ISTJ型の性格 byPJ

一般人口の10%以上を占めると考えられているISTJは、INTJを10対1の割合で上回るパーソナリティータイプの中で最も一般的に遭遇するタイプです。

ISTJは、最も誠実で、忠実で、その種の責任を負います。
彼女らは誠実な友人や仲間を作り、彼女らの献身、不断の堅実さ、そして忍耐に感心しています。

もしESxPタイプが16タイプの中のノウサギであれば、ISTJはカメです。
仕事が終わるまで、彼女らはゆっくりと着実に働き、道に沿ってすべての細部に注意深く携わっています。

ISTJを理解するためには、過去の方法を踏襲することを促す内向的感覚(Si)である彼女らのdominant functionをまず理解しなければなりません。
彼女らのSiの特性は、David Keirseyに彼女らを「保護者」と正しく表現するように導きました。

ISTJは伝統や慣習を守り、保護します。
特に、個人的な経験や親しみを持っている人を、です。(例:子供時代の宗教)

ISFJと同じく、ISTJは日常的で親しみあるものに愛着を感じるよう成長します。

より頻繁に彼女らは特定の方法で何かをするほど、そのパターンから脱するのが困難になります。
これは、彼女らの行動習慣に適用されるだけでなく、彼女らの信念と世界観にも適用されます。多くのISTJは、彼女らが育てられた同じ信念体系にとどまっているためです。

ISTJは時には頑固なタイプや厄介なタイプと見なされますが、実際には通常認識されているよりも寛容なタイプです。
Siは知覚機能であるため、第1のpreference(好み)は、態度を制御するのではなく受け入ることと考えられます。

残念ながら、これはしばしばSiが方向に内向きであるために気づかれにくくなっています。
これは、ISTJがauxiliary function Teをよりよく呼び出すような仕事環境で特に当てはまります。

しかし、職場から離れると、ほとんどのISTJはゆったりとしたやり方を知っています。ESTJがより困難であると感じる時間です。

要するに、ISTJは、時には描かれているよりもはるかに厳格とは遠く、制御(特に内向き)されています。

同じdominant functionとinferior functionを共有する点で、ISTJはISFJと共通しています。
しかし、それらのauxiliary functionは大きな違いをもたらします。

ISFJは外向的感情(Fe)をauxiliary functionとして使用し、社会的および感情的知性を多いに与えます。
また、ISTJは社会的品位の程度が不足しているかもしれませんが、彼女らのauxiliary function 外向的思考(Te)は、より強力なロジック(理論)と戦術的知能に寄与します。

ただ1つのpreference(すなわち、J‐P)のみが異なりますが、ISTJは実際にはISTPと機能を共有しません。
Siの代わりにSeを使用するISTPは、ISTJよりも過去の慣例にあまり興味がありません。

彼女らのSeはまた、感覚的かつ物質的な新規性に対するより強い欲求を与えます。
最後に、ISTPは「実践的」職業に傾いていますが、ISTJの求職者は行政や他の「ホワイトカラー」の仕事により関心を持つでしょう。

ISTJ

Introverted Extroverted
Sensing
Thinking
Feeling
N

ISTJs’ Dominant Function: Introverted Sensing (Si)

ISTJはdominant functionとして内向的感覚(Si)を使用します。
Siタイプ(すなわち、xSxJタイプ )はSeタイプ(すなわちxSxPタイプ)とは全く異なります。

xSxPタイプとは異なり、ISTJは感覚探求者ではありません。
彼女らは、斬新な感覚、経験、物質財を探し求めていません。

彼女らは通常、より日常的な、慎重な(のんびりではない)、予測可能なライフスタイルを好みます。

Siは慣習の保護者としての機能するISTJの傾向を支えます。
しかし、Siは知覚機能であるため、ISTJは、ESxJタイプよりも信念や価値観のための現場の活動家として機能する傾向が薄いです。

