内向的直観・INJタイプ byPJ

すべての内向型と同様に、INFJとINTJの最初の機能(dominant function)は内向的なものです。

彼女らは、アイデア、見通し、理論、ビジョン、物語、シンボル(象徴)、そしてメタファ(隠喩)を使って巧みに楽しみます。
彼女らのdominant functionである内向的直観(Ni)は、この内部の劇場の真の基盤となります。

この記事では、INFJとINTJの内向的直観の内部動作と兆候を探ります。

Niは知覚機能であるため、INxJはしばしばその動作が苦労を要しないように感じられると報告しています。
INxJが「考える」必要性を表現するとき、これは他のタイプのものとは非常に異なるものを意味します。

つまり、INxJの「思考」や認知的処理のシェアは自覚している意識の外に起こります。
彼女らの最高の思考は、少なくとも意識的に考えるのではなく、典型的には考えずに行われます。

INxJにとっては、問題の「決定を翌日にする」というのは、解決策への道のりが確実だということです。

それは無意識のうちに多くの作業を行うので、Niはそれに関してある種の魔法的な品質を持つように見えます。

実際、INxJがある程度の超能力的または預言的能力を持つと見なされることは珍しいことではありません。
魔法のような外観にもかかわらず、Niは合理的に理解することができます。

起こっていると思われることは、多くのINxJが、他のパーソナリティタイプが欠けているような繊細さを含む、外界からの豊富な量の感覚情報を収集する非常に敏感なinferior functionの外向的感覚(Se)です。

彼女らのNiは無意識のうちにパズルの断片を組み立てるように、この情報を無意識のうちに処理します。

一度終了すると、Niは「どこからも」出てこないような印象を与えます。

しかし、直感はどこからでも出てくるのではなく、INxJ自身の精神からの情報と組み合わせた直感的な環境から集められた感覚データです。

内向的直観 (Ni), Vision(洞察力、頭に描く幻想), & Beauty(美)

人間は他の感覚よりも視覚に大きく依存していると言われることが多いです。

これはINxJにとって特に顕著で、INxJはしばしば強い視覚的要素を内向的直観に報告します。

彼女らはしばしば言葉ではなくイメージによって考えます。
彼女らの直観は、記号、画像、夢、またはパターンの形で現れます。

これは、ユングの夢想家、芸術家、または預言者としてのNiタイプの特徴付けと一致します。

これらの概念には明確な視覚的特徴があります。

そのため、ビジョン関連用語(先見性、洞察力、預言、空想的など)が常にINxJの記述に使用されます。

Niの視覚的性質を考慮すると、多くのINxJが美容 – 視覚、比喩などに非常に敏感であることは驚くことではありません。

フランスの哲学者、INTJジャン・ポール・サルトルは「私は美しさのみを欲する」と告白しました。

もう一人のINTJ、Frederich Nietzscheは、「人生は審美的現象としてのみ価値がある」と書いています。
ここで大きな皮肉のように見えるのは、少なくとも表面的には、INJはその類型的な対であるESxPに類似した方法で美学を評価するように見えるという事実です。

これの明白な理由は、INxJとESxPがSeを機能スタック(第1~4機能)の一部として使用しているためです。

違いは、ESxPは意識的にSeを使用し、INxJは無意識にそれを使用するということです。

これは、INxJ‐最も異世界的で抽象的な‐タイプは、しばしば美しさを作成し、美しい環境に身を浸す必要性に困惑している理由を説明します。

これは、INFJとINFPの共通点の違いを表しています。

すなわち、INFJは、感覚が内向的(Si)であるINFPよりはるかに上品で、洗練された、そして絶妙なテイストを持っている傾向があります。

A Bird’s Eye View(鳥瞰図)

