INTP型の性格 byPJ

思想家で探求者

INTPのパーソナリティタイプは、16タイプの中で最も独立的で哲学的なタイプです。
INTPには、個人の自主性と思考の独立性に対する深い要求があります。

彼女らはINTJほど早い時期に自身の知的側面を発見することはできないかもしれませんが、auxiliary function(Extraverted Intuition(Ne))が完全に目覚めた後は、観念と理論化に対する飽くなき欲求を示します。

多くの人々は、物事の根底にある性質を説明する統一的な理論と形而上学的真理を探求しています。
この目的のために、彼女らは哲学、宗教、心理学、進化論などの本を貪欲に積み重ねるかもしれません。

彼女らの哲学的研究の休暇を取るとき、INTPはENTPのように、風変わりで、機知に富み、魅力的です。
INTPは外向的直観(Ne)と外向的感情(Fe)によって、彼女らはある種の魅力、近づきやすさ、そして適合性を持つことができます。

興味のある話題を議論するときに、話好きな人を刺激することができます。
彼女らの活発な心は、ある話題を他の話題に簡単につなぐことができ、多面的で幅広い対話が可能です。

しかし、長続きしない雑談に耐えなければならない場合など、無関心になった場合、すぐに話への集中力が途切れたり、会話を別な話題に変える方法を見つけます。
外見的に純粋で個性的であるように見えるにもかかわらず、INTPは人々の生活の平凡な詳細よりもアイデアの議論により興味があります。

彼女らは自分の動機、関心、パターン、性向を刻々と変えるものを発見しています。
これにより、INTPは人間の本質(Fe)の理論(Ti-Ne)をさらに磨いて、改良することができます。

他の内向型のように、INTPは不安定で自己意識的な性格である場合があります。
彼女らが一握りの神経質な性質や、少なくとも落ち着いてはいないという徴候を表示するのは珍しいことではありません。

対話者の視線が何らかの形で彼女らに害を及ぼしたり、思考やコミュニケーションができなくなくしたかのように、彼女らは一般的に直接のアイコンタクトを避けます。
INTPは、しばしば最初にNeの困惑させる性質について十分な不安を有します。

他の誰かがそれを見たり、批評していると感じることは、それを悪化させるだけです。

INFPと同様に、INTPは内部の情報を開示するのが遅くなる可能性があります。
INTPは、他のタイプのように見えるかもしれない奇妙なものとして、彼女らの最も主要なパーソナリティーの特徴、すなわち、彼女らの高度に知的および合理的な側面を隠すことがしばしばあります。

INTPのこの側面への完全なアクセスを許可されるのは、少数の選択された人に過ぎないかもしれません。
他の人たちは、INTPが書いたものを読んだりするなど、彼女らの仕事との出会いを通してINTPの内面にしか遭遇しないかもしれません。

これは、多くのINTPがしばしば文章に興味を持ち、より完全で正確に表現するための優れたフォーラムを提供する理由を説明するかもしれません。

INTPのNeによる表現の分散した性質と同じくらい、自身のパーソナリティーの合理的な次元を自由に表示することを躊躇しているため、しばしば彼女らの真の知識レベルと、能力は他人に気づかれなくなる、と感じています。

これは特に職場でよく見られます。
職場では、組織的な生活に対する熱意の欠如と、奇妙な外的な態度との組み合わせが、無能と誤認される可能性があります。

INTPの職歴に関する私の記事で説明したように、彼女らはシステム内で満足のいく仕事を見つけるのに苦労することがあり、フリーランスや起業家として働くことがしばしば幸いです。

関係性について言えば、INTPには大雑把なところがあります。
彼女らはNeとFeを使って潜在的な仲間を引き付けることができますが、TiとFeの間の自自主性(Ti)と関係性(Fe)間の内部綱引きは、無数の問題を引き起こす可能性があります。

INTPs’ Dominant Function: Introverted Thinking (Ti)

