INFJ型とINFP型の違い byID

表面上、INFPとINFJは非常に似ています。
彼らは、理想主義、道徳主義、誤解を受けやすく、そして共感的なタイプとして描かれています。

これらの共有された記述のために、INFJがINFPと間違われるのは珍しいことではなく、その逆もあります。
かつて自分がINFJだと思ってた人が、実際にはINFPだった場合などがあります。
INFJやINFPについてもっと学ぶほど、本当のタイプを特定することに自信を持てるようになります。

そこで、INFJとINFPの違いのいくつかを詳しく見てみましょう

1.INFFとINFPの違いはただ一文字の違いを超えている

Myers-Briggsの性格モデルは、各タイプを8つの認知プロセスの順序で表すことができる、ユングの認知機能に基づいています。
これらの機能はSe、Si、Ne、Ni、Te、Ti、Fe、Fiであり、小文字のeまたはiは機能が外向き(extroverted)か内向き(introverted)かを表します。

例えば、Neは外的データからの意味と関係性を取り上げて状況を解釈する認知機能であるExtroverted INtuition(外向的直観)を表します。
対照的に、NiはIntroverted Intuition(内向的直観)を意味します。
これは、外部データとは別の意味合いと「どうであるか」を予測する機能です。

Heidi Priebeが説明しているように、自分や他の人のタイプを判別する最も正確な方法は、使用する機能をどの順序で特定するかです。
よって、INFPとINFJの機能を見てみましょう。

INFP
Introverted Feeling (Fi)
Extroverted Intuition (Ne)
Introverted Sensing (Si)
Extroverted Thinking (Te)

INFJ
Introverted Intuition (Ni)
Extroverted Feeling (Fe)
Introverted Thinking (Ti)
Extroverted Sensing (Se)

驚くべきことにことに、INFPとINFJは1つの文字が「異なる」だけですが、実際には主な機能を1つも共有していません。
“INFJ型とINFP型の違い byID” の続きを読む

INFP型とISFP型の違い byID

INFPとISFPは、個人主義、敏感で、思いやりがあり、そして非常に創造的なタイプです。
彼らはどちらも内向的感情タイプ(Fi)であるが、彼らの主な違いは、彼らのauxiliary(補助機能)です。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用するため、外部情報の背後にある考えられる意味を理解して解釈することができます。
一方、ISFPは外向的感覚(Se)を使用しているため、直感的な物理環境に非常に注意を払います。

INFPとISFPはどちらも芸術性を好み、強い価値観をもっており、かなり類似しているように見えますが、全く違う方法で世界を見ています。

INFPとISFPの7つの違い

1.内的世界・現実世界

INFPは彼らの内なる世界に住んでおり、ISFPがより現実世界に住んでいます。
INFPは頭の中で多くの時間を費やしています。

彼らは大きなアイデア、空想、そして彼らの経験を思い浮かべます。
彼らは思考と感情の内面の世界と非常に触れ合う傾向があり、周囲で起こっていることに気付かないほどです。

対照的に、ISFPは「今その瞬間」を生きることを好みます。
彼らは周囲を非常に意識しており、常に自分の身体環境で自分自身を直接表現する方法を見つけています。

例えば、ISFPは、芸術の創作、工芸品の製作、またはガーデニングを楽しむことがでます。
INFPは実践的ではなく、有名な芸術家や哲学者の生き方を勉強し、その影響を受けたことを学ぶのを楽しむことができます。

2.自己表現方法

INFPは、言葉、推論、または物語を通じてその価値観を表現します。
ISFPは、彼らの身体的行為、芸術、および外観を通して自分自身を表現します。

INFPは彼らの内なる世界と直接の関係を持っています。
彼らはauxiliary(補助機能)である外向的直観(Ne)を介して、最も深い部分の情熱と価値観(内向的感情)(Fi)を探索します。