すべてのタイプの中で、INxJは「全体像」に最も関心のあるタイプです
これは、すべての機能の中で最も抽象的で先を見ているNiの観点から理解できます。

Niは包括的かつ全体論的です。
そのビジョン、答え、洞察力は包括的なものとして現れます。

その結果、INxJは多くの場合、独創的なアイデアのクリエイターになるよりも受け手の方が好きです。

彼女の回顧録「ライティング」では、最も確実にINxJタイプであるスティーブン・キングは、小説を書く彼女のプロセスを描いています。
彼女は意識的に彼女の物語のプロット(筋書き)や方向性を計画したり断片的にしたりしていないという事実を断言しています。

むしろ、彼女の物語は、意識的な努力や計画まではほとんど必要としない、既存の全体としての無意識から出てきます。
他のINxJの小説家も同様の経験を報告しています。

彼女らが創造的無意識の蛇口を確立すると、彼女らのアイデアは容易に無意識に流れていくようです。

INxJは、Ni生成の洞察の完全性の本質的な感覚のために、将来のスニークプレビュー(客の反応を確認するために予告せずに実行される覆面試写会.)、または少なくとも将来の可能性のあるビジョンを与えられていると感じることがよくあります。

この先見性の強い感覚は、彼女らの理想が現実化されるのを見たいという欲求の原動力として役立ちます。

収斂、確信&信念

技術的に判断機能ではありませんが、Niは収斂的な形で機能することが多く、複雑な問題に対する洗練された回答と解決策を提供します。

上記のように、NiはSeによって収集された手がかりを無意識のうちにまとめ、包括的な解決策に向かっています。

INxJは一般的に、その解決策が一回の洞察力‐「aha!」の瞬間を通じて到着すると報告しています。

これは夢の中や目を覚ましている間に起こるかもしれませんが、予期せぬ贈り物のように、一瞬に突然来る傾向があります。

INxJの哲学者Frederich Nietzscheは、このように直観的なプロセスを説明しています。

何か深刻な痙攣…突然明白で明確で正確なもので目に見え、聞こえるようになる…涙の洪水によって時々素晴らしい緊張が解放されるエクスタシーがある…人が全く手をつないでいるという気持ちがある…
すべてが欲望なしで起こる 自由、独立、権力、神性の噴火。
イメージと偶然の自然の自発性は最も顕著だ。1つはイメージと偶然であるもののすべての認識を失う。すべてのものは、最も直接的で正確で単純な表現手段として提供される。

内向的直観がその解決策を明らかにする強力な手段は、確信と確実性の本能的直観と関連しています。
INxJは正しい直観的なレベルで「知っています」。

しかし、彼女らはそこで止めることはできません。
彼女らが直感を受けたら、肉体的にそれを働かせなければなりません。

彼女らはそれを他人にアクセスして有用にするために、それを明瞭に説明しなければなりません。
これは、FeやTeの補助機能がイメージに入り、コンピュータファイルの解凍のような視覚の解凍を助ける場所です。

このプロセスは時には困難で骨が折れることがあります。
時にはビジョンそのものを出産するよりも時間がかかります。

しかし、他の人が信頼して支持するためには、INxJは自分のビジョンを言葉やイメージ、数式に変換するために最善を尽くす必要があります。

INTJにとっては、提案されたソリューション(解決策)の詳細な枠組み(部品やプロセスを含む)が必要になることがあります。

INFJは、彼女らの洞察を説明するために類推、word picture(生き生きした描写の文章)、または物語を使って、より比喩的または物語的なアプローチを選ぶかもしれません。

矛盾&逆説の是正

逆説または矛盾する証明を処理するための有効なツールとなりえます。

合理的な心には、2つの矛盾した主張が同時に存在することはできません。

そのうちの1つを虚偽にする必要があります。

しかし、ユングによれば、無意識は、それが生まれつき創造性を持っているので、逆説を和解させ、パラドックスを超越することに熟達しています。

あるINFJは、逆説のチャンピオンです。
彼女は、哲学についての議論では、知識は同時に、相対的かつ絶対的、主観的、客観的、時間的および永遠的であると主張することによって、伝統的な分類および二分法を超越しようとしてきました。

これは飲み込むのが難しいことがあります。

しかし、Niのツールを使って扱うと、パラドックスがより理解しやすくなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です