INTJ型の性格 byPJ

INTJのパーソナリティタイプの強みは深い認識です。

そうでなければ「立案者」として知られているINTJは本質的に「全体像」に調和しており、すべてがどのように相互接続されているかを見ずにはいられません。

深いパターンと因果関係を知覚する彼女らの能力は、科学、数学、医学、または他のINTJのキャリアの卓越性を達成する多くの助けとなりました。

INTJは思考型に分類されていますが、そのdominant functionは直観、より具体的には内向的直観(Ni)です。
Niレンズを通して世界を見る際には、典型的な動作モードが印象主義としてよく説明されています。

彼女ら自身を、彼女らの周りの世界の細部と共に気づいたり気にかけたりするよりも、彼女らの存在はより知的で、夢のようなものでもあります。
これは、彼女ら自身の身体はもちろんのこと、彼女らの物理的な環境から疎遠に感じさせる場合があります。

INTJは他人の感情を比較的認識していないかもしれませんが、彼女らの「世俗性」はしばしば、奇妙な、厄介な、または没頭しがち、というようなラベルを得ることがあります。
見知らぬ人は、INTJが「自分たちの世界に生きる」ように見えることを意識しています。

INTJは、自分の心と関心事項に没頭し、社会規範やその他の実用的な側面を忘れる可能性があります。
信じられないほど「学識があるが常識がない」とはいえ、社会や「世渡り上手」に関しては、基準を満たしていないかもしれません。

彼女らの人生のいくつかの時点で、自身の人生が、他人の人生とどのように特徴的に異なるかに気付き始めます。
彼女らは、彼女らの興味の社会性のないことや難解なことの性質について冗談を言っているかもしれません。

幸運なことに、インターネットでビデオゲームをするなど、他の人が非社会的活動と考えていることによって友情が大きく維持されるということでも、彼女らは通常、興味が重なる少数の友人を見つけます。

INTJの社会生活をさらに複雑にするのは、Extraverted Thinking(Te)を使うことです。

少なくともアメリカでは男性の大部分がTPタイプであり、彼女らはTeよりもむしろExtraverted Feeling(Fe)を使用します。

これは、TP(INTPを含む)が社会的状況で他人と簡単につながるようになるよう援助します。
TPはしばしば社会的な状況を楽しみます(少なくとも任務のために)、それは彼女らにshowcaseや彼女らのsocial chopsを形作る機会を与えます。

対照的に、INTJは、他のTeタイプと同様に、慣れていない社会的状況をしばしば嫌います。
彼女らは「交際」すること、または見知らぬ人と 「雑談」をすることを悲痛に難しいと感じています。

これは、他のタイプと「違う」という感覚をさらに強めます。

INTJタイプの特徴

INTJは、「歩く百科事典」であるという評判を含む、パーソナリティー特性の奇異な混和によって特徴づけられます。
彼女らは、歴史的、科学的、技術的、またはそれ以外のあらゆる種類の情報のためのスポンジです。

私は、「映像記憶」を持っているような多くのINTJに会ったことがあります。
例えば、私のINTJの友人の一人は、彼女が一度だけ見た映画から簡単にセリフの行を暗唱することができます。

INTJは膨大な数の事実知識(Te)はもちろんのこと、彼女らの洞察力(Ni)を認識することで、知っていることを他の人と分かち合う傾向があります。
ゲームなどの活動に加えて、アイデアや情報を提供することは、INTJが他の人と関わるための最も簡単な方法の1つです。

彼女らは彼女らの類型学的な強みを活用し、他者を啓発する機会を享受します。
残念なことに、これは時にINTJが横柄に「知ったかぶりをする」人として誤解を招く結果となることがあります。

彼女らの内向的な性質にもかかわらず、INTJは驚くほど話好きになる場合があります。
INFJのように、彼女らは興味のある話題について長く、深く話すことができます。

これは、INTJがしばしば講師や教授の役割を果たす理由の1つです。
そして、彼女らは最もダイナミックで活発な雄弁家ではありませんが、INTJは一般的にきちんとしたストーリー・テイラー(話し上手な人)であり、ユーモアや文化的な参照を時折入れるのに適しています。

