ISFP型の性格 byTM

ISFPの主要機能

Fi  introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内部的な感情ではなく、内面の価値観です。

ISFPは感情の、深い井戸を体験するかもしれませんが、これはFiの根本ではありません。
それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、ISFPの感情的本能が彼らになにが正しかを伝えるものです、それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼らは他人に非常に配慮する傾向があり、彼らが正しいと思えるものかの確認のために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。

価値観の洗練プロセスはかなり時間がかかり、精神的な孤立状態を必要とします。 Fiは一般に誠実さを高く評価し、無理に作り上げられたものや浅はかなものを嫌います。

Se – extroverted Sensing 外向的感覚

Seは、FiSeが情報を受け取る主な方法です。 それは彼らの周りの世界を理解するために彼らの感覚を使用することを意味します。

彼らは「今の瞬間」を生きており、純粋に仮説的ではなく、実在するものを扱うことを好みます。 SeはFiSeの一部であり、遊び心のある新しい感覚体験を探します

Ni – introverted iNtuition 内向的直観

NiはISFPの第3機能であり、貴重なデータを見つけたり、収集した情報のパターンを探したり、10歩先にスキップしたり、将来起こることを予測したりするために脳のあらゆる領域を引き出すことができます。

Niは、Fiに導かれた内的世界を非常に抽象的なものにし、直感的な飛躍に飛びつくことが多いです。

Te – extroverted Thinking 外向的思考

TeはISFPのinferior function(第4機能)です。
この機能はアキレス腱である可能性があり、判断機能としての優先順位はFiが高いため、上記3つの機能ほど使用しません。

Teは非常に論理型の目標達成方法です。

自然に問題のより良い解決策を見つけたり、プロセスの効率を改善したり、すでに実施されていることを批評したり洗練させたりするのは、この機能です。

ISFPは一般的に、必要性がある場合のみTeを使うようにします。

優先順位の低い機能を過度に使う事はエネルギーを多大に消耗し、他の機能より常に優先された場合、それは不健全な状態だからです。

主要機能と内的世界の中心

Introverted Feeling 内向的感情

Fiタイプは、側にいる人たちを非常に暖かくし、また気配りをします。
特に、無意識に誰もが自分と同じように内的世界を持っていると信じているからです。

しかし、彼らは人に対して自己開示するのに時間がかかり、他人に対して何らかの方法で関心を持たない限り、他人と距離を縮めそうにありません。

彼らが他の人を自身の世界に連れていくと、両者の間に調和がある限り、その関係を維持したままにする可能性が高いです。
たとえば、相手が不誠実である、またはISFPが信じている価値観に大きな反対を示している場合、ISFPはその関係から身を引きます。

これらのルールに反していない限り、ISFPはその人と常に関わっているかどうかにかかわらず、その人の人生と繋がりを持ち続ける可能性が高いです。

ISFPは自己への配慮の達人であり、精神的に健全な線を設定するのに大変優れています。
彼らは非常に共感的な人なので、他人の要求を見て、その人たちの要求に応えたいと思っています。

しかし、精神的に健全なISFPは、彼らが最初に自分自身へ配慮しない限り、他者に効果的に配慮することができないことを知っています。

彼らは自身の能力の限界を把握していて、何かをすることができない場合や何かを自身の人生に合わせることができないときには、通常はっきりと「いいえ」という事を恐れません。

Fiは、外の世界に焦点をあてているFe(extroverted Feeling)とは異なります。
Feは常に「周りの皆はどう感じているの?」と問いかけます。

Fiは内の世界に焦点を当てており、常に「自身はどう感じているの?」と問いかけます。
いったん彼ら自身の要求が満たされていれば、ISFPはまた、1つまたは2つの親密な関係を大切にする傾向があります。

