ENTJ型の性格 byPJ

ENTJはリーダーに生まれたタイプです。

彼女らは直接的で、主張的であり、そして抑制されていません。

「タイプA」パーソナリティの概念を呼び起こすように、物事が予想される計画や時間枠に従って展開されない場合、彼女らは不満を持ち、辛抱することがあります。

ENTJの存在下で、他の人たちは、彼女らがどこか急いでいると感じるかもしれません、ENTJは彼女らに「追いかけて欲しい」と望んでいます。

ENTJは、ESTJと同様に、頑なで、直接的で、外向きに意見を述べています。
時々、彼女らは、過酷で、そっけなく、または非情と見なされるかもしれません。

外側の自信と存在感があるにもかかわらず、彼女らは全体的に他のタイプよりも内的に安定でも確信があるわけではありません。
実際には、内部の判断機能(Fi)がinferior functionであため、内部コントロールが比較的少ないと感じることがあります。

内部統制が見つからない場合、外部の秩序と制御を達成することで内部の平穏と安全をもたらすことを期待して、彼女らは必然的にその焦点を外向きに変えます。
もちろん、外界をコントロールすることはめったに簡単なことではなく、不安や過覚醒に対するENTJの傾向に寄与します。

ENFJと違って、ENTJは、外向的感情によって与えられた対人的な恩恵への容易なアクセスを楽しんでいません。
代わりに、彼女らは自分のauxiliary function 内向的直観(Ni)によって、ユーモアのセンスに頼って、自分自身を他人に対して夢中にします。

ENTJは素晴らしいショーマンやストーリーテラー(語り手)になることができます。
紛争や論争(彼女らは実際には鋭いか挑発的なものと見なされるのが好きなのですが)に邪魔されずに、可能性の限界を超えることを好みます。

ENTJは、時が来ればかなり面白いかもしれませんが、全体としては、人生へのアプローチにおいてはかなり深刻です。
彼女らのdominant function 外向的思考(Te)は、強い研究指向を与えます。

彼女らはすぐに深く探究するので、世界とその活動に秩序、合理性、効率を課すことを目指します。
したがって、INTJのように、ENTJはしばしば科学に引き込まれ、あるいは少なくとも標準化された方法の価値を認識することができます。

Teの特徴の1つは、すべてが明確に定義され、測定可能であり、定量化可能であることです。
これは、戦略と競争への好みと相まって、ENTJを強力な戦略家や経営者にすることができます。

ENTJは、営利目的の企業を率いるCEOの間で一般的に見られます。

豊かさと社会的地位はまた、ENTJの動機付け要因となり得ます。
これは、少なくとも部分的に、彼女らのtertiari function 外向的感覚(Se)が導くものと見なすことができます。

ENTJは、直観型としての地位にもかかわらず、世俗的なものを愛しています。
これらのことがTe予算案に書かれている限り、彼女らはハイエンドの家を所有することや贅沢な休暇を取ることに反対していません。

ENTJは確かに頑張りたいと思っていますが、熱心に遊ぶこともできます。

ENTJ

Introverted Extroverted
Thinking
iNtuition
Sensing
F

ENTJs’ Dominant Function: Extraverted Thinking (Te)

外向的思考(Te)は、ENTJのdominant functionであり、最も優先される機能です。

それは、彼女らの判断と意見を素早く表現し、文字通り思考(すなわち、判断、結論、決定など)を声に出して考える傾向を支援します。

ENTJは聞く前に話します、彼女らは知覚する前に判断します。
これは長所と短所の両方があります。

一方では、それは彼女らを強くて勇敢な指導者にさせますが、他方では、彼女らを不快なものや制御的にさせます。

またTeはENTJに早期の判断と主張を進める傾向を持たせます。

振り返ってみて、彼女らは辞める、柔らげる、またはさらに緩和する方が良かっただろうと言うかもしれません。

先に述べたように、Teは外界に秩序と合理性を課すよう努めています。
客観的な基準と測定可能な目標を追求することは本質的に定量的です。

まれにしか曖昧でもあやふやでもなく、明確に定義されたポリシー(方策)、計画、手順を主張します。
彼女らのauxiliary function Niはある程度の開放性に貢献するかもしれませんが、ENTJはまだTeの計画とガイドラインに沿って行われることを期待しています。

