INFPに言うべきではない10の事 byCJ

INFPは、忍耐強く、情熱的で、思いやりを持ったタイプであることが知られています。
多くの類型学の本を開くと、彼らがどのように受容力があり、開かれた心を持ちで誠実であるかについて読むことになります。

それでも、実際に神経に触る特定のフレーズがあります。
彼らは、不注意な言葉が話されたとき、過度に反応したり、叫んだりすことはできないかもしれませんが、恩着せがましい人や、残酷な人、または他人をけなす人々に対して、徐々にガードを置くでしょう。

神経科学によれば、INFPは、状況に合った特定の単語を見つけるために、言葉の表現と言語を処理する脳領域において高い活動を示します。
彼らは心に来る最初の考えを外に出すだけではありません。
彼らは慎重で良心的です。

彼らは話し方がとても慎重であるため、他の人たちの言葉を慎重に考えている人がほとんどいない世界に住むことは、イライラすることでしょう。
だからこそ、INFPには決して言うべきでないフレーズがあります。

1「あなたは感情的すぎる」

INFPは、「内向的感情(Introverted Feeling(Fi)」と呼ばれるプロセスをリードしています。
Fiは深く感情的ですが、また深くプライベートでもあります。(したがって、それは内向的な方向です)

INFPは、世界の悩み、虐待、いじめ、または厳しい言葉によって強く影響を受けます。
彼らは他のタイプよりも感情的に影響を受けているように見えるかもしれません。

しかし、自分の感情をよりプライベートに保つことを好むため、自身の反応が示すことになると、彼らはまた不満を感じます。
彼らに「あまりにも強く」何かを感じていると言うと、彼らを苛立たせ、またあなたに対しコミュニケーションの壁を構築させる確実な方法です。

彼らが何かに刺激されて感情的であり、主張しようとしている場合に、価値観や情熱を軽視しようとすると、あなたとの関係に大きな混乱を招くだけです。

彼らが感情的に動かす何かについて話しているなら、聞く時間です。
へりくだり等はあなたに何ももたらさないでしょう。
“INFPに言うべきではない10の事 byCJ” の続きを読む

INFPの感情への理解 byCJ

「今、私の秘密は、非常に単純な秘密です。正しいことが見えるのは心だけであり、必要不可欠なものは目には見えません」
– Antoine de Saint-Exupery(INFP)

INFPは、あなたが今までに会った最も複雑な人たちの一部です。

彼らは静かで控えめなように見えるかもしれませんが、内部には広大で想像力のある世界と激しい感情があります。
彼らは本質的に非常に個人主義的であり、独立した価値観をしっかりと持っています。

彼らは敏感で、恥ずかしがりのように見えるかもしれませんが、彼らは自身の主義を持ち続けるため、どんな悪魔に対しても立ち上がるでしょう。

Joan of Arc、George Orwell、Vincent Van Gogh、Franz KafkaはすべてINFPでした。
彼らの声と、彼らの信念と価値を表現する彼らの勇気は、INFPを考慮に入れられる力とします。

あなたがINFPを知っているなら、あなたが見るのは補助機能Extreverted Intuit(Ne)(外向的直観)です。
彼らはどこにでも可能性と想像力を見出し、これらのアイデアを人々に喚起する方法を模索したいと考えています。

しかし、実際にINFPを推進しているのは、彼らのdominant function、Introverted Feeling(Fi)(内向的感情)です。
Fiは、INFPに、深く全体論的な方法で理解して形を作りたいと望んでいる揺るぎない内部倫理を提供します。

外部のINFPはオープンで思いやりがあるようですが、その内部の価値観や信念は不可解です。

彼らはより深いところで自分自身を理解するときに彼らの価値に修正を加えるかもしれませんが、彼らに対して “フィット”したり順応するように、どのような仲間の圧力、命令、要求がなされても、自分自身に真実であるように努力します。
“INFPの感情への理解 byCJ” の続きを読む

