ESTP型の性格 byPJ

ESTPは、16のパーソナリティタイプの1つです。

一部の推定では、ESTPが一般人口のわずか4%を占めると示唆していますが、ある研究と経験によれば、7%(またはそれ以上)と見積もられます。

ESTPの男性は、2対1の割合で女性を上回ると考えられています。

ESFPにも当てはまるように、ESTPのパーソナリティーには、楽しく、活発で、魅力的なものがあります。
ESTPの思考機能はその方向に内向き(Ti)であるため、多くの場合、外部から気づかれなくなります。

他の人が見ているのは、行動(Se)または他人(Fe)に関わるESTPです。
彼女らのtertiary functionである外向的感情(Fe)は、外見上の豊かさと親しみやすさに貢献します。

ESTPは、通常、従来の、またはオシャレな衣類の外観を表示します。
彼女らのTiは機能性と実用性に関心がありますが、外向的感覚(Se)とFe機能は流行や人気に順応します。

社会的地位はしばしばESTPの最優先事項です。

彼女らのdominant function(Se)は知覚機能であるため、ESTPは当然世界を構造化したり制御したりするよりも、それを経験することにより関心があります。
外向型として、外の世界は刺激の主要な源として役立ちます。

これにより、ESTPはすべてのタイプの中で最も活動指向でタスク(職務)指向になります。 経験するべき仕事や何か目新しいものがなければ、彼女らはすぐに飽きて落ち着かなくなります。
十分な刺激があれば、ESTPは行動して素早く反応し、物事が起こり、物事が成就します。

彼女らは行動の「実行者」です。

ISTPのように、ESTPは素晴らしい運動感覚を表示します。

彼女らは運動能力があり、機械の扱いに慣れ、豊富な器用さと手と目の調整が与えられています。
精神的エネルギーの優位性を示すENTPとは対照的に、ESTPは大きな身体的エネルギーを滲出させます。

ENTPはNeを使って新しいアイデアや仮説を探求します。

ESTPは、身体を利用して、物理世界(Se)を探索し、操作する感覚を使用します。
したがって、ESTPの求職者は、感覚的な新しいものを探求し、具体的な問題を解決するために彼女らの実践的な知性を利用する仕事を一般的に追求しています(つまり、ホランドの現実的キャリア)。

彼女らは優れたシェフ、運動選手、カイロプラクター、理学療法士、外科医などになることができます。
彼女らはまた素晴らしいパフォーマーになることができます。

外観と表現の感覚は、彼女らの身体的能力と相まって、俳優、ミュージシャンなどとして優れています。

実践的な活動が好まれるため、ESTPは学問的な分野で成果を上げていない可能性があります。
これは能力そのものが欠如しているのではなく、Se刺激がないためです。

すべてのxSxPタイプに当てはまるように、すべてのパーソナリティータイプの中で最も具体的なタイプであり、あまりに長い間の抽象的事柄に対処することを余儀なくされると、ESTPのエネルギーを流出させる可能性があります。

抽象的事柄に対する彼女らの焦燥は、他のパーソナリティータイプのいくつかよりもADDまたはADHDと診断されやすい理由を説明するかもしれません

ESTPは一般的に、新しい経験に対して開かれており、適応的です。

彼女らは外向型としての地位にもかかわらず、話す以上に「行っている」ことを好むことがよくあります。
彼女らは時々お喋りになっているかもしれませんが、SeもTiも高度な言葉の機能ではありません。

したがって、ESTPの最初の本能は、言葉ではなく行動を通じて表現することです。
彼らの関係は、広範で詳細な会話ではなく、幅広い活動の共有(Se)を中心に構築されています。

しかし、ステータスと評判はSeとFeの両方にとって重要なので、ESTPは職場や公共の場面でははるかに話しやすいかもしれません。
公的な場では、彼女らはすぐに「schmoozing mode(おしゃべりモード)」に移行する可能性があります

これは、彼女らがより独立した、より他人から離れている様に見える彼女らの個人的人格(ペルソナ)とは劇的に異なる可能性があります。
彼女らの公的人格と私的人格との間の表面上の不一致は、時には彼女らの仲間をナルシシズム的または偽善的であると考えるように導く可能性があります。

これまで見てきたように、ESTPの公的行動は、尊敬され尊重される必要から生まれています。
これは、大部分が、tertiary function Feから生まれます。

Feは、外観に対するSeの関心と相まって、社会的義務をかなり真剣に受け止めるよう促します。
彼女らの公的行動が評判に影響を及ぼすため、ESTPは社会的地位を脅かす可能性のある方法で行動しないように注意しています。

