基本手当受給中に働いた場合

基本手当の受給中に就職に該当しない短い時間で働いた場合の手続きについて記載する

就職等の定義については 就職・就労・内職・手伝い

1日4時間以上の仕事等(=就労)をした場合

その日については、失業給付は支払われず、繰越となる

ただし受給期間満了日を超えては受給することができない

また1日4時間以上の仕事をした場合受給者が希望すればその日については就業手当の受給ができる就業手当の受給金額は原則として基本手当(通常の失業給付)の3割となるが、就業手当を1日受給すると基本手当を1日受給したとみなされ基本手当日数が1日減る

よって、金額は減るが早めに給付を受給したい場合や、受給期間満了日が迫っており繰越をしても無意味となる場合等に就業手当を受給すべきと考えられる

1日4時間未満の仕事等(=内職・手伝い)をした場合
その日については、失業給付は支払われるがその労働に対する収入金額によっては失業給付が減額となる

(1日の収入- X )+1日あたりの失業給付の額 > 賃金日額 × 0.8 の場合に左辺が右辺を超えた金額分が失業給付から減額される

※Xは毎年8月に改定となり、失業給付手続きの際に安定所から交付される受給資格者のしおりに記載されてある

1日当たりの失業給付の額

基本手当日額のこと

受給資格者証に記載される

賃金日額

離職前過去6カ月間の総支給額から算定される1日あたりの賃金額

受給資格者証に記載される

 
減額の結果失業給付が0となる場合は、1日4時間以上の仕事をした場合と同様の扱いとなる