INFPの影の機能(shadow function) byCJ

おそらく多くの人が知りたがっているが、あまり書かれることのない、各タイプのshadow functions(シャドーファンクション)(影の機能)についての、INFPに関する記事となります。

INFPは、共感的で、感受性が強く、想像力豊かで、情熱的なタイプとして知られています。 それらの4つのprimary functions(主な機能)は次のとおりです。

Dominant function: Introverted Feeling (Fi)
Auxiliary function: Extraverted Intuition (Ne)
Tertiary function: Introverted Sensing (Si)
Inferior function: Extraverted Thinking (Te)

INFPのshadow functionsは次の通りです。

Opposing Role: Extraverted Feeling (Fe)
Critical Parent: Introverted Intuition (Ni)
Trickster: Extraverted Sensing (Se)
Demon: Introverted Thinking (Ti)

さて、あなたはあなたのコンピュータの画面を見ているかもしれません。
「私は何を読んでるの? 悪魔の機能? 心理学について何訳の分からないことを言ってるの?」

心配しないで、これはあなたが実際にあなたの中に悪魔を収容していると言っているわけではありません。

エクソシストや何かを雇う時間はありません。
ですから、INFPの特定のshadow functionsに入る前に、「影」の真相が何であるかを見てみましょう!
“INFPの影の機能(shadow function) byCJ” の続きを読む

INFP型の性格 byPJ

INFPタイプは、創造的で、独特で、人道的で、個性的です。
INFJのように、INFPは、彼女らが何者であるか、世界での自身の目的を理解したいと思っています。

好奇心旺盛で落ち着きがなく、彼女らは新しい考えや可能性を楽しみます。

彼女らは、「何であるか」に満足することはめったになく、「何ができるか」に焦点を当てることを好んでいます。

これは、強い理想主義と組み合わされて、一種の「隣の芝生はうちのより青い」という考え方を生む場合があります。

INFPは、パーソナリティータイプの中で最も考え方が柔軟な(開かれた心を持った)タイプです。

ENFPとまったく同じ程度ではありませんが、彼女らは様々なアイデア、ライフスタイル、経験を探求しながら、実験的な態度を持ちます。

それぞれの新しい経験において、INFPは世界について学ぶだけでなく、自分自身とその人生の目的について学ぶ機会を見いだします。

彼女らのアイデンティティを明らかにする潜在的な役割を含む世界に対する彼女らの好奇心は、INFPに旅行や、歩き回るライフスタイルを採用するよう促すでしょう。

彼ら女は、例えば、他の文化を探索したり、車から出たり、森に行くことを選ぶかもしれません。

この種の探検が刺激的で生きがいを感じる限り、INFPはより慣習的な道を歩むべきというプレッシャーの中でも、引き続き探求していきます。

Jon Krakauerの魅力的な本は、後に映画「Into the Wild」に、INFP探求者、Chris McCandlessのような人生を詳述しています。

McCandlessは学問的に才能があり、新規大学卒業生でした。

他の人は世俗的な成功の道を築くことを前提にしていましたが、McCandlessは他にも情熱を持っていました。

彼の人生と彼の周りの人たちの通常の生活から何かが失われているように見え、彼は追求し理解する必要があると感じました。

だから、大学に向かう代わりに、彼は彼の所有物の大部分を売り、探検の生活に着手し、アラスカの荒野の深い旅に至りました。

おそらくもっとよく知られているのは、別のINFP、Henry David Thoreauの古典的な著作Waldenに見いだされた記述です。

McCandlessのように、Thoreauは従来の人生に感動できず、何かを夢見ていました。

「私は人生の本質的な事実にのみ直面するために、計画的に生きたいと思っていたので、森に行きました。 そして、死ぬこととなるときに、生きていなかったことが分かりました」
“INFP型の性格 byPJ” の続きを読む

