INFPが自身をミスタイプする最も共通する5つの方法

INFPが自分自身をミスタイプするこするとはよくあります。
特に、初めてパーソナリティアセスメントを受けたり、機能を理解することなくパーソナリティタイプの基本的な説明を読んだりするときに、です。

ある人はMBTIのアセスメントを最初に受けたとき、INTJとしてミスタイプされました。
オンラインでもう一度テストを受けたとき、自分自身をINFJに間違えました。

ここでは、INFPの性格タイプのユニークな特性をよりよく理解するために、INFPが間違ってミスタイプされた一般的なタイプ(およびその逆)のいくつかを説明します。

INFP or INFJ?

両者は非常によく似た記述をされているので、INFPとINFJはお互いにミスタイプされることがよくあります。
両者はどちらも、とりわけ複雑で、誤解され、際立っています。

ある人は認知機能を理解する前に、自身をINFJであると思っていました。
両者が互いに混同されやすい理由は、オンライン評価を行う際に「J」型と「P」型を区別することが難しいことです。

あなたが知っているように、INFPはP型(知覚型)ですが、両者は判断機能を持っており、両者がしっかりと信じていることを達成するためには非常に目標となる動機があります。
しかし、INFPとINFJの主な機能を見ると、私たちはかなり異なっています。
ここでは、INFPとINFJの認知機能を優先順に列挙しています。

INFP
Introverted Feeling (Fi)
Extroverted Intuition (Ne)
Introverted Sensing (Si)
Extroverted Thinking (Te)

INFJ
Introverted Intuition (Ni)
Extroverted Feeling (Fe)
Introverted Thinking (Ti)
Extroverted Sensing (Se)

これら2つのタイプの違いを明らかにする重要な方法の1つは、INFPがINFJよりも個人主義的であることです。

INFPは、調和を求めるために自身の個性と信念を放棄するという考え方をあまり快く思いません。
それは、私たちの価値観に誠実さを保つことが重要であるからです。

一方、INFJは、他の人々に適応するために個人主義を妥協することが多いため、社交的として記述されています。

結果として、INFJは、時には非常に外向的に見え、社会的環境と調和し、誰もが快適に感じるように他の人々の行動を反映しているように見えるかもしれません。
これは通常INFPにとってはそうではありません。
INFPはまた、INFJよりも外部世界とその複雑さにあまり関心がありません。

ユングが心理学的類型論で述べているように、INFPの「内向的感情(Fi)」の目的は、「現実には存在しないが、一種のビジョンで見たイメージを追求すること」です。
それはその目的に合致しないすべての物体に邪魔されずに滑ります、この感覚の深さは推測することしかできません。
正確に把握することはできません。

INFPは、表面上には見えず、外部の現実とは独立して、この内面的な表現や真実を追求するという激しい感情によって動かされます。
INFPにとって最も重要なことは、自身が最終的に決定したものに個人的に関連し、それと調和していると感じることです。
意思決定そのものは、INFPの意欲が、自身が誰であるかを表現することができるので、自身の表現で作られたという事実よりも重要ではありません。

この理由から、INFPは選択の自由を与えられていないことで、INFPの個人的な感情が見過ごされたとき、強く反抗します。
例えば、INFPは、あまりにも厳格すぎる環境や、あまりにも多くのルールやプロトコルを持つ組織の一部である環境で働くことを忌み嫌うものです。

INFPはまた、自分たちでこの発見をむしろ行うことになるので、何が最善の利益になるかを言われることを強く嫌います。

INFPとINFJとを区別する他の大きな違いは、INFJが感情を同化するのに対し、INFPは感情をミラーリングするということです。

INFJは、他の人の感情を調和させるために外向的感情(Fe)を駆使します。
彼らは他の人々の心の状態を同化し、まるで自分自身のように自分の感情を体験します。
INFJは大体の場合、他人の気持ちに心を集中しているので、自身の気持ちや感情に気付けないのかもしれません。

対照的に、INFPは内向的感情(Fi)を使うために非常に自己認識をしています。
他の人々の感情を自分自身の中でそれらを映して感じることができます。
苦しんでいる人がいるのを見たとき、INFPは鮮やかに再体験された記憶を引き起こす場合があり、それらの感情をまるで同じように経験するかもしれません。

INFP or ISFP?

