ENTP型の性格 byPJ

直観的探求者

ENTPタイプは、16タイプのうちの1つです。
ENTPは多才で、心が広く、落ち着きがありません。

簡単に退屈し、彼女らは常に新しいアイデアや可能性を探し求めています。
新規性に対する彼女らの飽くなき渇望のため、彼女らの関心は無限に見えます。

ENFPにも当てはまるように、ENTPの精神は熱狂的なペースで動き、落ち着きのなさ、不安定さ、不安定な睡眠パターンに寄与します。
彼女らは常に新しい可能性を探っているだけでなく、新しいアイデアやアソシエーション(連想)を生み出しています。

さらに、ENTPは、自分のアイデアを他の人と分かち合い、交換するのを楽しみます。
彼女らの心がさまざまな方向でどのように描かれているかを考えてみると、ENTPは不安定で散在しているように思えますし、正しいか誤りか、ADDやADHDとよく診断されることもあります。

ENTJやdominant functionに判断機能を持つ他のタイプとは異なり、ENTPは受容する情報を注意深くスクリーニング(ふるい分け)したり、フィルタリングしません。
アイデアを吸収するために、あらゆるタイプの中で最も開かれた心の持ち主です。

しかし、単に新しい情報に対して透過性がある(受け入れやすい)という理由だけでは、それが真実であると迅速に受け入れることはできません。
ENTPは時間の経過とともにアイデアを摂取するので、世界と人間の本質についての独自の理論を、いくらか受動的にしても徐々に発展させます。

これらの理論が従来の考え方と一致していない場合(多くの場合そうでしょう)、彼女らはますます懐疑的になり、過半数の見解を批判するようになります。
ENTPは外向型としての地位にもかかわらず、彼女らの懐疑主義と非観念的思考に関してINTx型に似ています。

彼女らのdominant function 外向的直観(Ne)に夢中になると、ENTPは内部集中的でも議題に主導されるわけでもありません。(彼女らの唯一の議題は退屈を避けることかもしれません)
したがって、彼女らは意識的に動かされたり、INTPのように真実を打ち砕くことに執着したりすることはありません。

それにもかかわらず、多くのENTP、特に自身のauxiliary function 内向的思考(Ti)を開発した人は、自身の哲学的傾向を認識するようになります。
INTPのように、彼女らは統一的パターンと広範な形而上学的な推測を探検するのを楽しみます。

こうした傾向にもかかわらず、彼女らは知的な追求に専念する焦点を開発することはあまりありません。
外向型として、彼女らは他の趣味や興味の間で彼女らのエネルギーを分配することを好み、単一の追求に集中することに消極的である可能性があります。

ENTPのtertiari function 外向的感情(Fe)は、強力な対人関係の機能です。
これは、多弁なNeとともにENTPと、類似した関心を持つ他の人との愛に貢献しています。

落ち着きの無さと散在性の傾向にもかかわらず、ENTPは議論や活動を刺激するときに集中することができます。
INTPのように、彼女らは雑談をするよりもアイデアの議論により興味があります。

彼女らのNe、Ti、Feは、人を動かすもの、つまりその動機、関心、パターン、そして予感を分析することに興味を持っています。

それらの関係を通じて、ENTPは人間性の理論を磨き、道に沿って楽しんでいます。

学校教育に関しては、ENTPが参加したと感じる程度は、状況によって大きく異なります。
他のxNxTタイプと同様に、彼女らは一般的に数学や科学に優れています。

しかし、dominant Neとして、彼女らは芸術と人文科学にまたがる幅広い学問的興味を持っている傾向があります。
彼女らのinferior function 内向的感覚(Si)も歴史への関心に寄与します。

抽象的な学習者として、ENTPはESTPよりも伝統的な授業を楽しむ傾向があります。
教師は、知性、創造性、そして本物の知的好奇心を高く評価します。

しかし、教師や学習課題が刺激的でないと、すぐに退屈し、落ち着きがなくなり、関心を示さなくなる事があります。
ENTPはまた、あまりにも長く先延ばしすることで有名であり、実際の能力を反映していない作品を生み出すこともあります。

ENTPは、システムの中(Te)で理想的な仕事を特定するときよりも、人々の中(Fe)で自身の場所を見つける方がしばしば優れています。
彼女らのNe(およびTeの欠如)は、高度に構造化されたシステムまたは組織内でENTPを働かさせることを躊躇させる可能性があります。