彼らは自然にこれらの人々に配慮し、家族同然のように扱います。 これらの人々は、恋人、親友などになる場合が多いでしょう。

ISFPは、「内部の円」を非常に守っています。
彼らのペルソナ(外的人格)の深い部分を共有する「内部の円」が、ある意味では自分自身の一部であると感じています。
その円が攻撃を受けたり脅かされたりすると、彼らは自身や側にいる人々を守るために反発することを躊躇しません。

ISFPは非常に自己理解しており、自己反省に多くの時間を消費します。
彼らは自分たちの価値観の深みや色々な意味合いに非常に関心を持ち、大量の精神的な部分を、信念を明確にし、篩い分けし、洗練することに消費します。

このプロセスは、ISFPの深い感情に非常に関連している可能性があります。
彼らは、彼らの反応に気づいた、居合わせた人が突然の爆発でかなり戸惑うかもしれない間に、彼ら自身には意味を持つ一見とりとめない物事の美しさに笑いか泣いているかもしれません。

いくつかのISFPにとって、彼らの感情は非常に深く働き、それらがパッと開くためには、かなりの時間の間、表面の下にたくさんの気持ちが作られていなければなりません。

彼らは感情的な旅行を通して好きな以下のものが、かなりの価値を持つことがあり得るので、彼らは感情に関係するもの(映画、本など)を探す傾向があります。

Feeling(FeまたはFe)を認知機能として記述するとき、必ずしも感情に言及するとは限りません。

感情的な経験や表現はFeeling(FeやFi)と関連しているかもしれませんが、それらは認知機能である「Feeling」の根本的な原因ではありません。

FiやFeの根本は人の価値観です。つまり、自分の良心や理由に基づいて、重要と考えるものを意味します。

ISFPの道徳的な規準は、彼らの良心や「感情的本能」が正しいと言っているものから導き出され、通常自身が扱われたいと思う方法で他人を扱います。

このFiの価値観は感情に基づいてはいませんが、100%論理的である必要もありません。他人を公平に扱うことの背後にある理由にはそれほど関心を持ちません。
単に彼らは公平に扱われたいと思っているので、それは良いことであり正しいことのように感じています。

ISFPの原動力である本能は、自分自身に誠実で、自分の価値観を維持し、内的調和を達成し、外的要因(社会的期待、友人や家族の意見でさえ)がその価値感に及ぼす影響を最小限に抑えることです。
彼らは、そうしながら自分自身に誠実なままでいられる限り、他者との話し合いや議論を好むかもしれません。

長い話し合いの後、ISFPは、その会話を評価し、他の人が何と言ったか、どのようにしてそれを彼らの価値観に適合させるかを考える時間が必要です。

ISFPは信頼できる、価値ある独自の原則を見つけます、そしてそれらを課そうとする他の人に本質的に懐疑的です。

あるものが自分の信念と一致しないと、それに従って行動することを拒否します。
彼ら自身の価値観に反することは、内的な不調和を引き起こすことになります。ISFPはそれに長時間耐えられません。

ISFPは自分の世界で、カフェで20フィート先に座っている見知らぬ他人について「何を考えているのかな?」「彼らの1日がどうなっているんだろう?」「彼らの人生はどんなものなんだろう?」と考え理解しようとしています。 彼らは人間観察が好きですが、実際のやりとりで適切に反応して対応しなければならない、といプレッシャーを感じているので、多くの人と身近になって個人的に関わることに関心がありません。

彼らは、想像上の人々は彼らに対して要求を持たず、期待をかけないので、実生活で実際に話すのではなく、誰かとの会話を想像することさえできます。

ISFPは大人になっても想像力豊かな傾向があります。
色々な物語に非常に関心を持ちます。

たとえば、大きくて丈夫な木が見えると、それはどれくらいの長さがあるのか疑問に思うかもしれませんし、それの周囲にどんなイベントがあるのか、それとも誰がその木陰に座っているのかを想像します。
彼らは自律的に本、映画、友人からの意見、彼らが使用したいと思う特別なカップ、または特定の場所に特定の樹木が植えられた理由など、どこにでも意味を探します。