INFPとISFP(Fi-Se-Ni-Te)はかなりよく似ていて、簡単にミスタイプする可能性があります。
どちらのタイプもFiをdominant functionとしており、個人的な表現や個性に高く価値を認めています。

INFPとISFPの主な違いは、auxiliary function(補助機能)にあります。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用しており、外部データの背後にある隠された意味を理解して解釈することができます。
その結果、頭の中でより多くの時間を消費します。
私たちは、哲学を学んだり、経験を振り返ったりして、周りに起こっていることに気付かないかもしれません。

一方、ISFPは外向的感覚(Se)を補助機能としているため、直接的な物理環境を十分に洞察します。
ISFPは「今この時」を楽しんで生きています。

彼らは通常、自分の周囲を強く意識しており、芸術、ファッション、加えてどのように歩くか、常に自分の物理的環境で自分自身を表現する方法を探しています。
芸術に関して言えば、INFPは意味、パターン(思考・行動などの型)、記号に魅了されますが、ISFPは世界に対してより現実的な態度を持ち、抽象的なアイデアを楽しむ事に対する関心はあまりありません。

INFP or ENFP?

ENFP(Ne-Fi-Te-Si)は、多くの場合、外向的なタイプの中で最も内向的なタイプの1つと考えられているため、自身をINFPとして誤ってミスタイプします。
ESFPはまた、dominantとauxiliaryが逆になることを除いて、INFPと同様の機能を有します。

ENFPは、INFPよりもはるかに多く、外界の興奮させるものに参加することを好む。
彼らは常に新しい可能性と機会を模索し、可能性を喚起したいと考えています。

彼らはまた、より多くの人を待っています。
ENFPはより社交的であり、反対にINFPははるかに控えめであり、他人と仲良くなるのに多くの時間が必要です。

INFPは物理的な世界を探索するのではなく、本当の自分と触れることができるように、内部の豊かな洞窟を探索することを好みます。

そうすることで、現実とのつながりを失う危険があります。
一方、ENFPはすべての努力で時間を過ごした後、個人的な感情を失うリスクを冒すことがあります。

INFP or INTx?

INTx(INTP、INTJなど)は、概念的かつ合理的に考えることを好むすべての内向的なタイプであるため、INFPにミスタイプする可能性があり、その逆もあります。
公式のMBTIを受けたとき、ある人はINTJとして最初にミスタイプしました。
なぜなら、その人は時には論理的で目的指向的なところがあるからです。
これをもって、INFPであろうとINTPであろうと、それほど確信していないかなりの人々がいるでしょう。

INTP(Ti-Ne-Si-Fe)から始めましょう。
INFPと同様に、INTPは、外部機能を探索するために使用するauxiliary functionとしてNeも備えています。

INFPとINTPの主な違いは、INTPにはDominant functionとしてIntroverted Thinking(Ti)があることです。
彼らは、コンピュータの仕組みを理解するなどの論理的な枠組みの中で、世界を理解することに主に関心を持っています。

一方、INFPはFiを持っており、主に自身の個人的な信念や道徳的枠組みに沿った意思決定に関わっています。
たとえば、意思決定を行う際には、INFPは最も理にかなっているか、よりも正しいか、を心配しています。
INFPとINTPが似たような形をしているとはいえ、まったく違うところがあります。
両者は同じ世界を、異なる角度から見ていると言うことができます。

INTPはまた、INTJ(Ni-Te-Fi-Se)としてミスタイプすることもあり、その逆もあり得るが、これらの2つのタイプは全く異なります。

INTPは、アイデアを出すのではなく、問題を分析し、解決策がどこにあるのかを発見することにより関心があります。

対照的に、INTJはIntroverted Intuition(Ni)をDominant functionとして持ち、彼らの目標を実現することに重点を置いて彼らの内面のビジョンによって推進されます。

言い換えれば、INTPは理論を発展させ、理解することにより関心がありますが、INTJは理論を実践するようにより推進されています。
つまり、INTJはうまくいくソリューション(解決策)を求めています。

カテゴリーINFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です