残念なことに、現代の仕事の世界は、機能スタックにTeを持つ人(特にxxTJタイプ)にとって主に適しているようです。
ルール、政策、規制、ほぼすべての専門職、学術機関、研究機関がある生活は、彼女らの方法と活動をTeに満ちたものにしました。

その結果、ENTPはしばしば、彼女らがENTPとして真に機能することを可能にする仕事とキャリアを見つけるのに苦労します。

ENTPのキャリアに関しては、このタイプは人やアイデアを扱うのに最適です。
多くのENTPは有能な作家や俳優であるため、ジャーナリスト、作家、編集者として成功しています。

現代の教育システムの体系化と官僚主義にうんざりしがちな中で、ENTPは教育も楽しめるかもしれません。
宗教団体のENTPは、伝統的な教義や伝統から逸脱という才覚が問題を引き起こすかもしれませんが、宣教師、牧師として機能するかもしれません。

ENTPは、俳優、仲裁者、外交官、起業家としての仕事も楽しむことができます。

ENTP

Introverted Extroverted
iNtuition
Thinking
Feeling
S

ENTPs’ Dominant Function: Extraverted Intuition (Ne)

ExxPタイプはIxxPタイプよりも真に「純粋な」知覚型(perceiver)です。
ExxPタプは、一般的に知覚に関連する外部特性(例えば、自発的、寛大、順応性、受容性)を示すだけでなく、dominant function(NeまたはSe)も知覚機能です。

外向的直観(Ne)は目新しさを求める機能です。
ESxPとENxPの両方が外向きに活動的で、エネルギッシュで、遊び心がありうるため、一見すると、SeとNeのタイプはかなり類似しているように見えるかもしれません。(エニアグラム7など)

しかし、NeはSeとは異なり、それは、新しい感覚や物質財よりも、考え、つながり、可能性により関心があるという点でSeとは異なります。

外向的直観は知覚的にも表現的にも機能します。
Neの言葉による表現は、「ブレインストーミング」のようなものになります。

通常はENFPと同じ程度ではありませんが、声に出すときは、ENTPは必ずしも1つのアイデアから次のアイデアへと急速に跳躍していて、「意味を持っている」ように見えるとは限りませんが。
多くの場合、「意味」はENTPが判断に向かうためのものですが、最初にその選択肢をNeの方法で調べる必要があります。

他の人たちは、Neの一見恣意的な、あるいは偶然な方法を不信に思うかもしれませんが、ENTPは時間の経過とともに真実や知識が明らかになることを認識してその価値を認識します。

ENTPの主な仕事は、正しい方向に導くことを信じて、Neを採用し、表現することです。
そのことから、ENTPの中には、他のものよりも表現力がかなり適切で合理化されているものもあります。

多くのENTPは、tertiari functionである外向的感情(Fe)を開発し、自分自身を表現することを学びますが、それはまったくランダムではなく、より直接的で一貫しています。

Neはまた、受容的で、外部から情報を収集します。
Seとは異なり、それは明白な情報を集めるのではなく、感覚的なデータを越えたり、背後にある情報を収集します。

これは、ENTPが隠されたパターン、可能性、潜在性を識別できるようにするものです。
Neは常に新しい関連性とパターンをスキャンしています。

彼女らはしばしば、読書や、映画を見たり、他の人と会話するような活動で、このNeの受容的側面を使用します。

それは外向的機能であるため、Neは内向的直観(Ni)よりも散開的で広範で開放的です。

Niはより集中的で収束性があり、確信と閉鎖性がより高くなります。
Niが作業を終えると、INxJタイプは一つの正しい解決策があると感じやすくなります。

対照的に、Neは、可能な選択肢または解決策の数を減らすのではなく、増やす傾向があります。
Auxiliary function Tiを使用するだけで、ENTPは収束に向かって動くことができます。

Neは広い心をも与えます。
それはENTPが、不当な判断や早期結論を出すことなく、問題の両面で真実を見ることを助けます。

また、オルタナティブまたはボヘミアンライフスタイルへの寛容に貢献し、ENTPがベジタリアニズムやコミュニティーへの参加などの選択肢を楽しむことを可能にします。

NeはENTPの個人的な自由と自律に対する負担のように感じられる過度の外部構造にも抵抗します。
ENTPは、不必要または過度に厳しい規則、規制、または手続きと見なしていることを嘲笑します。

彼女らはまた不変または不毛な環境を嫌う。
環境があまりにも面白みがなかったり、不毛だったりすると、すぐに飽きて落ち着くことができません。

他のxNxPタイプと同様に、ENTPはNeと愛憎関係を持つことになるでしょう。
彼女らは、それが寛容な心を持ち、全体像を見て、さまざまな選択肢や考え方を理解するのに役立つという事実を愛しています。

