ENFJ型の性格 byPJ

INFJのように、ENFJは人口の約2〜3%しか占めない16のタイプの中で最も希なものです。

ENFJは暖かく、魅力的で、カリスマ的で、説得力があり、話好きです。
これらのパーソナリティー特性は、社会的領域の王と女王の地位に寄与します。

ENFJは他の人との関係を素早く読んだり確立することができます。
ENFJは、人と社会的知性を愛することから、幅広い友人、知人、社会的ネットワークを構築しています。

彼女らはネットワークに関してとても優秀です。
ESxPタイプが幅広い感覚体験(Se)を求めるのと同様に、ENFJは人との関係や交流(Fe)を求めます。

INFJと同様に、ENFJは人の心を読むことに関しては優れており、感情、表現、ボディーランゲージを素早く評価し、反映しています。
これにより、ENFJは教育、カウンセリング、セールス、広報、その他のENFJのキャリアにおける効果、人々に対する洞察に貢献します。

ENFJは人生の早い段階で人々のスキルを発見します。
確かに、彼女らの自尊心と自己イメージは、大部分が彼女らの社会的能力のまわりで発達しています。

彼女らが遭遇してつながる新しい人が1人いる度、彼女らの自己概念と自己価値が強化されます。
時間が経つと、ENFJは徐々に他人に影響力を及ぼし説得する力を認識します。

ある時点で、彼女らは自身が望むものほぼ何でも得るために説得の力を使うことができることを理解しています。
その時点から、彼女らは自身の目標を達成するために彼女らの魅力とカリスマを使いたいと思う程度と闘わなければなりません。

彼女らは、「目的の達成は手段を正当化する」というアプローチを取って、トップへの道を操作し、政治活動をすることができます。
あるいは、彼女らは素早い成功の誘惑を免れ、完全性を保つことができます。

「群衆を働かせる」、あるいは聴衆を魅了することは間違いなくENFJのために活気を与えていますが、人々と関わりたいという彼女らの願望は単なる表面上のものを超えています。

彼女らのauxiliary functionであるIntroverted Intuition(Ni)は、ESFJのカウンターパート(INFJ)ではあまり明らかでない程度の深さを追加します。

INFJのように、ENFJは、他の人がより誠実に、倫理的に健康に暮らせるようにするため、人々を助けることを仕事として考えています。

彼女らの洞察力を利用して、問題を診断し、個人の成長を生み出す解決策を策定することは、非常に効果的です。

ENFJはすべてのパーソナリティータイプの中で最も説得力がある(たとえ少し強くても)ので、他の人たちはしばしば彼女らの助言によく応答します。

ENFJは確かに他人を助け、支援したいと思っていますが、その理由は必ずしも完全に利他的ではありません。
結局のところ、Feタイプのように、自分自身の感覚は、他人のものと密接に織り込まれています。

ENFJが成功するのを真に望んでいる間、ENFJが失敗すると、それに苦しんでしまうかもしれません。

結局のところ、彼女らの生徒がENFJ自身の延長であるため、生徒側の失敗はENFJの自己実現能力を脅かすように見えることがあります。
深刻なことに、ENFJは「不十分な学生」は「不十分な教師」を反映していると感じるかもしれません。

見逃せないENFJのもう一つの要素は、自己熟練に対する欲求です。
後に説明するように、これは自己制御、自己指向、自己規制されることを強いる内向的思考(Ti)というinferior functionに関連しています。

残念なことに、他のタイプのように、ENFJはしばしばinferiorのスキルと開発を過大評価します。

だから、彼女らは自身が自己熟練を達成できると望んでおり、あるいは信じることさえあるかもしれませんが、彼女らは通常自分自身のマネージメント(Ti)よりも、他人を評価し、マネージメント(運用)(Fe)する方がはるかに優れています。

要するに、ENFJはいくつかのことによって推進されています。
彼女らは社会的な新規性と人々との関係性(ネットワークに)よって鼓舞されています。

彼女らはまた、他人に尊重され、尊敬されることから来る承認の感覚を含む、個人の卓越性と自己熟達によって動機づけられている。
最後に、そしておそらく最も重要なのは、他人の個人的成長を早めようと努力し、それが彼女らの目的意識と自己価値を強化することです。