彼らの第三の機能、内向的感覚(Si)は、彼らの印象の記憶を記録します。
彼らは、自分たちの夢の世界のような鮮やかで詳細な記憶を持っているので、言語を通して価値感と感情を明確に伝えることができます。
この理由から、J.R.Rを含む多くの作監はINFPです。
Tolkien、A. A. Milne、Virginia Woolf、Antoine de Saint-Exuperyが含まれます。

一方、ISFPは内面と間接的に関係しています。
代わりに、彼らは自身の外向的感覚(Se)のおかげで外の世界と直接の関係を持っています。
彼らの内在世界を見ている彼らの第三の機能、内向的直観(Ni)は、auxiliary(補助機能)によって幾分か抑圧されています。

したがって、ISFPは、言語が深い価値観や感情を表現するには不十分であると感じるかもしれません。
代わりに、彼らはファッション、音楽、または芸術を通じて直接表現することができます。
彼らはINFPより芸術的価値観が高く、しばしば独特な外観を装います。
驚くべきことではありませんが、多くのアーティストEnya、Pharrell、Williams、David BowieなどはISFPです。
“INFP型とISFP型の違い byID” の続きを読む

INFJ by基礎

INFJは良心的で価値観に動かされます。
彼らは自分自身や他者の理解を深めていくために、人間関係や考え、出来事などの意味を求めます。

彼らの直感的なスキルを使用して、彼らは明確で自信に満ちたビジョンを描き、他の人の生活を向上させることを目指します。
彼らに対応するINTJタイプと同様、INFJは問題を創造的な解決策を設計し実装する機会と考えています。

INFJは、個人の動機を複合的に理解しているため、社会的状況に容易に適応すると考えられています。
しかし、彼らは実際内向型です。

INFJは、状況の背後に影響力を発揮することを好むタイプです。
彼らは非常に独立していますが、INFJは他人の幸福に深く関心を持っています。

INFJは、大規模なグループより1対1の関係を優先します。
敏感で複雑な彼らは、複雑な問題を理解するのに熟練しており、協調的かつ創造的な方法で相違を解決するように駆り立てられます。

INFJは、個人との関係や広く人類の状態に関して深い関心を持っています。
彼らは実際は外向型だと誤解されることがあります。
なぜなら、彼らが世界に最も容易に示す感情機能により、彼らはとても外交的で本当に人に関心があるからです。

INFJは、豊かで鮮やかな精神世界を持っていると言われ、周囲の人と分かち合うのを嫌うかもしれません。
それにもかかわらず、彼らは意思の疎通や他者の感情の知覚が得意です。

一般的に彼らの仲間に好かれ、彼らは多くの他のタイプの親友とみなされることがあります。
しかし、彼らは自分の気持ちを、特に新しい人に表現することはせず、緊密な関係をゆっくりと確立する傾向があります。

INFJは、傷ついた感情を表現するのではなく、他の人を混乱させ、動揺させるような行動を「黙って、制限を設ける方法として撤回する」かもしれません。

INFJは、敏感で静かなリーダーであり、深みある人格の持ち主です。
彼らは複雑で、深く織り込まれていて、キルトのような、神秘的な、非常に複雑な、そしてしばしば自分自身をも困惑させます。
彼らは世界に向けて秩序ある視野を持っていますが、内部的には彼らだけが理解できる複雑な方法で整理されています。

抽象的なコミュニケーションにより、彼らは隠された意味と可能性の世界に住んでいます。
芸術に対する自然な親和性を持っており、簡単に触発される傾向がありますが、彼らの直観に支えられて、科学でもうまくいくかもしれません。
“INFJ by基礎” の続きを読む

INFP by基礎

この記事はMyers-Briggsのパーソナリティタイプについてのものです。

INFP(introversion, intuition, feeling, perception)(内向、直感、感情、知覚型)はMyers-Briggs Type Indicator(MBTI)の著作で、16のパーソナリティーの1つを指す略語です。

MBTIは著名な精神科医ユングの著書「Psychological Types(心理学的類型論)」から展開されました。
ユングは、彼の臨床観察を通じて発達させた認知機能の理論に基づいて、心理学的な類型学を提案しました。
ユングの研究から、他(Myers-Briggs)は心理的な類型学を発展させました。

