ESFJ型の性格 byPJ

ESFJは16のパーソナリティータイプの1つです。

ESFJは、特に白人女性の間ではあまり一般的ではありません。
少なくともアメリカではESFPタイプの方がはるかに多くなっています。

ESFJは暖かく、魅力的で、思いやりがあり、誠実で、忠実で、勤勉です。
彼女らは仕事倫理、忍耐、献身、不断の堅実さによって賞賛されます。

彼女らは宣誓したことを実践しようと努力し、自身の約束と信念に迅速に従います。

Dominant functionが判断型として、彼女らは仕事、家族、社会的役割をかなり真剣に受け止めています。

ENFJのように、ESFJは強力な対人関係のスキルを持ち、他者との親密な関係を素早く確立することができます。
彼女らは本質的に人々と自身の感情の読み手であり、人々に素早く関連付けることができる特性です。

彼女らの社会的知性と人々への愛のために、彼女らはしばしば友人、知人、社会的関係の実質的なネットワークを持っています。
彼女らの人間関係のスキルは、営業担当者としての説得力と能力にも貢献します。

外見的に自信を持って積極的に見える一方で、ESFJは、他のタイプよりも、内心自分自身に自信がありません。

確かに、彼女らの内部の判断機能である内向的思考(Ti)がinferior functionであるため、ESFJは自身の内部統制が比較的小さいと感じるかもしれません。

内側のコントロールが見つからないことを知ると、外側のコントロールを達成することによって何らかの形で内部の落ち着きと安全がもたらされることを期待して、彼女らは必然的に外向きに焦点を変えます。

外側の制御を達成するための主な手段は、彼女らのdominant functionとして働く外向的感情(Fe)です。
ESFJは自身のFeを使って、他の人を友人にし、説得し、指揮することができます。

そうすることで、ESFJは社会的支援の恩恵と、人々の世界における支配と影響の感覚を得ることができます。

彼女らの姉妹、ESTJと同様に、ESFJのauxiliary function である内向的感覚(Si)は、過去に着目し、既存の方法、伝統、慣習を保存するよう促します。

これがDavid Keirseyが彼女を「保護者」と分類する理由です。
これは、多くのESFJが教育を愛している理由の1つで、既存の知識や知恵を他の人に伝える役割を部分的に説明します。

同じ機能を共有しているため、ESFJはISFJによく似ています。
1つの違いは、ESFJはより暖かく魅力的な傾向がありますが、ISFJは社会的に不安があり、ウォーミングアップに時間がかかることがあります。

これらの2つのタイプは、ISFJがNe関連の問題と戦いESFJがTe関連の問題と戦うというという点で、inferior functionの問題に関しても異なります。

ESFJは同じdominant functionとinferior functionを共有するため、ENFJに似ています。
どちらのタイプも強い社会的洞察力を持ち、他者を助けたりサポートしたりすることを楽しみます。

しかし、ENFJはauxiliary functionとしてNiを使用するため、ESFJよりも理論的または哲学的な議論に関心を持つことが多いでしょう。

ESFJは彼女らのSiのために、現実的で慣習的な傾向がありますが、一方でENFJはしばしばアプローチがあまり一般的ではありません。

ESFJはESFPと1つの「preference」(すなわちJ-P)だけ異っていますが、2タイプは実際には共通の機能を有していません。
これにより、これら2つのタイプは、一般的に認識されているタイプとははるかに異なります。

外向的判断機能がdominantであるESFJは、外向的判断機能(Te)がtertiary functionであるESFPよりも、より直接的かつ堅固に主張する傾向があります。

さらに、Seのために、ESFPは現在の傾向(トレンド)や流行に追いつくこと、それに応じて外見を変えることにより関心を持っています。

対照的に、感覚が内向き(Si)であるESFJは、そうすることに対する関心が少なくなる傾向があります。

もちろん、Seタイプの影響を受けて育てられたESFJは、彼女らのSiがそれらを普通と見なすことを学ぶため、特定のSe傾向を取り入れるかもしれません。

ESFJ

Introverted Extroverted
Feeling
Sensing
iNtuition
T

ESFJs’ Dominant Function: Extraverted Feeling (Fe)