むしろ、ISTJは過去とその大切な伝統を参照する時間を費やすことを好みます。
多くの人は、祭祀に出席したり、宗教文書を勉強したり、Siの信念を支援し強化する活動を楽しんでいます。

Siのもう1つの特徴は、身体感覚における役割です。
すなわち、体内の状況を監視し、身体的要求が満たされるようにします。

内向的な機能として、SiはSeよりも集中的であり、ISTJを特定の感覚刺激に対してより敏感にすることができる。
彼女らは、照明、室温、騒音レベルなどに過敏かもしれません。

これは、睡眠不足、空腹、またはその他の肉体的に不快なときに、他のタイプよりも苛立ってしまう可能性があります。
強くまたは珍しい風味および質感に対する感受性は、比較的口当たりの良いまたは日常的な食事を取るように導くことがあります。

また、Siの直観的なペアNiを比較することもできます。
知覚機能として、どちらも受動的に機能するとみなすことができます。

xSxJタイプとxNxJタイプは同様に外向きに頑なで、主張的で、心が閉鎖的に思えるので、両者とも信念の強さと関連している可能性があります。

これら2つの機能の主な違いは、Niが独自の印象や解釈を構築するために異種の情報を合成する合成機能であることです。
対照的に、Siは即時に知覚したデータの背後にある別の事実を認識しません。

代わりに、現在の経験と過去の経験を比較します。

Niについては、すべての経験は新しいものであり、思うがままに解釈されます。

Siの場合、過去は現在を解釈する上でより顕著な役割を果たします。

他のタイプがISTJの慎重さを批判するのは簡単ですが、その価値と目的を見落とすべきではありません。
ISTJは、私たちがどこにいるのかを思い出させ、それによって過去の過ちを繰り返さないようにすることができます。

彼女らのSiは、Seに必要な文化的釣り合い(バランス)としても役立ち、重要な資源は限られており、注意と懸念をもって取り扱わなければならないことを思い出させます。

ISTJs’ Auxiliary Function: Extraverted Thinking (Te)

外向的思考(Te)は、ISTJのauxiliary functionとして機能します。
彼女らの外向的な判断と意見を表明する傾向を支えます。

彼女らのTeによって「声に出しながら考える」というISTJの傾向は、強さと弱さ(長所と短所)の両方になる可能性があります。

一方で、彼女らのTeはISTJを強くて効果的な教師や管理者にすることができます。
他方で、彼女らは無遠慮に、独断的に、あるいは支配的になってしまうことがあります。

他のJタイプ(判断タイプ)と同様に、ISTJは物事や話すことを誇張する傾向があり、それを振り返って、辞めるべき、少なくとも柔らかくすべきだったと思います。

外向的感情とは異なり、Teは社会的調和の保持を指向していません。
Teは個人的ではなく、他人の感情にあまり適応していません。

したがって、ISTJのTeに対するpreference(好み)は、他者にある程度の触れ合いや共感を欠いていると感じさせるかもしれません。

Teは、外部のシステムや業務に秩序、統制、合理性をもたらすよう努めています。
現代の世界は、官僚主義と「red tape(お役所仕事)」の雪合戦が特徴で、抑えられないTeの生み出した物とみなされる可能性があります。

彼女らのSiと組み合わせることで、ISTJのTeは、詳細、プロトコル(手順)、および手続に細心の注意を払う必要がある行政、事務、およびその他のキャリアに適しています。

他のタイプでは高度に構造化された作業設定に当惑する場合がありますが、ISTJは、彼女らが何を期待しているのか、そしてその描写された構造に基づいて彼女らの役割が何であるかを知っているので、自身を楽にしてしまいます。

ISTJs’ Tertiary Function: Introverted Feeling (Fi)

内向的感情(Fi)はISTJのtertiari functionです。
内向的な機能として、Fiは個人的な感情や価値観に焦点が当て、分析することを含みます。

すべてのタイプのうち、Fiをdominant functionとして使用するIxFPタイプは、文字通り、価値観や感情を独自に探求し、管理することに対する関心に関して、最も「自己中心的」(中立的な意味で)です。
対照的に、Fiの意識がはるかに低いISTJは、自分の感情にいつでもアクセスできるとは限りません。