ENFJs’ Dominant Function: Extraverted Feeling (Fe)

外向的感情(Fe)は、ENFJのdominant functionで最も好まれる機能です。
その方向において外向的判断機能として、ENFJは外向的感情タイプとみなされます。

一般人の言葉で言えば、彼女らは自分の感情、意見、苦しみを外見的に素早く表現することができます。
彼女らは自身が知覚する前に判断をし、自身が聞く前に話します。

これは強みと欠点の両面があります。
一方で、ENFJの迅速な対応力とリーダーシップ能力に貢献しています。
他方では、ENFJをあまりにも迅速に、あるいはあまりにも厳しく判断するようにさせます。

Feはまた、ENFJに他の人々をマネージメントしたり他の人に影響を及ぼす傾向を与えます。
このようなコントロールの欲求は、すぐには「悪い」または不健全とみなされるべきではありません。

これまで見てきたように、「Judging(判断)」は人生をナビゲート(操縦)するための実行可能で一般的に使用されるアプローチです。
ExTJタイプは指揮官として、より迅速に認識されますが、ENFJの感情へのpreferenceは、コントロールの手段をより緻密(subtle)に、そしていくつかの点でより効果的にします。

人を読んで理解する能力のために、ENFJはそれらに影響を与える最も迅速で効果的なルートを迅速かつ直観的に見分けることができます。
これはしばしば、Feの温かさと親しみやすさに包まれた雄弁な言葉を使っています。

ENFJは公的な領域では絶妙で滑らかですが、彼女らとより密接な関係を持っている人や、より密接な関係を持っている人には、最終的にはより統制するタイプや判断的なタイプの側に見えます。
Feは対人調和と良好な感情を維持する傾向がありますが、これは外部へのコントロールと主張に対する同質の欲求によって打ち負かすことがあります。

ENFJは、感情的判断が生じるとすぐにそれを表現するための多くの方法で配線されています。
これは、ENFJの口から出てくるものが最初の反応であることを認識していること、理解することは親密な人にとって明らかに非常に重要です。

残念なことに、親や教師はENFJの子供たちについてこれを理解しておらず、結局はFeの表現力を抑えることで終わります。
これは、若いENFJが大きな欲求不満と恐らく心理的害を引き起こすことは間違いありません。

Feはまた、他人の感情を読んで共感する際に大きな役割を果たします。
それは、ENFJが自分の中の他の感情状態を作り直し、相手が感じていることを感じさせるのに役立ちます。

興味深いことに、ENFJは自分自身の感情を知覚し、理解することとなると、より困難します。
これは、Feが内向きではなく外向きに向けられているためです。

ENFJは、IxFPタイプとは異なり、自分の感情を独立して整理するために多くの時間を費やすことはありません。
内向きに、彼女らは主に直感(Ni)の通貨で取引します。

したがって、ENFJが感情的に厄介な状況に陥ったとき、彼女らはサポートや指導を求め他の人に向かうことが多いです。(そしてすべきである)
彼女らのFeを通じて自分自身を表現することは、彼女らの精神的、肉体的健康と幸福にとって非常に重要です。

たとえ、直面する問題にすぐに解決策が得られなくても、言葉や涙で感情を表現した方が、気分が良くなる傾向があります。

FeはFiよりも文化的規範や期待の影響を強く受けています。
外向的思考(Te)は、情報の評価と秩序立てを行う集団的方法(科学的方法など)を含むのと同様に、Feは、社会的に受け入れられている人々とのかかわり方を含みます。

例えば、ENFJは、通常、十分な暖かさ、親しみやすさ、および相互作用における適合性を示します。

Fiタイプは、ENFJを感情的に表面的または不誠実なものとして蔑視するかもしれませんが、ほとんどのENFJは、モラル(士気)を向上させるか同意(コンセンサス)を得るという良い意図を持っています。