すでにお分かりのように、外向的感情(Fe)はESFJのdominant functionです。

Feはその方向性において外向きである判断機能であるため、ESFJは外向的判断タイプであり、感情や意見、苦しみを素早くに表現します。

これは良い点と悪い点の両面があります。

一方で、ESFJの迅速な対応力とリーダーシップ能力に貢献しています。
他方では、それは彼女らに早期に、または過酷に判断する傾向を持たせます。

Feは、ESFJに他人をコントロールしたり、他の人に影響を与えたいという欲求を与えます。
Fi dominant(すなわち、IxFPタイプ)は内向きに制御を求めますが、Feタイプは外向きに制御を求めます。

この外部コントロールに対する欲求は、ESFJにとっては「悪い」または「不健全」とは決して考えられません。

これまで見てきたように、「判断」は人生をナビゲートするための実行可能で一般的に使用されている手段です。

ExTJタイプはしばしば制御指揮官と見なされますが、ESFJのFeeling preference(感情の優先)は、コントロールの手段をより絶妙に、そしていくつかの点でより効果的にします。

ESFJは、人々の心を読んで関連付けることができるため、影響を与える最も効果的なルートを巧みに見分けることができます。

Feのもう一つの特徴は、他者の要求を満たすことです。
ESFJは皆が仲良くし、配慮されることを確かとするよう努めています。

ESFJは、しばしば自己犠牲的として考えられ、集団的利益のために自信の要求を後回しにします。

社会環境での良い気持ちを育もうとする試みの中で、ESFJは典型的には、彼女らの相互作用に豊かな暖かさ、親しみやすさ、一致を示す幸せそうな顔をしています。

Fiタイプは、時にはあからさまなFeの優しさをいくらか不正直なものとして考えているかもしれないが、ほとんどのESFJは、モラルを向上させるか、コンセンサス(総意)を得るという良い意図でそうしています。

ESFJのFeは、彼女らの仲間の場合と比べて見知らぬ人に対しては違った形で現れます。

大規模なグループでは、ESFJは、良い社会的感情を育もうとする試みの一環として、表現において常に「肯定的」に見えるかもしれません。

しかし、親しい仲間内では、彼女らは否定的な感情や苦しみを分かち合う傾向があります。
彼女らの言葉はしばしば感情に浸されているので、ESFJは表現の中で激しく劇的に見えるかもしれません。

このような表現は、思考タイプやFiタイプによって一般的に「非合理的」と解釈されますが、経験的な感情の性質を正確に反映する程度には合理的です。

多くの場合、十分な時間があれば、ESFJは機能スタックの知覚機能を通って移動するにつれて、最初のFe判断をさらに洗練させるか、または柔らかくします。

IxFPタイプとは対照的に、ESFJは自分の感情を独立して知覚することがより困難です。
これは、感情機能が内向的ではなく外向的であるという事実によるものです。

その結果、ESFJは自分の感情を独立して整理しようと多くの時間を費やすことはありません。
内向きに、彼女らは主にSiの通貨で取引します。

したがって、ESFJが情緒的に厄介な状況に陥った場合、ESFJはしばしばサポートや指導のために他の人に向かいます。(そしてすべきです。)

彼女らFeを通して自分自身を表現することは、彼女らの心理的(そして肉体的)な健康と幸福にとって非常に重要です。

たとえそうして、問題にすぐに直面する解決策が得られなくても、言葉や涙で感情を表現することで気分が良くなる傾向があります。

残念ながら、親や教師はxxFJタイプの子供についてこれを理解していないことが多く、Fe表現に苛立つことがあります。
一部ではFiは感情を処理するための最も一般的で社会的に受け入れられている方法のようです。