これは、全体的な提供が少しドライや機械的なままであっても、視聴者の目の中で彼女らに人間味を持たせるのに役立ちます。

INTJは思考による判断を外向化しているので(すなわちTe)、他の人は一般的に(そしてしばしば間違って)、それらを特徴的に深刻な個人とみなします。

これは、彼女らが知覚タイプ(すなわち、彼女らのdominant function Niは知覚機能である)であるという事実を見落としており、それはほとんどのひとが気づくよりもはるかに彼女らを内向きに歩調を合わさせ、遊び心あるようにさせます。

これはタイプ理論が重要であることの一つの理由となります。
それは、私たちに見落とされる可能性のある内向型(I)・外向型(E)の違いを理解させます。

INTJの知覚タイプであることの別の帰結は、受動的または冷静な傾向です。
ENTJなどのより積極的なタイプは、彼女らを少し怠けていたり、無感動だと思うかもしれません。

しかしINTJを怠けていると言う事は、知覚タイプであるということが何を意味するのか分かっていないということです。

つまり、INTJの第一の仕事は、判断や行動ではなく、知覚することなので、受動的な知覚の機能は、実際には最も真正な動作モードです。
実際、INTJの理論や洞察はしばしば優れている理由は、物事を強いらないから(無理に推し進めないから)です。
彼女らは、自身の結論を導く前に、Niの直観がすべての関連情報を収集し、合成することを辛抱強く許します。

また、INTJの外部的な表現に専念する場合、この現実に目を奪われることもあります。

INTJs’ Dominant Function: Introverted Intuition (Ni)

先に見たように、INTJを最もよく理解するためには、dominant function Niが知覚機能であるという完全な意味を認識しなければなりません。 INTJは確かにauxiliary function Teを介して合理的な思想家として機能することができますが、彼女らのfirst preferenceは、よ合理的でない方法、Niで問題を処理することです。

その一般的な意味合いでは、直観は無意識の知覚の方法として理解されています。あるいは、作家Malcolm Gladwellが「思考していない思考」として巧みに記述したものです。
したがって、INTJのようなdominant functionが直観の場合、直観は最も意識的な機能であると理解されることは興味深いことです。

他のタイプよりもINTJにとって直観は意識的なものですが、Niは知覚機能であることを覚えておく必要があります。
したがって、INTJが仕組みや結果に対して準備の整ったアクセス権を持っているかもしれませんが、実際にはINTJがそれを実際に制御していないという感覚があります。

直観的な洞察力はしばしば、歓迎されているが予想外の、熟考からの贈り物として、無から現れそうです。

INTJは、彼女らが注ぎ込む素材はもちろんのこと、彼女らがNiに解決してもらいたい問題の種類についていくつかの措置を取っています。
彼女らが特定の問題や主題に没頭するほど、彼女らの洞察は深まるでしょう。

だから、INTJは完全に手を放して、Niが彼女らのためにすべての重労働をすることを許しているわけではありません。
健全なINTJは、自分のことを自分のことにすることと意識的にプロセスに参加することの間で、適切なバランスを見つけます。

その先見性と洞察の深さのために、Niは時には魔法や神秘的なものの域に達しているように見えるかもしれません。
それを印象的なものにするわけではないが、Niプロセスは、少なくともある程度、合理的に説明することができます。

すなわち、INTJのinferior functionであるExtraverted Sensing(Se)は、無意識のうちに大量の知覚情報を外部から収集します。
このデータは、Niに快適に転送され、Niはそれを理解しようとします。

これは、パズルの断片を組み立てるようなものです。
最終的に、データの背後にあるより深い現実またはNパターンを明らかにする印象が形成されます。

人間は他の感覚よりも視力に大きく依存していると言われることが多いです。
これは、しばしば強力な視覚的要素をNiに関連付けるINxJタイプの場合に特に当てはまります。

多くの人が言葉以上にイメージを使って考えます。
彼女らの直感は、シンボル(象徴)、イメージ、夢、またはパターンを形作ります。

これは、ユングによるdreamer(夢見人)やseer(先見者)としてのNiタイプの特徴付けと一致します。
これらの概念には明確な視覚的特徴があるため、ビジョンに関する用語(予見、洞察、先見者、幻想など)は、一般にINJに帰されます。

