ENFJ型の性格 byPJ

INFJのように、ENFJは人口の約2〜3%しか占めない16のタイプの中で最も希なものです。

ENFJは暖かく、魅力的で、カリスマ的で、説得力があり、話好きです。
これらのパーソナリティー特性は、社会的領域の王と女王の地位に寄与します。

ENFJは他の人との関係を素早く読んだり確立することができます。
ENFJは、人と社会的知性を愛することから、幅広い友人、知人、社会的ネットワークを構築しています。

彼女らはネットワークに関してとても優秀です。
ESxPタイプが幅広い感覚体験(Se)を求めるのと同様に、ENFJは人との関係や交流(Fe)を求めます。

INFJと同様に、ENFJは人の心を読むことに関しては優れており、感情、表現、ボディーランゲージを素早く評価し、反映しています。
これにより、ENFJは教育、カウンセリング、セールス、広報、その他のENFJのキャリアにおける効果、人々に対する洞察に貢献します。

ENFJは人生の早い段階で人々のスキルを発見します。
確かに、彼女らの自尊心と自己イメージは、大部分が彼女らの社会的能力のまわりで発達しています。

彼女らが遭遇してつながる新しい人が1人いる度、彼女らの自己概念と自己価値が強化されます。
時間が経つと、ENFJは徐々に他人に影響力を及ぼし説得する力を認識します。

ある時点で、彼女らは自身が望むものほぼ何でも得るために説得の力を使うことができることを理解しています。
その時点から、彼女らは自身の目標を達成するために彼女らの魅力とカリスマを使いたいと思う程度と闘わなければなりません。

彼女らは、「目的の達成は手段を正当化する」というアプローチを取って、トップへの道を操作し、政治活動をすることができます。
あるいは、彼女らは素早い成功の誘惑を免れ、完全性を保つことができます。

「群衆を働かせる」、あるいは聴衆を魅了することは間違いなくENFJのために活気を与えていますが、人々と関わりたいという彼女らの願望は単なる表面上のものを超えています。

彼女らのauxiliary functionであるIntroverted Intuition(Ni)は、ESFJのカウンターパート(INFJ)ではあまり明らかでない程度の深さを追加します。
“ENFJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ISFJ型の性格 byPJ

INFJとは対照的に、ISFJはより一般的に遭遇するパーソナリティタイプであり、一般人口の8%以上を占めると考えられています。

ISFJを理解するためには、過去のやり方を保って守ることを強いる、彼女らのdominant functionであるIntroverted Sensing(Si)をまず考慮する必要があります。

他のSJタイプと同様に、彼女らは慣例を大事にし、親しみがあり、期待されます。
これがDavid Keirseyが彼女らを「保護者」と呼んだ理由です。

特定の方法(例えば、昼食のために特定の種類の食事をする)で何かをする頻度が高いほど、そのパターンから脱出するのが難しくなります。
彼女らの信念と世界観についても同じことが言えます。

大人として、ISFJはしばしば子供の頃の信念と世界観にとどまっています。
要するに、過去の先例に、行動的にも観念的にも大きく依存していることが分かります。

ISFJは、時には頑固な、あるいは神経質と見なされることもありますが、実際の評判よりも、実際にはもっと寛大です。
彼女らのdominant function(Si)は知覚機能であるため、制御的役割ではなく受容的役割を果たしているのは当然です。

残念なことに、これはしばしば、Siは内向きであるため、見知らぬ傍観者によって気づかれなくなります。
特に自由時間には、ISFJはゆっくりと過ごす方法(ESFJにとっては辛い時間)を知っています。

同一の心理的機能の共有において、ISFJはESFJに似ています。
1つの違いは、ESFJはより暖かく魅力的な傾向がありますが、ISFJはもう少し控えめで、ウォーミングアップに時間がかかります。

これらの2つのタイプは、inferior functionの問題に関しても異なります。
ISFJのNeとESFJのTiが相対しています。
“ISFJ型の性格 byPJ” の続きを読む

INTP型の性格 byPJ

思想家で探求者

INTPのパーソナリティタイプは、16タイプの中で最も独立的で哲学的なタイプです。
INTPには、個人の自主性と思考の独立性に対する深い要求があります。

彼女らはINTJほど早い時期に自身の知的側面を発見することはできないかもしれませんが、auxiliary function(Extraverted Intuition(Ne))が完全に目覚めた後は、観念と理論化に対する飽くなき欲求を示します。

多くの人々は、物事の根底にある性質を説明する統一的な理論と形而上学的真理を探求しています。
この目的のために、彼女らは哲学、宗教、心理学、進化論などの本を貪欲に積み重ねるかもしれません。