内向的思考には、特定の状況、システム、または問題を理解するための論理と理由の適用が含まれます。
INTPはTiを使用して内面に構造と秩序をもたらし、内部統制の強い感覚(意識)を与えます。

内部的に、INTPは非常に自制的であり、彼女らの思考と生活を効果的に管理するよう働いています。
彼女らのTiの自制的な性質は、INTPが多くのことを目標または挑戦として組み立てることを強いります。

これらの課題は、身体的(例えば、理想的な健康状態を達成しようとする)、知的で実践的な、また精神的感情的な(例えば、自己実現する)、または後に開発すること、対人関係(例えば、「完璧」な関係性、熟練した恋人になる)です。

これらの個人的な課題に成功するために、INTPはルールを課す傾向があります。
しかし、彼女らのauxiliary functionであるNeの邪悪な影響のために、それらは一般的にルールを壊すか、または妨害します。

INTPは、アイデアよりも事実を扱うことにあまり関心がありません。
ユングは、「彼女のアイデアは、客観的なデータではなく、主観的な基盤に由来している」と述べています。

INTPは、起源をよりよく理解し、確実な思考が確立されるよう、常に自分の思考の背景を掘り下げています。
彼女らは、疑わしい概念的なプラットフォーム上に理論を構築しようとするのは無意味だと見て、それは彼女らをより多くの「事実」を発見する実験に入り込むようにさせるため、Teタイプよりも思考を遅くさせます。

INTPは、矛盾や論理的な欠点を特定すること(真実でないことを主張すること)が、真実を特定し、自信をもって主張するよりも簡単であることがよくあります。
彼女らは、特定の理論や議論において、不一致や論理的な欠点をすばやく見つけることができます。

提案された説明が崩壊する可能性のある考察されたシナリオや例外を特定することには優れています。
理論的な例外に対する彼女らの感受性のために、彼女らは理論を投げうって最初から始めることができます。

対照的に、INTJは、表面的な例外によってはあまり抑えられていないように見え、恐らく彼女らは最終的に説明されるか、そうでなければ修正されると感じています。

建設的に機能するとき、INTPはINFPの様に、理論とアイデアを構築するための試行錯誤のアプローチを採用します。
INTPは、与えられたTiで始まり、そのauxiliary function Neを使用して様々な接続と可能性を探索します。

また、過去の経験と知識をtertiary function Siを通じて統合します。
それは体系的で一貫性のある理論に似た何かが出現し始めるかもしれないというアイデアを何年も熟考してからです。

INTPs’ Auxiliary Function: Extraverted Intuition (Ne)

INTPは外向的直観(Ne)をauxiliary functionとして使用します。
Neは知覚的にも表現的にも機能します。

Neの言葉による表現は、「ブレインストーミング(多人数で意見を出し合う)」のようなものになります。
INTPは、あるアイデアから次のアイディアへと不安定に変化するため、必ずしも「ポイントがある」ように見えるとは限りません。

内在的に論理的で分かりやすいINTPと思われるアイデアであっても、Neを介してそれらを伝えようとすると突然支離滅裂なものに聞こえるかもしれません。

その受容的役割において、NeはINTPに情報を収集するよう促します。
NeはSeのように五感情報を収集するだけではありません。

むしろ、それ五感情報を越えたり、背後をとらえたりして、INTPが隠されたパターン、可能性、潜在的なものを認識できるようにします。
彼女らのNeは、事実、アイデア、経験のプール内の関係やパターンを常にスキャンしています。

INTPは、読書、研究、会話などの活動において、Neの受容的側面をよく使用します。
それたは、INTPが会話の良いファシリテーターになるように、他人からの洞察や知識を得るための質問を楽しみます。

INTPはNeを使って興味をそそる可能性を探ります。
彼女らは通常、放浪者(歩き回る人)または探求者の役割を果たし、楽しみ、自身が求めているものを事前にハッキリと知っていることは滅多にありません。