ユングの研究から発展した パーソナリティー診断は Isabel Briggs MyersとKatharine Cook Briggsによって開発されたMBTIテストと、David Keirseyによって開発されたKeirsey Temperament Sorterが含まれます。

INFPは、たとえ舞台裏であっても、強い感情と創造力を発揮したいという強い意識に駆られます。
彼らの弱点には、批判への敏感さ、組織力の貧弱さ、自己主張の弱さなどが含まれる場合があります。

Keirseyは、理想主義者と呼ばれる気質に属する4つのタイプのうちの1つであるHealersとしてINFPに言及しています。
INFPはやや稀で人口の約4%を占めています。

MBTI instrument

I – introversion (内向型)

INFPは静かで控えめな傾向があります。
彼らは一般的に知り合いの広いサークルではなく、親しい少数の人と交流する方が好きであり、人付き合いでエネルギーを消費します。
(一方外向型はエネルギーを得ます)

N – intuition(直感型)

INFPは具体的であるより抽象的な傾向があります。
彼らは細部よりもむしろ大きなイメージに、そして現実よりも将来の可能性に焦点を当てています。

F – feeling(感情型)

INFPは、客観的基準より個人的な基準に価値を置く傾向があります。
意思決定を行うとき、彼らはしばしば理論よりも社会的影響をより重視します。

P – perception(知覚型)
INFPは、判断を差し控え、重要な決定を遅らせる傾向があり、状況が変わったときに選択肢を開いたままにしておくことを好みます。
“INFP by基礎” の続きを読む

外向的感情(Harmony)

外向的感情(Harmonyと名付けられた)は
「誰もが自身のニーズを満たしている?」と問いかける私たちの一部分です。

他の人々の気持ちやニーズを考慮に入れて選択すると、Harmonyが使用されます。
明らかに、到達される結論は、非常に小さいものから非常に大きいものまで及ぶ可能性があります。

Examples

「私は今朝トースターワッフルを食べたい…ああ、待って、フレッドはそれらを食べたいと言った。 代わりに卵を食べよう」

「私は仕事が嫌になったは、家族にとっては良いことと分かっているので、私が別の方法でそれらを提供できることを確かめるまで私はここにとどまります」

「神は世界を大いに愛していたので、彼は独身の息子を授けました…”」

などなど

Harmonyを最もよく使う人々は、社会の力学、未だに書かれていない社会的ルール、そして文化を理解するためのほとんど驚異的な能力を持っています。
それは理にかなっています。
みんなの気持ちやニーズが考慮されているかどうかを確認したいのであれば、一括して行う最善の方法は礼儀作法を観察することです。 (礼儀は、誰もが黙って同意した数少ないものの1つであると主張することができます。)

Harmonyの人々は、適切に、調和を作り出すように動かされます。
彼らは、あなたが他人に与える感情的なインパクトに基づいて、あなたがそれらに与える情報の価値を決定します。
それが誰もが熱狂するように働くと、おそらくそれはあまりにもうまくいっていないでしょう。

せいぜい、彼らは世界の典型的な “ホステス”です。
彼らは暖かく、魅力的で、彼らとその愛する人たちが大きくてフワフワな 「cuddle puddle (抱擁水たまり)」にいるときに最も幸せです。
“外向的感情(Harmony)” の続きを読む

両向型

あなたは両向型ですか?

内向性または外向性。
いくらかの人はハッキリどちらか一方ではないように感じます。
彼らは退屈な、又は単純なものであるとは思いません。
内向性と外向性の間に挟まれているこの感覚は、Ambivert Personality(両向型)としても知られています。

たぶん、彼らは友人と付き合い、話したり、外出したり、ショーを見たり、新しいことを試みたりするのが大好きです。
もし彼らが家にいて、引きこもったり、本やゲームで自分を失ったり、自分の電話(とFacebookのフィード)を無視して、一人で素晴らしい時間を過ごすことも好きでしょう。