特に、ESFJタイプ女性は、xxFPタイプおよびxxTJタイプの女性が優勢である文化において誤解されていると感じる可能性があります。

彼女らのFeのdominant としての位置はまた、ESFJを積極的かつ高度に意識的なタイプにします。
ESFJは、自分自身、その人生、そして自身の努力を真剣に受け止める傾向があります。

それらは効率的でタスク(職務)指向であり、すばやく次のものに移行します。
ESFJが多くの時間を人と関わりあうので、見知らぬ見物人にはこれは必ずしも明白に見えるとは限りません。

しかし、ESFJにとって、人々との相互作用はライフワークの実質的な一部です。
ESFJには、他の人とコミュニケーションを取る場合でさえ、助け、教え、団結する等のアジェンダ(議題)を持ちます。

ESFJs’ Auxiliary Function: Introverted Sensing (Si)

ESFJは、auxiliary functionとして内向的感覚(Si)を使用します。

Siは過去の保護者として機能するESFJの傾向に寄与しています。

ESFJが特定のやり方で物事を行うことが多いほど、そのパターンから脱却するのが難しくなります。
彼女らの信念と世界観についても同じことが言えます。

大人として、ESFJは、しばしば、政治や宗教の問題を含め、青少年期の信念と世界観を継続します。
彼女らが特定の状況に没頭する時間が長くなればなるほど、彼女らは自分たちの選択肢を開くことがより困難になります。

ESFJs’ Tertiary Function: Extraverted Intuition (Ne)

外向的直観(Ne)は外向的感覚(Se)と同じように新規性を求める機能です。

しかし、Neは、物理的または感覚的な新規性ではなく、観念的なものに向けられている点でSeと異なります。

Neタイプは、創造的であること、関連性を作ること、または選択肢を探求することが、感覚的または物質的な新規性を経験することよりも重要である。

NeはESFJの機能スタックの下半分にあるので(第3機能なので)、しばしばそれは愛憎関係になります。
一方で、彼女らは自分自身を巧みで、機知に富み、創造的で理解力があると思うかもしれません。

これは、例えば、創造的な解決策を生み出したいという願望や、巧妙なコメントを喚起することができます。

ESFJは、様々な芸術品や工芸品や、他人を助けたり教えたりする独創的な方法を見つけるために働く場合にNiを使用することがあります。

ESFJのNeとの関係の「嫌いな」部分は、彼女らの信念と世界観に不確実性を注入する方法を含むことがある場合です。
ESFJは、自身の人生の基礎を確かなものとするために、しっかりとした明確な世界観を求めています。

抽象的な分析は長所ではないので、Siの世界観に反するアイデアとの対決は不安定にさせる可能性があります。

ESFJs’ Inferior Function: Introverted Thinking (Ti)

全てのタイプに共通するように、ESFJは、inferior functionが自分の意思や行動の決定過程に対しどれ程の影響を与えるかを簡単に知ることはできません。

彼女らのinferior function 内向的思考(Ti)を十分に理解していないと、ESFJは、不完全な気持ちとなり、自分の職業選択、ライフスタイル、および人間関係において不健全な意思決定を行いやすくなります。

INTPやISTPと同様に、ExFJタイプの包括的なプロジェクトは、TiとFeの間、独立性(Ti)と相互依存性(Fe)、自己(Ti)と他者(Fe)のバランスをとる試みものとして見ることができます。

違いは、IxTPタイプの場合、Tiがはるかに意識的ということです。
彼女らは意識的に内側の構造と順序を作成し、維持するために自身のTiを使用します。

IxTPタイプは他人(Fe)をほとんど制御できないと感じていますが、Tiは内部コントロールと自己制御の強い感覚を与えます。
それは彼女らが自身のコントロールの外に見る世界にうまく対処するように、自分の考えや経験を独立して管理することができます。