Neはまた、広い心を与え、不当な判断や時期尚早の結論を出すことなく、INTPが問題の両面で真実を見せるのを助けます。
より具体的には、彼女らのNeは、慣習的なものにとらわれない考え方などに対する彼女らの開放性に貢献すると見ることができます。

INTPは突然菜食主義者になる可能性のある人、コミューンに参加する人、またはバンの後ろで暮らすことを決める人です。
彼女らは、慣習的ではないライフスタイルのアイデアや課題に惹かれています。

他のNPタイプと同様に、INTPは自身のNeとしばしば愛憎関係にあります。
彼女らは、Neが広い心で全体像を把握するのに役立つという事実を愛しています。

しかし、Neと一緒に生活することにも課題があります。

1つは、INTPが確かな結論に達したり、重要な決定を下すことを困難にする可能性があります。
それはしばしば、彼女らが与えられた結論や決定について良い気分になっている瞬間、彼女らのNeの踏み込んだステップが再びそれを疑うようになることがよくあります。

これは、世界で彼女らのニッチ(適した場所)を見つけることを試みているINTPに明白な意味を持っています。

これは、彼女らが探しているものを見つけることがないかもしれないことを心配させ、落胆させ、不安を感じさせるままにさせるでしょう。

彼女らは、実質的な何かへの進歩が見えないことによって不満を感じるかもしれません。
事実、INTPは永続的な価値を生み出すことを切望していますが、彼女らはそれを正しくすることを確実にしたいとも考えています。

彼女らは結論に達する前に、調べ尽くすことを望んでいません。

INTPは通常、この真実の探求を楽しんでいますが、人生のプレッシャーを感じ始める時点があります。キャリアと関係についての疑問は、彼女らが20代後半と30代に入ると大きくなります。
これは人生が、準備ができるよりずっと前に意思決定をしなければならないように感じるので、INTPにとってはイライラすることがあります。

すべてのINタイプに当てはまるように、実践的な懸念を考慮しなければ人生ははるかに良いだろうと感じています。

INTPs’ Tertiary Function: Introverted Sensing (Si)

Ne(またはSe)とは異なり、INTPのtertiary functionである内向的感覚(Introverted Sensing(Si))は消極的な機能です。
これは、過去の経験や過去の先例 – 日常生活、身近なもの、予測可能なもの ‐ への愛着を伴います

INTPを含む機能スタック(第1~第4機能)にSiを含むタイプは、「食べるために生きる」よりもむしろ「生きるために食べる」というかなり日常的または一貫した食べ物を食べる傾向があります。
Siタイプは食生活に関してだけでなく、 一般的には物質的世界に対しても消極的です。

彼女らは消費者ではなく節約者であり、過度の物質消費が不必要である、あるいは多分不道徳であると見なす傾向があります。

他のSiタイプと同様に、INTPは、新しい物理的快楽、贅沢な環境、または物質的満足への必要性が減少しています。
彼女らは心底ミニマリストであり、物理的な環境に比較的関心がありません。

よく見過ごされているSiの役割は、体内の感覚(身体の中で感じ、経験したもの)の認識です。
おそらく、Siは他のどの機能よりも、思考や外的刺激とは別に存在する「生」の基本的な感覚にアクセスすることができます。

歴史的に、東洋の哲学的・宗教的伝統は、西洋のものよりもこの次元を探求することについてずっと良い仕事をしてきました。
ヨガ、太極拳、瞑想、または様々なリラクゼーション技術など、身体の内部状態に細心の注意を払う必要のある活動中に、Siのこの機能が前面に持ち込まれます。

Siのこの要素を探索することに関心を持つINTPは、この種の慣行から大きな喜びと恩恵を受ける可能性があります。
これらは、不安を和らげ、制御するのに必要な身体認識を開発するのに特に役立ちます。