複雑な感覚をMyers-Briggsのタイプシステムと調和させようと試みる事はそれらを拘束衣に入れるように感じる時に本当にイライラするものかもしれません。
それは不完全な様に思えるかもしれませんが、本当に誰もニュアンスも許さない小さなボックスにそれらを強制しています。

このテーマのほとんどの記事は「両向型は存在する」または
「いいや、そのようなものは存在しない」のどちらかについています。

私と同じように、ハードコアの性格タイプのオタクによってあなたを驚かせるかもしれませんが、Myers-Briggsの文字システム(あなたはI、E、F、Tのいずれかです)はあまり単純です。
それはすべての4文字が素敵なきれいな枠であなたの全体の個性を包むためです!
“両向型” の続きを読む

知覚型(P) VS 判断型(J)

感覚型と直感型の後に続く、世界観における2番目の大きな相違は、知覚型と判断型の違いです。
これは人口割合およそ50%:50%であり、おそらくは判断型を支持する人が多少多いでしょう。
しかし、2つのタイプの間は広大です。

知覚型は内面世界を組織して外的世界を自由にし、判断型は内面世界の自由を持つよう外的世界を組織します。

さて、それはどういう意味でしょう? それは以下のとおりです。
判断型は考えます、彼らは話すために、「彼らの心の庭をさまよう」のが好きです。
鯉の池の中で泳ぐのと同じようにアイデアや考えが来て、実際に集中したり、はっきりと見えるような静かや平和が必要です。

判断型が深い思考を持ち、混乱している場合、それはその鯉の池の水を妨害するようなものです。
小さなアイデアは逃げ出して、戻ってこれないでしょう。

したがって、それらのアイデア、彼らの外の世界、または彼らがいる環境を見るために十分な内なる平和を持つためには、少なくとも混乱の可能性をコントロールする手段が必要です。

「考えることができる」という単純な必要性から始まるものは、自分の環境に秩序を持つことを包括的に必要とするものに成長します。 判断型は、自宅が整理され、視覚的な混乱がないときには、彼らはよりよく考えると繰り返し報告します。
したがって、家をきれいに保つだけで簡単です。
車の中、彼らの仕事机、彼らの個室など

知覚型はまったく反対です。
思考はうまく整理されています。
知覚型の思考を途中で中断すると、後に行うために心がタグ付けしてファイルします。
それを呼び出すことは、正しい主題、カテゴリー、それを検索するための「精神ファイルキャビネット」を見つけることの問題です。

しかし、ほとんどの知覚型は、判断型よりもこのプロセスを認識していません。
判断型はおそらく彼らの思考を失う経験による不満があるでしょう。

この能力により、知覚型は彼らのナンバーワンの好きな活動、すなわち即興に従事することができます。
知覚者にとって、外界で行動する完全な自由を持っていることは、非常に満足です。

しかし効果的に即興化するための唯一の方法は、決定と選択を非常に迅速に行うことです。
これは投手がボールを投げる瞬間を予期する野球の打者に最もよく描かれます。
彼らは非常に迅速に対応することができなければなりません。
バットを正確にスイングするときに実行的な決定を下します。
風の効果、ボールのカーブ、ヒットの背後に必要な重量などの情報に素早く即座にアクセスできるようにすることで、打者が制御された方向にボールを効果的に打つことができます。
“知覚型(P) VS 判断型(J)” の続きを読む

感情型(F) VS 思考型(T)

おそらく、すべての2分法の中で最も誤解されていることの1つである感情型と思考型は、しばしば、異なる判断の場からお互いを見て、問題の両面にいます。

それは意味を成しています。それは、私たちが思考と気持ちを使用して、何かの価値を判断したり決定したりするものです。

全ての思考型には感情があり、全ての感情型は思考します。
あなたがもし思考型であれば感情型より合理的であるということを意味するものではなく、
感情型であればhigh E.Q. club.への自動入場を意味するのではありません。

思考型と感情型の違いは次のとおりです。
思考型は、非個人的な指標を使用して、客体、アイデア、または状況の価値を判断します。
感情型は、客体、アイデア、または状況の価値を判断する際に、個人的、人間ベースの指標を使用します。

