ISFP型の性格 byPJ

ISFPのパーソナリティータイプは16タイプのうちの1つです。

ISFPは一般人口の約8〜9%を構成し、より一般的に遭遇するタイプの1つです。

ISFPは、愛する人、養育者、保護者です。
彼女らは時間を費やし、友人や愛する人と一緒に思い出を作ることから大きな喜びを経験します。

彼女らは、INFPと同様に、彼女らのdominant functionである内向的感情(Introverted Feeling(Fi))が自分自身を助けることができない人々に惹かれているため、子供や動物に特に好意を持っています。

ISFPは愛する人に深い感情的な愛着を形成し、強い忠誠心と献身の感覚に貢献します。 ISFPは一般的に、Fiをより現実的かつ具体的な方法で適用することに比べると、大衆の福利(Feおよび/または直観タイプの関心)に集中していません。

INFPとISFPの両方は、不正と非人間化(人間性の抹殺)に敏感です(Fi)。
認識された不公正がINFPに詩や小説を書くよう(Fi‐Ne)動機づけるかもしれませんが、ISFPは行動と実践的援助(Se)でより反応しやすいです。

たとえば、あるISFPはホームレスに食糧やその他の物資を提供するかもしれません。

ESFPと同様に、ISFPはしばしばファッションや美学に対し高い趣味の良さを示すと同時に高い関心を示します。
彼女らはしばしば身体的に魅力的で、よく手入れされ、流行に通じることを楽しみます。

対照的に、INFPは、しばしば「earthy(洗練されていない)」としてよく記述されており、身体的外見(容貌)を強化し、飾り付け、または深く注意することにはあまり関心がありません。
したがって、ISFPとINFPは、しばしば身体的外見を単に観察することによって、むしろ素早くに区別することができます。

ISTPのように、ISFPは一般的に印象的な運動感覚知能を示します。
彼女らはしばしば運動能力があり、優れた器用さと運動神経を備えています。

高レベルの精神的エネルギーを示すINFPとは対照的に、ISFPはより多くの物理的エネルギーとスタミナを持っています。
INFPはNeを使って新しいアイデアを探求し、製作していますが、ISFPは手や体などの感覚を使って物理世界を探検し、操縦します。

他のIPタイプと同様に、ISFPはとても独立的であり、自発的に動機づけられています。
彼女らの価値観(Fi)は、パフォーマンス面で優れることの欲求(Se)と同様に、彼女らが熱心に真剣に自分自身に対して動機づけることができます。

しかし、実践的な活動が好まれているため、学界で成果を上げていないものもあります。
他の感覚型にも当てはまるように、あまりに長い間抽象的な事柄を扱わなければならないことは、ISFPにエネルギーを流出させる可能性があります。

ISFPは、多くの場合、より楽観的であり、INFPよりも生活に満足しやすいように見えます。
INFPにはしばしば、うつ状態やうつ病になる傾向があり、彼女らが提供しなければならない「実用的でない」(N)贈り物と無関係に思える世界では苦労しています。

対照的に、ISFPは従来のキャリアやライフスタイルにもっと容易に同化するようです。

ISFP

Introverted Extroverted
Feeling
Sensing
iNtuition
T

ISFPs’ Dominant Function: Introverted Feeling (Fi)

ISFPのdominant function は内向的感情(Fi)です。
外向的感情(Fe)と比較して、Fiはより内部集中的で、個別化され、特有のものです。

Fiによる判断は集団感情とは独立して形成されるため、ISFPはFeの判断と表現に注意深くなることがあり、Fiの観点からは、一般的、偽物的、または不自然に見えるかもしれません。

事の是非はさておき、FiはFeよりも感情的に「成熟している」と一般に認識されています。 ISFPやその他のFPの場合、感情は容易に表現されたり劇的に表現されたりしません。
代わりに、内部的に管理されるか、または再パッケージ化され(変更・修正を加え)、外向的思考(Te)によって表現されます。