内側の判断機能として、FiはIxFPタイプに内部自己制御の強い感覚を与えます。
しかし、ISTJのFiはtertiari functionであるため、同程度の内部統制を享受することはできません。

それを補うために、彼女らは他のxxTJタイプと同様に、Teを介して外部の形成や制御により集中します。

Fiのより重要な機能の1つは、その方向性です。
すなわち、それは内向的であるため、他人はしばしばISTJの感情にアクセスすることが禁じられています。

これは、Fiが機能スタック(第1~4機能)内でTeに劣っているという事実によって悪化します。
結果として、時々冷たく、よそよそしく、あるいは無感情的に見えることがあります。

ISTJが自身のFiを利用するにつれ、個人的な感情や価値観、そして他人の感情や価値観にもっと近づき始めます。

真実や価値が過去の先例(Si)や外部標準(Te)に限らず、個人の嗜好(Fi)も含むことができることを認識し、主観的な関心のメリットを認識し、評価し始めます。

ISTJは、植民地への開放に際し、政治的または宗教的スペクトル(範囲)の反対側の人々に対しても、より多くの同情と理解を得ることができます。

ISTJs’ Inferior Function: Extraverted Intuition (Ne)

他のタイプにも当てはまるように、ISTJは、inferior functionが自分の意思決定過程および行動に影響を与える程度を知ることができません。
彼女らのinferior functionに対するより良い認識と統合なくしては、ISTJは賢明な意思決定を受けにくいでしょう。

その結果、個人的成長を求めるISTJは、彼女らのinferior functionである外向的直観(Ne)がそのパーソナリティーにおいてどのように現れるかを理解できるように励まなければなりません。

Neは、アイデアの生成と接続、そしてさまざまな選択肢と可能性のすべてを見ていることに関心を持っています。
どこにでも接続や関連が見られることになりがちな、予測不可能で非常に発散的な機能です。

このため、Neタイプはしばしば、風変わりで独創的なクリエイティブとして見なされます。
ISTJは日常的で控えめでありながら、自分のパーソナリティーにおいて、Neが表現できる方法は数多くあります。

ISTJsがさまざまな種類の推測や予知を経て自分のNeの要求を満足させる方法の1つは、
ISTJがこれを行う最も一般的な方法の1つはお喋りを通してです。

さまざまな人々や出来事についての理論を提供することによって、彼女らは自身のNeの自我促進を確保します。
彼女らはまた、様々な宗教的または政治的な理論を伝播するのを楽しみます。

また、ISTJは言葉や数学のゲームなどの趣味にNeを参加させています。
クロスワード、数独、その他のパズルを楽しむ多くのISTJを知っています。

そのような活動は、彼女らが自身のSi再起を実行し、Te戦略を利用し、関連を作り、可能性を実験すること(Ne)を可能にします。
多くのISTJは、Neの独創的な使用を可能にする様々な芸術品や工芸品を楽しんでいます。

ISTJはまた、他者を教える創造的な方法を模索することによって自身Neを使用しています。
Si‐Te情報を与えたいという欲求に加えて、彼女らのNeの独創的な使用は、ISTJが教えることを重視するもう一つの理由かもしれません。

パーソナリティーの統合は、そのinferior functionの直接的な使用または開発によっては起こらないでしょう。
むしろ、ISTJはNeを無意識のままにして、バックグラウンドで受動的に機能させる方が良いと思われます。

先見性、賢さ、創造性を発達させようとするのではなく、ISTJはISTJの最善を尽くすべきで、時間とエネルギーをSiとTeに集中させながら、それを信じれば、その時々には他のものがすべて落ち着きます。

時間とエネルギーをSiとTeに集中させながら、それを信じながら、その時期が来れば他のものがすべて落ち着きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です