結局のところ、あまりにもずれが与えられれば、彼女らはシステムが合理性と効率の望ましいレベルで機能しないと感じます。

また、ENTJの作業指向にも貢献しています。
T‐dominantとして、ENTJは一般に、より緩やかで受容力のあるものよりも、真剣で集中しているものです。

彼女らに外部の義務がない日であっても、彼女らは素早く何かに取り組むことができます。
dominantである判断機能を持つ他のタイプと同様、ENTJはリラックスして何もしていないことが苦手です。

ENTJs’ Auxiliary Function: Introverted Intuition (Ni)

他の直観型と同様、ENTJは未来志向で、常に何かを求めています。
彼女らは前向きな思考と変化指向を持ち、物事が繰り返しで、単調で、または平凡であるように見えるとき、退屈または落ち着きがなくなります。

ENTJは、「intuition(直観)」という意味でのNiの考え方ではなく、時には女性的な意味合いを持つこともありますが、ENTJは「本能」や「勘」などの用語を使用することがあります。
Niはより高いレベルの収斂性と特異性を与えます。

したがって、ENTJやその他のxNxJタイプは、しばしば自分の答えや洞察力が信頼できるものであると確信しています。

INTJのように、ENTJは、詳細を分離し分析する能力(Te)に恵まれているだけでなく、階層構造とその構成部分の相互関係を含め、システム全体(Ni)の明確なビジョンを維持することもできます。
全体像(Ni)とその詳細(Te)を見ている彼女らの能力は、ENTJを戦略、分析、計画のマスターにします。

よく発達したNiはENTJにより良い先見性を持たせるだけでなく、時期尚早の結論に飛びつく傾向も緩和させることができます。
ENTJは自身のNiを使って別の視点を探り、Teの単一的使用に起因する狭い視野による考え方(tunnel vision)を避けることができます。

Niを使用して発達することは、個人の成長の重要な部分を表し、Teの判断が幅広くより包括的な理解に根ざしていることを保証するのに役立ちます。

ENTJs’ Tertiary Function: Extraverted Sensing (Se)

外向的感覚(Se)は感覚的で本能的で欲望的な機能です。
Seタイプは、新感覚、物理的なスリル、物質的な快楽性を追求します。

ENTJは、斬新な感覚、経験、物質的獲得を楽しんで、それらに対してある種の世俗性を持つ場合があります。
彼女らは、家庭や財産の質、外観、地位などを特に重視する場合があります。

他のxNxJタイプと同様、豊かなライフスタイルの魅力や状態など、より精細なものに魅了されることがあります。

このことから、ENTJはdominant functionが判断型であり、Teの活動は一般的にSeの関心事項より優先されるという事実が残っています。
したがって、ENTJは品物や経験を楽しむことができますが、T指向のスケジュールでは時間がかかるかもしれません。

ENTJs’ Inferior Function: Introverted Feeling (Fi)

他のタイプにも当てはまるように、ENTJは、inferior functionによる自分の意思決定と行動に対する影響を及ぼす程度を知ることができません。

彼女らのinferior functionを十分に認識することなく、彼女らは完全でない気持ちを続け、彼女らの生活様式、キャリア、および人間関係において聡明でない意思決定をしがちです。

したがって、自己知識と個人的発達を求めるENTJは、彼女らのinferior functionである内向的感情(Fi)が彼女らのパーソナリティーに現れる様子を理解するように努めなければなりません。

Fiは、個人的な感情、テイスト(嗜好)、価値観に焦点を当てています。
すべてのタイプのうち、IxFPタイプは、個人の価値観や感情を探求し、管理することに関して、最も「自己中心的」です。(中立的な意味で)

