ISTP型の性格 byPJ

ISTPは16パーソナリティタイプの1つです。

いくつかの推定では、ISTPが一般人口のわずか5%にすぎないと示唆していますが、ある研究と経験によれば、このタイプはもっと一般的で、おそらく8%と高いことが示唆されています。
男性のISTPは、3対1でISTPの女性を上回ると考えられています。

INTPと同様に、ISTPのdominant functionは、高いレベルの取り組み、自己規律、集中、独立性、思考の強さに関連するIntroverted Thinking(Ti)です。
ISTPは真剣に人生を取り、その内的ロジックを使用して最適なナビゲート方法を識別します。

彼女らは、例えば、特定のスポーツのパフォーマンスを最大化するために自分の個人的な方法を試すためにTiを使用するかもしれません。
彼女らは実践的な問題を解決するか、機能を最適化するためにTiを使うのが大好きです。

独立性、自己指向性、競争心のために、ISTPは、彼女らが心に留めているほとんどの何でも優れているかもしれません。

ISTPの思考はその方向性が内向き(Ti)であるため、多くの場合、外部から気づかれなくなります。
他の人が見ているのは、ISTPの行動(Se)や人との関わり(Fe)に関するものです。

ISTPの外向的感情(Fe)は、外見上の驚くほどの豊かさと親しみをもたらすことができます。
ISTPは、しばしば誠実で純粋で親しみやすいものとして存在します。

彼女らのFeは、他の人が爽やかに感じるような、ある種の子供のような無邪気さを与える。

TiもSeも高度な言語機能ではないので、ISTPは口数が少ない人である可能性があります。
彼女らの関係は、広範な会話ではなく、共通の関心や活動の周りに構築されることが多です。

しかし、ステータスと評判がSeとFeにとって重要なので、ISTPは職場や公共の場所では自宅にいるよりも、はるかにおしゃべりかもしれません。
公共の場にいる場合、彼女らは楽しげで、社交的かもしれません。

プライベートでは、彼女らはもっとよそよそしく見えるかもしれないし、彼女らの仲間が公共の競技場で見せるのと同じ程度の興奮を彼女らに提供することができないと感じるかもしれません。

プライベートと公共の場の間のこのような表面的な不一致は、彼女らの親密さを自己陶酔的または偽善とみなす可能性があります。

ISTPは通常、従来の、時にはスタイリッシュな衣服の形を示します。
彼女らのTiは機能性と実用性に関心がありますが、SeとFeは流行と人気に同調します。

物理的には、ISTPには痩せている人や筋肉質の人がいます。
運動競技では幼年期にフィットすることが多いが、食生活(Se)は成人期に体重の問題を引き起こす可能性がある。

競技への従事が彼女らをしばしば彼女らの幼児期を通して健康を保つ一方、食事に対する彼女らの愛情(Se)は成人期の体重に関する問題につながるかもしれません。

ISTPは姉妹のESTPと同程度ではありませんが、高品質品や高級品に出費することを阻止されていません。
他のSeタイプと同様に、彼女らは優れた食べ物(ある人はグルメでさえある)とスタイリッシュな衣服を楽しむことができます。

ファンシー(派手)またはヴィンテージのスポーツカー、オートバイ、または電力工具は、通常、ISTPのガレージに整列します。

他のSPタイプと同様に、ISTPはしばしば大きな運動神経を示します。
彼女らはしばしば機械に強く、優れた手と目の調整を与えられています。

高レベルの精神エネルギーを持つINTPとは対照的に、ISTPはより高いレベルの身体エネルギーとスタミナを示すかもしれません。
INTPは自分のNeを使ってアイデアを探求していますが、ISTPとISFPは手や体などの感覚を使って実質的な世界を探検し、操縦します。

ISTPは実践的な活動を好むため、学術的な環境下でパフォーマンスが低下する可能性があります。
これは、一般的に、能力自体が欠如しているのではなく、関心や刺激がないためです。

すべての感覚タイプに当てはまるように、あまりに長い間抽象的な事柄を扱わなければならないことは、ISTPにエネルギーを流出させる可能性があります。
身体活動の必要性と、抽象的事項への苦しさは、ISTPである学校の子供が他のパーソナリティータイプのいくつかよりもADDまたはADHDと診断される可能性が高いことの理由を説明するかもしれないでしょう。

