短期雇用特例被保険者

概要

短期雇用特例被保険者とは、被保険者であって、季節的に雇用されるもののうち次のいずれにも該当しないもの

・4か月以内の期間を定めて雇用される者

・1週間の所定労働時間が30時間未満である者

つまり季節的に雇用されるもののうち、雇用期間が4カ月を超える、かつ労働時間が週30時間以上のもの

季節的に雇用されるもののうち、雇用期間が4か月以下のもの・労働時間が週30時間未満の者は短期雇用特例被保険者とはならず、また一般被保険者にもならないつまり雇用保険の被保険者とはならない

季節的に雇用されるものとは
季節的業務に期間を定めて雇用される者又は季節的に入離職する者をいう

季節的業務に期間を定めて雇用される者
その業務が季節、天候その他自然現象の影響によって一定の時季に偏して行われるもの
※例えばスキー場や海の家など

季節的業務に期間を定めて雇用される者に該当しても雇用期間が4カ月を超えないと短期特例被保険者とはならない、よってある季節だけ営業が不可でそれ以外の季節に雇用するようなものが想定される

季節的に入離職する者
主に出稼ぎ労働者手帳を有する者

ただし要領には、当該手帳を季節的に入離職する者であるか否かの判断材料のーとすることは差し支えないが、当該手帳を所持していることのみをもって当該者が季節的に入離職する者であると判断することができるものではない、とされている

厚生労働省 出稼ぎ労働者パンフレット