Fiがinferiorであるため、(自分の感情について)ほとんど無意識のENTJは、自分の気持ちや価値観に容易にアクセスすることができません。
他のdominant functionが思考であるタイプと同じく、ENTJにとっては感情が捉えがたいかもしれません。

したがって、「社会的に適切な」感情的な応答が必要とされる状況では、ENTJは、感情的な経験がしばしば比較的弱いため、非常に不快に感じることがあります。
彼女らは、精神的な状況で少し機械的な、軽薄な、または他の方法では不十分に聞こえるかもしれない弔慰などを提供するために彼女らのTeを使用することに頼るかもしれません。

ENTJはまた、悪い状況を修復するための戦略を開発し、他者との感情的な支援やつながりという厄介な仕事から逃れる場合があります。

Fiはまた、社会的慣行とは独立した個人化された価値観と判断システムの開発にも関わってます。
この内部価値体系と個人化された世界観は、IxFPタイプに内部の確信とコントロールの強い意識を与えます。

対照的に、ENTJは、Fiがinferior functionのため、同じ程度の内部の確信を享受することはできません。
これを補うために、彼女らは外界の管理と制御に集中しています。

彼女らは本能的に自分自身を制御する最良の方法は、その周囲を制御することであると感じます。
これは、IxFPタイプのアプローチの正反対です。

IxFPタイプは、外界をコントロールする力(Te)が比較的なく、自身がコントロールできるもの‐自分自身(Fi)‐1つに集中することで応じています。

そうは言っても、ENTJのFiは無力であるか、または影響力がないと想定するのは間違いでしょう。
彼女らは自分のFiに対する意識的なコントロールが比較的少ないと感じているかもしれませんが、それほど意識的ではなく影響力を発揮することができます。
Inferior functionは、dominant functionに情報を与え、方向づけする際に重要な役割を果たし、その価値感と目的に影響を与えます。

具体的には、ENTJのFiは、人格的に影響を与えた原因に向けて働くように彼女らに強制する可能性があります。
例えば、親が稀な疾患で亡くなったENTJは、医師または医学研究者になることを決定する可能性があります。

彼女らのFiはまた、彼女らがdominant functionが思考であるタイプから予想されるよりも、彼女らの生活における子供および家族の役割をより重要視するよう導くかもしれません。

しかし、ENTJがFiによって支配されたり、不意をつかれることは良いことだとは限りません。

それどころか、ENTJは、社会全体に言及するわけではなく、Te‐Niの強みを活かした仕事に従事しているときに、より良い働きをしています。

ENTJが彼女らのTeの使い方を検討することも重要です。
他のdominant functionが判断であるタイプと同様に、ENTJは意思決定や任務を遂行するうえで緊迫感を持つ傾向があります。

この緊迫感の意識は、時期尚早で誤った判断、より質の低い仕事、強迫観念のある行動につながる可能性があります。
例えば、ENTJは、ある日に達成したいことを考えていて、もともと推測していたよりもはるかに大きいプロジェクトを発見する場合があります。

しかし、より大きな課題はより大きな課題を提起するので、彼女らは「一口食べて」、彼女らがまだそれを完了することができるかどうかを確かめるかもしれません。
そうすることの問題の1つは、知覚への逸脱が、指定された時間枠内で目標を達成できなくなる可能性があるため、それが彼女らを判断モードにロック(固定)することです。

またそれはENTJを、他の人々から閉鎖させ、他の人々は彼女らの目的に対する侵入や障害とみなされる可能性もあります。

より健全に機能するために、ENTJは物事を終わらせるために競うよりも、十分な知覚する時間を過ごしていることを保証する必要があります。

ENTJは、目標のポイントに到達したいという願望を認めつつも、代替案を残すことで恩恵を受けることができ、感覚が人生に豊かさをもたらすと認識しています。

それは、いつもあらかじめ決められた議題に固執するのではなく、もっと有機的に生きることができます。

これは、ENTJがENTJをやめてENTPに変わるのをやめなければならないということではなく、判断と知覚のバランスが正しいことを意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です