外科医になるなど、特定のキャリア目標や終点に焦点を当てることができるISTPの学生は、より良く暮らしがちです。

一般的に言えば、ISTPの求職者は具体的な問題(すなわち、ホランドの「現実的」な仕事)を解決するために実践的な知性を利用できるキャリアを追求することが賢明です。
彼女らは優れた職人、運動選手、メカニック、ドラマー、整備士、カイロプラクター、外科医、パイロット、シェフなどになることができます。

ISTPはISTJと1つの「preference(好み)」(すなわちJとP)だけが異なりますが、この2タイプは実際には共通の機能を共有していません。
これは時々認識されるよりはるかに彼女らを異なったものにします。

TJタイプのように、ISTJはISTPよりも直接的であり、断固としていて露骨でさえあります。
ISTPは、TeよりもFeを使用しています。

これは、ISTJには欠けている場合がある、特定の社交性、魅力さえも与えます。
さらに、ISTPはSiではなくSeを使用しているため、ISTJよりも過去の先例を保存することにあまり関心がありません。

最後に、ISTPは「実践的」および現実的なキャリアに傾き、ISTJは「ホワイトカラー」の仕事に重点を置いています。

ISTP

Introverted Extroverted
Thinking
Sensing
iNtuition
F

ISTPs’ Dominant Function: Introverted Thinking (Ti)

ISTPやその他のIPタイプを理解するためには、dominant functionが判断機能であることを十分に理解する必要があります。
以下でこの問題を議論し、IPとIJの判断と認識を再考しましょう。

要するに、ISTPが顕著な「判断者」として見るのが最も良く、EJの多くの特徴を示していることを示唆しています。
ただこれらの行動は内向きに、または自分自身に向けられています。

Tiは、特定の問題、状況、またはシステムを理解するために、論理と理屈の使用を含みます。
ISTPは、Tiを使用して問題を解決し、機能を最適化し、内的世界に構造と秩序をもたらします。

この内部構造化は、それらに内部の強いコントロール感覚を与えます。
これにより、ISTPが内面的に自制され、自らの生活や個人的なプロジェクトを独立して管理することができます。

Tiの自制的な性質は、個人的な課題や一連の独立したプロジェクトの観点からISTPの人生を形作るかもしれません。
ISTPは、他の人と競うことを嫌うものではありませんが、単なる喜びのためにチャレンジやプロジェクトを楽しんでいます。

そのようなチャレンジは、物理的(例えば、最適なレベルのフィットネスを達成しようと試みること)、実践的(例えば、自動車を修復すること)、創造的(例えば、職人技)または対人的であり得えます。

時折、Tiが導く内向きに焦点を合わせ、内部集中的な性質は、ISTJをISTJとしてミスタイプさせる可能性があります。
そうすることで、彼女らは自分たちの内側の判断能力を正しく認識しますが、誤って自身はJ型でなければならないと結論づけています。

彼女らは、J‐Pラベルが外的な態度と行動のみを指すということを認識していません。
これは、人口統計データのISTPの不十分な表現として見られるものを部分的に説明するかもしれません。

Tiはfluid intelligence(流動的知性)の観点から見ることができますが、外向的思考(Te)はcrystallized intelligence(結晶化知性)に関連していると思われます。
Tiはより直観的、文脈的、右脳的であり、Teはより手続き指向であり、左脳的です。

彼女らのTiの流体的性質はSeの鋭い観察力と相まって、実用的な問題解決者としてのISTPの洞察に寄与します。
ISTPは状況を分析し、どのように動作するかを識別し、それを修正する方法を決定することができます。

Teタイプは、問題を診断するために概要図やマニュアルを使用する必要があると感じるかもしれませんが、ISTPは遭遇したことのない具体的な問題に関する方法を検証するためのTiの能力を頼りにしています。
これは、メカニック、メンテナンスワーカー、機械工、外科医、技術者などのスキルに貢献します。

ISTPs’ Auxiliary Function: Extraverted Sensing (Se)

内向的感覚(Si)は、新しい感覚や物質世界に関しては控えめです。

対照的に、外向的感覚(Se)は、より物質的で自由主義的で新規性を重視ししています。
Seタイプ(特にESxPタイプ)は、しばしば、生活に対して「laissez-faire(なすに任せよ)(放任主義)」「食べる、飲む、陽気に生きる」アプローチを示します。

