ISFP型の性格 byPJ

ISFPのパーソナリティータイプは16タイプのうちの1つです。

ISFPは一般人口の約8〜9%を構成し、より一般的に遭遇するタイプの1つです。

ISFPは、愛する人、養育者、保護者です。
彼らは時間を費やし、友人や愛する人と一緒に思い出を作ることから大きな喜びを経験します。

彼らは、INFPと同様に、彼らのdominant functionである内向的感情(Introverted Feeling(Fi))が自分自身を助けることができない人々に惹かれているため、子供や動物に特に好意を持っています。

ISFPは愛する人に深い感情的な愛着を形成し、強い忠誠心と献身の感覚に貢献します。 ISFPは一般的に、Fiをより現実的かつ具体的な方法で適用することに比べると、大衆の福利(Feおよび/または直観タイプの関心)に集中していません。

INFPとISFPの両方は、不正と非人間化(人間性の抹殺)に敏感です(Fi)。
認識された不公正がINFPに詩や小説を書くよう(Fi‐Ne)動機づけるかもしれませんが、ISFPは行動と実践的援助(Se)でより反応しやすいです。

たとえば、あるISFPはホームレスに食糧やその他の物資を提供するかもしれません。

ESFPと同様に、ISFPはしばしばファッションや美学に対し高い趣味の良さを示すと同時に高い関心を示します。
彼らはしばしば身体的に魅力的で、よく手入れされ、流行に通じることを楽しみます。

対照的に、INFPは、しばしば「earthy(洗練されていない)」としてよく記述されており、身体的外見(容貌)を強化し、飾り付け、または深く注意することにはあまり関心がありません。
したがって、ISFPとINFPは、しばしば身体的外見を単に観察することによって、むしろ素早くに区別することができます。

ISTPのように、ISFPは一般的に印象的な運動感覚知能を示します。
彼らはしばしば運動能力があり、優れた器用さと運動神経を備えています。

高レベルの精神的エネルギーを示すINFPとは対照的に、ISFPはより多くの物理的エネルギーとスタミナを持っています。
INFPはNeを使って新しいアイデアを探求し、製作していますが、ISFPは手や体などの感覚を使って物理世界を探検し、操縦します。

他のIPタイプと同様に、ISFPはとても独立的であり、自発的に動機づけられています。
彼らの価値観(Fi)は、パフォーマンス面で優れることの欲求(Se)と同様に、彼らが熱心に真剣に自分自身に対して動機づけることができます。

しかし、実践的な活動が好まれているため、学界で成果を上げていないものもあります。
他の感覚型にも当てはまるように、あまりに長い間抽象的な事柄を扱わなければならないことは、ISFPにエネルギーを流出させる可能性があります。

ISFPは、多くの場合、より楽観的であり、INFPよりも生活に満足しやすいように見えます。
INFPにはしばしば、うつ状態やうつ病になる傾向があり、彼らが提供しなければならない「実用的でない」(N)贈り物と無関係に思える世界では苦労しています。

対照的に、ISFPは従来のキャリアやライフスタイルにもっと容易に同化するようです。
“ISFP型の性格 byPJ” の続きを読む

ISFP型の性格 byTIM

ISFPの主要機能

Fi  introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内部的な感情ではなく、内面の価値観です。

ISFPは感情の、深い井戸を体験するかもしれませんが、これはFiの根本ではありません。
それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、ISFPの感情的本能が彼らになにが正しかを伝えるものです、それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼らは他人に非常に配慮する傾向があり、彼らが正しいと思えるものかの確認のために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。

価値観の洗練プロセスはかなり時間がかかり、精神的な孤立状態を必要とします。 Fiは一般に誠実さを高く評価し、無理に作り上げられたものや浅はかなものを嫌います。

Se – extroverted Sensing 外向的感覚

Seは、FiSeが情報を受け取る主な方法です。 それは彼らの周りの世界を理解するために彼らの感覚を使用することを意味します。

彼らは「今の瞬間」を生きており、純粋に仮説的ではなく、実在するものを扱うことを好みます。 SeはFiSeの一部であり、遊び心のある新しい感覚体験を探します
“ISFP型の性格 byTIM” の続きを読む

ISFP型が望んでいないけど経験している6つのこと

ISFPは人口の約9%を占め、4番目に一般的な人格タイプです。
彼らは瞬間を生き、周囲を楽しむ優しい世話人として知られています。

彼らは一般的に陽気で、時代の流れに乗るのが好きです。
しかし、ISFPにとって人生は必ずしも容易ではありません。
ここにはISFPの6つの経験があります。

1.厳しい環境で立ち往生している

緊張していて堅苦しい環境では、ISFPは厳しい状況にあります。
私たちは自分のやり方、自分のスケジュールで物事を行いたいので、小規模な企業のオフィスや教室に閉じ込められてしまうと、重苦しく、抑圧的な気分になります。

