65歳以上の労働者の出向にかかる雇用保険手続き

65歳以上の者に係る在籍出向及び出向元への復帰の場合の取扱い

20352

在籍出向

65歳以上の被保険者が在籍出向(在籍専従を含む。以下同じ)により一の事業主(出向元事業主)との雇用関係を存続したまま他の事業主(出向先事業主)に雇用されることになった場合は、引き続き出向元事業主との雇用関係に基づく被保険者であるものとして取り扱うこととする

この場合、事業主に対して、当該被保険者に係る賃金支払関係を出向元事業主に集約して処理するよう十分指導する

解説

在籍出向で、出向元との雇用関係を維持したまま出向先にも雇用される場合には生計を維持するに必要な主たる賃金を得る方(賃金が高い方)で雇用保険の資格取得をすることとなっているが、65歳以上の者(高年齢継続被保険者)は、新たに別会社で雇用保険の資格取得をすることができない

よって、資格喪失をしてしまうことを避ける方法として、この場合出向先と出向元の賃金額に関わらず、出向元との雇用関係が継続されるものとして取り扱うまたこれとの整合性から、被保険者に対する賃金は出向元から支払うよう指導すべきとされている

出向元への復帰

また、65 歳未満で在籍出向により出向元事業主との雇用関係を存続したまま出向先事業主との雇用関係に基づく被保険者資格を取得した者が65 歳に達した日以後に出向元事業主の下に復帰した場合は出向元事業主との雇用関係に基づく被保険者資格を取得することとなるがこの場合、9欄(被保険者となったことの原因)には「8」(出向元への復帰(65 歳以上)等)を記載する