彼女らの哲学的研究の休暇を取るとき、INTPはENTPのように、風変わりで、機知に富み、魅力的です。
INTPは外向的直観(Ne)と外向的感情(Fe)によって、彼女らはある種の魅力、近づきやすさ、そして適合性を持つことができます。

興味のある話題を議論するときに、話好きな人を刺激することができます。
彼女らの活発な心は、ある話題を他の話題に簡単につなぐことができ、多面的で幅広い対話が可能です。

しかし、長続きしない雑談に耐えなければならない場合など、無関心になった場合、すぐに話への集中力が途切れたり、会話を別な話題に変える方法を見つけます。
外見的に純粋で個性的であるように見えるにもかかわらず、INTPは人々の生活の平凡な詳細よりもアイデアの議論により興味があります。

彼女らは自分の動機、関心、パターン、性向を刻々と変えるものを発見しています。
これにより、INTPは人間の本質(Fe)の理論(Ti-Ne)をさらに磨いて、改良することができます。
“INTP型の性格 byPJ” の続きを読む

ENFP型の性格 byPJ

創造力ある理想主義者

ENFPパーソナリティタイプは、16タイプのうちの1つです。
ENFPは一般人口の8%を占め、2対1の割合で女性が男性よりも多いです。

ENFPは熱狂的、理想主義的、休むことがなく、開放的で、幅広い関心を持っています。
これらのパーソナリティー特性のために、彼女らは人やアイデアの両方とうま機能し、あらゆるタイプの中で最も多才です。

外向型として、彼女らは行動に反対ではなく、直観型として、彼女らは熟考に反対していません。
この意味で、ENFPは、内向型と外向型の間の一種のハイブリッド(混合)を表しています。

ENFPは新規性を探し求めるタイプです。

彼女らは常に新しい、興味深い人、アイデア、可能性を探し求めています。
INFPと同様に、彼女らは抽象的でより体験的な学習方式を楽しみます。

彼女のキャリアと関係において成功を収めるために、ENFPは一般的にIPやEJタイプ(すなわち、dominant functionに判断機能を持つタイプ)よりも生活をあまり重視しません。

結局のところ、ENFPは楽しい時間を過ごしたいと思っており、それがどのようになるかについいてはあまり識別してないのかもしれません。

おそらく何よりも、ENFPは退屈と停滞を恐れています。
睡眠でさえENFPにとっては、少し退屈で世俗的なように思えるかもしれません。

ENFPの心は熱狂的なペースで動くことができます。
彼女らは休むことなく、気になって、不安定な睡眠パターンに悩まされます。

ENTPの場合と同様に、ENFPの目には不安を感じることさえありますが、周囲の何かを探し回っているように、一般的に一方の側から他の側へと広がっています。

しかし、彼女らが実際に探しているのは、言葉、アイデア、可能性(つまり、Ne)などの本質的に精神的なものです。
“ENFP型の性格 byPJ” の続きを読む

判断型(J)と知覚型(P)の意味への理解

MBTIについて最も混乱しやすい点の1つは、判断型(J)と知覚型(P)についてです。
多くの人がこれらの設定に混乱したり、どちらのpreference(好み)を使用しているか不明確に感じたりします。

この記事で、J/Pミステリー全体を少しでも理解していただければ幸いです。

1判断型と知覚型-それらが意味するものとは?

J又はP preferenceはjudging(判断)又は perceiving(知覚)を表します。
このpreferenceはあなたが外界とどのように関わるかを示します。

あなたの内側に何があるかは何も示しません。

あなたが外部とやりとりする方法と、他の人があなたを知覚する方法だけです。

J/P preferenceを理解するためにはMBTIの基本を理解する必要がある

全ての人は2つの判断機能(judging function)と2つの知覚機能(perceiving function)を持ちます。

判断機能は思考(thinking)と感情(feeling)です。
この機能はあなたがどのように判断するかを決定します。

感情(feeling)は調和と人に基づいて判断します。
思考(thinking)は理論とシステムに基づいて判断します。

知覚機能は感覚(sensing)と直観(intuition)です。
この機能はあなたがどのように情報を得るかを決定します。

感覚(sensing)は五感を通して情報を得ます。
直観(intuition)はパターンと背後にある意味を通して情報を得ます。
“判断型(J)と知覚型(P)の意味への理解” の続きを読む

INFPに言うべきではない10の事 byCJ

INFPは、忍耐強く、情熱的で、思いやりを持ったタイプであることが知られています。
多くの類型学の本を開くと、彼らがどのように受容力があり、開かれた心を持ちで誠実であるかについて読むことになります。

それでも、実際に神経に触る特定のフレーズがあります。
彼らは、不注意な言葉が話されたとき、過度に反応したり、叫んだりすことはできないかもしれませんが、恩着せがましい人や、残酷な人、または他人をけなす人々に対して、徐々にガードを置くでしょう。