INFP型の性格 byTM

INFPの主要機能

Fi  introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内面の感情ではなく、内面からの価値です。
INFPは感情の深い源泉を体験するかもしれませんが、これはFiの根源ではありません。

それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、INFPの感情的本能が彼らに正しいことを伝えるものです。
それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼らは他の人に非常に配慮する傾向があり、彼らが正しいと思えるものか確認するために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。
価値の洗練プロセスはかなり時間がかかり、精神的孤独を必要とします。

Fiは一般に誠実さを高く評価し、嘘で作り上げられたものや浅はかなものを嫌います。

Ne extroverted iNtuition 外向的直観

NeはINFPが情報を取り込む主な方法です。

つまり、彼らはパターン、根底にある原則、アイデアを見つけ、彼らが話す、書く、作成するときの、つながりを形成するために直感を使います。

Neは、外界からの新たなインスピレーションを常に追求するために、新しい興味深いコンセプトが与えられたときに活躍します。

INFPの場合、NeはFiとペア設定され、好みの順では後になるという意味で「提供」します。
これはNeが最も多くの面で価値と理想を探求するために最も頻繁に使用されることを意味します。

Neは外向的なので、主に外部の情報との連携によって動作します。
これは、テーマの可能性を探求したり、執筆や芸術形式で多くの自己表現をすることにもオープンにしている他の人との話し合いのように見えるかもしれません。
“INFP型の性格 byTM” の続きを読む

INFJとINFPの感情への対処の方法の違い

あなたのパーソナリティタイプはINFJですか?それともINFPですか?

これら2つのMyers-Briggsのパーソナリティタイプの微妙な違いを理解していない限り、あなたがどちらであるかを決めるのは難しいかもしれません。

どちらのタイプも感受性が高く、創造的で、思いやりのあるタイプです。
彼らは人間性を深く大切に思い、他人と理解し合い共感するほとんど魔法の能力を持っているようです。

しかし、一つの違いは、自分の感情と他人の感情の両方に対処する方法です。

INFJは感情を吸収する

あなたがINFJなら、あなたは他人の感情的なエネルギーを吸収するスポンジのように感じるかもしれません。
共感は「あなたの痛みは私の心の中」と言われています。
INFJについては、この記述はより真実ではありません。

あなたがレストランで遭遇する、または通りを歩いている間に、友人、敵、または見知らぬ人であろうと、あなたは他人の感情を感知し共感する神秘的な能力があります。

時々あなたは他人の感情を非常に強く感じ、自分の体のように体の中でそれらを体験します。
あなたは自身がこれをやっていることを理解していないかもしれません。

INFJは、他の人の視点を理解するために、dominant functionである内向的直観を使用します。
(パーソナリティタイプの「dominant function」とは、思考、情報収集、外の世界とのやりとりなどを行うための各タイプが好む方法です)

INFJの第2機能(2番目に好まれる方法)は、他の人の感情をいつも注意を払う外向的感情です。
“INFJとINFPの感情への対処の方法の違い” の続きを読む

INFJとINFPの判断の仕方の違い

Myers-Briggsのパーソナリティタイプのシステムの中でINFJとINFPは姉妹のようなものです。
両方のパーソナリティは非常に相手の感情を理解する能力があり、同じ目的のためにこの惑星に置かれたように見えます。
皆が人の状態を深く理解するのを助けるためです。

これらの2つの珍しいタイプは非常に似ているので、それらの違いを伝えるのは難しいかもしれません。
多くのINFJはINFPとしてミスタイプし、その逆もあります。

一見すると、INFJとINFPは、4文字のタイプ名の最後の文字を除いてすべてが共通しているように見えます。
しかし、実際には、これらのタイプは同じコインの反対側のようです。
彼らの最大の違いの1つは、彼らが決定を下す方法です。