また、IxTPタイプは独自のTi‐powerを使用して、真実かつ合理的なものを識別します。

ESFJは、Tiがinferior functionであるため、IxTPタイプと同じ程度の内部コントロールを享受することはできません。(IxTPタイプはESFJと同じ外部コントロールの感覚の体験をしません)

また、ESFJはTi‐logic(Ti理論)を使用する際にIxTPタイプ同じ自信を持っていません。

感情はIxTPにとっては動きやすく、理解しにくく、一時的なものなのと同じように、ESFJにとっては理論がそうです。
その捉えどころの難しさにも関わらず、ESFJは永遠にTiに魅了され、Tiを追求しています。

彼女らは直感的に、Tiは個人的な完全性の探求において何らかの重要性があることを理解しています。

したがって、ESFJは、内部統制と論理的能力(Ti)のより大きな意味を求めて努力していると見なすことができ、IxTPタイプと同じ関心と自己像を示す可能性があります。

彼女らは、例えば、自身が非常に論理的で、独立しており、自立していると考えるかもしれません。
彼女らは、独立した思考の美徳を賞賛したり、認知的に管理する人の価値観が思考や気持ちを持っていることを賞賛するかもしれません。

彼女らはまた、自己認識力やあるいは自己学習能力が高いと自任するかもしれません。

ESFJは、論理的な理解の欲求の下支えのためノンフィクションの本につぎ込み、自身のTiに溺れるかもしれません。
彼女らのTiは、数学、科学、コンピュータプログラミングのような科目で本格的な勉強を行うよう促すかもしれません。

ESFJの中には、内部統制や論理的思考への欲求のために、自分自身を内向的な人とみなすようになっている人もいます。

しかし、他のパーソナリティタイプが、inferior functionのスキルやノウハウを誤解したり過大評価したりするのと同じように、ESFJもそうです。

際には、外向型として、ESFJは自分自身よりも他人を理解し助けること(Fe)がはるかに優れています。
彼女らは「自己認識」(Ti)よりも「他者認識」(Fe)です。

さらに、ESFJは、自身が想像しているように、自身の思考はほとんど論理的でも独立してもいません。

しばしば彼女らのTiが不確実である場合、ESFJは他人を説得する行為を通じて自らの判断の真実を、無意識に納得させようとするかもしれません。

彼女らのアイデアが健全であると確信できる人が増えるほど、彼女らは論理的な真実性を感じることができます。

しかし、大部分の人々は、ESFJの思考の判断の内容がによって確信を得ているわけではなく、説得力のあるFe‐packaging(Feによるパッケージング)によって確信を得ています。

結局のところ、ESFJのFeのノウハウが彼女らを効果的な教師や営業担当者にしています。

ESFJの人格的発達

個人の成長は、私たちのinferior functionを直接的に開発したり改善したりするよりも、私たちの生来的な強みを利用し、私たちのパーソナリティータイプに従って真に機能するための条件を強化することが重要です。

私たちが真に機能させることを学ぶにつれて、inferior functionに関連する多くの問題が自身で解決し始めます。

このような状況下で、自己実現しているESFJは、Tiの懸念を解決しながらFeとSiの強みを生かすことができます。

ESFJは論理と独立の能力を過度に強調するのではなく、自らのアイデンティティを人間関係や社会的関係(Fe)と重ねる方がよいでしょう。

さらに独立的になると、ESFJは自分の考えや感情を独自に管理しようとするのではなく、プロセスに他の人を含めようと横柄な態度になっていまします。

彼女らのinferior function Tiを直接使用したり、それを見極められるという見込みに時々誘惑されるかもしれませんが、これはESFJの全体像への真の道を示すものではありません。

この誘惑を避けるためには、個人的な成長は主に直接Tiの問題をコントロールしようとするのではなく、FeとSiの規則的な使用によって発生すると信じる必要があります。

ESFJは、最も意識的で本格的な自己(FeとSi)を真正に保つことによって、永続的な平和と完全性に近づくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です