレーションを常に追求するために、新しい興味深いコンセプトが与えられたときに活躍します。

INFPの場合、NeはFiとペア設定され、好みの順では後になるという意味で「提供」します。
これはNeが最も多くの面で価値と理想を探求するために最も頻繁に使用されることを意味します。

Neは外向的なので、主に外部の情報との連携によって動作します。
これは、テーマの可能性を探求したり、執筆や芸術形式で多くの自己表現をすることにもオープンにしている他の人との話し合いのように見えるかもしれません。
“INFP型の性格 byTIM” の続きを読む

判断機能

以下は判断機能、内向的感情・外向的感情・内向的思考・外向的思考に関する記事となります。

つまるところ、私たちの脳は2つの基本的な認知的役割を果たします。
まず、理解するのを助けます。
これは、情報の観察、処理、照合を意味します。

あなたが「理解した!」と言った時、あなたはこの機能を利用しています。
次に、その情報の価値を判断するのを助けます。 「理解する」というのは「同意する」という意味ではありません。
いったん理解したら、あなたの心は「だけど、私が信じる物は何?」と問いかけます。

たとえば、実際には緑色のカーテンを最終的に黄色のカーテンであるという結論に至るかもしれません。
あなたはまた、他人がその代わりにどのように黄色だと主張するかを理解するかもしれません。

あなたは完全に黄色または緑のカーペットに合っている色が、部屋を一緒に結びつけることさえあることを知るかもしれません、
これはすべてあなたの心の一部で情報を認知することで達成されます。
それはあなたの心のもう一つの部分、つまり情報を評価する部分です。

明らかに、情報の価値を判断するための多くの基準があり、すべての決定がそれとともに下されるように感じます。
しかし、すべての見かけの混乱に対して、心は秩序とパターンを好みます。

そしてそれは一貫性を失います。
一貫性とは、使い古したシナプス経路を使用することを意味します。
ただ思考することが脳の負担を意味します。

意思決定が日々の生活の中でどのくらいの頻度で行われているかを考えれば、あなたの脳はそれらの意思決定をするための手際よく好ましい方法を持つと信じています。
それは皆そうです。 そして、そこにもパターンがあります。

抽出すると、地球上のすべての人が意思決定に使う4つの主な基準があります。
明らかに、彼らは大まかですが、それらは私たちの考え方について多くを教えています。

それらはまた私たちの個性の自己同一性に役立つ、最高の基準です(私たちはそれらのうちの1つをすばらしく思い、1つにはうんざりし、他の2つは良いと悪いが混ざっています)
“判断機能” の続きを読む

外向的思考(Effectiveness)

「Effectiveness」と名付けられた外向的思考は、「これは効果がありますか?」と尋ねる私たちの一部です。

目標を達成するためにシステムを設置する必要がある場合、それを理解するのはEffectivenessです。

何かを起こすためにリソースを管理し操作する方法と、コスト/利益分析を決定するときに、意思決定基準としてEffectivenessを使用しています。

例えば

「世界各地の「McDonald’s」フランチャイズは、主に10代の人や限られた仕事経験を持つ人々を雇用しています。
それにもかかわらず、マクドナルドのレストランは、所有する最も収益性の高いフランチャイズ事業の一部として残っています。
どうして? そのような精度で構築されたシステムを持っているので、それを台無しにすることはほとんど不可能です。
システムそのものは非常にエレガントで、維持するために個人の才能をほとんど必要としません。」

Effectivenessタイプの人々は、個人的な感情よりも結果の方をはるかに重視しています。
実際には、必ずしも冷静ではありませんが、他の人はEffectivenessタイプのためのリソースのように見られることがあります。

難しい決断をすることができることは贈り物であり、効果は、個人的な気持ちが物事を起こす方法になることを理解しています。
彼らは、共通の利益を提供するために「悪い人」であることを喜んでしています。
そして、多くの有効性のユーザーは、社会によって「正しいもの」のために悪魔化されています。