その結果、ISFPは、その表現において外向きに考慮され合理的です。
外部者は思考タイプと誤認するかもしれません。

感情的な制限を提供する同じ内向きの性質は、Fiの深さと強度の原因となりもします。

時には、ISFPのTeを通過した鋭く、辛辣な発言の感情の強さの様なものを垣間見るかもしれません

Fiは判断機能であるため、軽く遊び心があるよりも特徴的に重大です。

したがって、ISFPがしばしば自分自身とその人生を真剣に受け止めていることは驚くべきことではありません。

この点で、彼女らはESFPとは異なります。
ESFPのdominant function 外向的感覚(Se)はもっと楽しいもの、興奮を求めるものです。

どちらのタイプもSeとFiを使用していますが、ESFPは主に世界を吸収し、経験し、応答するように設計されていますが(Se)、ISFPはそのアプローチにおいてより意図的(意識的)です。
リラックスして何もしないことが困難であることを知り、ISFPは仕事や他の事項で絶え間なく忙しく働いています。

ISFPs’ Auxiliary Function: Extraverted Sensing (Se)

外向的感覚(Se)は、ISFPのauxiliary functionとして機能します。
それは、五感(すなわち、視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚)によって外界の具体的な感覚の詳細に順応します。

Seタイプは、しばしば興味深い感覚的新規性について環境をスキャンして見いだすことができ、他のタイプの欠点に気付くことがあります。
彼女らはしばしば強い視覚的再起をし、または時には「写真」メモリと呼ばれるものを記憶します。

Seは、それがhighly verbal(良く言葉を使う)な機能ではない点でNeとは異なります。
INFPはアイデアの議論を楽しむ一方、ISFPはしばしば何かをしていることを好みます。

INFPは言葉や抽象で遊ぶのが大好きですが、ISFPはスポーツ、パフォーマンス、料理などで盛り上がることがあります。
これらの「抽象的」と「具体的」の相違点にもかかわらず、ISFPとINFPは一般的に「芸術的」とみなされます。

外向的に判断(FeまたはTe)するIJタイプとは異なり、IPタイプは知覚機能(SeまたはNe)を外向化しています。
これにより、IPをより創造的または芸術的に見せることができます。

創造的な表現に関しては、INFPは執筆や詩に傾いていますが、ISFPはしばしば絵画、彫刻、または様々なパフォーマンスに適しています。

特にFタイプの中では、Seはテイスト、美学、ファッションに強い関心を寄せています。
先に述べたように、ISFPは、INFP(Siを使用するタイプ)よりも自身の外見や、メイクアップ・他の装飾について進歩的です。

Seはテイストに関心があるだけでなく、外向的であるため人気のある嗜好やファッションに引き寄せられます。
これはISFPに興味深いダイナミック(活動力)を作り出します。

一方で、彼女らのFiは高度に個性化されており、独自の価値判断を行い、独自の趣味を開発することに関わっています。
一方、彼女らのSeは、他の人たちが何をしているのかに気付いて、それに従うことを奨励します。

しかし、Fiがdominant functionであるため、ほとんどの時間を勝ち取ることを期待しています。

Fi‐Seの組み合わせは、食品や飲料のための洗練されたテイスト(味覚)を開発するためにISFPに刺激を与えるかもしれません。
多くの人は料理、ワインのテイスト、新しい料理やレストランの食事を楽しんでいます。

これとはINFPは対照的です、彼女らのNe‐Siの組み合わせは、より塩基食生活を促し、しばしば有機食品または自然食品を中心にしています。

Seは、スポーツやその他の「実践的な」活動に幅広い関心を持っていることもあります。
シェフ、職人、ダンサー、ミュージシャン、理学療法士、作業療法士などの仕事に就くようにISFPに促すかもしれません。

ISFPs’ Tertiary Function: Introverted Intuition (Ni)

ISFPはISTPと同様に、tertiary functionとしてIntroverted Intuition(Ni)を使用しており、抽象的または理論的なトピックにある程度の関心を抱かせる可能性があります。
結局のところ、NiとFiはINTJによって採用された2つの内向的なfunctionであり、INTJはすべてのタイプの中で最も理論的なタイプです。