視覚処理は、合理的な解決策に耐性があると思われる問題を解決するために有利であることが判明する可能性がある。
これは、ビジュアル処理が言語処理や論理処理と同じ規則や制限に縛られていないためです。

確かに、問題解決のためのNiのユニークなアプローチは、INTJがしばしばそのような強力なアナリストや理論家を作る理由を説明するかもしれません。

視覚処理は、合理的な解決策に耐性があると思われる問題を解決するために有利であることが判明する可能性があります。
これは、視覚処理が言語処理や論理処理と同じ規則や制限に縛られていないためです。

確かに、問題解決のためのNiの独特なアプローチは、INTJがしばしばそのような強力なアナリスト(分析家)や理論家を作る理由を説明するかもしれません。

INTJs’ Auxiliary Function: Extraverted Thinking (Te)

Niは全体論的で合成(統合)の機能ですが、INTJのauxiliary function Teは脳の左側から正面から見ています。

左脳の特徴は論理的、抽象的、分析的、体系的です。

物を構成部分に分解し、その部分に名前を付け、機能を説明し、他の部分との関係を決定します。

Teベースのアプローチは、測定可能な目標と基準の確立だけでなく、定量化(数量化)も強調します。
決して曖昧ではない、明確な定義、方針、計画、手順を採用しています。

必要な数の地図、道案内、ラベルを使って、現在地から目的地へ行く方法を慎重に綴っています。
Teの最終的な目標は、物事を論理的に分かりやすくすることで、人間の操作、予測、制御に対してより従順にすることです。

Niは特徴的に合理的でも系統的でもありません。
このような方法で動作するのは、判断機能、特にTeだけです。

そして、NiはINTJのfunctional stack(第1~第4機能)の最初に来るので、Teは最終的にマスター(主人)ではなく、サーバント(従事者)です。
これは、主にNiの直観を分析したり、肉付けするために使用されます。

直観がいったん形成されると、Teは手綱を握り、コンピュータファイルを解凍するような合理的な形を与えるように働きます。
直感を単語、図、または数式に翻訳する能力は、他者がINTJの洞察をよりよく理解するのに役立つので、重要です。

彼女らの直観を説明するにあたり、Teは高度に体系的かつ系統的であり、完全性でさえあります。
INTJは、物事が命令される方法に細心の注意を払い、彼女らの仕事が適切な線または論理的な順序に従うようにします。

また、関連するTeの事実、データ、その他の客観的な考慮事項を組み込むこともできます。

INTJがTeよりむしろNiをリードしているという事実は、INTJが過度に頑固又は閉鎖的であるという認識に疑念を投げかけています。
そのような認識は、典型的には、INTJの外向的思考の観察に根ざしています。

しかし、Teの閉鎖性は典型的なものでも好まれるものでもないので、外部表現(Te)と内部の現実(Ni)を混同しないように注意する必要があります。
INTJは外向きに見えるよりもはるかに内向きに開いています。

先に触れたTeのもう一つの特徴は、社会的表現です。
Feとは異なり、Teは社会的調和やグループのモラルを獲得することには関心がありません。

それは、感情よりもむしろ、事実、目的、システムに対して個人主義的に焦点を当てたものです。
非個人的に、または、客観的に物事にアプローチすることが他の人にできないことは、INTJにとって欲求不満の共通点です。

彼女らは客観的な真実を見ること、そして/またはそれに適切に対応している他の人の繰り返しの失敗に対して驚くように感じるかもしれません。
INTJはしばしば、彼女らの議論や証拠の量がどのように聞こえるかにかかわらず、一部の人々は単に動揺しないと感じています。

よりイライラするのは、F(感情)の影響に対応している同じ人々を見ることです。
これが何度も繰り返されると、INTJは、人類が永遠に真実に対して盲目のままでいることを懸念して、狼狽したり虚無主にもなるかもしれません。

INTJのヒラリー・クリントンとアル・ゴアの政治的キャリアの中で、これを見ることができます。

どちらも政治家の中で最も賢明であり、国内および世界的な力学の確固たる理解を持っています。

しかし、どちらも、カリスマ性と好感度の欠如(すなわち、Feの欠如)に悩まされており、感情的なレベルで他の人とインスピレーションやつながりをつくることは困難です。

INTJs’ Tertiary Function: Introverted Feeling (Fi)