それは、他の人々が「不快感を感じる」選択を検討することを意味します。
人々の個人的な気持ちは変わり、互いに衝突します。

そこで、決定すべき時間になると、誰かの感性を傷つけるような選択をするために、厚い肌が必要になります。

最高の場合では、Effectivenessは本当におどろくべきものを達成するために人々とリソースの大きなチームを動員します。

最高経営責任者(CEO)の地位と軍の高級将校は、Effectivenessタイプとチームを組んでおり、
彼らの「To-do」リストのチェックボックスに印をつけること程、Effectivenessを満足させることはありません。

彼らの最悪の場合、Effectivenessは要求され、制御できない環境に対処することができません。

多くのディストピス小説は、Effectivenessの理想以外何もないように見える世界について書かれており、効率的で無味乾燥なシステムのために芸術や個人的な表現が踏みつぶされています。
“外向的思考(Effectiveness)” の続きを読む

内向的思考(Accuracy)

「Accuracy」と名付けられた内向的思考は、「これは意味を成しますか?」と尋ねる私たちの一部です。
データが一致していないときや、足りないときは、Accuracyを使って並べ替えます。

一貫性のある堅実な事実に基づいて判断を下すときは、意思決定基準としてAccuracyを使用しています。

例えば

「それは私の上司かどうかは重要ではないが、彼は共同支払い保険を受けることで私たちがこの会社に取り入るべきであり、
返済する方法として残業のためにボランティアを行うべきである、という主張で全く間違っていた、
私たちのパフォーマンスがそれに等級付けされるかどうかは関係ありません。
私はボランティアに行くつもりはないし、私は次の対談で自分の立場を守るだろう。
地位は、事実や人の操作を正当化するものではありません。」

「幸せは人類の崇高な試みですが、幸福への道は主にシステムです。
あなたが幸福の条件を作り出すならば、それは自然な創発特性になるでしょう。
最大の影響力を持つシステムの「中心点」から始まる幸福の要素を見て、
理想的な状態に変えて、幸福が現れるかどうかを確認する必要があります。」

Accuracyを使う人々は、人よりも事実によってはるかに動かされています。
実際、彼らは冷淡な人ではありませんが、時には他の人は、正確なユーザーのデータポイントのように見えることがあります。

真実を求めることは究極の美徳ですが、真理は主観的です。(Accuracyタイプがあなたに伝えるように)
これは、理想的には汚染されていないデータをすばやく整理して、できるだけ明確な画像を表示することを意味します。

人々の感情は清浄ではありません。 だから、意思決定の時間になると感情は二の次になります。

確かに、Accuracyは判断なしに真実を伝えます。
何が良いか悪いかを判断しようとしているわけではなく、ただ理にかなっています。

あなたが間違っていて、Accuracyタイプがあなたを訂正した場合、それは個人への攻撃ではありません。
彼らは正直なところ、その情報そのものがほしいと思うので、相手もそれがほしいと思っているのです。

過去の最も明白な思想家の中には、Accuracyが主要機能だった人もいました – アインシュタイン。

“Radical Honesty(過激に正直でなければならない、という教義(?))”のコンセプトは、確かにAccuracyタイプのプロジェクトです。

私たちが互いに真実を判断しなくても、私たちは自分自身や不安を隠す必要はありません。
私たちは、それが完全であり、私たちが持っていたらと願うものでなく、持っていたもので動作するように人生に直面しています。

私たちはまた、慎重で壊れない研究を通して、宇宙の秘密を習得します。

これは私たちを感動させる知識につながり、科学と発見のこれらのすばらしい旅を通して、私たちが視点を得るのを助けます。

彼らの最悪の場合、Accuracyタイプは、知ったかぶりをします。
横暴な態度で、自分の情報の優位性を証明するために、個人的に同意できない全ての結論に疑問を投げかけます。
“内向的思考(Accuracy)” の続きを読む