似ている文字の組み合わせ、しかし正反対の機能

これら2つのタイプは同じ機能を共有していないと、INFJブロガーのメガン・マローン氏は説明しています。

Myers-Briggsの「機能」は、特定の性格タイプが外部から情報を収集して意思決定を行うために使用する好ましい方法です。

INFJ
1.Introverted intuition (内向的直観)
2.Extroverted feeling (外向的感情)
3.Introverted thinking (内向的思考)
4.Extroverted sensing (外交的感覚)

INFP
1.Introverted feeling (内向的感情)
2.Extroverted intuition (外向的直観)
3.Introverted sensing (内向的感覚)
4.Extroverted thinking (外向的思考)

これらの2つのタイプは、上位2つの機能として感情と直観を使用する内向型であるため、多くの点で似ています。
“INFJとINFPの判断の仕方の違い” の続きを読む

INFPの10の矛盾

INFPのパーソナリティタイプは、歩くパラドックス(矛盾)のように感じられるでしょう。

なぜでしょう?
それは、INFPの認知機能がしばしば互いに矛盾するからです。
例えば、INFPは(彼らが適応可能なライフスタイルを好むという意味の)知覚型であるにもかかわらず、判断機能である内向的感情(順序の確立に関係する)を好むからです。

同様に、INFPが強い信念と意思を持っているが、日々の選択を行う上で決して決定的ではないことは珍しくありません。

ここにINFPに関する10の矛盾する事柄があります。

1.INFPは、他人を助けたいが、人との関わりに抵抗する

INFPは、世界をより良く、思いやりのある場所にしたいと思う真のの理想主義者です。
彼らは、深いケアをする能力を持つ、非常に感情的な人です。

彼らは他の人を助けることに非常に関心がありますが、非常に控えめで個人的でもあります。
内向型として、社会的な関わりでエネルギーを消費するため、充電するために多くの時間を必要とします。

2.好奇心があり恥ずかしがり屋

INFPには強力な外向的直観(Exroverted Intuition)(Ne)があり、新しいアイデアや可能性を探求して楽しむことができます。
彼らは、人間の本質や異なる文化について学ぶことを含めて、世界について学ぶことに関しては非常に興味があります。

しかし、同時に、彼らは恥ずかしがりやで、彼らが慣れていない人々に自分自身を開示することを躊躇するでしょう。
これは、INFPが良心的であり、熟考する時間が必要であり、浅い会話に従事したくないからです。

彼らは機会を非常に個人的なものにし、非常に敏感ですので、誰に対しても自分の生活に入ることに注意することがあります。

3.決然であり無関心・冷淡

INFPはON/OFFスイッチで動作するようです。
彼らは何かに非常に執着しているか、まったく無関心である場合があります。

これは、Fiが主要機能であるため、正しいと感じることによって動機づけられるからです。
だから、INFPが興奮させるものに遭遇すると、彼らは非常に情熱的になり、探求の中で睡眠などの基本的な欲求を無視することさえあるでしょう。

逆に、INFPが関心を呼び起こさない場合、タスクを完了したり、議論に参加する動機を見つけることは非常に困難です。
“INFPの10の矛盾” の続きを読む

INFPが自身をミスタイプする最も共通する5つの方法

INFPが自分自身をミスタイプするこするとはよくあります。
特に、初めてパーソナリティアセスメントを受けたり、機能を理解することなくパーソナリティタイプの基本的な説明を読んだりするときに、です。

ある人はMBTIのアセスメントを最初に受けたとき、INTJとしてミスタイプされました。
オンラインでもう一度テストを受けたとき、自分自身をINFJに間違えました。

ここでは、INFPの性格タイプのユニークな特性をよりよく理解するために、INFPが間違ってミスタイプされた一般的なタイプ(およびその逆)のいくつかを説明します。

INFP or INFJ?

