INFJ型とINFP型の違い byID

表面上、INFPとINFJは非常に似ています。
彼らは、理想主義、道徳主義、誤解を受けやすく、そして共感的なタイプとして描かれています。

これらの共有された記述のために、INFJがINFPと間違われるのは珍しいことではなく、その逆もあります。
かつて自分がINFJだと思ってた人が、実際にはINFPだった場合などがあります。
INFJやINFPについてもっと学ぶほど、本当のタイプを特定することに自信を持てるようになります。

そこで、INFJとINFPの違いのいくつかを詳しく見てみましょう

1.INFFとINFPの違いはただ一文字の違いを超えている

Myers-Briggsの性格モデルは、各タイプを8つの認知プロセスの順序で表すことができる、ユングの認知機能に基づいています。
これらの機能はSe、Si、Ne、Ni、Te、Ti、Fe、Fiであり、小文字のeまたはiは機能が外向き(extroverted)か内向き(introverted)かを表します。

例えば、Neは外的データからの意味と関係性を取り上げて状況を解釈する認知機能であるExtroverted INtuition(外向的直観)を表します。
対照的に、NiはIntroverted Intuition(内向的直観)を意味します。
これは、外部データとは別の意味合いと「どうであるか」を予測する機能です。

Heidi Priebeが説明しているように、自分や他の人のタイプを判別する最も正確な方法は、使用する機能をどの順序で特定するかです。
よって、INFPとINFJの機能を見てみましょう。

INFP
Introverted Feeling (Fi)
Extroverted Intuition (Ne)
Introverted Sensing (Si)
Extroverted Thinking (Te)

INFJ
Introverted Intuition (Ni)
Extroverted Feeling (Fe)
Introverted Thinking (Ti)
Extroverted Sensing (Se)

驚くべきことにことに、INFPとINFJは1つの文字が「異なる」だけですが、実際には主な機能を1つも共有していません。
“INFJ型とINFP型の違い byID” の続きを読む

INFP型とISFP型の違い byID

INFPとISFPは、個人主義、敏感で、思いやりがあり、そして非常に創造的なタイプです。
彼らはどちらも内向的感情タイプ(Fi)であるが、彼らの主な違いは、彼らのauxiliary(補助機能)です。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用するため、外部情報の背後にある考えられる意味を理解して解釈することができます。
一方、ISFPは外向的感覚(Se)を使用しているため、直感的な物理環境に非常に注意を払います。

INFPとISFPはどちらも芸術性を好み、強い価値観をもっており、かなり類似しているように見えますが、全く違う方法で世界を見ています。

INFPとISFPの7つの違い

1.内的世界・現実世界

INFPは彼らの内なる世界に住んでおり、ISFPがより現実世界に住んでいます。
INFPは頭の中で多くの時間を費やしています。

彼らは大きなアイデア、空想、そして彼らの経験を思い浮かべます。
彼らは思考と感情の内面の世界と非常に触れ合う傾向があり、周囲で起こっていることに気付かないほどです。

対照的に、ISFPは「今その瞬間」を生きることを好みます。
彼らは周囲を非常に意識しており、常に自分の身体環境で自分自身を直接表現する方法を見つけています。

例えば、ISFPは、芸術の創作、工芸品の製作、またはガーデニングを楽しむことがでます。
INFPは実践的ではなく、有名な芸術家や哲学者の生き方を勉強し、その影響を受けたことを学ぶのを楽しむことができます。

2.自己表現方法

INFPは、言葉、推論、または物語を通じてその価値観を表現します。
ISFPは、彼らの身体的行為、芸術、および外観を通して自分自身を表現します。

INFPは彼らの内なる世界と直接の関係を持っています。
彼らはauxiliary(補助機能)である外向的直観(Ne)を介して、最も深い部分の情熱と価値観(内向的感情)(Fi)を探索します。

彼らの第三の機能、内向的感覚(Si)は、彼らの印象の記憶を記録します。
彼らは、自分たちの夢の世界のような鮮やかで詳細な記憶を持っているので、言語を通して価値感と感情を明確に伝えることができます。
この理由から、J.R.Rを含む多くの作監はINFPです。
Tolkien、A. A. Milne、Virginia Woolf、Antoine de Saint-Exuperyが含まれます。

一方、ISFPは内面と間接的に関係しています。
代わりに、彼らは自身の外向的感覚(Se)のおかげで外の世界と直接の関係を持っています。
彼らの内在世界を見ている彼らの第三の機能、内向的直観(Ni)は、auxiliary(補助機能)によって幾分か抑圧されています。

したがって、ISFPは、言語が深い価値観や感情を表現するには不十分であると感じるかもしれません。
代わりに、彼らはファッション、音楽、または芸術を通じて直接表現することができます。
彼らはINFPより芸術的価値観が高く、しばしば独特な外観を装います。
驚くべきことではありませんが、多くのアーティストEnya、Pharrell、Williams、David BowieなどはISFPです。
“INFP型とISFP型の違い byID” の続きを読む

INFP by基礎

この記事はMyers-Briggsのパーソナリティタイプについてのものです。

INFP(introversion, intuition, feeling, perception)(内向、直感、感情、知覚型)はMyers-Briggs Type Indicator(MBTI)の著作で、16のパーソナリティーの1つを指す略語です。