神経科学によれば、INFPは、状況に合った特定の単語を見つけるために、言葉の表現と言語を処理する脳領域において高い活動を示します。
彼らは心に来る最初の考えを外に出すだけではありません。
彼らは慎重で良心的です。

彼らは話し方がとても慎重であるため、他の人たちの言葉を慎重に考えている人がほとんどいない世界に住むことは、イライラすることでしょう。
だからこそ、INFPには決して言うべきでないフレーズがあります。

1「あなたは感情的すぎる」

INFPは、「内向的感情(Introverted Feeling(Fi)」と呼ばれるプロセスをリードしています。
Fiは深く感情的ですが、また深くプライベートでもあります。(したがって、それは内向的な方向です)

INFPは、世界の悩み、虐待、いじめ、または厳しい言葉によって強く影響を受けます。
彼らは他のタイプよりも感情的に影響を受けているように見えるかもしれません。

しかし、自分の感情をよりプライベートに保つことを好むため、自身の反応が示すことになると、彼らはまた不満を感じます。
彼らに「あまりにも強く」何かを感じていると言うと、彼らを苛立たせ、またあなたに対しコミュニケーションの壁を構築させる確実な方法です。

彼らが何かに刺激されて感情的であり、主張しようとしている場合に、価値観や情熱を軽視しようとすると、あなたとの関係に大きな混乱を招くだけです。

彼らが感情的に動かす何かについて話しているなら、聞く時間です。
へりくだり等はあなたに何ももたらさないでしょう。
“INFPに言うべきではない10の事 byCJ” の続きを読む

INFPの感情への理解 byCJ

「今、私の秘密は、非常に単純な秘密です。正しいことが見えるのは心だけであり、必要不可欠なものは目には見えません」
– Antoine de Saint-Exupery(INFP)

INFPは、あなたが今までに会った最も複雑な人たちの一部です。

彼らは静かで控えめなように見えるかもしれませんが、内部には広大で想像力のある世界と激しい感情があります。
彼らは本質的に非常に個人主義的であり、独立した価値観をしっかりと持っています。

彼らは敏感で、恥ずかしがりのように見えるかもしれませんが、彼らは自身の主義を持ち続けるため、どんな悪魔に対しても立ち上がるでしょう。

Joan of Arc、George Orwell、Vincent Van Gogh、Franz KafkaはすべてINFPでした。
彼らの声と、彼らの信念と価値を表現する彼らの勇気は、INFPを考慮に入れられる力とします。

あなたがINFPを知っているなら、あなたが見るのは補助機能Extreverted Intuit(Ne)(外向的直観)です。
彼らはどこにでも可能性と想像力を見出し、これらのアイデアを人々に喚起する方法を模索したいと考えています。

しかし、実際にINFPを推進しているのは、彼らのdominant function、Introverted Feeling(Fi)(内向的感情)です。
Fiは、INFPに、深く全体論的な方法で理解して形を作りたいと望んでいる揺るぎない内部倫理を提供します。

外部のINFPはオープンで思いやりがあるようですが、その内部の価値観や信念は不可解です。

彼らはより深いところで自分自身を理解するときに彼らの価値に修正を加えるかもしれませんが、彼らに対して “フィット”したり順応するように、どのような仲間の圧力、命令、要求がなされても、自分自身に真実であるように努力します。
“INFPの感情への理解 byCJ” の続きを読む

INFPの影の機能(shadow function) byCJ

おそらく多くの人が知りたがっているが、あまり書かれることのない、各タイプのshadow functions(シャドーファンクション)(影の機能)についての、INFPに関する記事となります。

INFPは、共感的で、感受性が強く、想像力豊かで、情熱的なタイプとして知られています。 それらの4つのprimary functions(主な機能)は次のとおりです。

Dominant function: Introverted Feeling (Fi)
Auxiliary function: Extraverted Intuition (Ne)
Tertiary function: Introverted Sensing (Si)
Inferior function: Extraverted Thinking (Te)

INFPのshadow functionsは次の通りです。

Opposing Role: Extraverted Feeling (Fe)
Critical Parent: Introverted Intuition (Ni)
Trickster: Extraverted Sensing (Se)
Demon: Introverted Thinking (Ti)

さて、あなたはあなたのコンピュータの画面を見ているかもしれません。
「私は何を読んでるの? 悪魔の機能? 心理学について何訳の分からないことを言ってるの?」

心配しないで、これはあなたが実際にあなたの中に悪魔を収容していると言っているわけではありません。

エクソシストや何かを雇う時間はありません。
ですから、INFPの特定のshadow functionsに入る前に、「影」の真相が何であるかを見てみましょう!
“INFPの影の機能(shadow function) byCJ” の続きを読む