強力な公的イメージを維持しようとする際には、時間厳守、適切な装い、社会的期待に従った行動が特に重要です。
このイメージを意識することは、エニアグラム3として高く評価される傾向に寄与します。

ESTPの公的良心は、彼女らをESTJとして間違えらえることにつながる可能性があります。 しかし、dominant functionが外向的思考(Te)であるESTJは、ESTPよりもはるかに素っ気なく、言い表せない傾向があります。

ESTPは、ESTJの「要を得た」の人物とはっきりと区別できる親しみやすさと個性を発揮します。
社会的環境では、ESTPは、ESTJの典型よりもはるかに簡単に人々と調和して交流することができます。

ESTPは人々を安心させるものですが、ESTJはしばしば不快感を感じさせます。

他の知覚型と同様、ESTPは、その関係において受動的に振る舞う、または受動的積極的行動を行う傾向があります。
彼女らのTiはそれらの機能スタックで自身の外向的感情Feに先行しているので、ESTPは自身の不満について、それをオープンに話す(Fe)のではなく、内在化(Te)または行動化(Se)する傾向があります。

これは、ESTPが問題を自分で抱え込むのではなく、懸念について話をすることを好むパートナーにとって、イライラする場合があります。
これは、彼女らのtertiary function Feのために、ESTPは、紛争を避けようとすることと、人々を喜ばせようと機能しようとするという事実によって複雑になる可能性があります。 したがって、ESTPは、一方ではパートナーを喜
ばせたい、他方では彼女らの不満を伝えたいと思うことの間に板挟みになっていることがあります。

これは、ESTPが外向きに迎合的になる一方で、ひそかに虚偽的になったり、または受動的攻撃的行動に夢中になっている状況につながる可能性があります。

ESTP

Introverted Extroverted
Sensing
Thinking
Feeling
N

ESTPs’ Dominant Function: Extraverted Sensing (Se)

には、内向的感覚(Si)と外向的感覚(Se)という2つの種類があります。
Siは物質的世界に関しては控えめですが、Seはより自由で新規性指向です。

Seは、五感(すなわち、視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚)による情報の知覚を含みます。
感覚的(官能的)で本能的で欲望的です。

Seタイプは、新しい感覚、物理的スリル、物質的な快楽さを愛しています。
彼女らは「感覚探求者」であり、斬新な経験とスリルあるアクションを楽しんでいます。

Seは5つの感覚によって現在の具体的な細部と感覚データに触れます。
ESTPは、環境をスキャンして興味深い感覚的新規性を探し出します。


子供の頃、私は時折ESTPの父親と一緒に長いドライブに行くでしょう。
彼女はSeを刺激するのに必要な景色の絶え間ない変化を与えたので、運転を愛しました。

まれに、遠くの地を巡る鹿、珍しいスポーツカー、上からの獲物を狙っている鷹など、私が注目するものを「見つけ出す」ことができなかったのことはめったにありませんでした。 彼はいつも何か斬新で興味深いものを探し続けていたので、時折、前方の道に直接関心が行くこともありました

ESTPは一般的に鋭い観察力を活用する趣味を楽しんでいます。
あるESTPは、車を常に清潔な状態に保ち、週に2回手で洗っていました。

車両を「詳細に調べる」という概念は、環境の詳細に細心の注意を払うSeの主な目的を適切に説明しています。

Seはスポーツ、食べ物、性、身体的行為に対するESTPの愛にも貢献しています。
これまで見てきたように、ESTPは自分の手で作業し、環境的要求に迅速に対応することが大好きです。

ESTP’s Auxiliary Function: Introverted Thinking (Ti)

dominant Perceiverとして、ESTPは当然のことながら、意図的ではない人生へのアプローチを取っています。
他のExxPタイプと同様に、人生が応答や判断を必要とするまで、彼女らは知覚のオープンモードにとどまることに満足しています。

ESTPがauxiliary function Tiの判断を下すように強制されると、ISTPの典型的な動作モードと同様に、より内側に集中して激しくなります。
しかし、Tiはその方向に内向的であるため、他人はESTPのこの、より深刻な側面に気付かないかもしれません。

Tiは、特定の状況、システム、または問題を理解するための論理と理由の適用を伴います。 Tiは内的世界に構造と秩序をもたらす働きもしています。

この内部構成は、ESTPに内部制御の良好な感覚を与えます。
内向きに、ESTPは自己訓練を受け、自分の思考や目的を独立に管理するように働いています。

Tiは流動化知性の観点から見ることができますが、外向的思考(Te)は結晶化知性に関連しているようです。
Tiはより直観的、文脈的、右脳的であり、Teはより抽象的、手続き指向、左脳的です。