ISFPはすべてに意味を割り当てる傾向があります。
彼らはすべての意味の深みやニュアンスに深く関わり、絡み合い、何かの意味が他のものとどのように関係しているのか、正しいアイデアや物語によって信じられないほど魅了されるようになります。

何かが想像力を惹き起こしたり、何かが重要な意味の側面をもたらすと、彼らは物語やアイデアに魅了されます。 ストーリー展開のプロセスは、ストーリーの要素の合計よりもISFPにとって意味があります。

第2機能と外的世界の中心

Extroverted Sensing 外向的感覚

ISFPは抽象的なアイデア、概念、会話を扱うことができますが、実用的で現実的な価値がない場合は、このような考え方に素早く疲れを感じるでしょう。
この世のあらゆる可能性についての無限の憶測が彼らを疲れさせるのですが、抽象的な概念を1つ与えれば、彼らはしばしばその上に構築し、それを具体的な現実にする方法を探し出して、それを実行することができます。

ISFPは非常に現実的な傾向があり、Ni(内向的直観)によって、周囲の世界の不思議で直感的な側面に引き寄せられます。
彼らにとっては瞬間的で現実的で具体的な現実世界の経験と認識、そして彼らの物理的環境を彼らの流動的で神秘的な内面の世界とどのように関連付けることができるのかについて、が全てです。

強いSe持つ人は、ある意味で、本当に「今この瞬間」生きている唯一の人である可能性があります。
彼らは世界を強固な力と見なし、具体的かつ堅実な方法で情報を取り込むことを好みます。

彼らは自分自身の中で堅実さを経験しないので、彼らは彼らの周りの世界でその安定性を追求します。

ISFPは特に、すべての瞬間は価値あるものと楽しいものに費やすべきだと感じています。
彼らが楽しむ仕事であっても、「仕事」として考えるものは困難で面倒です。

彼らはすべて楽しんで新しいことを体験することが大事なので、楽しい仕事でさえほとんど好きな活動ではありません。
彼らは、彼らがやりたいことを、やろうと思う瞬間に正にやりたいと思っています。
その自由を妨げるものは、Seにとっての苛立たしい障害です。

幸せになるためには、人生における一定レベルの衝動性が必要です。
あまりにもスケジュールに縛られていると、彼らは拷問のように感じ、またあまりにも多くの計画を立てることは、多くのストレスにつながります。

特に、他の人があまり望ましくないしくみを強要しようとしていると感じる場合、彼らは時折ルールを破るのを楽しむかもしれません。
彼らは、彼らが望むときに自分が望むことをしたいと思っていて、彼らの人生で楽しいことと自発性を切望しています。

彼らの仕事が非常に充実し満足していても、身体的に彼らを魅了されていなければ、彼らはすぐに退屈するでしょう。

彼らは良い聞き手ですが、実際に知り合う手段として人々とのやり取りを楽しんでいます。
彼らはスリルと冒険を切望しています。

ISFPはそれらの周りの世界に関わる必要があります。
自然を探索したり、身体のスポーツに関わったり、庭いじりをしたり、物理的な世界で物事をしたりすることは、彼らにとって非常に楽しいことです。

ISFPのSeの側面は、彼らの美的価値観を高め、特に自然の中で、美しく穏やかな環境を求めています。
彼らの周囲は彼らに強い影響を与え、彼らは彼らの物理的環境を非常に意識しています。

FiSeは、通常非常に創造的です。
Seは非常に具体的な5つの感覚(視覚、触覚、味覚、匂い、音)を好んでいるので、手で芸術を創造する(つまり楽器を演奏する、絵画を描く、描画する、彫刻をする、写真を撮るなど)ことはとても喜ばしいことです。