FeよりもTe へのpreferenceにもかかわらず、INTJは感情のないロボットであると仮定するのは間違いです。
INTJの本当の困難さは、感情や確信がどれほど強いかにかかわらず、これはしばしば表現(言い換え)で失われることです。

INTJの気持ちは、preferenceの感情機能(Fi)がその方向性に内向きであるため、容易に表現できないことがわかります。
感情を外向化するのではなく、思考(Te)を外向化します。

これは、他者が自分の感情状態に容易にアクセスすることを妨げます。
表現やイントネーション(音色)のバリエーション(Fe)を見る代わりに、比較的フラットで単色の表現(Te)に遭遇します。

他の人々に関しては、Fiは限定された人数での集中的な感情的な傾注に関連しています。
Feの方法でその感情的なエネルギーを広範囲に分配する代わりに、Fiはより集中的で区別的です。

このため、INTJは通常、社会的繋がりにほとんど関心を示しません。
代わりに、彼女らは通常、1~2人の親しい友人とともに自分の家族に感情的に傾注します。

彼女らは忠実で献身的なパートナーである傾向があり、子供の幸福に絶え間なく献身しています。
彼女らは非常に多くのことに懐疑的かもしれませんが、家族と友情の価値は、典型的にはそれら(懐疑の対象)の一つではありません。

職業志向のFiは、ビジネス、政治、経済、教育など、INTJが社会の変化と改革に向けて働くよう促します。
Fiは、不正行為、特に自分自身を助けたり、護ることができないと感じられる個人(例えば、子供、高齢者、貧困層など)に非常に敏感です。

したがって、INTJのFiは、より公正で公平な世界への道を予見するためにNiと頻繁に協力します。
Teは、壊れたシステムを改革するための戦略的計画やロジスティクス(論理的)計画の策定など、プロセスにおいても役割を果たします。

このNi、Te、Fiの組み合わせは、INTJがしばしば “The Reformer”と呼ばれるEnneagramのタイプ1で高く評価される理由を説明します。

パーソナリティーにおけるFiの卓越に関して、INTJのかなりの変化性が観察されています。
たとえば、難しい教育をしていて、大人の人生のほとんどを子供の傷を理解して修復しようとしているINTJがいます。

これにより、彼女は正常および異常心理の両方に関心を抱くようになりました。
また、心理学に一時的と大差ない程度の興味を示すINTJを知っています。

幼児時代の経験の違いが、INTJが自分の感情的な風景を含めてFiの問題に焦点を合わせることの程度に影響を与えるかもしれません。
自然と育成の相互作用はまた、INTJの感情的安定の程度に影響するかもしれません。

いくつかのINTJは感情的に不安定であり、常に他の人にサポートを求めています。
他のINTJは、自分の感情を扱う際に、より安定して独立しているのが特徴的です。

INTJのFiについて言及する最後のことは、彼女らがユニークで異なっていることを理解したいという欲求を含め、自己知識への関心への貢献です。
しばらくの間、なぜ多くのINTJがパーソナリティーの類型学に興味を持ったのか、困惑するかもしれません。

ほとんどの場合、特定の職業分野に自分の性格を一致させるなど、おそらくキャリア関連であると仮定することができます。
しかしその理由がしばしばそれより深かいと思われます。

つまり、FPタイプで見られるのと同様に、INTJのFiは、彼女らが誰であるかを理解することを強いるのです。

INTJs’ Inferior Function: Extraverted Sensing (Se)

inferior functionの重要性は、タイプコミュニティではかなり過小評価されてきました。
失われた、行方不明の、または抑圧された機能と呼ばれることもありますが、それは4つの機能の中で最も無意識です。

また、アクセス、理解、および統合が最も困難です。
その相対的な分かりにくさにもかかわらず、あまりにも頻繁に行われているように、それを無関係または重要でないとして却下しないように注意する必要があります。