Siとは異なり、Seは日常的で親しみのある経験に満足していません。
このため、ISTPは物理的なスリルと新しい感覚を楽しむことができます。

彼女らのTiの身体的活動やSeの探索的な性質と相まった、課題への性質は、ISTPをスポーツや身体的課題への強力な候補者とします。

彼女らのinferior function Feはチームスポーツに関わる仲間意識を好むかもしれませんが、ISTPはサイクリングや長距離走などの個々の挑戦を楽しむこともできます。

Seはまた、五感で環境の具体的な詳細や感覚情報に触れます。
SPタイプは、興味のある知覚的新規性について周囲をスキャンし、他のタイプが容易に見過ごす可能性がある周囲の細部に気付きます。

このため、SP(特にESxPタイプ)はしばしば強い視覚的再起を行うことがあり、時には「写真」メモリと呼ばれることもあります。
ISTPは、Seの着目をいろいろな方法で詳細に調べることができます。

たとえば、あるISTPは、フィールドから矢じりを探すことを楽しんでいます。
彼女が掘り起こすように、彼女のSeは別の失われた宝を探すこと期待し周囲をスキャンします。

矢じりを見つけた後、彼女はさらに、その形状、テクスチャ(表面の感じ)、および他の特徴を探索するためにSeを使用します。

ISTPはまた、メカニック、技術者、シェフ、建設労働者などの日常業務にSEを使用しています。
彼女らは緻密な物理的細部に臨むために、Seを使用して優れた職人となります。

彼女らは自身の手で作業し、ツールを使用して高品質の作品を制作することが大好きです。

材料管理(Si)という名の下でツールの使い方を変えることを奨励するNe‐Siペアとは異なり、Se‐Niペアは「正しい方法」で仕事をするよう正しいツールの使用するようISTPを促します。
このような状況下で、ISTPは高品質のツールや部品などに少しでも費やすことに反対していません。

Seはまた、それが高度な口頭機能または抽象的な機能ではない点でNeと異なります。
ですから、INTPがアイデアを議論するのを楽しむ一方、ISTPはしばしば何かをしていることを楽しむでしょう。

スポーツを見ることさえ、ISTPを刺激し、間接的に行動に参加できるので、ISTPにとって会話よりも刺激的になる可能性があります。

ISTPs’ Tertiary Function: Introverted Intuition (Ni)

ISTPのtertiari functionは内向的直観(Ni)です。
彼女らのdominant function Tiと組み合わせて、ISTPは抽象的または理論的なトピック(話題)にある程度の関心を示すかもしれません。

結局のところ、NiとTiは、INFJによって採用された同じ2つの内向的機能であり、すべてのタイプの中で最も理論的なものです。

しかし、ISTPのNiはより無意識的であるため、即座に直観的に知覚できる程、ISTPのNiはそれほどアクセスできません。
したがって、他のSPタイプと同様に、ISTPは幅広い人生経験を分析することによって洞察を得る(Ti‐Se)可能性が高くなります。

Niはプロセスの助けとなり、ISTPが幅広いSeの経験から意味を統合し、抽出するのを助けます。

ISTPs’ Inferior Function: Extraverted Feeling (Fe)

他のタイプと同じく、ISTPは、inferior functionが意思の決定時や振る舞いに対してどの位影響を与えるかにつき、容易に知りようがありません。

inferior function 外向的感情(Fe)を十分に理解していなければ、ISTPは未だ不満を感じ続けており、彼女らのキャリア、ライフスタイル、および人間関係において不健全な意思決定をしやすい傾向があります。

ISTPのパーソナリティータイプのダイナミクス(エネルギー)は、TiとFe、独立性(Ti)と相互依存性(Fe)、自己(Ti)と他者(Fe)のバランスを見つける試みとして広く理解できます。
TiとFeは機能的な全体を構成しているため、ISTPは直感的に、より全体的で完全にFeを統合する必要があることを直感的に認識しています。

強制観念/仕事第一主義

Inferior functionの「grip(掌中)」では、すべてのタイプが強制的かつ強迫的に行動する傾向があります。

「grip」の体験は、意識の低い自己(すなわち、inferior function)がパーソナリティーのdriverとして引き継ぐので、逃げることは困難であり得ます。