具体的な芸術を創造するにあたっては、他の人々が体験できるあらゆる種類の現実的な方法で意味を表現することによって、FiとSeを使用するようになります。

FiSeが彼らの感覚に関わる何かをすると、それは彼らを駆動させ、彼らにエネルギーを与えます。 美しい「五感」タイプの経験がなければ、エネルギーと創造性は死に、食べ物、アルコール、テレビ、ビデオゲームなどの不健康な邪悪に向かい、身体的関わりの要求を満たそうとします。
この要求は、運動、探検、遊びでいっぱいです。

FiSeは、ここで、今、彼らの周りに起こっていることに興奮しています。
彼らは非常に現在的で、将来まで計画するのは難しいかもしれません。

現時点が彼らが全世界のように感じる自分自身を認識する現在の瞬間において、かなり現実的です。
FiSeに彼らの人生の様子を尋ねるのであれば、大まかな写真ではなく、あなたに現在の状況について教えてくれるでしょう。

FiSeが危機的な状況にあるとき、彼らは次に来るもの(「今日起こったことに基づいて明日の仕事で何を期待するべきか」)を準備する必要があると感じています。

彼らは非常に今を生きているため、5年ごとの可能性について考えられることはないでしょう。

彼らの直感は近い将来に及んで、次に対処すべきことを知っています。
彼らの現在の状況が乱暴、ストレス、または用圧的であると感じる場合、彼らの生活は一般に自身の支配から外れているという感覚を持っています。

出口が直ちに明らかでない場合、彼らは完全に絶望的に感じるかもしれません。
彼らの状況は決して変わらず、現在の状況は永遠に現実になると感じています。

第3機能と内的世界における補助

Introverted iNtuition 内向的直観

ISFPは非常に直感的な方法で彼らの内なる世界を体験しています。

彼らが常に見て、経験し、経験するすべての意味を絶え間なく探し求めているうちに、彼らは常に進化し、内なる世界は流動化しています。
彼らの内なる世界は開放的で流動的ですが、外の世界は非常にしっかりとしたもので、変わらないものとして見ています。

彼らは様々な概念やアイデアを考えるとき、自然に複数の角度や視点から見ています。

彼らは感情や感情を直感的に探求し、すべてが他のすべてにつながっているという強い意識を持っています。

FiSeの心は、価値観、感情、予感の集合のようなものです。
彼らの内なる世界のすべては、絶え間なく変化しているウェブを介してリンクされています。

あるシナリオが彼らの前で起こる前、しばしば正しく何かが起きるという直感的な本能を持っているかもしれません。
彼らのintroverted iNtuition(Ni)は無意識のうちに次に来るものを把握しようとしているので、少し超能力的な感じです。

彼らは潜在的にそれらの周りで起こっていることに基づいていくつかの可能性を現時点で計算します。
過去になると、思い起こされるものの大部分は、鮮やかな詳細ではなく、経験の全体的な感覚です。

彼らの経験(日常生活、本や映画の話など)を通して、彼らの心は自然にテーマを強調し、重要なストーリーの中で意味のパターンを見ます。

ISFPは通常非常にスピリチュアルな人々です。
たとえ彼らが特定の宗教的教義に加入していなくても、ほとんどの人々が額面通り受け取るものを超えて、他の領域や力が存在するという本質的な感覚を持つ傾向があります。

彼らは霊的なものに対する無神論者に驚嘆します。
なぜなら、それは彼らが強く、明らかに感じているからです。

彼らは未知の人には心良く接し、彼らは100%確かなものではなく、人生の大部分について絶対的な真実に達することはできないと感じています。
彼らは常に物事を再評価し、さまざまな角度からさまざまな質問をしています。
彼らのNiは、肩を叩き、「大丈夫です。 あなたはすべてを考え出す必要はないよ」という慰めの友人です。

ISFPは自然にパターンを見て結びつけます。
例えば、彼らは直ちに意味をなさない複雑な理論を読解するかもしれないが、新しい活動に移った後、彼らの潜在意識は点と点を結ぶでしょう。

