基本手当

基本手当とは失業給付のうち最も基本的な給付

土日を含め失業状態にある日に対して支給される

基本手当日額(基本手当の額)
離職前の賃金日額(1日当たりの賃金額)として安定所で定める額に基づき決定される

賃金日額
離職前の賃金支払い日数が11日以上ある賃金月6ヵ月間の総支給(以下、6ヵ月間の総支給)による

上限・下限がある

厚生労働省 失業給付の上限額について

賃金日額の計算方法
・月給
・短時間労働者
・高年齢求職者給付金対象者

・日給者・時給者であって6ヵ月間の賃金支払い日数が126以上

6ヵ月間の総支給 / 180

※参照 短時間労働者とは

・日給者・時給者であって6ヵ月間の賃金支払い日数が125以下

( 6ヵ月間の総支給 / 賃金支払い日数 )× 0.7

労働日数が少ない日給者・時給者に対する手当を手厚くする趣旨である

基本手当日額
賃金日額をもとに複雑な計算式により算出

概ね賃金日額の50%~80%であり、賃金日額の低い者は%が多くなっている

支給開始時期
・下記以外の者
受給資格決定(受給手続き)を取ってから7日の待期期間の満了後から

・自己都合・懲戒解雇による離職
受給資格決定(受給手続き)を取ってから7日の待期期間の満了及びその後の給付制限3カ月間の満了後から

所定給付日数(支給される日数)

参照 所定給付日数

受給期間(給付の期限)

参照 受給期間