「grip」の体験の内容はタイプによって異なる場合がありますが、基本的な形状は本質的に同じです。

ISTP(およびINTP)の場合、「grip」にいることはしばしば「仕事第一主義」を伴います。 Dominant function Tiとして、仕事(個人的なプロジェクトや趣味を含む)は、ISTPのアイデンティティの中心的要素を構成します。
彼女らが楽しんでいる中で、ISTPは本質的に非常に規律があり徹底的です。

しかし、彼女らは「grip」の中にいるとき、彼女らは強迫観念を持ち、完璧主義になり、彼女らが何をしていても手放すことができなくなります。
そのような時、ISTPは自分自身にもっと時間を必要としていると主張して、他人から離れてしまうかもしれません(ISTPがしばしばエニアグラムで5と診断される理由です)。

それらは機能スタック(第1~4機能)の中で知覚機能(Se‐Ni)を見合わせながら、判断モード(Ti‐Fe)でのみ機能し、罠にはまります。

すべてのタイプに関して、「grip」経験に嵌まり込むプロセスは、しばしば微妙で潜在的です。
たとえば、ISTPは、当初の目標よりもはるかに大きなタスク(課題)を発見するために、その日を達成したいことを念頭に置いているかもしれません。

しかし、より大きな課題はより大きな挑戦をもたらすため、彼女らは餌に喰いつき、自身がまだそれを達成することができるかどうかを見ます。
問題は、もちろん、Se Perceiving(Seによる知覚)への逸脱が彼女らの目標を達成することを妨げるので、本質的に自身を判定モード(Ti‐Fe)にロックすることです。

これには、自身の生産性・効率性に対する侵入や障害とみなされるようになった他の人々に自分自身を閉ざすことも含まれます。
その結果、しばしば「grip」に陥っているISTPは、他の人々から自分自身を追放してしまいます。

興味深いことに、他のタイプと同様に、ISTPは「grip」体験に陥ることを比較的意識することができず、彼女らの強迫観念を「効率的」または「生産的」として合理化します。
さらに、この体験はアドレナリンによって促進されるため、 あるレベルでは、焦点と持久力を高めることができ、「良い事」と感じます。

同時に、一部のISTPは自身が困難な状況にあることを知っています。
彼女らが出来ることは、自身を強制的に仕事に投じることだけです。

彼女らの一部は、これが持続不可能で偏っており、潜在的に破壊的であると認識しています。

「grip」行動に伴う孤立を補うために、ISTPは自身の関係を通じてinferior function Feを「支えにする」ことができます。
これにより、必要な場合に外部に関してFeサポートが利用できるという安心感が得られます。

これは、多くのISTP(およびINTP)が仕事と人間関係のバランスをとる際に苦労する理由です。

陥り/理解しがたい感情

ISTPとINTPの場合、Feはむしろ純粋で子どもの様です。
彼女らは、安っぽいロマンチックな喜劇やわざとらしいラブソング等、潜在意識のFeの感情を刺激するものによって簡単に心動かされるかもしれません。

彼女らはまた、 「一目ぼれの愛」の簡単なターゲットになる場合があるでしょう。
彼女らは、典型的な論理チャネルを迂回してISTPの意識の低いFeに直接アピールできるFeelingタイプ(特にFJ)によって言い寄られる可能性が高いです。

彼女らのFeの位置のために(Feが第4機能であるために)、ISTPは意図的に自身の感情に接触したり理解したりするのに苦労します。
彼女らは感情を体験できないということはありませんが、彼女らの感情はそれ自身の心を持っており、好きなように行ったり来たりしているだけです。

たとえISTPがどのような感情がある状況に適しているかを認識していても、感情的な状況での不適切さや不快感を生み出すことはしばしばあります。
彼女らは数時間後に望ましい感情を経験することさえあるかもしれませんが、「困惑」時の感情は「ステージ恐怖症(あがり症)」に似ています。

これを補うために、ISTPはFeを使って社会的に適切な言葉を提供しようとするかもしれません。
しかし、感情を直接経験することなく、彼女らはしばしば不器用なように思われたり、表現が不自然になったりします。

時には、彼女らの恋人にとって、特に本物の感情表現の往復を望むFJタイプの場合、これは困難なことがあります。
しかし、彼女らのFeの舞台に対する恐怖のために、ISTPは「適切な時に」自分の気持ちを経験しないかもしれないし、表現すべきときに自身を表現するのが難しいかもしれません。