他人をコントロールしようとしたり、おべっかを使おうとする彼女らの意図は、平和、外交、相互理解という大きな希望に根ざしているかもしれません。

最後に、それらのFeのdominantの位置がauxiliary のNiと組み合わされて、ENFJをあらゆるタイプの中で最も一貫して目標指向的にします。
ENFJは自分自身、その人生、そして彼女らの努力をかなり真剣に受け止めています。

ENFJがかなりの時間を他人と過ごすので、無頓着な見物人にはこれは必ずしも明白ではないかもしれません。

しかし、ENFJの場合、人々との交流は人生の重要な部分です。
ENFJは非常にintentional(志向的)であり、教える、動機づけする、団結する、説得するなどの議題を持つことが多いです。

彼女らは、議題を効果的に実行する機会がほとんど見られないと、すぐに不安定になり、異なるものに移行する場合があります。

ENFJs’ Auxiliary Function: Introverted Intuition (Ni)

先に述べたように、ENFJは自身が知覚する前に判断を行います。
多くの場合、彼女らは自身のauxiliary functionであるIntroverted Intuition(Ni)によって提示された別の視点に自分自身を開くのは、彼女らのFeを使って率直な判断をした後です。

この点では、Niを最初に使用するINFJとは異なるため、最初の判断を表現するのが遅くなります。
ENFJ-INFJの違いは、同様に社会的状況においても出現します。

Feをdominantに持つタイプとして、ENFJは、まず社会的環境において何が起こっているのか(Fe)を第一に考えます。

彼女らは、良い気持ちが維持されていることを確認したり、自分の考えている社会的目的(例:教え、アドバイス、動機づけなど)を達成したいのです。
ENFJについては、Niの関心がFeの後ろにあります。

対照的に、INFJは、特定の社会的目標を達成するよりも、起こっていることの正確な認識を得ること(Ni)により関心があります。
彼女らが真実を表明することと面子を保つジレンマに直面すると、INFJは前者により傾向します。

対照的に、ENFJはINFJよりも「終わり良ければすべて良し」なアプローチをとる可能性がより高いです。
彼女らのJ(判断)アジェンダ(協議事項)を達成するために、ENFJはINFJが好ましいと思わないことを言おうとするか、保留する場合があります。

彼女らはもっと喜んで幸福を味わうかもしれません。
ENFJはたとえ無意識にでも良い気持ちがそこで育てられれば、内なる幸福の感覚が適時に出現するだろうと考えるかもしれません。

このすべては、INFJがENFJよりも何らかの道徳的または立派なものであると言っているわけではありません。
むしろ、この議論は機能スタック(第1~第4機能)における機能の相対的な順序付けの重要性を示しており、これは所与のタイプの優先順位、動機および行動に必ず影響を及ぼします。

ENFJs’ Tertiary Function: Extraverted Sensing (Se)

外向的感情(Se)は、ENFJのtertiary functionとして機能します。
Siは記憶された過去に集中的に関係していますが、Seはより広範で現在指向です。

それは、5つの感覚(すなわち、視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚)によって、環境からの具体的な詳細および感覚情報を収集します。

Siとは異なり、Seは日常や親しみあるものに満足しません。
むしろ、それは感覚的で物質的な新規性を求めます。

Seタイプは、新しい感覚や外見、身体的なスリル、物質的な快適性を愛しています。
彼女らは物質的世界へのアプローチと使用において、Siタイプよりも自由主義的です。

Seはまた、美しさと美学に対する関心と関連している可能性があります。(特に感情タイプ)
ENFJは、物質的な環境、身体的外観、味覚に関しては、しばしば洗練されたテイストを持っています。

美術、食べ物、音楽、文化などの素晴らしいものを味わうのが一般的です。
その結果、ENFJは、自分や洗練されたテイストを少し真剣に受け止めることで、上流気取りや無思慮として認識されることがあります。

ENFJs’ Inferior Function: Introverted Thinking (Ti)

他のタイプと同様に、ENFJは、inferior functionが自分の意思決定や行動にどの程度影響を与えるかを簡単に知ることができません。
彼女らのinferior functionである内向的思考(Ti)を十分に理解することなく、ENFJは不完全な気持ちを続け、彼女らのキャリア、生活習慣、および関係性において不健全な意思決定をしがちです。