すべてが心の中で合成され、すべてが明確になる「分かった!」の瞬間があります。

彼らの内面世界は常に変化する性質を持つため、感情を整理するのに数日かかることがあります。
彼らは友人と議論をしていたり、彼らがその瞬間に動揺していることを分かっているかもしれまえせんが、その後に、感じたさまざまな感情とその背後にある理由を解き明かすために多くの時間が必要です。

彼らは自分の内面をとても深く体験しているので、彼らの感情は非常に深く働き、時には非常に圧倒的で対処が難しいかもしれません。

ISFPは常に、物事の本質を探し、物事がどのように機能するかの本能的に理解しようとし、霊的、感情的、精神的に深さの次のレベルを把握しようとします。
彼らは自然に、いくつかの異なる視点から物事を検討します。
彼らの想像力と洞察力は、これらの視点を説明するために絶えず進化しており、新しい発達や洞察をしばしば見つけることができます。

人々は一般的にISFPは安心だと感じます。

彼らは、異なる、異例の概念を他の人に容易に示す方法で提示することができます。
彼らは、通常、人々を惹きつけて快適に感じるような方法で人々を当惑させるかもしれない新しい考え方を説明することができます。

彼らの話し方は、彼らのタイプに特有のやり方で、穏やかで思いやりがあります。

第4機能と内的世界における補助

Extroverted Thinking 外向的思考

Teは、ISFPが現実の世界から情報を受け取る、最も効果的な解決策が何であるかを素早く判断し、その解決策を迅速に実行できるようにするプロセスです。
これはISFPの最も弱い、弱点部分です。

常に自分自身のこの部分(外向的思考)に頼るのは精神力を使い、精神的に不健全になってしましますが、仕事を効果的に行うために必要なときにトラブルシュー解決作業を引き出すことができます

ISFPは意思決定に時間をかけることを好みますが、常にそれが可能であるとは限りません。
このような状況では、迅速かつ即座に意思決定できるようにTeを用いることが有効です。

彼らは背後で彼らの ‘感情的本能’ Fiの内部指針に頼っているので、彼らはその時の確固たる理由を明確に説明できない場合でも、彼らの決定に心地よさを感じることができます。

たとえば、通りを歩いている人が何らかの方法で自分に危害を加える可能性があるという感情を持っている場合、その感情を持った原因を解き明かす時間的余裕はありません。
彼らは、彼らがその人の隣にいて安全だと感じていないことを理解しています。

そして、最も良いの解決方法は、通りを渡ることです、または回避するために迂回路を取ることです。

多くの場合、TeはISFPの保護機能です。
彼らの価値観の1つが攻撃を受けると、彼らは自分が正しいと感じるものを防衛するために、事実に基づいたTeによるコミュニケーションスタイルに直接頼ります。

彼らはそれについて行動を起こさなければならないことを知っている物事について非常に強く感じるとき、彼らは強力であり、彼らが正しいと信じることのために態度を明確にすることを命じる、自分自身のこの部分を利用します。

Teは、少なくとも短い時間の間、何か(職業、趣味、外見など)を選び、それにこだわるように命令するISFPの一部分でもあります。

これは、ISFPのほんの一部であり、結論に至り、決定的になるように背中を押しています。

それが純粋に彼らのFiによって解決しようとした場合、彼らはそれについて永遠にどのように感じるかを考えるでしょう。

このTeによって問題を解決することを余儀なくされたINFPは、多くの時間(仕事や育児などのために)外的人格のこの側面を批評していますが、力尽きる可能性が高く、意思決定の疲れが非常に早く出る可能性があります。

彼らは一般に、他の人が自分の人生の少なくとも一部で意思決定を引き継ぐことができるように許すときに最も効果的です。

彼らが自分の仕事、すべての養育の決定、そしてすべての関係の決定などを決定しなければならない場合等、晩御飯に何を食べるのか、職場から家に帰るためにどのような道筋をとるのかといった簡単な自己配慮のための意思決定の時には、すでに疲れていて、彼らが望むものを知るために苦労します。

カテゴリーISFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です