INFJ型の性格 byPJ

美を愛し、良識がある

INFJは「old soul(古い魂)(実年齢よりも賢く、物事を理解し、精神面も安定している人)」です。
INFJの多くは、彼女らの暦年齢として予測されるより、心は賢明に成長します。
人生のかなり早い段階で彼女らのIntroverted Intuition(Ni)の価値を発見するので、INFJはその判断と洞察を信頼しています。

子供や青年であっても、INFJは、友人や兄弟、さらには大人の家族の相談を受けカウンセリングすることができます。

彼女らは、洞察を通して他者を助け、啓発するとき、最も幸せになり、最も満足を感じる傾向があります。

彼女らの直感の強さ(そして物理的現実からの相応の分離)のために、多くのINFJは世界の部外者のように感じています。

あるINFJは自身の経験を「デジャヴュの永遠の感覚」と表現しています。
他のINFJは、現実感のない感情と報告しています。

事実、多くのINFJ(とINTJ)は、他のタイプとはまったく異なる世界とその身体を経験しているようです。

したがって、INFJが自分の正気を疑問視することは珍しいことではありません。

INFJには全ての人の中には2人の人物がいると思っています。
彼女らは、他人が見ることのできるパブリックペルソナ(公共の外的人格)、外殻を見ます。

しかし、もっと重要なことに、彼女らのNiは、人々のより深い感覚や印象をINFJに与え、外見を貫き、隠された動機や意図を明らかにします。

その結果、INFJはしばしば、人々が見ることができるよりもはっきりと人々を見ることができると感じています。

INFJを完全に理解するためには、知覚機能である彼女らのdominant function、Ni(内向的直観)の完全な意味を理解する必要があります。

つまり、INFJは、外見上よりもはるかに深刻な内向きではありません。(ENFJは、dominant functionが判断機能であり、特徴的により深刻です)

INFJの内面世界は、遊び心があり、想像力豊かで、カラフルで、いたずら好きで、大胆であるとよく言われています。
彼女らは、アイデア、見通し、理論、イメージ、シンボル、そしてメタファで遊ぶことが大好きです。
“INFJ型の性格 byPJ” の続きを読む

INFP型の性格 byPJ

INFPタイプは、創造的で、独特で、人道的で、個性的です。
INFJのように、INFPは、彼女らが何者であるか、世界での自身の目的を理解したいと思っています。

好奇心旺盛で落ち着きがなく、彼女らは新しい考えや可能性を楽しみます。

彼女らは、「何であるか」に満足することはめったになく、「何ができるか」に焦点を当てることを好んでいます。

これは、強い理想主義と組み合わされて、一種の「隣の芝生はうちのより青い」という考え方を生む場合があります。

INFPは、パーソナリティータイプの中で最も考え方が柔軟な(開かれた心を持った)タイプです。

ENFPとまったく同じ程度ではありませんが、彼女らは様々なアイデア、ライフスタイル、経験を探求しながら、実験的な態度を持ちます。

それぞれの新しい経験において、INFPは世界について学ぶだけでなく、自分自身とその人生の目的について学ぶ機会を見いだします。

彼女らのアイデンティティを明らかにする潜在的な役割を含む世界に対する彼女らの好奇心は、INFPに旅行や、歩き回るライフスタイルを採用するよう促すでしょう。

彼ら女は、例えば、他の文化を探索したり、車から出たり、森に行くことを選ぶかもしれません。

この種の探検が刺激的で生きがいを感じる限り、INFPはより慣習的な道を歩むべきというプレッシャーの中でも、引き続き探求していきます。

Jon Krakauerの魅力的な本は、後に映画「Into the Wild」に、INFP探求者、Chris McCandlessのような人生を詳述しています。

McCandlessは学問的に才能があり、新規大学卒業生でした。

他の人は世俗的な成功の道を築くことを前提にしていましたが、McCandlessは他にも情熱を持っていました。

彼の人生と彼の周りの人たちの通常の生活から何かが失われているように見え、彼は追求し理解する必要があると感じました。

だから、大学に向かう代わりに、彼は彼の所有物の大部分を売り、探検の生活に着手し、アラスカの荒野の深い旅に至りました。

おそらくもっとよく知られているのは、別のINFP、Henry David Thoreauの古典的な著作Waldenに見いだされた記述です。

McCandlessのように、Thoreauは従来の人生に感動できず、何かを夢見ていました。

「私は人生の本質的な事実にのみ直面するために、計画的に生きたいと思っていたので、森に行きました。 そして、死ぬこととなるときに、生きていなかったことが分かりました」
“INFP型の性格 byPJ” の続きを読む