INTPs’ Inferior Function: Extraverted Feeling (Fe)

INTPは、inferior functionとして(Fe)を使用します。

それは下位にある(第4機能である)ので、FeはFJタイプのFeよりもしばしばより敏感で、弾力性がありません。
これは、感情的な状況、特に潜在的な葛藤や不調和を伴う状況では、INTPを非常に不快にする可能性があります。

外部の調和を維持するためのFeの懸念(あるいは不調和に対する不快感としてよりよく理解されるかもしれない)のために、INTPは他者の不安を避けるために彼女らの判断を表明することを控えるかもしれません。
明らかにFJタイプほど温かかったり、感情が溢れているものではありませんが、INTPは他人の気持ちに敏感であり、傷つけたり、攻撃したりすることを避けるために退席する可能性があります。

例えば、ディスカッションの最中に、INTPは、人間の交配の実践が主に進化の圧力の産物であることを説明したいかもしれません。
しかし、もし他の人がそのような説明に嫌悪を覚えるかもしれないと彼女が疑うならば、彼女は不調和をもたらすのを避けるためにそれを保留するかもしれません。

表面的な平和構築者として機能していますが、INTPは一般に他人を助けるために人と関わることが遅くなります(少なくとも直接的に、実践的なやり方で)。
特に開発の早い段階では、ほとんどが地域社会のサービスを犠牲にして、他の人たちを助ける広大な時間とエネルギーを費やさないようにします。

これはストレス下で特に顕著です。
あまりにも多くの外部の圧力や要求の負担がかかった場合の、INTPは他人を助ける意欲は最初のものの一つです。

要するに、INTPのFeは、広範な助けをするよりも調和を保つことにもっと関心があります。
これは、Tiの目標をまだ達成していない人生の早い時期に特に当てはまります。

しかし、これらの目標が満足されていれば、より慈悲深くなるかもしれません。
例えば、人生の後半に人々に向かってますます恩恵と寛大さを示したアインシュタインに、これを見ることができます。

外向的感情に対する嫌悪感

INTPは、外部調和を維持することに関心を持つだけでなく、効果的に自身を表現する能力にも関心があるため、自身の判断を捨てるかもしれません。
おそらく、彼女らは実際よりも聡明ではないと思われることを恐れるでしょう。

したがって、自己表現への彼女らの嫌悪感は、他の人への関係だけでなく、自分の恐れや不安にも関係します。
したがって、INTPが自分自身を主張するために、特に彼女らが不安や不快感を与える問題について話し合っているときには、非常に勇気が必要です。

対照的に、INTJは、外向的思考(Te)が補助的な立場にあり、これに関してはほとんど問題がないようです。

直接的な自己表現が困難であるため、INTPは事前の連絡なしに突然思い切った決定を下す傾向があります。
他の人たちは、INTPが最初に彼女らと問題について話し合うことを考えなかった理由を信じられなく感じるかもしれません。

また、INTPは、故意にオフィスに留まり、内部の期待を避けたり、抵抗したりするなど、受動的攻撃行動をとる場合があります。
INTPは、この点に関して、より直接的に懸念を表明するのではなく、受動的攻撃的に行動する傾向が類似しているIFPタイプに似ている場合があります。

教える事を望む/他者への啓発

FJのように、INTPは他者を教えるという考え方を好みます。
INTPは、世界を啓発するために使用できる知識や知恵を発見するために努力しています。

しかし、われわれが見てきたように、INTPは自分の判断を直接表現するのに苦労するでしょう。

彼女らはFeモノローグ(独白)を提供するよりも、auxiliary function Neによるアイデア交換をより快適に感じます。
INTPはまた、自分のアイデアを理解したり、包含するのが遅い人たちにも、辛抱強くなることがあります。