しかし、ISFPのNiはdominantではなくtertiaryであるため、意識的な直観的知覚のために、それほどにはアクセスしにくいです。
他のSPタイプと同様に、ISFPは直感的な知識の爆発ではなく、生きた経験を通じてほとんどの洞察を得ます。

ISFPs’ Inferior Function: Extraverted Thinking (Te)

他のタイプにも当てはまるように、ISFPは、inferior functionが自分の意思決定や行動にどの位の影響を与えるかを簡単に知ることができません。

彼女らのinferiorを十分に認識して統合しなければ、ISFPは不完全な気持ちを継続し、彼女らのキャリアと関係において賢明でない意思決定に陥りやすいでしょう。
したがって、ISFPは、彼女らのinferior functionである外向的思考(Te)が彼女らのパーソナリティーに現れる方法を理解するように努めなければなりません。

ISFPとINFPの両方について、Fi‐Teのペアは、一方は個性と主観(Fi)、もう一方は標準化された方法(Te)の間に緊張を含みます。
意識的に、ISFPは前者を強調し、個人のユニークな価値観や嗜好(Fi)を擁護する傾向があります。

しかし、無意識のうちに、彼女らは「客観的」な真理とより標準化された方法(Te)に導かれています。

すべての内向型のinferior functionの方向性は外向性のため、外部性に敏感です。
ISFPにとって、彼女らのinferiorのTeは、飢え、ホームレス、または他の不正のようなFi関連の関心と密接に関連している外部システムの構造に適合しています。

これはTeがFiで動作する主な方法の1つです。

彼女らのTeは外部の状況についての結論を引き出し、FiはそれらのTeの判断に主観的な応答を提供します。
世界はISFP(およびINFP)にこのTe‐Fiプロセスを使用して潜在的な不公正を特定し、個人(Fi)がシステム(Te)で迷子にならないようにします。

ISFPのTeは、直接の環境を整理するという欲求にも貢献することができます。
INFPと同様に、ISFPは規則化と組織化から多くのやましい喜びを得ることができ、彼女らの望む外部コントロールの感覚を与えます。

Teはまた、ISFPに「ルールに従う」ことと「責任を負う」ことを鼓舞するかもしれません。
自身のTeを定期的に楽しんでいるISFPは、敬虔で責任を負うことに夢中になれば、十分な時間をかけて生活を探索し経験することができないでしょう。

そして責任は文化的に肯定的な美徳として支持されているので、実際にはそれはかなり健康ではなく、新しい経験やある程度の思いやり(Fi)への開放性を失うことに気付かないかもしれません。
Teの虜では、ISFPは、ISFPsよりもESTJのように見え、厳密で、際立って、独断的になる場合があるでしょう。

ISFPは外界をほとんど支配していないと感じています。
他のIPタイプと同様、ISFPは主張の欠如と紛争回避で知られています。

これは、他者の気持ちを傷つけないようにするためのFiの願いによるものです。
それはまた、「主張的」であることは、ISFPにとってinferior functionである外向的思考を伴うという事実に関係します。

だから彼女らの判断を表現することになると、彼女らはしばしばそうすることを避けます。
代わりに、彼女らは単に判断を飲み込んで、Fiの手段で付随する気持ちに対処しようとします。

あるいは、彼女らは行動を通じてより間接的に問題に取り組むことができます。(Se)
他のPタイプと同様に、ISFPは受動的攻撃行動(passive-aggressive behavior)によって苦しみを表明することができます。

ISFPの場合、個人の成長には、dominant Fiとauxiliary Seの定期的な使用が必要です。

それは、Teの責任に執着することを避け、代わりに幅広い活動(Se)と同様に、気遣いと共感(Fi)に基づいた人生を構築することを含みます。

そのように成功した人は、よりオープン(開放的)で、フレキシブル(柔軟)で、バランスのとれたものであり、inferior functionの罠や落とし穴を避けることができます。

カテゴリーISFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です