思考型と感情型の両方は、価値判断をするとき分析的、脳のプロセスを使用して結論に至ります。
思考型は分析の独占権を持っていません。
同時に、思考型と感情型は、どちらの基準を価値観として使用するかを決定する際に感情に基づく考察を使用します。

思考型にとって、非人間的な測定基準は彼らが愛しているものである、という決定の背後に感情があります。
これは、人々が正確で効果的で真実的なものを無視すると、彼らがどのように挫折し、動揺し、時にはひどく怒るようになるかによって明らかになりました。
彼らの測定基準が支持されなければ、思考型にはかなりの感情的な犠牲を払わせることができます。

一方、感情型は、自分の感情を無視して、正しいと思っているものを維持します。
社会的な考慮事項は、通常、その価値観の点で高く評価されています。
そして、感情型にとっては、厄介な状況で調和を保つために自分の気持ちを脇に置くのは珍しいことではありません。

しかし、感情型は自分の考え方のデータや指標をはるかに多くに持ち、したがって、高い感情が存在しない職業、人間関係やその他の状況において、より安らぎになることは理にかなっています。
感情型は同様に、人々・人間に対する関心を彼らのレーダーで感知し、感情や体験の表出に、より安らぎを感じるでしょう。

感情型と思考型の割合はおよそ50%:50%です。

感覚型(S) VS 直観型(N)

4つの2分法(内向・外向、感情・思考、感覚・直観、知覚・判断)のうち、最大の差は感覚と直観の違いにあります。
人口には他の区分の間におよそ50/50の分割がありますが、人口全体の70%が感覚を好むのに対し、直観を好むのは30%です。

この違いを詳しく見ると、感覚型と直観型の違いは次のようになります。
感覚型は情報の信頼性を優先し、直観型は速度と洞察の深さを優先します。
これで、独特の方法がいくつか現れます。

まず、直観型は、パターン認識を信頼して情報をすばやく理解し、そこにないものを見るのを助けることを学びます。
基本的には、わずかなデータポイントから大量の情報を推定します。

感覚型はもちろん、同じ能力を持っています。
しかし、彼らはそれを信じていないので、彼らはそれを磨くことはありません。
代わりに、信頼できる情報 -実世界で検証できるもの- を信頼します。
したがって、彼らは歴史的な情報のマスター、つまり自分の歴史だけでなく他の人々のマスターにもなります。

リアルタイムで物を操作するときにも素晴らしいものになります。
それがあなたの前にあるときに現実を疑う必要はありません。
現実は信頼できます。推測はできません。

次に2タイプがどのように情報を見ているのかは、どのように時間を見ているのかを示します。
真実で信頼できる堅実な情報が、あなたが選んだものであれば、これからの文脈だけでなく過去の情報(これまでの文脈であった)も、はるかに重要になります。

感覚型はまだ起こっていないことに頼ることができないので、未来にはあまり興味がありません。
一方で、直観型は、「そこにはない」ことをすでに見て楽しみます。
彼らはここで、そして将来、そして今この時間で、何ができるかについて理論化し、推測しています。
過去のことは、将来の予測のための参照点以上には、実際には関心を持ちません。

第三に、これらの違いは価値観と基本的な関心事の両方を変えます。
感覚型にとって、価値は、家族、伝統、仲間への参加、旧来の友人などを取り巻いています。
これらはすべて知られており、知ることができ、信頼できるものです。

直観型にとって価値観は、脳の可能性、ミーム、パラダイム(方法論)、視点、概念に重点を置いています。
会話は一般的に雑談にはほとんど関心がなく、これらのことを中心に展開します。

感覚型と直観型の両方が重要な役割を担っています。
感覚型は、しばしば「砦を守る人」 -私たちを社会性を保つインフラを支えています。

直観型は一般的に「先駆者」です。
新技術やパラダイム(方法論)を形作るための新しい方法を見つけて実行します。
多少の直観は必要であることは理にかなっています、多すぎる革新は全てを崩壊させます。
しかし、革新がなければ、世界は停滞します。