彼女らはしばしば、他人が自分たちのように素早く独立して学ぶことを期待しています。
これらの理由から、INTPは、(大学の教授陣を除いて)指導にはしばしば不適切であり、執筆などを通じて直接的に洞察力を共有するほうがよいでしょう。

肯定と承認への要求

Feは、自分自身の感情と他人の感情とを結びつけることを含みます。
接続が成功すると、認められ、評価され、理解されます。

INTPは他の人の感情を読んで公正な仕事をすることができ、適切な社会的反応を認知的に認識していますが、しばしば他の人が感じていることを感じていません。
感情レベルで他の人とつながることの困難さにもかかわらず、彼女らのFeは依然として、FJタイプが人々と接するときに容易に受け取るのと同じレベルの肯定と承認の感覚を望んでいます。
この肯定の必要性は、達成のためのINTPの要求の背後にある動機付けの力と見ることができます。

それは、多くのINTPがEnneagram Threes(3)として高く評価され、特定の自己愛性傾向を示す理由です。

あるINTPは、自身のFeが広範な肯定を求めていることを認識するまで、一般的な読者(学者ではなく)のために著作したい、という自身の欲求を理解したことはありませんでした。

INTPは、賢明でもそうでなくても、肯定のために他の人に頼っているので、少なくとも1人の他人がいないと生きていけないと感じることがよくあります。
他の時には、彼女らは信じられないほど自主的(Ti)と感じることがあります。

特に仕事がうまくいくと、本当に他の人が必要ないと感じるかもしれません。
彼女らが他人から完全に隔離することができれば、彼女らはすぐに重要な何かが彼女らの人生に欠けていると感じ始めるでしょう。

彼女らが再び独立を主張することを強要されると感じるまで、これは彼女らに少なくとも他人との接触を再開始することを促します。
他人を必要とすることと、他人に対する価値を減じることの交互のサイクルは、INTPとナルシストの間で共通することです。

全か無か(絶対的な)に陥りやすい

彼女らのFeの劣った位置(第4機能)にもかかわらず、INTPは感情のないロボットではありません。
むしろ、典型的には他のinferior functionの場合と同様に、彼女らのFeには全か無か、の特徴があります。

INTPの感情は、自分たちの心を持っているように見えます。
その結果、INTPはしばしば、状況に応じた感情を容易に呼び出すことができないことを知り、感情的な状況では不自然または不調を感じます。

上記に述べたように、INTPは通常、感情が与えられた状況に適切であることを認知的に認識していますが、直接経験することなく、彼女らの表現が不器用または機械的に聞こえることがあります。
これは、恋人、特にFJタイプにとっては困難かもしれません。

なぜなら、FJタイプは本物の感情的な交わりの感覚を望んでいるからです。
離れている間にINTPがパートナーのために強い感情を経験するかもしれない一方、FJタイプは一緒にいる間、感情を持っていないかもしれないし、一緒にいる間に彼女らとコミュニケーションするのに問題があるかもしれません。

ほとんどのINTPの場合、Feはむしろ素朴で子どもに似ています。
彼女らは、例えば、安っぽいロマンチックなコメディやいやに感傷的なラブソングなど、無意識のうちに彼女らのFe感情を誘発するもので簡単に動くかもしれません。

これはまた、INTPが、一目ぼれの愛のための簡単なターゲットにすることもできます。
彼女らは、典型的な論理チャネルを迂回し、INTPの意識の低いFeに直接アピールできる感情タイプに魅了されがちです。

INTPは自分の感情を直接呼出したり接触したりするのに苦労する間、それらはすぐに彼女らを越えるか、彼女らから分離します。そしてまるで彼女らが存在しなかったかのように、ほとんど機能します。
したがって、INTPは意識的に他のタイプと同じ程度の罪悪感、後悔、または恥ずべきことで闘うことはできません。

他の人たちは、INTPが、悲劇的または外傷的な状況を最も考慮した後に、「いつものようにビジネス」をどれくらい早く再開できるかに驚くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です