彼女らのSeの鋭い観察力と相まって、Tiの流体的性質は、実用的な問題解決者としてのESTPの洞察に寄与します。
ESTPは、状況を分析し、問題を診断し、それを修正する方法を決定することができます。

ESTPとISTPのTiの違いは、機能スタックの中の場所です。

ISTPの場合、Tiが最初に登場します.Tiが登場することで、より深刻で集中的になり、判断が迅速になります。
その後、ISTPは補助Seを使用して初期判断を開き、さらに探索します。

ESTPの場合、順序が逆になります。
彼女らはISTPのような初期の判断や推測で始めるのではなく、Seの開かれた目を通してアプローチします。

彼女らは、Seの観測を評価し、構造化し、順序付けするためにTiを使用します。
彼女らのSeの優位性はまた、ESTPを自分自身のために「遊び」をしたり知覚したりするために、よりオープンにします。

ESTPs’ Tertiary Function: Extraverted Feeling (Fe)

ESTPのtertiary functionは、外向的感情(Fe)である。
Feはすべての機能の中で最も対人関係的です。

対人関係の平和、調和、理解を促進するよう努めています。
これは、言われていることだけでなく、それがどのように言われているかにも関わっています。

これにより、ESTPは、他者との親密な関係やつながりを素早く確立することができます。

Feはまた、社会的に理解され、承認されることを望みます。
ESTPは深いレベルの感情で他の人とつながっていないかもしれませんが、彼女らのFeは依然として人との関わりからくる肯定と妥当性の感覚を望んでいます。

だから彼女らが思考タイプであっても、ESTPはある程度の社会的関与を必要とします。
これまで見てきたように、彼女らは特に公共の場で他の人たちと関わって楽しんでいます。

ESTPのFeにもっと理論的にアプローチすることもできます。
つまり、Feは外向的判断機能として働き、機能的スタックでは順位が低下するため、一般的に自分自身の内部の判断(Ti)よりも外向きの判断(Fe)を快適に感じません。

これは、ESTPが自分の主張を放棄するのではなく、他人の望みを尊重しながら、「人の喜びのため」として機能するように導くことができます。
しかし、ESTPはかなり独立した考え方(Ti)を持っているため、 それらを制御しようとしています。

これは時には「共依存」の様式として記述される不健全に機能するESTPとなる結果をもたらす可能性があります。
一方では、彼女らはFeのサポートのためにパートナーに頼っていると感じる一方で、彼女らは自由(Se)と独立(Ti)に対する必要性を感じています。

ESTPs’ Inferior Function: Introverted Intuition (Ni)

他のタイプにも共通するように、ESTPは、inferior functionが自分の意思決定や行動に対してどのように影響を与えるかについて、簡単には知ることが難しいでしょう

彼女らのinferior functionの十分な認識と統合がなければ、ESTPは未だ不完全であり、彼女らの生活様式、キャリア、人間関係において賢明でない意思決定を下しがちになります。

したがって、自己知識と個人的な成長を求めるESTPは、彼女らのinferior functionである内向的直感(Ni)がそのパーソナリティーに現れる仕方を理解するように励む必要があります。

ESTPのinferior function Niは、政治や宗教などの抽象的な話題に関して深遠で洞察力のあるものと見なされたいという願望として現れるかもしれません。
したがって、特定の教義やイデオロギーを主張し、擁護することによって、ESTPは、たとえ不健全であっても、強力な、自我の承認の感覚を体験することができます。

Niはかなり収束的な機能なので、ESTPが単一の理論、世界観、または自身の人生のための計画を手に入れるよう促すかもしれません。
その流れに乗って人生を彼女らに渡す代わりに(Se)、人生をあらかじめ形成されたNi計画に強制的に取り入れようとするかもしれません。

これはもちろんSe機能のもっとも自然な(そして健康的な)モードに反して、自分のキャリアや関係などにおいて賢明でない意思決定を受けやすいものになります。

ESTPや他のパーソナリティータイプの健全な機能には、dominant functionおよびauxiliary functionの開発と定期的な使用が伴われます。

ESTPは、彼女らの最良の洞察と意思決定が未熟なNiから来るのではなく、経験の広範な分析(Ti)と組み合わせて幅広い経験(Se)を得ることから生まれることを認識しなければなりません。

ESTPが自分の経験をはるかに超えて拡張すると、エラーははるかに大きくなりやすく、Ni自我のgrip(掌中)に陥りやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です