彼女らはまた、冒険、期待、生命の謎に対する驚きに伴う感覚を楽しみます。
しかし、Neにも課題があります。

ENTPが落ち着いて満足していること、堅実な結論に達すること、または意思決定に自信を持つことを困難にする可能性があります。

ENTPs’Auxiliary Function: Introverted Thinking (Ti)

dominant Perceiver(dominant functionが知覚機能)として、ENTPは、特に外界に関して、より受動的な人生へのアプローチをとる傾向があります。
他のExxPタイプと同様に、彼女らはauxiliary functionである判断機能、内向的思考(Ti)を使用するように、内向的か外向的かを問われるまで、知覚的なオープンモードに留まることに満足しています。

ENTPが自分のTiに拘束されていると感じると、INTPの典型的な動作モードと同様に、より内側に集中的になります。
しかし、Tiはその方向性に内向きであるため、他人はENTPのより合理的な側面に気付かないことがあります。

Tiは、特定の状況、システム、または問題を理解するための論理と理由の適用を伴います。 それは構造と秩序を内なる世界にもたらすためにも働きます。
この内部構造化により、ENTPに内部コントロールの良識が与えられます。

彼女らのTiと関わるとき、ENTPは自身の起源をよりよく理解し、彼女らの考えが論理的であることを確実にするために、思考の背景を掘り下げます。
INTPのように、彼女らは特定の理論や議論において不一致や論理的な欠点をすばやく見つけることができます。

彼女らは、例外を特定することや、提案された説明が崩壊する可能性のあるシナリオを推測するのに優れています。
彼女らは、真実を、自信をもって主張するよりも、論理的な欠点や矛盾を特定することがより容易であると考えています。

ENTPとINTPのTiの違いは、機能スタックの中のその場所です。

INTPの場合、Tiは最初に来るので、内部的に判断するのが早くなります。
INTPはauxiliary function Neを使用して最初の判断を開き、さらに探索します。

ENTPでは、順序が逆になります。
彼女らはINTPのように最初の判断や推定から始めるのではなく、直観の新鮮な目を通して物事にアプローチします。

彼女らはその後、Neの知覚による理論と構造を分析し、強化するために自身のTiを使用します。

機能スタックの異なる順序付けに加えて、ENTPはdominant Perceiverとして、INTPよりも容易に物事を自由にまたは多義的にすることができます。
彼女らのNeの優位性はまた、INTPよりも「遊ぶ」ために彼女らをよりオープンにします。

多くのENTPが「楽しい」を人生の最優先事項の1つとすることには驚かされます。

dominant function Tiが人生を真剣に受け止めさせるINTPのほとんどにとって、そのような反応(「楽しい」を最優先させること)は快楽主義を強要し、ランクの中で最も低い価値と考える可能性が高いでしょう。
ENTPのdominant function Neは、INTPの中で典型的に見られるものよりも、芸術と文化に大きな関心を寄せるかもしれません。

TiとFiの違いは主に興味と重心のようです。
Fiタイプ(xxFPタイプ)は、論理的なもの(Ti)よりも道徳的判断(Fi)に関心があり熟練しています。

彼女らは善悪、愛と憎しみ、好きと嫌いの面で判断します。
対照的に、xxTPタイプは健全な論理(Ti)の必要性から出発し、一般的にテイストや道徳的な問題にあまり関心がありません。

彼女らは合理的か不合理的か、論理的か非論理的か、よりも、好きか嫌いかの点ではあまり考えていません。

とは言うものの、TとFはENTPの機能スタック内で隣接しているため、T‐F preference(好み)を分けるために、特に発達の早い段階で少しトリッキーなことがあります。

ENTPs’ Tertiary Function: Extraverted Feeling (Fe)

ENTPのtertiari functionは、外向的感情(Fe)です。
Feは対人関係の平和、調和、理解のために努力して、すべての機能の中で最も対人関係的です。

これは、何が言われたかに関わるだけでなく、どのように言われたかにも関わっています。
ENTPは、他のタイプよりも外的不調和によって邪魔されたり、敏感ではないかもしれませんが、大部分が無意識であっても、環境の中で「良い気持ち」を育むために働いています。