これらの違いを理解し、認めることは、我々が安定したシステムと新しい世界全体への道筋の両方を作り出すために協力する方法です。

内向型(I) VS 外向型(E)

内向型と外向型に関する最も一般的な誤解は、人々との関係です。
あなたが恥ずかしがり屋であれば、あなたは内向型だと思われます。
あなたがパーティーをするのが大好きなら、あなたは外向型だと思われます。
これはある程度真実ですが、はるかに正確な答えがあります。

あなたがそれを本質に蒸留するとき、内向きと外向の間の実際の違いはこれです。

内向型にとって内側の世界が「現実の世界」です。
外向型の場合、外部の世界が「現実の世界」です。

これは、内向型が言葉にする前に少しだけ一時停止し、あたかも自分の言葉が最初に内部的に共鳴するようにして、それを「世界に」出すかのようにします。
外向型は反対です – 彼らは自分自身の外でそれを聞いて彼らが彼ら自身の声明の価値や真実を判断するのに役立つかのように、彼らは考えている間にしばしば話すでしょう。

よって、これは人々との関係にどのように影響するでしょうか?
外部世界のすべてが内向型の世界の複雑な内部世界と共鳴するつもりはありません。
実際、世界の多くはそうではありません。

内向型は常に情報をフィルタリングし、内部で真であると知っている情報に射程距離を測定するという立場に置かれます。
これはしばらくするとかなり大変な作業になり、自分自身の時間が必要な猶予期間となるでしょう。

例外は、内向型の人がその「内なる世界」の中に、他の人のためのスペースを作るときです。
これは、彼らが非常に緊密な絆を結んだり発達させたときに最もよく見られます。
他の人は、もはや彼ら自身の場所を持っているので、もはや「内なる世界」との葛藤はありません。
それは、彼らが実際にその人と一緒にすべての時間を過ごすことができ、通常その人が離れているときに孤独を感じることがIntrovertによって報告されています。

一方、外向型は自分たちの環境とやりとりしているときに最も「at home」と感じます。
原則として、多様性は刺激的であり、接触する人が多くなればなるほど、それはより興味深いものです。
あまりにも多くの時間が彼ら自身を退屈させ、落ち着かせず、彼らは彼らの環境と相互作用して「充電」する必要があります。

これは必ずしも人々を必要とするわけではありません。
単に散歩に行くこと、出かけること、面白いことを学ぶだけで十分です。

私たちは皆特別な人のための場所を自分の中に作っています。
外向型は、環境の多様性によって充電され、燃料が供給されるため、一人の人間と過ごす時間が長すぎると、ほとんどの場合、一人でいるように感じることができます。
彼らの愛する人に侮辱を受けないで、彼らは不穏になることができ、伴う人の有無にかかわらず、「世界に出て行きたい」ことができます。
銃声に驚きやすく、何年も外の世界を測定しなければならなかった内向型は内気になり、エネルギーを保護しなければなりませんでした。

外向型は他の人が新しい情報で満たされており、エネルギーはそのエネルギーを追求するために非常に社交的になることを知っています。
しかし、それぞれの人は唯一であり、どのように心の2つのフレームが自分自身に展示されているのかは分かりません。

例えば、内向型は、会話とその主題を支配する人である「司教」になることができます。
外界に較正する代わりに、彼らは外界に、彼らの「内なる世界」への較正を強制しようとします。

別の例は、他人の承認と不承認を非常に意識し恐れている外向型です。
それが「現実の世界」なので、不満は客観的な評価のように感じられます。
その結果、内向型は心から社交的になりたい外向型に勝ことができます。

私たちひとりひとりが違った生活を経験し、私たちは人生を通して私たちを得るためのさまざまな戦略を開発します。
しかし、結局、内向型は人生が彼らの内部で感じる方法と共鳴しているときに最も幸せであり、外向型は心行くまで外の世界を探索することが最も幸せです。

外向型と内向型の割合はおよそ50%:50%です。