ISTPは確かに自分の感情に向き合うのに問題があるかもしれませんが、通常、それを無視したり、または切り離すことはほとんど困難です。
その結果、ISTPは、他のタイプのように罪悪感、後悔、または恥に苦しむことが少なくなります。

他の人は、ISTPがほとんどの人が悲劇的、または外傷的な状況と考える出来事の後に「いつも通りビジネス」を再開できることにたいして驚くことさえあるでしょう。

これは必ずしもISTPの欠陥とみなすべきではありませんが、Feの無意識の性質を反映しているだけです。

争いの回避/受動的攻撃行動/承認欲求

ISTPは誰もが同意し、公平と敬意(Fe)に扱われることを望みます。
ISTPは、FJタイプほど温かくないとは言いませんが、他の人の気持ちを懸念し、傷つけたり、怒らせたりしないようにします。

FJのタイプと同様に、彼女らは即座の状況で調和の基本レベルを維持しようとします。

Feはまた、ISTPの公的肯定の願望にも貢献しています。
Feは、自分自身の感情と他人の感情とを結びつけることを含みます。

ISTPは、他の人が感じていることを常に「感じる」わけではないかもしれませんが、彼女らのFeは依然として社会的肯定と承認の感覚を望んでいます。
その結果、ISTPが外部からの承認または特定の公的な認識を維持するために大いに役立つか、または準拠していることがあります。

自身のイメージに強い関心を持っているISTPは、社会的関わりを真剣に受け止めることができます。
彼女らは、他の人が自身を賞賛できる従業員、配偶者、両親、または市民として見ることを望んでいます。

社会的尊重に対する欲求は、ISTPの達成志向の動機となり得ます。(これがISTPがエニアグラムで3として評価される理由です)

紛争回避と肯定の必要性に対するISTPの傾向は一方では、独立の必要性(Ti)に、他方では、決して少なくない数の関係性の困難に寄与します。

特に「仕事第一主義」の「grip」の中で、ISTPは自身が他の人々を必要としないと感じるかもしれません。
最終的に、彼女らは悲惨な不均衡を感じるようになり、少なくとも彼女らが再び「grip」に陥るまで、他人との接触を再開するよう促します。

他人に対する必要性と非必要性の間の交互のサイクルはISTPとナルシスト(自己陶酔)に一般的に共通します。

紛争回避と外部調和の維持という名目で、ISTPは自身の不満や悩みを直接表現することを回避するためにできる限りの努力をしています。
賢明にもそうでなくても、彼女らは紛争を彼女らがFeの要求を満たすために依存する関係に対する潜在的な脅威として、また彼女らが維持しようとする完全なイメージへの脅威としてみなしています。

そのため、ISTPは与えられた言葉(Fe)を懸念するのではなく、しばしば受動的積極行動的な方法で分析(Ti)または行動(Se)する傾向があります。
彼女らは、例えば、意図的に、パートナーに対して受動的な反乱の形態としてオフィスでより多くの時間を費やすことがあります。

あるいは、他の人に言葉や事前通知を与えることなく、突然の執行決定を下すことがあります。
コミュニケーションが悪いと、ISTPは、パートナーが思う、望みたい、期待することについて、複雑な想定を作り出す場合があります。

不健全なISTPは、絶え間なく拡大している間違った信念やパートナーについての推定で頭をグルグルさせます。
そうすることで、彼女らは往々にして自らの間違った結論の産物であっても、仲間を否定するか、そうでなければ否定的に考えるようになります。

ISTPの人格的成長

ISTPの人格的成長には、TiとSeの一貫性と満足のいく利用を通じてFeを統合することが含まれます。
ISTPの統合は、健全な動作モードとinferior functionの「grip」で機能することの違いを認識することも学ばなければなりません。

ISTPの健全な働きには、Seの経験と変革に対して開かれたままにしておくことが含まれます、それらは、短絡的思考(ワンパターン思考)になることを防ぎます。
彼女らの働きに健康的なアプローチを取ることに加えて、ISTPを統合することは、彼女らの関係における自己認識とコミュニケーションを高める必要があります。

これには、一般的な関係や特にパートナーとの関係についての暗黙の了解をすべて明らかにする作業が含まれます。

一時的な苦痛や葛藤を引き起こす可能性のある不快な話題について対話する意思があることを意味します。

よりオープンになり自分自身と彼女らのパートナーに誠実になることを学んで、彼女らが「風通しをよく」して初めて、ISTPは真の満足感と完全性を体験できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です