ENTPのFeにより理論的にアプローチすることもできます。
すなわち、Feは優先的な外向的判断機能で(TeよりFeを優先し)、かつ機能スタック内では順位が低い(4番目)ため、ENTPはTiに依るよりも、外向的判断(Fe)を快適に感じません。

これは、他の知覚型と同じ様に、ENTPを、自分自身を主張するのではなく、他人の希望に習慣的に従うように導きます。

ENTPには強い心があるので、ENTPは自分のコントロールしようとしているものに内心憤慨するかもしれません。

確かに、彼女らは一般的にIxxPタイプよりも自己主張的ですが、Feを配備する際の不快感は、ENTPの関係においてもなお問題になります。

ENTPs’ Inferior Function: Introverted Sensing (Si)

他のタイプにも当てはまるように、ENTPは、inferior functionが意思の決定や自身の行動に対して、どの程度影響を与えるのかを容易に知ることができません。
自己知識と個人的な成長を求めるENTPは、彼女らのinferior functionである内向的感覚(Si)が彼女らのパーソナリティーに現れる方法を理解するために努める必要があります。

内向的感覚は、機能的に反対のNeと並列させると最もよく理解できます。
それらの反対の性質にもかかわらず、一緒に考えると、NeとSiは意味のある全体を構成します。

私たちが見てきたように、Neは新しいアイデアや可能性を模索しています。
対照的に、Siは過去を保存することに関連しています。

無限の選択肢と可能性を見て、Neには限界がありませんが、Siは過去の先例によって決定される明確な限界を見ています。
Neは自由的であり、制約がありません。

Siは保守的であり、注意深いです。
魅力的なのは、これらの対抗する力のすべてが同じパーソナリティータイプ内に存在する可能性があるということです。

ENTPは意識的にNeの欲求と価値を認識しがちですが、潜在意識はSiの利益を押し出します。

Neを使用する場合、ENTPは細部まで気にすることができません。
彼女らは、請求書の支払いを忘れる、食事が不注意である、または十分な運動をしないなど、日常生活の具体的な内容に効果的に関与しない可能性があります。

しかし、創造的なプロジェクトに没頭すると、ENTPはINTJのように見えることがあり、詳細に対して完全性と執念性を持ちます。
N-dominantsとして、ビジョンやアイデア(N)の物理的な実施形態(S)に関しては、完全性よりも小さいものを受け入れることは困難です。

Siの最も見過ごされている特徴は、体内の感覚(身体の中で感じ、経験した身体)の知覚と認識です。
しかし、SiはENTPのinferior functionであるため、体内に触れてないように感じることがあります。

これを補うために、特定の身体感覚にあまりにも多くの注意を払うようになり、彼女らはより多くの体感感覚に焦点を当てて症状を促進させ、または増強する、低血圧症または心身症に罹りやすくなります。

NとSにも時間的要素があります。

Siは過去に関わり、Neは将来の可能性に焦点を当てています。
ENTPのSiは、歴史の詳細に関心を寄せることがあります。

彼女らはまた、Neを使って歴史的な意味、解釈、含意を探求しています。
これは、多くのENTPが政治やジャーナリズム、歴史に関する知識を使って現在の出来事を分析したり、将来について推測することを可能にするキャリアを取り上げる理由です。

ENTPは伝統的なもの(Si)と目新しく非慣習的なもの(Ne)の間にも緊張を感じます。
これは、タイプ発達のフェーズI(幼児期~20代)およびII(20代~30代)のENTPで特に一般的です。

ある程度、彼女らは子供の頃の慣習(Si)に結びついています。
しかし同時に、彼女らのNeとTiは、それらの慣習に対して解体し、反抗するように促すかもしれません。

これはENTPのアイデンティティの混乱を招くことがあります。
子ども時代の慣習から逃れなければならない度合いと、自分自身を見直す程度は不明です。

そのような闘争は、ENTPに次のような質問を残すことがあります:
私は家族生活と独創的な生活様式のどちらを選ぶべきか?

従来の安全なキャリア(Si)とより創造的で潜在的に危険なもの(Ne)のどちらを追求すべきか?

このような質問を検討する際には、ENTPは彼女らがinferior functionよりもdominant functionをリードしていることを保証する必要があります。

N-dominantsとして、ENTPの最強の強みは、アイデア、理論、および関係性を創造的に探索することです。

これらの強みを最大限に活用するためには、inferior Siが探索に過度の制限や境界を課していないようにする必要があります。

彼女らは一般に、Siの慣習に遅れを取るのではなく、彼女らのNeを使って、Tiの推論能力だけでなく、真実を明らかにする方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です