私の場合は、公認会計士として働いていたときに、ミドル・マネージャーの1人がいつでも私のオフィスに来ることができたことを分かっているだけで、私に虫酸を走らせるのに十分でした。
週に約3回のグループランチもあり、みんなが私に出席し、数え切れないほどのミーティングを期待していました。

すべてのことが、他の人のスケジュールや予定表に常に従うように強いられました。
しかし、最も不満な点は、自分の流れに応じて物事を行うスペースと柔軟性があれば、どれだけ効果的かつ効率的であるかを分かっていることでした。

2.1人の時間を拒否された

ISFPは孤独を愛します。それは私たちの思考や気持ちを評価し、反映する機会を私たちに与えます。
私たちが一人でいるとき、私たちは満ち足りた感じを得ます。
あなたが他の人の周りにいることを余儀なくされたり、無関係であったりする表面的なものについて、彼らが耳を傾けされられるとき、それは厳しくなります。

自分自身が持つ能力が私たちから取り除かれると、私たちはストレスと不満を感じます私が大学で新入生で、寮に住んでいたとき初めて、私は孤独な時間の必要性を認識しました。
私のルームメイトはいつもドアを開いたままにしたいと思っていた非常に社会的な人で、小さい部屋、常時出入りする人の中で、私は一度も経験したことのない閉所恐怖症を感じました。

私がいつも人々に囲まれた寮のカフェテリアで夕食を共にすると、ちょうどいくらかのスペースを得るためにキャンパスを通って長い散歩をしていました。
実際、自分でやったよりもっと、私は気分が良くなりました、そして中期までに、私は自分のことで多くの時間を費やしました。
“ISFP型が望んでいないけど経験している6つのこと” の続きを読む

INFP型とISFP型の違い byID

INFPとISFPは、個人主義、敏感で、思いやりがあり、そして非常に創造的なタイプです。
彼らはどちらも内向的感情タイプ(Fi)であるが、彼らの主な違いは、彼らのauxiliary(補助機能)です。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用するため、外部情報の背後にある考えられる意味を理解して解釈することができます。
一方、ISFPは外向的感覚(Se)を使用しているため、直感的な物理環境に非常に注意を払います。

INFPとISFPはどちらも芸術性を好み、強い価値観をもっており、かなり類似しているように見えますが、全く違う方法で世界を見ています。

INFPとISFPの7つの違い

1.内的世界・現実世界

INFPは彼らの内なる世界に住んでおり、ISFPがより現実世界に住んでいます。
INFPは頭の中で多くの時間を費やしています。

彼らは大きなアイデア、空想、そして彼らの経験を思い浮かべます。
彼らは思考と感情の内面の世界と非常に触れ合う傾向があり、周囲で起こっていることに気付かないほどです。

対照的に、ISFPは「今その瞬間」を生きることを好みます。
彼らは周囲を非常に意識しており、常に自分の身体環境で自分自身を直接表現する方法を見つけています。

例えば、ISFPは、芸術の創作、工芸品の製作、またはガーデニングを楽しむことがでます。
INFPは実践的ではなく、有名な芸術家や哲学者の生き方を勉強し、その影響を受けたことを学ぶのを楽しむことができます。

2.自己表現方法

INFPは、言葉、推論、または物語を通じてその価値観を表現します。
ISFPは、彼らの身体的行為、芸術、および外観を通して自分自身を表現します。

INFPは彼らの内なる世界と直接の関係を持っています。
彼らはauxiliary(補助機能)である外向的直観(Ne)を介して、最も深い部分の情熱と価値観(内向的感情)(Fi)を探索します。

彼らの第三の機能、内向的感覚(Si)は、彼らの印象の記憶を記録します。
彼らは、自分たちの夢の世界のような鮮やかで詳細な記憶を持っているので、言語を通して価値感と感情を明確に伝えることができます。
この理由から、J.R.Rを含む多くの作監はINFPです。
Tolkien、A. A. Milne、Virginia Woolf、Antoine de Saint-Exuperyが含まれます。

一方、ISFPは内面と間接的に関係しています。
代わりに、彼らは自身の外向的感覚(Se)のおかげで外の世界と直接の関係を持っています。
彼らの内在世界を見ている彼らの第三の機能、内向的直観(Ni)は、auxiliary(補助機能)によって幾分か抑圧されています。

したがって、ISFPは、言語が深い価値観や感情を表現するには不十分であると感じるかもしれません。
代わりに、彼らはファッション、音楽、または芸術を通じて直接表現することができます。
彼らはINFPより芸術的価値観が高く、しばしば独特な外観を装います。
驚くべきことではありませんが、多くのアーティストEnya、Pharrell、Williams、David BowieなどはISFPです。
“INFP型とISFP型の違い byID” の続きを読む