両者は非常によく似た記述をされているので、INFPとINFJはお互いにミスタイプされることがよくあります。
両者はどちらも、とりわけ複雑で、誤解され、際立っています。

ある人は認知機能を理解する前に、自身をINFJであると思っていました。
両者が互いに混同されやすい理由は、オンライン評価を行う際に「J」型と「P」型を区別することが難しいことです。

あなたが知っているように、INFPはP型(知覚型)ですが、両者は判断機能を持っており、両者がしっかりと信じていることを達成するためには非常に目標となる動機があります。
しかし、INFPとINFJの主な機能を見ると、私たちはかなり異なっています。
ここでは、INFPとINFJの認知機能を優先順に列挙しています。

INFP
Introverted Feeling (Fi)
Extroverted Intuition (Ne)
Introverted Sensing (Si)
Extroverted Thinking (Te)

INFJ
Introverted Intuition (Ni)
Extroverted Feeling (Fe)
Introverted Thinking (Ti)
Extroverted Sensing (Se)

これら2つのタイプの違いを明らかにする重要な方法の1つは、INFPがINFJよりも個人主義的であることです。

INFPは、調和を求めるために自身の個性と信念を放棄するという考え方をあまり快く思いません。
それは、私たちの価値観に誠実さを保つことが重要であるからです。

一方、INFJは、他の人々に適応するために個人主義を妥協することが多いため、社交的として記述されています。
“INFPが自身をミスタイプする最も共通する5つの方法” の続きを読む

INFPの12のタイプの秘密

NFPは、他の人に深く関わるユニーク(独特)なタイプです。
彼らは、感情と人間の経験を巧みに理解できる、まれな能力の組み合わせを持っています。
最善を尽くして、INFPは他者に感情的な癒しをもたらし、世界の驚異的な変化を促します。

INFPはかなり稀で、人口の約4〜5%を占めています。
INFPの性格タイプの12のあまり明白でない側面は次のとおりです。

1.INFPはインスピレーションを感じる必要がある。

INFPは感情と意味の世界に住んでいます。
彼らは本当に生きていると感じるために、彼らの人生に一定のレベルの感情的な強さが必要です。
だから、INFPは無意識のうちに強い感情を引き起こす関係を捜すかもしれません。

あるいは、彼らは自身を刺激する書籍、詩、音楽、旅行、または慈善活動に目を向けるかもしれません。
しかし、情熱や策謀が消えてしまうと、INFPは気分が落ち着かないかもしれません。
不満を抱いて、彼らはもう一度、人生に感情を注入する別の関係やプロジェクトに移ります。

2.INFPは、その価値観に深く関わっている。

おそらく他のタイプよりも、INFPは彼らのdominant function(第一機能)が内向的感情であるため、個人的な価値観と深く関わっています。
これは、INFPが自分自身に「自分にとって正しいと思われるものは?」と尋ねることによって意思決定を行うことを意味します。

INFPは一般的に、特に個人的な見解または基準に基づいて判断するのを控え、穏やかですが、誰かが自分の価値観に違反したときに怒りや防衛の反応することがあります。
これは、ENTJ、INTJ、またはESTJのような “思考”タイプのような他のタイプが、INFPの決定の背後にある論理的根拠を知りたいときに発生する可能性があります。

しかし、INFPは論理的な理由を提示することができないかもしれません。
彼らは特定の方法を感じたというだけで決定を下しただけです。

他の人たちが「正当な理由がない」と批判したとき、INFPは価値観を否定されたと感じるかもしれません。
これがあまりにも起こると、悲しいことに、INFPは自分自身とその最も自然な考え方を疑い始めます。

3.INFPは人生の本質とつながりたい。

多くの場合、INFPは郊外や原生自然で時間を過ごす自然の愛好家です。
彼らは、人生の基本的な本質として見るものと情熱的につながるよう努めています。
人生の早い時期に特に、INFPは旅行や冒険をしながら孤独な放浪者になるかもしれません。

彼らは通常シンプルで自由の生活の取り決めに満足しています。おそらく中古家具やインテリアを家に備えています。
INFPは、贅沢な休暇、デザイナーズの衣服、高級食材を優先的に扱っているわけではありません。
“INFPの12のタイプの秘密” の続きを読む