MBTIは著名な精神科医ユングの著書「Psychological Types(心理学的類型論)」から展開されました。
ユングは、彼の臨床観察を通じて発達させた認知機能の理論に基づいて、心理学的な類型学を提案しました。
ユングの研究から、他(Myers-Briggs)は心理的な類型学を発展させました。

ユングの研究から発展した パーソナリティー診断は Isabel Briggs MyersとKatharine Cook Briggsによって開発されたMBTIテストと、David Keirseyによって開発されたKeirsey Temperament Sorterが含まれます。

INFPは、たとえ舞台裏であっても、強い感情と創造力を発揮したいという強い意識に駆られます。
彼らの弱点には、批判への敏感さ、組織力の貧弱さ、自己主張の弱さなどが含まれる場合があります。

Keirseyは、理想主義者と呼ばれる気質に属する4つのタイプのうちの1つであるHealersとしてINFPに言及しています。
INFPはやや稀で人口の約4%を占めています。

MBTI instrument

I – introversion (内向型)

INFPは静かで控えめな傾向があります。
彼らは一般的に知り合いの広いサークルではなく、親しい少数の人と交流する方が好きであり、人付き合いでエネルギーを消費します。
(一方外向型はエネルギーを得ます)

N – intuition(直感型)

INFPは具体的であるより抽象的な傾向があります。
彼らは細部よりもむしろ大きなイメージに、そして現実よりも将来の可能性に焦点を当てています。

F – feeling(感情型)

INFPは、客観的基準より個人的な基準に価値を置く傾向があります。
意思決定を行うとき、彼らはしばしば理論よりも社会的影響をより重視します。

P – perception(知覚型)

INFPは、判断を差し控え、重要な決定を遅らせる傾向があり、状況が変わったときに選択肢を開いたままにしておくことを好みます。
“INFP by基礎” の続きを読む

INFJ型とINFP型の違い byPH

INFJとINFP程間違えられる2つのタイプはありません。
そして、これらは外部から見れば似ているかもしれませんが、内部の非常に異なる生き物です。

それに加えて、INFJとINFPは、性格心理学的に最も関心のある性格タイプの2つで、この2つのタイプがどのように区別されるかについての不完全な理解は、多くの個人的な不満を引き起こす可能性があります。

この記事は、類似点と相違点を深く掘り下げて比較することを目的としています。

(あなたがINFJかINFPかどうかを判断しようとしている途中であれば、これらはあなたの個人的な興味や価値を説明するものではなく2つのタイプがいかに異なった配線かを説明するものです)

INFJとINFPの5つの決定的な違い

1.INFP vs INFJ: Driver processの違い

The Driver processは、「主要認知機能」と呼ぶこともできます。これは、心の最初の接触点であり、すべてがフィルタリングされる主要レンズです。

INFJにとって、このDriver processは技術的にはIntroverted Intuition(内向的直観)と呼ばれますが、それは別名「Perspectives(見方・見通し)」と呼ばれます。

Perspectivesは、技術的に「perceiving function(知覚機能)」と呼ばれるlearning function(学習機能)であり、自分の心の形状パターンを見て動作します。
何年もの使用の後、結局、Perspectivesはパターンのパターンを見始め、自分自身の内部で何が起こっているかを認知的に理解していることを理解しています。

一方、INFPは、「Authenticity(真正性)」と呼ばれる「Introverted Feeling (内向的感情)」と呼ばれるプロセスをリードしています。

Authenticityは、意思決定機能(技術的に「judging function(判断機能)」と呼ばれる)であり、出来事によって感情的にどのように影響されるかを深く知ることによって機能します。
判断は、「チェックイン」によって行われ、それらが自分の価値やアイデンティティと一致することを保証します。

より個人的なものがより普遍的であるという言葉があります。
時間の経過とともに、AuthenticityはINFPが感情の中で一人ではないことを理解しています。
彼らは他のタイプよりも自身の事を分かっています

すでに、これら2つのタイプが世界をどのように見ているかに大きな違いがあります。
INFJは、直観的な知覚機能をリードしており、INFPは感情による意思決定機能をリードしています。

多くのINFPにとって、意思決定機能をリードしていることを知ることは驚くことかもしれません。
なぜなら、このタイプにとって決定は疲れるものかもしれないからです。
Authenticityは本当に意思決定プロセスですが、4つの意思決定プロセスの中で最も遅い(他の3つはEffectiveness(外向的思考), Accuracy(内向的思考) Harmony(外向的感情))のは明らかです。

Authenticityは、物事が感情的にどのように感じるかが登録される必要があり、しばしばINFPは自身が決定をした後まで正しい決定を知らないでしょう。
これは、Authenticityを使う者がほぼすべての事実を見ることができるときに特に混乱します。
したがって、何がINFPにとって「正しいか」は慎重に解釈されなければなりません。

しかし、それぞれの決定とそれに続く感情的な影響はカタログ化され、将来の決定はより簡単かつ迅速になります。
“INFJ型とINFP型の違い byPH” の続きを読む