真実は、完全性と統合のための人間の探求において、inferior functionの適切な理解は不可欠であるということです。

他のタイプの場合と同じように、INTJは、inferior functionである外向的感覚(Se)を「愛憎」として表示します。

これは、タイプ開発のフェーズⅡ(青年期~30代)の人々にとって特に当てはまります。 幸運なことに、下位層に関連する課題は、本質的な性質だけでなく、それを統合する潜在的な方法を理解することによって大きく相殺することができます。

一般的に言えば、Seをそのinferior functionとして持つことにより、INTJは生活の詳細や具体的な要素にあまり適応しなくなります。
Seは外界からたくさんの知覚データを取り入れていますが、INTJが体感するのは、その情報のNi合成(内向的直観による合成)です。

そこで、特定の環境の詳細(Se)を登録するのではなく、Niの印象のレンズを通して世界を見ます。
したがって、彼女らは周囲の細部に気づかないように見えます。

しかし、INTJが物理的環境に影響を受けていない、または無神経であるとは限りません。
彼女らは周囲に意識的に気付かないかもしれませんが、彼女らは依然として幅広い環境刺激を吸収し、無意識のうちに登録しています。

INFJと同様に、神経系はしばしば透過性(伝達性)が高く、環境に敏感です。
これが、彼女らが物事を知るようになったことを認識せずに物事を知る理由です。

彼女らは意識的な努力とは別に情報を受動的に吸収します。
この浸透性はまた、騒々しいまたは混沌とした状況で過度の刺激を受けやすいようにさせます。

周りの世界からの彼女らの意識的な切断のために、多くのINTJは、世界の中での宇宙人やよそ者、または自身の体から分離しているようにさえ感じています。

これは、新しい食べ物、薬、または身体活動を試みるなどの未知のS経験を疑うことがあります。

そうすることは、Sの世界が主にINTJの支配圏の外にあるように見えるので、あまりにも危険または予測不能に見える可能性があります。

しかし、INTJsは徐々にSノベルティ(新規性)に対して開放し、興味が持つようになるかもしれません。
彼女らのSeに興味をそそられたINTJは、感覚的なノベルティ、物質的な快適さ、または物理的なスリルに対する意外な飢えを示すかもしれません。

彼女らは、高価な車を運転したり、豪華な家を購入したり、旅行中にハイエンドの宿泊施設を選んだりするかもしれません。
いくらかは、上質な食べ物、ワイン、または芸術の愛好者にもなります。

これは、INTJがしばしば自身のinferior functionを持っている愛憎関係を指しています。
時間と状況によってSeの問題は大きな喜びと陰謀の源、あるいは恐怖、ストレス、そして欲求不満のいずれかの源泉とみなされるかもしれません。

完璧主義

INTJとINFJの両方は、完璧主義に対する彼女らの好みとして有名です。
幸いにも、この傾向はタイプ理論によってよく説明されています。

すなわち、INJは、SeとNiを統合してN理想がS現実で完璧に現実化しようと努めると理解することができます。

仮に、ENxPタイプもdominant functionであるN(すなわちNe)およびinferior functionであるS(すなわちSi)を有することは真実であるが、NeはNiのように単一の視野に執着ない傾向があります。

Neは複数の解釈や可能性がある一方、Niには1つのみ(の解釈や可能性)を見つけます。

よって、いくつかのENxPタイプは完璧主義者かもしれないが(スティーブ・ジョブズが良い例である)、完璧主義はINJに対してより一貫性があり特徴的な傾向があります。

たとえば、あるINTJは、ビジネスの電子メールニュースレターで箇条書きのレンダリングに関する問題を解決するために一ヶ月以上働いていました。
この問題は電子メールの顧客の約10%にしか目立たないという事実にもかかわらず、それは多くの電子メールの専門家によって扱いにくいと考えられていたことは言うまでもなく、解決策を絶えず追求し続けました。

結局のところ、何週間もの作業と不満の後、彼女は自分の回避策を見つけることができました。

この例で示唆されているように、完璧主義、徹底性、忍耐力(または強制観念や強迫性と呼ぶものもあるかもしれません)は、INTJにとって密接に関連しています。

多くの人々は、ある基本的な事柄が打ち切られるまで、安静や前進ができないと感じています。

他のタイプは 「十分に満足」しているかもしれませんが、INTJは自らの仕事が独自の(しばしば非常に高い)卓越性の基準を満たしていることを強く主張しています…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です