IxTPタイプと同様に、ExFJタイプは、TiとFe、つまり独立(Ti)と相互依存(Fe)、自己(Ti)、と他人(Fe)の適切なバランスを見つけようとしていると見ることができます。

IxTPタイプの場合、TiはExFJタイプよりもはるかに意識的です。

IxTPタイプは、外界(Fe)に関する制御や影響力がほとんどないと感じるかもしれませんが、Tiによって与えられる内部構造は、内部制御の強い感覚を与えます。
これにより、自らのコントロールできない世界をよりよく対処できるように、自分の思考や経験を独立して管理し、整理することができます。

IxTPタイプはまた、自分の真実を見て取るために彼女らのTiの力の論理を使用します。

彼女らのTiはinferiorであるため、ENFJはIxTPタイプと同じ内部統制の感覚を享受しません。
彼女らは意識的に論理を発揮する能力と同じ適性や自信を持っていません。

ITPにとっては感情が滑りやすく、捉えにくいのと同じように、ENFJも理論に対して同じです。

しかし、彼女らのTiは捉えがたいですが、ENFJはまだそれに魅了されています。(すべてのタイプが自身のinferiorについて同じです)
多くの点で、TiはENFJの完全性と自己実現の源泉です。

TiとFeは機能的な全体を構成しているため、これらの2つの機能を統合して全体と完全を感じることの重要性を直感的に認識します。
結果的に、ENFJは内部統制と論理能力の感覚(Ti)をより強く意識しているように見ることができます。

なぜなら、彼女らはINTPと同じ関心や自己概念のいくつかを呈しているのです。

例えば、ENFJは、自分自身を非常に論理的で、独立的で、自立的であると考えるかもしれません。
彼女らは、「認知行動」戦略の価値を浮き彫りにして、独立した思考(Ti)の美徳を賞賛するかもしれません。

彼女らは自己認識や自己学習として自分自身を好きかもしれません。
彼女らのTiに溺れるとき、彼女らはノンフィクションの本やジャーナルの積み重ねで自分自身を失う可能性があります。
彼女らのTiは、数学、科学、哲学のような科目で正式な勉強を取るように促すかもしれません。

いくつかのENFJは、頭の中や知的なトピックへのTiの誘因のために、自分自身を内向的な人と見なすことさえあるかもしれません。

しかし、他のタイプがそのinferior functionのスキルと能力を誤って解釈したり、過大評価したりするのと同じように、ENFJも同じです。
実際、ENFJは自分たちが想像しているように彼女らの思考には論理的でも独立的でもありません。

彼女らの思考関連のアイデアの大部分は、通常、外部から取り入れられます。
さらに、外向型として、ENFJは自分自身より、他人の心を読んで、理解し、制御すること(Fe)の方がはるかに優れています。

彼女らは「自己認識」(Ti)よりも「他者認識」(Fe)です。

ENFJは最終的に自分のロジック(Ti)の健全性を確信していないので、他人を説得するという行動を通して自分自身を説得しようとするかもしれません。

アイデアが健全であると確信できる人が多くなればなるほど、彼女らはその真実性(Ti)について感じることに対して、より自信が持てるようになります。

ENFJのパーソナリティーの発達

個人の成長は、inferior functionを直接的に開発したり改善したりするよりも、私たちの性質の強みを利用し、私たちのタイプにしたがって真正に機能するための条件を強化することが重要です。

このような観点から、ENFJを統合することは、定期的にFeとNiを使用することを学び、
Tiのエンドポイント(終点)はそれ自体を処理することができるようにすることです。

たとえば、独立系論理学者(Ti)としてのスキルを過度に強調するのではなく、関係性や社会的ネットワーク(Fe)に焦点を当てた方がよいでしょう。
逆説的に聞こえるかもしれませんが、ENFJが自己実現し発見するための最善の方法は、他の人との一貫性のある取り組みによることです。

ENFJは、他者が自分の可能性を発見して実現するのを手助けすることで、自己理解と個人的な全体像に近づきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です